少年犯罪データベース 万引き

※昭和24年以前の年齢表記は数え年のため満年齢にすると1〜2歳低くなる※




昭和4年(1929).3.25〔女学生23人らが万引きしてレイプされる〕
 東京市四谷区新宿のほてい屋百貨店で、掃除夫(27)が1年前から万引き女30人以上を脅して3.25に逮捕された。ほてい屋では万引き犯を地下室に連行して住所氏名を書き取るだけで警察に通報せず帰していたが、掃除夫は名簿を書き写して学校の帰りを待ち伏せるなどして女学生23人、人妻5人などから金を脅し盗ったり木賃宿に連れ込んでレイプ、弱みがあるため届けは出されなかった。3.17に女学生(17)に脅迫状を送っておびき出そうとしたが、万引きしたのは友達で名前を騙っただけだったため通報されて足がついたもの。妻もいて、日給1円70銭をもらっていた。東京地裁は懲役2年判決。
 昭和3年の名簿に記載された311人中、男は27人だけで残りは総て女。女の7割は19歳以下でほとんどが女学生、私立校に通う裕福な家庭が多い。全員が警察に取り調べを受け、皆「つい無意識に盗んだ」と云う。ほてい屋は隣りに進出してきた伊勢丹に昭和11年に吸収合併された。


昭和5年(1930).2.17〔小6ら60人の万引き団〕
 広島県安佐郡で、小学校高等2年生(14)をリーダーとする6年生を含む60人の万引き団が捕まった。高等2年生(現在の中2に相当)40人のうち36人がグループに加わっており、付近の店で犯行を繰り返し、アジトには現金25円、鉛筆30ダース、ハーモニカ、運動靴などが隠されていた。


昭和5年(1930).7.6〔小5男女10数人の万引き団〕
 岡山県津山市で、小学5年生ら男女10数人が商店や車から文房具、おもちゃ、現金など百数十円を盗んで7.6に捕まった。朝鮮、南京、ニンジンなどのあだ名で呼び合い、山分けして映画や買い食いですべて使い果たしていた。


昭和5年(1930).10.22〔17歳(満15〜16歳)女子が逃走しようとして刑事殉職させる〕
 東京府南葛飾郡の亀戸駅で、女子(17)がホームから線路に飛び込み、護送中の刑事(44)も追い掛けて飛び込んだが、列車に轢かれて刑事は即死、女子は太ももを切断して重体となった。女子は南葛飾郡大島町(現在の江東区)で養父と二人暮らし、小学校では成績優秀だったが今年の春から悪い男友達と付き合うようになって、万引きなどを繰り返し9.22に逮捕、9.28に少年審判所から逃走、10.12頃実家に帰って養父に叱られたが云うことを聞かないので養父が警察に届けて連行中に逃走を図ったか、あるいは自殺しようとしたもの。


昭和5年(1930).12.2〔中3ら30人が集団万引き〕
 岡山県津山の旧制中学校3,4年生が集団で万引きを繰り返して、すでに30人が捕まったが、最終的には50人以上になると見られている。


昭和6年(1931).2.6〔16歳(満14〜15歳)ら5人組窃盗団〕
 兵庫県神戸市で、県立工業学校生(17)、兵庫県庁給仕(17)、会社給仕(16)など少年5人組窃盗団が逮捕された。1年前に家出して家賃13円の家を借りて同居し、古本屋や雑貨店などで万引きを繰り返して暮らしていた。毎朝、近所の人に礼儀正しく挨拶して模範少年と思われていた。


昭和8年(1933).8.14〔小3(満8〜9歳)ら多数が活動カード万引〕
 東京市神田区の書店で、小学3年生(10)2人が活動カード(映画スターの写真カード)を万引きして捕まった。同じ日本橋の小学校生徒多数がこの書店で活動カードを大量に万引きしていたことも発覚した。全員が裕福な家庭。


昭和8年(1933).9.12〔6歳(満4〜5歳)ら20数人の窃盗グループ「マボロシ団」〕
 東京市本所区で、小学生が中心で小学校入学前の男子(6)を含む20数人の窃盗グループ「マボロシ団」が捕まった。ジフテリアのタモ(18)がリーダーで、空き家をアジトにして、デパートで蓄音機など、本屋、オモチャ屋で万引きを繰り返して500円の窃盗を働き、クズ屋に売って映画などに使っていた。この年の銀行員大卒初任給70円。


昭和9年(1934).1.20〔中学生41人の大万引き団〕
 福岡県直方市の県立鞍手中学校で、生徒41人の大万引き団が逮捕された。6人退学、20人無期停学、15人論示処分。


昭和9年(1934).7.8〔高等女学校教師(27)が万引き〕※参考
 大分県別府市で、高等女学校の数学教師(27)が洋品店で30円相当を万引きをして逮捕された。これまでも百件以上、数百円相当を万引きしていた。この年の銀行員大卒初任給70円。


昭和9年(1934).7.26〔女小学校教師4人が同じ日に万引き〕※参考
 熊本県熊本市で、女小学校教師(24〜32)4人がデパートなどで別々に万引きをして同じ日に逮捕された。ひとりは夫が小学校校長。熊本県では春に玉名郡の小学校校長が窃盗を働いて問題になっていた。


昭和10年(1935).2.24〔小6(満11〜12歳)ら6人組万引団〕
 兵庫県姫路市で、小学6年生(13)6人が万引きで捕まった。1月から本屋で何度も本を盗んで古本屋に売って映画代などにつかっていた。


昭和10年(1935).9.13〔小学生2人が万引きして店員をナイフで刺す〕
 東京市淀橋区の文明堂書店で、12歳くらいと9歳くらいの小学生2人が、「銭形平次」「旗本退屈男」など3冊を万引きして逃走した。追っかけた店員(20)の胸と手をナイフで刺して10日間以上の傷害を負わせて、そのまま姿を消した。この店では少年の万引きが多発していた。


昭和12年(1937).1.22〔小5(満11〜12歳)が万引き〕
 東京市豊島区西巣鴨の本屋で、小学5年生(13)3人が「忍術の極意」という本を万引きして捕まった。国防献金のため拾い集めた銀紙が売れたのでお菓子に全部使ってしまい、自分で稼ぐことに喜んで本を万引きしてはクズ屋に売るようになった。全員が中流家庭。


昭和13年(1938).2.10〔商業学校生(満15〜16歳)20人の万引き団〕
 東京市品川区の、商業学校生(17)ら3人が逮捕され、同じ商業学校20人の万引き団の存在が判明した。昨年夏から新宿、銀座などで犯行を繰り返して、「犯罪日誌」をつけて所持していた。警視庁の追及が厳しくなったので熱海温泉で窃盗を働き警官隊に断崖まで追い詰められて捕まったもの。サイパン島への逃走も計画していた。





昭和21年(1946).8.8〔万引き増加で老舖書店閉店〕
 東京都銀座の名門書店・三昧堂が万引きにより閉店。戦前は週に2、3名だったのが戦後一日平均7、8名に増加し、低年齡化し、被害額は売上げの1割近くとなった。内務省官史、警察官、学生、女事務員など。生活難のためとして罪悪感はなく、「買えばいいんだろう」と金を出す者もいる。


昭和22年(1947).2.7〔小5ら4人組が万引き〕
 東京都で高等小学校1年生(14)2名、小学6年生(13)、5年生(13)の万引き4人組捕まる。学校をさぼり日本橋の貴金属店で8000円の首飾り3個、三越で200円の煙草ケース3個など3万円相当を盗み、露天商や通行人に売った金で四谷で買い食い。松坂屋でクルミを盗ろうとして捕まる。


昭和22年(1947).3.25〔伯爵の孫他63人の不良狩り〕
 東京都銀座で警視庁は63人の不良を補導。8割が授業をサボった学生で、本を万引きした女高生(16)、ダンスホールで男と踊る高等女学校1年生2人、たかりをしていた伯爵の孫の慶応大予科生(18)など。他県からヤミ行商のため来た者もいた。


昭和22年(1947).11.8〔「桃色通学列車」一斉補導〕
 東京都墨田区両国駅15:18発、勝浦回り安房鴨川行き列車は、帰宅する男女学生が風紀を乱し「桃色通学列車」と呼ばれているので、警視庁少年課が一斉補導。その場で知り合った男女学生が電車内でダンスやトランプに興じ、退学、家出というコースを辿っている。また座席を占領したり、発車間際に売店で万引きも繰り返している。


昭和23年(1948).3.26〔14歳ら本の万引き急増〕
 東京都のデパートでは本の万引きが急増している。良家の子息の3人組(14)がチームプレーで盗んだり、4人組の少年が売り場でベーゴマを始めて店員の目をそらした隙に15冊を万引きするなどなど。


昭和23年(1948).5.21〔17歳(満15〜16歳)ら高女生12人組ダンスのために万引き〕
 東京都銀座のダンスホールで、都内高女3,4年生12名を補導。リーダーの高等女学校3年生(17)は授業料や家の金や着物をつぎ込んでホールに通い、足りない分仲間を集めて銀座の文房具屋やデパートで10万円相当を万引き。親にも言わず学校を退学していた。


昭和23年(1948).6.25〔警視庁の少年犯罪資料〕
 東京都の警視庁は5月から一ヶ月間の少年犯罪の資料をまとめた。低年齡化と凶悪化が進んでいる。万引きは中流家庭の子息が多い。


昭和23年(1948).9.9〔17歳の女含む若手のスリ団〕
 東京都で5日から9日にかけて170名のスリを一斉検挙。江東区の「江東一派」は親分(32)と姉御(23)をリーダーにして男19名と17歳前後の女7名。男はスリのほか空巣、女は万引き、タコつりなどをし、多く稼ぐとドラム缶をたたいて宴をひらいた。足立区の「向島のオイヤン一家」は21歳のリーダーと小学生時代の同級生を中心に22名。暴力団が捕まったり地方へ移ったため、残った中堅幹部の若者が組織したもの。


昭和24年(1949).2.20〔高3(満17〜18歳)ら6人組が万引き団〕
 福島県若松市で、県立高校3年生(19)が古着屋で上着を万引きして逃走、すぐに逮捕された。「かっぱらいの天才、われらの悪党王香具師の親分」と裏に書かれた同級生の写真6枚を所持しており、仲間が店主の気をそらしている隙に万引きを繰り返していた。また、家から米2俵を盗んで売って現金千7百円を持っていた。この年の銀行員大卒初任給3千円。


昭和24年(1949).3.1〔神田学生街での万引〕
 東京都千代田区神田学生街で、警視庁少年課は2.1〜3.1の1ヶ月で52人の万引学生を捕まえた。小学生21人、新制中高生30人。ほとんどが中流家庭で、小遣かせぎ、友人の万引きをみて金を出して買うのが馬鹿らしいなどの理由。本のほかに万年筆、ボールペン、グローブ、ローラースケートなど。


昭和24年(1949).5.25〔中学生49人が万引き繰り返し捕まる〕
 東京都中野区の3つの中学校の生徒ら49人(13〜17)が万引きを繰り返して捕まった。5,6人が組になり50軒以上の菓子店や果物店を襲い、半年間毎日盗まれ閉店に追い込まれた店もあった。


昭和25年(1950).2.10〔小4、30人の万引き団〕
 東京都墨田区の小学校4年生の同じクラスの30人の万引きグループが捕まった。デパートなどで本など百数十点を盗んでいた。


昭和25年(1950).8.9〔女子陸上選手三名、全国大会に来て万引〕
 東京都で女子陸上選手三名、全国大会に来て万引。


昭和26年(1951).1.17〔18歳ら2人の不良が万引の仲間割れ殺人〕
 神奈川県横浜市で保釈中の男(20)が殺害され、不良仲間の19歳と18歳の2人が逮捕された。2ヶ月前に7人で集団万引して捕まったが被害者の男だけが1〜2年の不定期刑となりほかの6人は釈放されたため恨みに思い脅したが、逆に二人に呼び出されてナイフで刺し殺されたもの。


昭和26年(1951).10.31〔修学旅行での乱行 読売新聞引用〕
 戦後の修学旅行はイナゴやネズミの旅行にくらべられるほどひどいもので、児童生徒の交通道徳や社会道徳の欠陥は目に余るらしい。今年は十一月から運賃が値上げになることもあり、九月、十月は例年になく修学旅行が多い。だからというわけでなかろうがひどいもの。十月になっての乱行をチェックすると、
▽熱海駅で高校生が酒を飲んで汽車に乗らず発車を遅らせる。
▽静岡駅では停車中みやげもの屋に二、三十人が殺到して金を払わず逃げる。
▽東京上野のデパートでは釜石の中学三年生七人がおみやげ欲しさに文具などを集団万引。
 また文部省が十月上旬、修学旅行のメッカ、奈良、京都でその実情を調査したところ、▽宿屋の畳を切ったり、敷布を被く。
▽夜通く男女生徒が二人で外出。
▽屋外での飲酒、喫煙がふえ、盛り場や娼婦街をうろつく者さえ見られる、等の例。(読売新聞10.31)


昭和26年(1951).11.21〔小学5年女子が放火〕
 東京都杉並区で民家が全焼したが、この家の長女の友達の小学5年生の少女(12)が学校を休んで侵入しハンドバックなどを盗み、犯行を隠すために放火したことが判明した。少女はこのあとにもデパートで万引きして現行犯で捕まっていた。


昭和26年(1951).12.4〔中2が人妻強盗殺人〕
 新潟県岩船郡で、中学2年生(14)が会社員宅に侵入、主婦(35)を惨殺して、上野行きの列車で逃亡しようとしているところを逮捕された。父親は5年前にメチル中毒で死亡、継母や異母妹とは折り合いが悪く、万引きなどを繰り返して7月には自宅に放火していた。可愛がられていた祖母(71)が11.27に死亡したため東京に家出しようと旅費を盗むために忍び込んだが、主婦に顔を見られたためカッとして斧で頭を殴り、倒れたところを馬乗りになって所持していたジャックナイフで喉などをめった刺しにしたもの。成績は普通で、友人がおらず目立たない生徒だった。
 新潟少年保護鑑別所鑑別課長・談「新聞の報道だけで詳しいことは分からないが、非常に内向性の強い少年であることが、友人が一人もいないとか、普段おとなしいとかいうようなことから推定出来る。この内向性の強い自分の感情を素直に表現出来ない人が感情のたかぶりが最高潮に達すれば時として発作的な凶行をやることがある、しかし周囲の環境が安定していれば、こんな恐ろしいことをしないでもすむわけだ、結論的にいって少年は気狂いではないが、精神病質的なものがあったようだ、おそらくは人妻に顔を見られた時は夢中でオノを振るった-いわば理性の全然働かない、高度のヒステリーの状態だったともいえようが、それ以前自宅に放火しようとしたことなどから気狂い扱いは出来ない。」談話は新潟日報引用。


昭和26年(1951).12.8〔19歳大学生が裕福なのに万引き〕
 東京都杉並区で、明大法学部1年生(19)3人、日大法学部1年生(19)2人、法大経済学部1年生(19)の6人が万引きで逮捕された。7月から学校に行かずに毎日、中央線沿線や浅草で、カバン、洋服、ラジオ、貴金属類を盗み、数日使用してから質入れして新宿や渋谷で遊んでいた。全員が長崎県佐世保市の高校出身の裕福な家庭の子弟で、月1万円の仕送りを受けていた。この年の銀行員大卒初任給3千円。


昭和27年(1952).11.1〔9歳ら警察署長の娘姉妹が万引き〕
 東京都池袋の西武百貨店で、警察署長の娘の中学生(12)と小学生(9)、姉の同級生の3人が手あたりしだいに万引きをして捕まった。見つかりそうになった姉が先に逃げてしまい、妹と同級生は電車賃もなくうろうろしていたところを保護され持っていた品物で判明したもの。


昭和27年(1952).10.30〔13歳少女、みすぼらしい弟妹にと衣服万引〕
 東京都で13歳少女、みすぼらしい弟妹にと衣服万引。


昭和28年(1953).6.3〔高1女子が恋路の邪魔者を殺害〕
 京都府京都市東山区の路上で、高校1年生女子(15)が恋人の工員(17)に協力させて、工員(17)を殺害した。
 女子に想いを寄せていた被害者は、自分の言うことをきかないと女子が万引きしたことを警察に通報すると脅した。警察に捕まると恋人に逢えなくなるので女子は殺害を決意、恋人は必死に止めたが強行に主張するためやむなく協力することになった。
 女子が高台から線路に突き落として列車に轢かせる計画だったが誘い出しに失敗、恋人がカナヅチで頭や顔をめった打ちにして、女子も被害者の下駄で顔を何度も蹴ったが死なないため、女子が渡したベルトを恋人が首に巻き女子が足を引っ張った。悲鳴を聞いて逃げようとした恋人を引き留め、女子はベルトを使って1人で絞殺、溝に突き落としてからさらに下駄で顔を何度も蹴った。
 被害者は家の金品を盗んで遊び歩く不良で鑑別所にも入っていた。女子は美人で勝ち気な性格、虚栄心が強く中学の時から万引きを繰り返して逮捕歴もあり、腕に恋人の名前を刺青しており、取り調べにも単独犯を主張して恋人をかばい続けた。恋人は内気で気弱な性格だった。


昭和28年(1953).12.31〔高2が6百点万引き〕
 秋田県秋田市の電機店で、秋田工業高校2年生(17)が2800円のピックアップ1個を万引きして、挙動不振のため尾行していた刑事に逮捕された。2年前から1万8千円のラジオ5台など6百点30万円相当を盗み、自宅に隠し持っていたことを自供した。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和29年(1954).1.30〔小5ら12人がカード目当てにキャラメル盗む〕
 東京都品川区で、小学5,6年生12人がキャラメルばかりをお菓子屋数軒から盗んで補導された。カバヤキャラメルのカバヤ文庫や、紅梅キャラメルについている野球カードなど景品目当て。皆一様に「キャラメルよりカードのほうが欲しかった」「カード集めはどうしてもやめられない」と云っている。家庭は中流以上で小遣いには不自由していなかった。


昭和29年(1954).6.20〔万引き会社31人が10億円稼ぐ〕※参考
 東京都上野署は、万引き会社「阪神商事」の社長(41)ら25人を逮捕した。飛行機に乗って全国のデパートを荒らして、昭和25年から30万点10億円相当を万引きして換金していた。また姉妹会社の「第二阪神商事」6人も9.16に逮捕。昭和27年から3千点5千万円相当を万引き。女は2社で5人。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和29年(1954).8.23〔中2ら7人組が万引き〕
 埼玉県北埼玉郡の中学2,3年生(14)7人が万引きで逮捕された。夏休みに1人1台のラジオを組み立てる計画を立て、秋葉原のラジオ屋などで部品135点5万円相当を盗んだもの。豊かな家庭で成績もトップクラスの者ばかりだった。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和29年(1954).11.2〔17歳ら万引きグループ「おとりさま一家」18人検挙〕
 東京都高輪署は、女(21)がリーダーの万引団「おとりさま一家」男4人女14人の18人(17〜25)を逮捕。リーダー女はダンスホールで家出少女をスカウト、チームプレーで5千万円相当の服を盗んで売り払い、毎晩キャバレーなどで遊び歩いていた。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和29年(1954).11.23〔中2ら5人がハトのために万引き〕
 東京都町田市で、中学2年生5人が万引きで逮捕された。先月から新宿伊勢丹などでハーモニカ、万年筆などを盗んでハトと交換したりしていたもの。2人が電車で無賃乗車をしたことから発覚。1月からハトを飼うことが流行っており、1人は親につがいのハト2羽を2千円で買ってもらって、生まれた子バトを同級生に売ったりもしていた。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和30年(1955).1.1〔19歳大学生ら8人組が集団レイプと万引き〕
 秋田県本荘市の旅館で、秋田大学鉱山学部2年生(20)、秋田短大1年生(19)、日雇い(19)、無職(18,19,19,20,28)の8人が少女(18)を強姦、少女は裸のまま二階から飛び降りて逃走、世間体を考えて通報しなかったが警察が嗅ぎ付けて、1.26までに全員逮捕された。新年会と称して少女を電話で呼び出していきなり襲ったもの。秋田大生をリーダーとして去年9月にグループを結成し、本や服など54万8千円相当の万引きも繰り返して質屋に入れて遊興費にしていた。強姦の余罪も取り調べ。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和30年(1955).1.15〔大学3年生が裕福なのに恋人と万引き〕※参考
 神奈川県横浜市で、神奈川大学経済学部3年生(22)と恋人の無職女(20)が万引きで逮捕された。同棲して、昨年1月から百件30万円相当を盗み、親からの仕送り1万円は貯金して暮していた。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和30年(1955).4.5〔中3ら16人の万引グループ〕
 東京都墨田区の中学3年生11人とこの中学出身の高校1年生5人の万引グループ16人が捕まった。1月からデパートや本屋で40件2万円以上を盗んでいた。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和31年(1956).4.6〔6歳ら小学生7人の窃盗団「織田信長冒険隊」〕
 東京都大田区の小学生7人(6〜11)が、中村錦之助・主演映画「織田信長」にあこがれて、窃盗グループ「織田信長冒険隊」を結成、デパートでお菓子、玩具、ビールなど120点を万引きをして捕まった。


昭和31年(1956).6.11〔2人の少年含む万引き団「夕蛾党」〕
 東京都の銀座や新宿の有名店で万引きを繰り返していた万引き団「夕蛾党」のうち、少年2人と21歳3人の計5人が捕まった。国宝級の名刀など100件以上、300万円を稼いでいた。盗品は関西で処分。報酬は月給制で、幹部は月5万円を手にしていた。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和32年(1957).3.9〔中2ら少女万引団モグラ族グループ〕
 東京都新宿区の無職女子(17)をリーダーとする少女万引団「モグラ族グループ」(14〜19)8人が捕まった。昨年11月にローラースケート場で知り合った家出少女が結成、43件6万円相当を万引。男を3人以上つくるなどの規則があり、リーダーは5人の情夫を持って深夜喫茶などで遊び歩いていた。全員が中流家庭だが放任されていた。


昭和32年(1957).5.7〔ふえるデパート内の少年犯罪 毎日新聞引用〕
 警視庁少年課の調査によると、前年1年間、東京都内主要デパート14店の店内で罪を犯した青少年は4143人(うち女1907人)にのぼり、成人も含めた犯罪の3分の2に達している。内訳は万引4079人、スリ49人、置引10人など。犯罪少年の75%が生徒で、下は小学2・3年生から始まる。盗品は小学生の場合、おもちゃ、文具、菓子、中高生は万年筆や本。一般少年は手袋、靴下、少女では下着、化粧品、アクセサリーが多い。
 華やかな販売競争で少年たちの購買欲をそそり、商品も自由に手で取って見られるため、自制心の弱い少年少女がつい悪に手を染めてしまう。デパート側は顧客本位のため、捕まえた少年たちのうち660人を警察に引き渡しただけで、残りの少年は注意だけで帰宅させている。デパートの被害は300万円という。
(毎日新聞5・7)


昭和32年(1957).9.1〔中2ら5人の少女売春窃盗グループ〕
 東京都で19歳から中学2年生(14)までの少女売春窃盗グループ5人が逮捕された。会社重役(50)など被害届を出しにくい中年を旅館に誘って売春するかたわら隙を見て現金を盗み、20件15万円を稼いでいた。また、昼間は商店20店で万引きもしていた。


昭和32年(1957).11.1〔高3修学旅行生22人が集団万引き〕
 神奈川県川崎市の法政二高校3年生22人が、修学旅行に来ていた博多駅の売店で土産物37点や雑誌、果物など3万円分を集団万引きし書類送検された。品物は列車の窓から捨てたりしていた。この年の大卒銀行員初任給12,700円。


昭和33年(1958).2.24〔中1ら8人が学校放火と万引き〕
 東京都豊島区の中学1,2年生8人のグループが、デパートでラジオなど2百件の万引きを繰り返して捕まった。また、このグループは出来の悪かった答案用紙を焼くために藁を積んで石油をかけて2度も学校に放火しようとしたが、用務員に消されて失敗していた。


昭和33年(1958).5.24〔小中学生の兵隊万引きグループ〕
 東京都葛飾区の小中学生(10〜16)24人の万引き団「兵隊グループ」が捕まった。映画「二等兵物語」をヒントに元帥、将校、兵隊などの階級制で手柄次第で進級する組織をつくり、3百点3万円の万引きを繰り返していた。この年の大卒銀行員初任給1万2,700円。


昭和33年(1958).11.8〔中3ら30人の万引団〕
 東京都品川区で、中学3年生30人の万引グループが捕まった。デパートや商店街で背広上下5着(4万9000円相当)など競争して手当たり次第に盗み、生徒に売ったりしていた。


昭和34年(1959).5.31〔5月だけで403人の不良青少年が捕まる〕
 東京都新宿区を管内とする四谷署は5月に青少年保護育成運動を展開し、403人の青少年を捕まえた。検挙者は53人で窃盗37人、恐喝12人、凶器所持2人、暴行1人、傷害1人。
▽女子高生万引グループ――新宿、池袋のデパートで服やアクセサリーを万引。185点、4万円相当を盗む。
▽高校生7人の高級車荒らし――駐車中の高級車ばかりを狙い、カメラ、現金など64点、15万円相当を盗む。
▽愚連隊のエロ写真売り――17,18歳らが伊勢丹デパート裏や新宿中央口付近の暗がかりで通行人に10枚1組を500円で売っていた(儲けは200円)。卸元は暴力団。


昭和34年(1959).6.10〔16歳ら不良少年グループが遊興費稼ぎに売血〕
 東京都足立区の少女3人を含む不良少年グループ14人(16)が捕まった。中学時代の仲間13人(14〜19)らと共に、万引き、鉄くずの窃盗など21件約2万円の犯行を働き、また血液銀行で200ccを400円で売って酒やパチンコに使っていた。この年の大卒公務員初任給10,200円。


昭和34年(1959).7.7〔中3女子がリーダーの「もんじやグループ」63人〕
 東京都足立区本木町の中学3年生女子3人をリーダーとする、小学生2人を含む「もんじやグループ」63人が捕まった。学校をサボって、万引きや不純異性交遊などを繰り返していた。


昭和34年(1959).12.19〔16歳高校生ら21人の少年万引団〕
 東京都世田谷区や大田区の無職(16)と高校生(16)をリーダーとする少年万引きグループ21人が捕まった。2月から東横線や目蒲線沿線の商店街で、120件22万円相当を盗んでいた。無職の母親は止めさせようとして2度も自殺を図っていた。この年の大卒公務員初任給10,200円。


昭和35年(1960).2.11〔16歳ら7人組が万引きとレイプ未遂〕
 大阪府大阪市キタのデパートで本やレコードなど53件4万2千円分の万引きをして売って金にしていた工員(16)5人と高校生2人の7人組が送検された。この年の大学卒初任給12,190円。たまり場の喫茶店で知り合った女子高生(16)2人をアパートに引っ張り込んで集団レイプしようとしたが、窓ガラスを壊して2人が逃げた事件も起こしている。


昭和35年(1960).4.23〔不良高校生の親代わり逮捕〕
 栃木県足利市で、天ぷら屋夫婦(50,55)が未成年者不良化防止条例違反で書類送検された。自宅を男女の不良高校生のたまり場にして飲酒させ、万引きのラジオやカメラの質入をしたり、欠席届を書いてやったり、親代わりに学校の父兄会にも出席していた。3.16に高校生4人が集団万引きで補まり発覚した。


昭和35年(1960).6.1〔中3の修学旅行が集団万引き〕
 福島県磐梯町に修学旅行に来ていた千葉県の中学3年生28人がみやげもの屋で数十点1万円分を万引きして捕まった。


昭和35年(1960).9.6〔中3ら25人組の万引団〕
 東京都世田谷区の中学生25人組の万引団が捕まった。6月に中学3年生(14)を中心に万引きグループ「校友会」を結成、昼休みに服など24件5万円を盗み、学校までタクシーで帰っていた。


昭和35年(1960).9.11〔裕福な高校生万引きグループ〕
 東京都中央区銀座で万引きを繰り返していた私立高校生3人と女子高生7人の4グループ10人が書類送検された。全員が裕福な家庭で金には困っていなかったが、スリルのためにネックレスなど装飾品を盗んでいた。


昭和36年(1961).3.18〔小5がリーダーの9人の少年ギャング団〕
 東京都台東区浅草で、小学5年生(11)ら少年窃盗団9人が捕まった。仲見世からオモチャのピストル18丁、射的用鉄砲7丁など100点を万引き。空家で毎晩盗んだジュースや缶詰で宴会、パチンコ玉を打ち込んでおでん屋を脅迫、おでんをただで貢がせてもいた。昼間は何食わぬ顔で学校に通っていたため、家庭では誰も気がつかなかった。


昭和36年(1961).4.22〔小中学生90人がお菓子の景品ほしさに万引き〕
 山形県西村山郡の小・中学生90人がカバヤのお菓子の景品ほしさに万引きをして捕まった。店側は、注意して子供が来なくなるのを恐れ、野放しにしていた。
 景品はカメラ、野球用具、エンジン付模型飛行機など高価な物。しかし、貰うにはお菓子(5円のガムと10円のキャラメル)についてくる相撲カード30枚(前頭から横綱まで)を集めなくてはならなかった。


昭和36年(1961).5.8〔高3が生徒の投票で犯人となり母親自殺〕
 広島県山県郡の私立高校で4月に本や万年筆などの盗難が相次ぎ、26日に盗った者の名前を無記名投票させて3人の生徒が判明、退学処分になった3年生(17)の母親(57)が5.8に自殺した。この生徒は靴下など2点の万引きをしていた。


昭和36年(1961).5.9〔中3ら女子10人組の万引きグループ〕
 東京都品川区五反田駅前の商店で万引きを繰り返していた中学3年生女子(14)9人と同じ中学の卒業生(15)の10人組が捕まった。おしゃれのために50店でアクセサリー、化粧品、服など20万円相当。1人が店員に話しかけて気をそらしている隙にほかのメンバーが服の下に隠して盗む手口。この年の大卒初任給15,690円。


昭和36年(1961).5.31〔19歳がピストルを奪うため警官毒殺〕
 熊本県熊本市の派出所で巡査(33)が下着姿のまま殺されているのが発見され、さらに1.2キロ離れた場所でタクシー運転手がこめかみを撃ち抜かれて死んでいるのが見つかり、目撃証言から写真現像業の平徹雄(19)が逮捕された。
 万引きで高校を中退してから写真現像業をはじめたがうまくいかずに10万円の借金ができ、強盗をするためにまずピストルを奪おうと警官殺害の計画を立てた。薬局の友人から青酸カリを手に入れ、事件の前日に派出所に行って巡査と知り合いとなり、深夜に毒入り缶ジュースを飲ませて殺害、制服を脱がせて自分が着込み、ピストルと警察手帳を奪って派出所前からタクシーに乗って逃亡しようとしたが、運転手に怪しまれたため射殺したもの。レイプの前科もあった。
 逮捕時に「猫を殺したのも同じ気持ち。何も後悔していない」と語る。昭和38年5月死刑確定。昭和44年1.18死刑執行。


昭和37年(1962).1.12〔女子高生2人が睡眠薬遊びから万引き〕
 神奈川県相模原市のラジオ店で、女子高生(18)2人がトランジスターラジオ(2万円相当)2台を万引きして捕まった。文房具店でノート2冊も万引き。東京都町田市原町田出身。睡眠薬遊びをしているうちにスリルを味わいたいという遊び感覚での犯行。昭和34年暮まで銀座のバーやキャバレーで働いていたことがある。


昭和37年(1962).1.23〔18歳ら2人が睡眠薬を飲んで窃盗〕
 埼玉県越ヶ谷の工員の2人(18,19)が、東京都墨田区向島の時計店で腕時計1個を万引き、店員が大声を出して追いかけたため、近くにいた人が協力し、格闘になりながら捕まえた。度胸付けに睡眠薬を飲み、「調子が出てきたのでやった」と話している。


昭和37年(1962).5.8〔中・高生がツイスト踊りたさに54回、158点の万引き〕
 東京都で、中1〜高1の少年8人、少女7人計15人の万引きグループが捕まった。ツイスト遊びのため、ツイスト用のレコード、服、おかしなど54回、158点を万引き。親が留守がちな女子高生(15)の家や盛り場、喫茶店で毎日ツイスト三昧。


昭和37年(1962).11.11〔小6女子4人組が教師の誕生日祝いに百点万引き〕
 神奈川県川崎市で、小学6年生女子(11)4人が担任教師の誕生日祝いにとデパートからハンカチ、靴下など学用品や日用品百点、5千円相当を万引きした。えこひいきする教師の気を引こうとしたもの。全員が中流家庭。この年の大卒初任給 17,815円。


昭和38年(1963).2.21〔高2ら女番長グループ11人が集団万引き〕
 東京都で私立高校2年生女子(16)をリーダーとする女番長グループ11人が、約30件の万引きをしたとして補導された。化粧品や洋服などの盗品は同級生や下級生に売りつけ、遊興費に使っていた。全員が中流家庭。


昭和38年(1963).4.6〔小・中学生135人が万引き〕
 佐賀県小城郡の小学生82人及び中学生53人、計135人が万引きで捕まった。1年前から文房具、菓子、伝書バトなど、競争で繰り返していた。
 ほとんどが農家で、親は気付いても体面のために隠し、店も密告したように見られ商売に影響すると届けを出していなかった。少年は「大人たちは宴会のあとに花瓶や杯を持って帰ってくる」と罪の意識はない。


昭和38年(1963).11.24〔中3の4人組が万引き旅行〕
 東京都羽田空港の国内線ターミナルの売店で、北海道札幌市の中学3年生4人が1万5千円相当のキーホルダーなどを万引きして捕まった。デパートなどで万引きを繰り返して資金を調達し、汽車で上京。飛行機で札幌に戻る途中だった。4人で18万円を所持していた。この年の大卒初任給19,380円。


昭和38年(1963).11.25〔中学生の善行団体が非行グループに〕
 東京都北多摩郡の中学生ら31人が「困っている人を助けよう」、「母校に砂場を作ろう」といった目的で「貧助会」なる団体を5月に組織したが、「もっと金を儲けなければ」と目的が変わり、半年あまりの間に、ゆすり23件、暴行1件、盗み1件の非行グループになっていた。
 東京都中野区の中学生が、進学塾の仲間ら8人と万引きグループを組織するなど、真面目な生徒が非行に走る新しい傾向があると警視庁少年課は警告を発している。


昭和39年(1964).1.8〔16歳2人組が退学を恨み教師に復讐〕
 京都府福知山市の私立高校に、16歳2人組が万引きなどで退学にされた恨みを晴らすため殴り込み、教師(26)に殴る蹴るの暴行を加えて捕まった。


昭和39年(1964).3.18〔高1女子15人が集団万引き〕
 神奈川県横浜市の女子高校1年生(16)15人が、60点7万円以上を集団万引きして捕まった。裕福な家庭で小遣いにはまったく困っていない。この年の大卒初任給21,190円。


昭和39年(1964).8.11〔16歳の保護観察少年が通り魔殺人して電車に轢かれて死亡〕
 東京都世田谷区代田の羽根木公園で、クリーニング店手伝い(16)が、少女とデート中の国士舘大学生(21)をいきなりナイフで刺殺して逃走、50メートル離れた小田急線の踏切を無理に渡ろうとして電車に轢かれ、死亡した。
 補導歴10回。2年前にレイプ未遂と恐喝で少年院に。その後精神異常から、東京医療少年院に入って4月に退院、保護観察中だった。事件当日、空気銃が欲しいと保護司に相談したが、16歳では許可されないと断られ、帰宅途中に洋品店でポロシャツを万引きして捕まり、兄が警察から身柄を引き取った1時間後の凶行だった。家のクリーニング店で働いていたが、いらいらして家族に物を投げつけたり、窓ガラスを割ったりしていた。



昭和39年(1964).9.12〔高2の4人組が168冊を万引き〕
 東京都世田谷区の高校2年生4人が、渋谷や自由が丘の書店で2ヶ月間で21回、157冊、56900円相当を万引きして捕まった。専門書15冊を質店に持ち込み14000円を手に入れて、青森旅行の資金にしていた。全員がトップの成績。「本を読みたいが金を出して買うのはばかばかしい」と自供。


昭和40年(1965).2.9〔私立女子高で万引防止に「下校中の買物禁止」〕
 兵庫県で私立女子高で万引防止に「下校中の買物禁止」。


昭和40年(1965).8.15〔女子中学生による暴行脅迫事件〕
 少女ら4名(中学3年生14才3名、15才1名)は昭和40年8月15日同窓会の打合せのとき、被害者(同じ中学校の生徒で15才の少女)が「あの人たちは4人いないとけんかしきらん。」といったことを根に持ち、8月21日午前10時ごろ、通行中の被害者を呼びとめて「悪口をいった。」と因縁をつけて、同女の顔面ならびに腹部をなぐるけるの暴行を加え、さらに出刃包丁をつきつけて、「殺すぐらいわけないよ。」と脅迫した。少女らは窃盗グループで26回にわたり万引をしていたことも判明した。
 少女らの家庭はいずれも中流以下で、監護についての関心は薄かった。4各のうち2名は窃盗の非行歴があり、少女らの家が商店街に近いこどから、学校帰りに商店街を遊び歩くうちに万引きをするようになり、しだいに非行グループ化し、学校でも女子生徒間のボス的存在となっていた。(福岡県) 警察庁「昭和40年の犯罪」引用。


昭和41年(1966).11.11〔女子大生5人が集団で万引き〕
 東京都千代田区内の私立女子大2年生(19と20)の5人が万引きで捕まった。この日だけでもある百貨店から2200円相当を、別の百貨店から6000円相当を万引きし、過去にも他の店で度々盗んでいた。5人の家庭はいずれも裕福で、「面白くてやった」と自供。


昭和41年(1966).12.9〔女子大生二人組が万引き〕
 東京都新宿駅前の洋品店で、万引きしようとした女子大生2人が捕まった。早大文学部1年生(18)と大阪学芸大養護教員養成所1年生(18)の2人。大阪の高校の同級生で、上京してから休学届けを出して約50件、300点(80万円相当)の万引きをして現金に代え、派手な生活をしていた。


昭和42年(1967).3.7〔中3女五人組がスリル味わうため万引き〕
 東京都渋谷区の中3女子5人(いずれも15)が万引きを見付かり補導された。卒業前のスリル感の体験、そして戦利品は卒業祝に、との思いで犯行に及んだ。1人が店員に話し掛け、その他が盗むというプロ並みの手さばき。衣料品、服飾品等2万5千円相当が被害に。


昭和42年(1967).4.19〔高3ら四人組、欲しいものはすべて万引き〕
 東京都板橋区の私立高3の3人(17)と浪人生(18)の4人が逮捕、送検された。衣類からギターなどの嗜好品、すべてを万引きで繕うあつかましさ。約400点、50万円相当が被害に。逮捕時、その全身が戦利品に拠っていた。1人が店員をひきつけ、他が物色。戦利品を入れる袋さえも万引きしていた。


昭和42年(1967).11.23〔愛児4人に万引きさせた母親姉妹逮捕〕
 東京都で愛児4人に万引きさせた母親姉妹逮捕。


昭和44年(1969).4.4〔女子中高生112人の万引き団〕
 神奈川県横浜市で1100点、50万円以上を万引きしていた女子万引きグループ18組112人(高校生92人、中学生20人)が捕まった。横浜、東京のデパートなどで洋服、アクセサリー、化粧品を盗み、盗品は学校で交換、競りにかけたり、好きなグループ・サウンズにプレゼントしていた。ある高校ではクラスの8割の生徒が犯行グループに加入。見付かった際、徹底的に謝る、グループの名前は絶対に出さない等と、対処法を作っていた。ほとんどが裕福な家庭で、スリルを楽しみ、罪悪感はない。
 この年の大卒初任給32,406円。


昭和44年(1969).4.23〔高1のいじめ復讐首切り殺人事件〕
 神奈川県川崎市の私立高校のそばで1年生(15)が全身47カ所を刺され首を切り落とされて殺害された。一緒にいた同級生(15)は「日本刀の3人組に襲われた」と言っていたが、25日に「見下げられ、悔しまぎれに刺殺した」 と自供。中学の時からいじめられ、この日には辞書に毛虫をはさまれた。万引きした登山ナイフで刺し、ナイフだけで首を切断した。裕福な家庭の長男。


昭和44年(1969).5.7〔ボンド吸引し窃盗〕
 高校3年生S(17歳)を中心とする16人のボンド乱用の非行集団は、ボンドを吸引しては夜間グループではいかいし、万引や車上ねらいなど検挙されるまで73件、43万円余の窃盗を重ねていた。(44.5.7岡山) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和44年(1969).6.17〔中3女が万引き常習犯の母に悲観し自殺〕
 東京都狛江町の靴店経営者の長女中3女(14)が自宅で睡眠薬で自殺した。母(37)が刺激を得るために63件、400万円相当の品物を万引きして逮捕されたことを気に病んでいた。


昭和44年(1969).9.〔不良少年グループの仲問に入り不純異性交遊や盗みを働いていた事案〕
 F子、G子(17歳)の2人(双生児)は、家出して札幌市内の盛り場で遊んでいるうち不良少年グループと知り合い、少年らのアパートに雑居し、不純異性交遊や淫行をし生活費に困って万引きを重ねていた。(44.9保護 札幌) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和44年(1969).11.1〔高校生ら38人が万引き品を換金、遊興費に充てる〕
 東京都目黒区自由ヶ丘の書店で、東京都立大付属高校の生徒38人が本を万引きして捕まった。バリケードストで10.4に試験制度廃止要求が通ったことで勉強意欲が失せ、授業をサボるようになり、遊ぶ金欲しさに犯行に及んだ。54冊、3万7千円相当を万引き、古本屋で換金していた。同校の他の全共闘生徒28人はパチンコをしているところを補導されている。


昭和45年(1970).1.〔集団による万引事件〕
 列車通学の高校生が、他の生徒から万引きして成功した話を聞き4人共謀して11回にわたり、ズボン等82点時価7万円相当を万引きし、他の20人の生徒が列車内等で贓品を譲り受けていた。(45.1福井検挙) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和45年(1970).2.〔中学生12人が195万円万引〕
 中学生12人が食糧品等の万引きを手始めに非行グループをつくり、山形天童市内のデパート、商店等から300回にわたり、スキー、ギター、力メラなど時価195万円相当を万引きし、自宅に品物を隠していた。(45.2山形検挙) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和45年(1970).3.〔女子中学生14人が万引〕
 女子中学生14人がグループをつくり、2〜3名が1組となって、旭川市内の百貨店など22店から婦人オーバ、ワンピース、ネックレス、指輪など170点20万円相当を万引きした。(45.3旭川検挙) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和45年(1970).5.3〔万引き叱られ、小学生6人家出〕
 大阪府で万引き叱られ、小学生6人家出。


昭和45年(1970).5.〔集団による万引事件〕
 万引きした生徒が校内で贓品を売買、交換したことから生徒間に万引きが流行し、高校生30名がグループをつくり、2〜5人1組となって京都、滋賀、岐阜の3県下にわたり、万引188件、空巣4件、店舗荒し7件、総額25万円の窃盗を敢行した。(45.2滋賀検挙) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和45年(1970).6.〔家出少女らを自己のアパートに宿泊させ、万引等をさせた事犯〕
 アパート暮しをしている女性が、14才から16才までの家出中の女子中、高校生など7名をつぎっぎと自己のアパートに宿泊させ、万引の要領や失敗時の逃げ方などを教え、スーパーマーケット等から万引をさせ、あるいはマーケット店員として働かせ商品を盗ませ、さらに少女らをバー等にあっせん供給した。(大阪6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).1.〔切手収集にこった小学生9人グループの万引き〕
 切手収集が小学校生徒の間に流行し、競争で収集するようになり小遣い銭に不自由になった結果、小学校4年(10歳)ら9人は放課後テパート等において切手、玩具、菓子等を19回にわたり万引きしていた。(三重1月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).4.〔女高生の災団万引き事件〕
 同一列車で通学し顔見知りとなつた不良女高生15人がグループ化し、虚栄心等から万引きを始め、テパート、スーパー等から化粧品、衣類など445点(40万円相当)を万引きしていた。(茨城4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).4.〔修学旅行先での集団万引き事件〕
 九州方面に修学旅行した高校2年生122人が、解放感と群衆心理からホテルのみやげ物店等からペンダント、ブローチ等380点(20万円相当)を万引きしたほか、ホテル内で飲酒、喫煙等の不良行為をした。(兵庫4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).4.〔女子中学生10人の万引きグループ〕
 中学3年女子(15歳)は、スーパーマーケットで大人の万引きを目撃し、これをまねたところ簡単に成功したことに味をしめ、学友を誘い10人のグループで百貨店、スーパーマーケット等で28回にわたり衣類等69点を万引きしていた。(京都4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).6.9〔競馬に熱中した中学生〕
 中学生2人は、昭和45年秋ごろ競馬好きの父母に連れられて競馬を見に行つたことから、熱狂的なファンになり、一時は騎手になるため厩舎入りまでしたが、中学生であることを発見されて野望が中断したため、2人が一緒に下宿して競馬研究に没頭した。またクラスメートの中に同好者を拡大し、競馬愛好会を組織して東京はももろん関東周辺の競馬場や場外馬券売場へ通いつめていた。その結果1回は11万円余りの賞金を得たがだんだんギヤンブル資金に困り、万引きなどを行なう非行集団に発展した。(警視庁5月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).6.〔中学3年生18人の集団万引き事件〕
 中学3年(15歳)ら18人は、校内の不良グループであるが、派手な遊びをするために遊興背を得ようと商店等から日用雑貨品等を手当り次第に万引きし、補導されるまでに23回にわたり65点(4万6,000円相当)の非行を敢行していた。(鹿児島6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).9.13〔スケ番グループ111人〕
 埼玉県熊谷市のスケ番グループ111人が捕まった。私立高校3年生(17)を総番長として12の高校に配下を持つ。恐喝やリンチ、百件以上22万円相当の万引きを働いていた。ほとんどが中流家庭。


昭和46年(1971).9.〔高校生105人の万引きグループ〕
 列車通学または高校寄宿舎に居住する高校生105人が、列車の待時間や下校後の自由時間を利用して、スーパーマーケットや一般商店で数人がグループとなって腕時計その他の雑貨類を万引きしたり車上ねらい等139件の非行を敢行し、さらに盗品を教室内に持ちこみ学友間で競売したりしていた。(兵庫9月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).11.〔青少年非行グループ83人を補導〕
 極東組員のつくった調布市内の青少年非行グループ83人を補導。シンナーあそびにふけり、金がなくなると自動車盗、万引強盗をはたらく(玉川) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和47年(1972).1.〔高校生らによる窃盗ならびに賍品売買グループ〕
 中学時代からの同級生11人は、有職少年M(17歳)のアパートをグループの拠点に、万引、自動車盗、車上狙いなど61件43万円相当の窃盗をくり返し、盗品のカーステレオなどは級友などに売却し遊興費にあてていた。(千葉1月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).4.〔列車通学高校生グループの窃盗〕
 怠学してボーリング場に出入する高校生ら24人が、小遣い銭に窮し自動車盗をはじめ万引など85件、被害総額134万円に及ぶ非行を重ね、盗品を級友などに売却し遊興費にあてていた。(京都4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).5.〔入院先の病室を根拠とした窃盗グループ〕
 無職少年ら11人は、交通事故で入院していたT(17歳)少年がリーダーとなり、オートバイを利用して私鉄沿線各駅前の商店街等広範囲に、食料品、衣類などを万引し、丁少年の入院先個室で山分けしていた。(東京5月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).5.〔解放感と群衆心理からの高校生による集団万引〕
 体力練成のため、長野県軽井沢で合宿していた東京の私立高校1年生24人は、みやげ物店に押しかけ、店舗内の混雑にまぎれて1人がアイスクリーム等を万引きしたことから、つぎつぎに手口をまねて手あたりしだいに盗みまくり、カラーフイルムやこけし等335点約4万5,000円相当を窃取した。(長野5月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).6.30〔高校生による万引グループ〕
 東京都の警察庁は、万引などを繰り返していた非行少年少女20グループ、1249人を一斉摘発。調布市の高校生39人は銀座のデパートまでオートバイで大挙して繰り出し、洋服売り場で266点22万円相当を万引きして売っていた。


昭和47年(1972).6.30〔女子高校生による万引グループ〕
 女子高校生20人は、服装の格好よさにあこがれて、学校の帰途喫茶店に立寄り、私服に着替えた後、2、3人が1組となってデパート内の化粧品、洋服売り場を共同で万引きをくり返し、日曜日の歩行者天国等で格好よさをきそいあっていた。(東京6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).6.〔女子高校生による万引グループ〕
 万引常習の女子高校生が友人に盗品のスカートを分け与え、その際「万引きは簡単よ、教えてあげるからついておいで」と誘われたことを契機に9校45人と雪だるま式に万引グループが増え、本年6月ごろまでの間デパートなどで650点150万円相当の万引きを行ない、これを校内で販売し売上げ金で九州一周旅行やダンスホールでの遊興費にあてていた。(福岡6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).6.〔警視庁18グループ1,234人を解体補導〕
 第2回指定地区補導活動18グループ1,234人を解体補導オートバイ盗、デパート万引等の伝言板グループ(東調布)、女高生を中心とした暴力事件(北柳グループ)(千住)、オートバイ暴走、薬物乱用グループの恐かつ(死神グループ)等を摘発、地域住民にアピール 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和47年(1972).7.〔アルバイト先から集団万引きした高校生グループ〕
 男子高校生30人は、学校の夏休みにスーパーマーケットで清掃作業のアルバイト中、店内からアクセサリー、Tシヤツ、ジーパン等約100件10万円相当の万引きをくり返し、友人間で売買、交換等の非行を重ねていた。(宮城7月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).8.11〔万引きを心中で清算、母2児道連れ〕※参考
 島根県で万引きを心中で清算、母2児道連れ。


昭和47年(1972).9.〔通学、通勤グループによる集団窃盗〕
 高校生23人、有職少年13人は、列車にょる通学、通勤中に互いに顔見知りとなったが、そのうちの1人が万引きをしても発覚しなかったことから、スリルを味わうためつぎつぎと盗みを行なうようになり、グループで自転車、自動車部品等の盗みのほか、商店でウイスキーや電気製品の万引を反復し、161件60万円相当を窃取し、遊興費にあてていた。(福島9月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).9.〔中学生グループによる合鍵、覆面、手袋等を使った忍込み窃盗事案〕
 中学生(2、3年生)の5人は小遣い銭ほしさの万引きが、次第にエスカレー卜、タオルで覆面して自転車スポークを改造した合鍵および手袋等を使い、深夜に農協事務所、商店、民家等に侵入するなどこれまでに11件の非行を重ねていた。(石川9月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).10.〔遊興費欲しさの中学生らによる集団窃盗〕
 中学生ら49人は、進学塾に通い出してからお互いに勉強以外の遊びにこり、遊興費欲しさから先輩らに誘われるまま、かつぱらい、万引きを覚えボーリング場、サウナ風呂等で豪遊していた。(東京10月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).10.〔中学生による「万引き連合」グループ〕
 中学生(3年生10人、2年生7人)17人は、金を出して品物を買うのはもったいないから万引きしようとグループを結成し、デパート、スーパーなどを対象にそれぞれ見張り役、店員引きつけ役、盗み役などの分担を決めて衣料品その他73点を万引きするなどグループ非行を重ねていた。(富山10月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).12.〔女子高校生を主とした10人グループによる窃盗〕
 市内の女子高校生ら10人は、怠学、無断外泊の交遊を続けるうち遊興費に窮し、デパートやスーパー等で衣類、文房具等を万引きし、これを学校内で同級生に売りつけていたほか、107件に及ぶ窃盗を重ねた。(岐阜12月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).1.〔家出小、中学生3人組による連続店舗荒し〕
 大阪の小、中学生3人は、勉強を嫌って怠学を続け「どこか遠くへ釣りに行こう」と相談のうえ家出し、福井県下で借テントを利用して海岸にキャンプを張り、そこを根城に商店街を俳徊しながら連続8回の店舗荒しを行っていた。(福井1月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).2.〔泥棒計画をたて連続窃盗を行っていた中学生グループ〕
 中学生グループ16名が盗みの成功に自信をつけ、昼間は見張り役を立てて万引をなし、夜間は家族の静まった後、家を抜け出して公民館に集合し、当夜の犯行計画を立て、窃取した自動車、オートバイを乗り回して46回にわたり、忍込み、店舗荒し等の連続窃盗を重ねていた。(富山2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).3.〔中学生の窃盗非行集団〕
 中学生ら9名が、オートバイや炊事用具等77点を窃取して、他人の山林内に小屋を作り、ぞう品を持ち込んで炊事する等して遊んでいた。(福島3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).3.〔中学校吹奏楽部員を主体とする集団窃盗〕
 中学校の吹奏楽部員を主体とした、非行グループ45名が、東京をはじめとして神戸、大阪の商店街を舞台に、万引を競い合い、窃盗103件を敢行したほか、遊興費を得るため、校内で盗み取った物品を市価の3〜5割引で売買していた。(兵庫3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).3.〔万引の腕くらべをしていた小学生グループ〕
 小学校6年生16名は、同級生の1人が万引した物品を校内で自慢してみせびらかしたことから、万引に興味を覚え、お互いに数量や品質をきそいあい42件58,000円相当の万引をしていた。(警視庁3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).3.〔集団万引等の非行をしていた接着剤乱用〕
 少年グループ補習塾に通う中学生らが、喫煙、飲酒等の不良行為を通じて61名に及ぶグループを形成し、空地、留守家庭等を利用して接着剤を乱用しては不純興性交遊等を重ねていたが、次第に非行化して、集団でスーパーマーケットから30回にわたって衣類等を万引していた。(京都3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).10.〔集団で万引したり、ボンド乱用を重ねていた中、高校生らの非行グループ〕
 中、高校生ら3グループ26名は、中学校の生徒が学校近くの食料品店からパンなどを万引し、学校で自慢したことから友達などが加わり、次第にグループ化したメンバーであるが、古丹別町、羽幌町の衣料品店等からGパン等434点約90万円相当を万引したり、ボンド遊びなどの非行を重ねていた。(北海道10月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).10.〔万引した品物を仲間に贈与したり、物々交換していた小、中学校の窃盗グループ〕
 船橋等の小、中学校の生徒34名は、5〜11名のグループを形成し、デパート、雑貨店、食料品店等から万引、置引、かっぱらい等67件の非行を重ねていたが、盗んだ品物はコインロッカー等に預けて仲間に贈与したり、物々交換したりしてヘルスセンターや盛り場で遊びまわっていた。(千葉10月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).12.〔女子高校生グループの広域万引〕
 女子高校生番長を中心とする同一クラスの女生徒12名がたまたま登下校途中万引の成功に味をしめ、全員が万引を行うようになり、ついには、授業時間中に「万引計画メモ」を回覧し、滋賀県下をはじめ京都、大阪まで足をのばして、デパート、スーパーマーケット、化粧品店等から衣類など150点を万引して、その品物はグループ員同志で分配し、公然と使用していた。(滋賀12月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和50年(1975).4.24〔高3女子10人が万引き競争〕
 東京都品川区の女子高校3年生10人(17,18)が、万引きで捕まり書類送検された。半年前からスーパーで、化粧品、洋服など80万円相当をお互いに張り合って盗んでいた。全員が裕福な家庭で、「スリルと競争のためで品物には興味ない」と自供。この年の大卒初任給、83,600円。


昭和50年(1975).8.21〔16歳ひきこもりが母親に同棲させられる〕
 北海道札幌市で、カップルが万引きで捕まった。少年(16)はIQ130だが勉強嫌いで成績も悪く、今春中卒後は親に勧められても高校には進学せず仕事にも行かず家でひきこもっていた。母親は結婚すれば勤労意欲が湧くだろうと、アパートを借りて高価な家財道具を月賦でそろえてやり、勉強嫌いで高校を1ヶ月で中退した家事手伝い少女(16)をそそのかして家出させて息子と同棲させた。しかし、少年はアパートに1日中ひきこもって、家財道具を質入れしたり少女にホステスをやらせて暮らしていた。母親は未成年に淫行をさせる罪で逮捕された。


昭和50年(1975)..〔高2ら5人が家出して万引〕
 高校2年生(16)他5人は家出して、仙台市内の友人のアパートをたまり場として、万引をしたり、暴行、恐喝、シンナー乱用等の非行を重ねていた。(宮城) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和51年(1976).1.〔警備員,万引をした女子高校生の弱みにつけ込み強姦〕
 スーパー・マーケット警備員,万引をした女子高校生の弱みにつけ込み強姦(立川)。 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和51年(1976).3.〔女子中・高校生の不良グル一プ,盛り場の喫茶店を溜り場に万引〕
 10校に及ぶ女子中・高校生の不良グル一プ,盛り場の喫茶店を溜り場に万引を重ねる(四谷)。 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和51年(1976).3.〔暴力団員が「無料学習塾」を開設,中学生らに万引,飲酒の手ほどき〕
 暴力団員が「無料学習塾」を開設,中学生らに万引,飲酒の手ほどき(福生)。 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和51年(1976).4.〔トルエン乱用や万引などで中・高校生ら135人を補導〕
 トルエン乱用や万引などで中・高校生ら135人を補導,親は家出されるのが怖くて見て見ぬふり(町田)。 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和51年(1976).8.〔高校3年生,腕時計などを万引〕
 夏休み中,予備校に通っていた高校3年生,腕時計などを万引(町田)。 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和51年(1976).10.〔中学生不良グループ25人,遊ぶ金欲しさに万引,車上狙い,さい銭盗〕
 ボーリング場を溜り場とする中学生不良グループ25人,遊ぶ金欲しさに万引,車上狙い,さい銭盗などを重ねる(大崎)。 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和51年(1976).11.〔万引,集団恐喝をしていた小・中・高校生ら507人を補導〕
 万引をした品物を教室で売ったり,集団恐喝をしていた小・中・高校生ら507人を補導(小松川)。 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和51年(1976).12.16〔中1万引き団53人を補導〕
 東京都北区の中学1年生53人が万引きを繰り返して捕まった。1人の少年(13)がシャーペンを万引きしたのをきっかけに「スリルがあって面白い」と塾でブームとなり、盗んだ物を学校で売買していた。被害は3百点、13万円にも及んだ。豊かな家庭の子供ばかり。


昭和51年(1976)..〔女子高校生19人が集団万引き〕
 女子高校生19人のグループは「男子の気を引くため身を飾りたい、化粧してきれいになりたい」との理由から、デパート等でイヤリングやネックレスなどの装飾品を万引きしたのをはじめ、次第に犯行が大胆となり、約4か月の間に婦人服など323点、総額130万円相当の万引きを続けていた。(長野) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


「警察白書」の昭和51年(1976)事例引用
 学校内で、万引きをした生徒からその成功談を聞かされ刺激された高校生40人のグループは、デパート、スーパーマーケット等から衣料品や電気器具その他を手当たり次第に万引きし、更に犯行がエスカレートして、夜間雑貨商の倉庫に侵入し電気製品を盗み出すなど166件、被害総額680万円相当の窃盗を犯していた(福島)。


「警察白書」の昭和51年(1976)事例引用
 女子高校生19人のグループは「男子の気を引くため身を飾りたい、化粧してきれいになりたい」との欲求から、デパート等でイヤリングやネックレスその他の装飾品を万引きしたのを手始めに、次第に犯行が大胆となり、約4箇月の間に婦人服等323点、総額130万円相当の万引きを続けていた(長野)。


昭和52年(1977).6.12〔13歳娘に「万引き教育」した母を逮捕〕
 大阪府で13歳娘に「万引き教育」した母を逮捕。


昭和52年(1977)..〔男女高校生18人がシンナー吸って乱交パーティや万引き〕
 勉強部屋や下宿等をたまり場にして、シンナー乱用を重ねていた男女高校生ら18名のグループは、少年が持ち込んだポルノ雑誌を回し読みしているうち、セックスに対する異常な関心をもち、シンナーを乱用して乱交パーティにふけり、更には小遣い銭に窮しては、スーパーマーケットや商店等から衣類をはじめ、酒、ウイスキー等を万引きしていた。(青森) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


「警察白書」の昭和52年(1977)事例引用
 男子中学生54人は、ゲームセンターをたまり場として、喫煙をしたり深夜に遊び回るなど不良行為を繰り返していたが、万引きのスリルに味をしめ2、3人の組になって兵庫県はじめ3県にわたり、スーパーマーケット、百貨店等で83件、被害総額57万円に上る万引きを続けていた(兵庫)。


「警察白書」の昭和52年(1977)事例引用
 学校内で、万引きをした生徒からその成功談を聞かされ、刺激された26人の女子高校生グループは、3〜5人ずつの組になって約1年間にわたり、隣接2県下のデパートやスーパーマーケットから衣料品や化粧品等430点、117件、被害総額47万5,000円相当の万引きを続けていた(富山)。


昭和53年(1978).1.6〔中学生2人が台湾で万引き〕
 東京都台東区の中学生2人が、台湾で電子腕時計を万引きして捕まり、少年法廷に送致された。台湾チームとの親善試合に訪れていた東京の野球チームの一員。


昭和53年(1978).1.〔中学生88人を万引で補導〕
 学校内での万引の自慢話しが次々に伝ぱ、わずかな期間に他校にも伝わり中学生88人を万引で補導。(南千住) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和53年(1978).2.12〔中3の2人がいじめ復讐殺人〕
 滋賀県野洲町の民家で、中学3年生の長男と同級生の6人が就寝中、うち2人の3年生(15)が包丁や木刀で襲って1人を殺害、2人に重傷を負わせた。暴行されたり物を強要されたりの執拗ないじめに合っており、復讐のために計画し、凶器は万引きして用意していた。もっとも乱暴がひどくて復讐の標的だった相手はトイレに立って寝る場所が入れ替わったため無事だった。
 犯人の1人は学級委員長を務める明るい性格だった。被害者も窃盗などを繰り返していたため書類送検された。


昭和53年(1978).3.27〔警官、万引き少女をモーテルに連れ込み発覚〕
 東京都で警官、万引き少女をモーテルに連れ込み発覚。


昭和53年(1978).4.4〔高3らキャンディーズ騒動〕
 東京都後楽園のキャンディーズ・サヨナラ公演に55,000人が集まったが、岡山県倉敷市の県立高校3年生(17)が金を使い果たして帰りの旅費を得るため八百屋から1万5千円を奪って逃げたが店員に取り押さえられた。ファンクラブ会員だった。
 16日に兵庫県神戸市のレコード屋がキャンディーズ・フィルムコンサートを開催したが、3百人の中高生がレコードなどキャンディーズ関連グッズ30万円相当を叫び声をあげながら堂々と集団万引きした。


昭和53年(1978).4.〔マージャンに狂った中学生9人、賭け金欲しさに下級生を恐喝〕
 マージャンに狂った中学生9人、賭け金欲しさに下級生を恐喝。脅された少年は、そのお金をねん出するため万引をくり返す。(牛込) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和53年(1978).6.10〔私立高で万引き生徒大量処分、退学など25人〕
 東京都で私立高で万引き生徒大量処分、退学など25人。


昭和53年(1978).6.〔中学生、ポルノ雑誌見たさに8冊を万引〕
 学校内でポルノ雑誌の回し読みで刺激された中学生、ポルノ雑誌見たさに8冊を万引。(小平) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和53年(1978).6.〔万引し、盗品は学校内で交換していた中学生22人〕
 手当りしだいに万引し、盗品は学校内で交換していた中学生22人を補導。(月島) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和53年(1978).7.14〔小中生万引き団「盗賊エンペラー」〕
 東京都足立区の中学生1年生12人、小学6年生3人、小学5年生3人の18人組万引きグループ「盗賊エンペラー」が捕った。スーパーなどで店員に話しかけて注意をそらせて70点8万円相当を万引きしていた。ホテルからグループ名を付けていた。


昭和53年(1978).8.17〔小2らが強盗〕
 京都府京都市山科区の小学校5年生(11)小学校2年生(7)の兄弟と中学1年生(13)の3人が、林のなかで遊んでいた小学校5年生4人にナイフを突き付け「金を出せ」と殴って全裸にして高さ10メートルの土手から川に突き落とした。残った服から現金250円と自転車を奪って逃走。ナイフもスーパーで万引きしたものだった。普通の子供で非行歴はない。


昭和53年(1978)..〔中3が下着を万引き〕
 中学3年生(15歳)は、自動販売磯から購入したポルノ雑誌の性交を達想させる写真記事をみて、女性に対する興味を持ちスーパーにおいて婦人用下着を万引きした。(大阪) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和54年(1979).1.〔万引していた8人の中学生グループを補導解体〕
 秋葉原の電気店街で、レコードやエレキギターなどを万引していた8人の中学生グループを補導解体。(万世橋) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和54年(1979).3.〔万引を重ねていた女子中学生グループ18人を補導〕
 女番長に命令されるまま、万引を重ねていた女子中学生グループ18人を補導。(昭島) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和54年(1979).5.〔高校生22人の万引きグループ〕
 グループの1名が好奇心から万引し、これを学校で吹聴したことから感化され、22名の高校生(うち女子9名)が、書籍、ミュ一ジックテープなど、348回(78万円余相当)にわたり万引をしていた。(5月、広島) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和54年(1979).5.〔ゲーム代欲しさに万引などをしていた中学生グループ31人を検挙補導〕
 インベーダーハウス等のたまり場で、ゲーム代欲しさに万引などをしていた中学生グループ31人を検挙補導。玉川署。 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和54年(1979).6.〔万引、電話機荒しなどの非行を重ねていた中学生15人を補導〕
 インベーダーのゲーム代欲しさから、万引、電話機荒しなどの非行を重ねていた中学生15人を補導。(野方) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和54年(1979).7.〔万引していた区立中学生40人を補導〕
 自校の生徒から万引の注文をとり、需要に応じて万引し、生徒間で盗品を売買していた区立中学生40人を補導解体。(神田) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和54年(1979).10.〔中学生65人万引、シンナー乱用、自転車盗で補導〕
 地域の非行中学生65人を、インベーダーゲームの不正使用、万引、シンナー乱用、自転車盗で補導解体。(赤羽) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和54年(1979).11.〔集団万引していた女子高校生6人を補導〕
 スーパー等でスカートなどを集団万引していた女子高校生6人を補導。(町田) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和55年(1980).7.13〔万引きで捕まった高校生、警官の前で自殺〕
 香川県で万引きで捕まった高校生、警官の前で自殺。


昭和55年(1980).7.〔高3女子40人が万引き〕
 女子高校生3年生ら40名は、学校帰りにデパート等に立ち寄り3〜5名が一組となって、うち1名を見張りに立てる手口で2県下にわたり、洋服、下着等117件(33万円余相当)の万引きを敢行していた。(福島、7月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和56年(1981).3.7〔中学生、万引きが学校にバレ、自殺〕
 愛知県で中学生、万引きが学校にバレ、自殺。


昭和56年(1981).6.28〔中1通り魔が幼女刺す〕
 兵庫県川西市東多田のスーパーの客でごった返すオモチャ売り場で、中学1年生(12)が女の子(5)の胸を刺して10日間のケガを負わせ、逃走したがすぐに捕まった。直前に万引きしたナイフを使用していた。成績も良く、非行歴はない。


昭和57年(1982).3.11〔小2が万引き注意され自殺〕
 男子小学2年生(8歳)は、クラスの反省会で友人から粘土を万引きしたことを発表され、そのことで担任の教師から注意を受けたのを苦にして首つり自殺した。(山口、3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和58年(1983).2.22〔中3が約束破ったと友人蹴り殺す〕
 福岡県北九州市の小学校校庭で、中学3年生(15)が同級生(15)を殺害した。家に遊びに行く約束をしていたが、ほかの友人と勉強をしていて行かなかったため、怒って腹を2回蹴り、翌日内臓破裂で死亡したもの。日頃から仲が良かった。シンナー乱用と万引きで6回補導されている。


昭和58年(1983).3.15〔中学生の息子の万引きに、一家3人無理心中〕
 三重県で中学生の息子の万引きに、一家3人無理心中。


昭和59年(1984).4.〔中2の30人が万引〕
 公立中学校2校2年生30人は,各クラス毎に万引グループを結成し,文房具店など180店,58,620円を万引補導。(赤羽署,TAP) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和59年(1984).6.〔中学生グループ39人が空き巣や万引〕
 携帯用ヘッドホン,ステレオやゲーム代欲しさから空き巣や万引を繰り返していた不良中学生グループを摘発,盗みで1人を逮捕,39人を補導。(練馬署,少年第二課) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和59年(1984).7.13〔中2ら堀ちえみ親衛隊67人が窃盗4百件260万円〕
 東京都の警視庁は、盗みを繰り返していた堀ちえみ親衛隊67人を逮捕した。愛知県や関東の中高生や無職(14〜19)。全国で追っかけをするための資金稼ぎに、万引き10件、学校での窃盗7件、公衆電話荒らし404件で、現金213万円とビデオデッキなど48万円相当を盗んでいた。


昭和59年(1984).12.21〔同級生にリンチ・万引き強要の中3の3人逮捕〕
 兵庫県で同級生にリンチ・万引き強要の中3の3人逮捕。


昭和59年(1984)..〔中3の4人がゲームソフト万引き〕
 中学3年生4名(14歳)は、パソコンゲームの魅力にとりつかれ、ゲーム用ソフトを不正に入手しようと考え、学校から3回にわたり生徒手帳の再交付を受け、これに架空の住所、氏名を記入してレンタル店からパソコンテープ39本をだまし取ったほか、さらにエスカレートして電気店から万引きしたり使いあきたテープを売りとばしたりしていた。 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和60年(1985).1.9〔16歳が車内で老人に暴行〕
 東京都の営団地下鉄千代田線車内で、無職少年(16)が友人(19)と大声で歌を歌ったり座席に寝そべったりしていたので、男性(65)が注意したところ殴る蹴るの暴行を加えて1週間の傷害を負わせ、逃走したが25日に逮捕された。これまでも煙草を捨てたことを注意した駅員を殴ったり、万引きなど12回の補導歴があり、保護観察中。中学卒業以来ぶらぶらして家には帰らず新宿の会員制友人紹介サークルで知り合った友人のアパートなどを泊まり歩いていた。
 この頃、電車やバス車内での暴力事件が続発し、乗客が見て見ぬ振りをすることと合わせて大きな社会問題となっていた。


昭和60年(1985).1.19〔中1女子が万引きして猥褻被害〕
 神奈川県横浜市のスーパーで、中学1年生女子(13)が乳液や下着を万引きして捕まり、事務所で店次長(35)が「もっと隠しているだろう」と身体中を30分間触って強制猥褻で逮捕された。これまでもたびたび万引き少女の身体検査をやっていたと自供。


昭和60年(1985).1.〔中学生11人が105万円相当の万引き〕
 デパートやカメラ店などでパソコンや腕時計など457点105万円相当の万引きを繰り返していた中学生窃盗グループ3人と、盗品を買ったり、万引きの注文をしていた同級生8人計11人を窃盗、賍品故買で検挙補導。(大森署、少年第一課) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和60年(1985).7.19〔中2ら6人がレイプ殺人で有罪となるが冤罪認定 草加事件〕
 埼玉県草加市の残土置き場で、中学3年生女子(15)がレイプされて絞殺された。顔見知りの中学2,3年生(13〜15)5人と有職少年(16)の6人が逮捕、犯行を否認したが最高裁まで争われて刑が確定、少年院に入れられた。被害者の両親が起こした民事裁判では、犯行は認められないとして損害賠償を棄却する判決が最高裁で出て、冤罪ということなった。
 なお、この6人は家出を繰り返し、盗難車を乗り回し、万引きやシンナー遊びを重ねていた。


昭和60年(1985).9.14〔中2が売店主を絞殺〕
 北海道札幌市の雑貨店で、中学2年生(13)が店主(71)に「何をやっているんだ」と泥棒あつかいされた事に立腹し、店主を突き飛ばした。さらに部屋に逃げた店主を押し倒して、電気コードで絞殺した上、手足を縛って逃走。「警察に通報されるのが怖かった」と自供。この店は万引きの被害が多く、「中学生お断り」の張り紙をしていた。


昭和60年(1985).11.〔中学校ら12人が窃盗〕
 中学校の卒業生と在校生ら12人は、ゲーム代欲しさに空き巣、万引き、ひったくり、自販機あらしなど103件、348万円相当を盗み窃盗で逮捕。(荏原署、少年第二課) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和60年(1985).12.16〔中2女子が万引き捕まって自殺〕
 千葉県船橋市のビル屋上で、中学2年生女子(14)が飛び降り自殺。本屋でマンガ8冊を万引きして捕まったが、逃げ出してすぐ側のビルに駆け込んだもの。


昭和60年(1985).12.〔中学生非行グループ23人が窃盗〕
 ゲーム代や飲食代欲しさに2〜4人の小グループによる窃盗団を編成し、菓子店や酒店などを手当り次第に荒らし回ったほか、オートバイ盗や車上狙いを繰り返し94件、260万円相当の盗みをしていた中学生非行グループ23人を検挙補導。(綾瀬署) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和61年(1986).1.〔高校2、3年生32人、集団万引〕
 高校2、3年生32人は、スキー実習先の土産店で約200点、50万円相当を集団で万引していた。(長野1月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和61年(1986).3.11〔電器店、万引き少年の写真張り出す、法務局撤去指導〕
 山形県で電器店、万引き少年の写真張り出す、法務局撤去指導。


昭和61年(1986).7.〔中3ら16人が窃盗〕
 区立中学3年生15人と卒業生1人の非行グループは、無断欠席や家出を繰り返し、民家に侵入したり、オートバイ、さい銭泥などを重ね、ゲーム代や飲食代に使い強盗、空き巣、万引きなど計70件278万円を盗み検挙、補導。(小岩、久松署、少年第二課) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和62年(1987).11.15〔小学校長万引きで辞表〕※参考
 山梨県で小学校長万引きで辞表。


昭和63年(1988).8.30〔女教師万引き〕※参考
 京都府で女教師万引き。


昭和63年(1988).11.11〔私立高校で万引き生徒捜しに投票やカバン点検〕※参考
 京都府で私立高校で万引き生徒捜しに投票やカバン点検。


平成10年(1998).9.〔無職少年等による傷害致死及び死体遺棄事件〕
 無職少年(16歳、18歳)、中学2年生(13歳)の3人は、一緒にガス遊びをしている時ガスがなくなり、中学生(14歳)に万引きしてくるように指示したが、中学生が万引きに失敗したことに立腹し殴る、蹴るの暴行を加え、頸胸部圧迫による窒息により死亡させ、死体を駐車場に放置し、もって遺棄した(9月、山梨) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成12年(2000).3.13〔中3らが万引きして覚醒剤使用〕
 福岡県福岡市の中学3年生(15)、無職少年(16)が覚醒剤使用で捕まった。無職(34)が昨年6月頃から1回1万円で注射、スーパーで高級酒を万引きしてスナックに売って代金を作っていた。中学生女子(14)、無職少女(16)など5人もこの無職男を通じて同様に覚醒剤を使用していた疑いで捕まっている。





※タイトルと本文が同じ短いデータはすべて「〔年表〕子どもの事件 1945-1989」山本健治 柘植書房より引用したもの。※
 

『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!



『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代




少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





主要参考文献

〔年表〕子どもの事件 1945-1989

戦前の少年犯罪

戦後死刑囚列伝

新聞集成昭和史の証言

新聞集成昭和編年史

日本の精神鑑定

日本長期統計総覧

年表 昭和の事件・事故史

昭和史全記録 1926〜1989

値段史年表 明治・大正・昭和

事件・犯罪大事典 明治・大正・昭和

20世紀にっぽん殺人事典

青少年非行・犯罪史資料1-3

教育事件・論争史資料

朝日新聞縮刷版

読売新聞縮刷版

毎日新聞縮刷版

警察白書

犯罪白書






このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。








少年犯罪データベースが参考文献として掲載されています。



少年犯罪データベースのデータが引用されています。



















このページのトップへ▲



万引き統計


未成年の万引き犯検挙人数と少年人口(10〜19歳)1000人当りの比率
 1979198019811982198319841985198619871988
 昭54年昭55年昭56年昭57年昭58年昭59年昭60年昭61年昭62年昭63年
人数59,64671,99283,89178,42481,35866,26868,66269,48270,74078,067
比率2.963.574.163.894.033.283.613.653.724.10

19891990199119921993199419951996199719981999200020012002
平1年平2年平3年平4年平5年平6年平7年平8年平9年平10年平11年平12年平13年平14年
64,28749,09443,80532,36337,92141,47342,90247,21161,87565,61849,85345,76247,32849,184
3.382.582.301.701.992.182.252.483.253.452.622.402.492.58
警察庁の統計による。刑法で裁かれない触法少年(13歳以下)を含んでいる。
人口比は総務省統計局サイトの各年の10月1日現在推計人口確定値を元に独自に算出したもの。



触法少年(14歳未満)の万引き犯補導人数
1979198019811982198319841985198619871988
昭54年昭55年昭56年昭57年昭58年昭59年昭60年昭61年昭62年昭63年
16,40322,40828,74226,21127,93721,67322,10319,78916,85117,304

198919901991199219931994199519961997199819992000200120022003
平1年平2年平3年平4年平5年平6年平7年平8年平9年平10年平11年平12年平13年平14年平15年
15,48610,89310,1417,4899,78910,65810,72610,94713,56214,67410,4248,9838,5248,6738,468
警察庁の統計による。



14〜19歳の万引き犯検挙人数
1966196719681969197019711972197319741975197619771978197919801981198219831984
昭41年昭42年昭43年昭44年昭45年昭46年昭47年昭48年昭49年昭50年昭51年昭52年昭53年昭54年昭55年昭56年昭57年昭58年昭59年
22,45120,08219,81917,71220,15121,11222,55827,72333,86431,71133,58535,57543,00643,24349,58455,14952,21353,42144,595

1985198619871988198919901991199219931994199519961997199819992000200120022003
昭60年昭61年昭62年昭63年平1年平2年平3年平4年平5年平6年平7年平8年平9年平10年平11年平12年平13年平14年平15年
46,55949,69353,88960,76348,80138,20133,66424,87428,13230,81532,17636,26448,31350,94439,42936,77938,80440,51138,648
警察庁「犯罪統計書」による。「犯罪統計書」には昭和40年以前の少年のみの万引き犯検挙人数の記載はない。
昭和47年5.14以前の沖縄の数字を含まない。



成人の万引き犯検挙人数
  成人合計20〜29歳30〜39歳40〜49歳50〜59歳60〜69歳70歳以上
1989平1年 38,909 8,158 7,412 8,545 7,872 4,750 2,172
1990平2年 32,472 6,879 5,917 6,740 6,579 4,396 1,961
1991平3年 31,378 6,658 5,152 6,686 6,179 4,448 2,255
1992平4年 30,431 6,548 4,587 6,279 6,039 4,691 2,287
1993平5年 35,860 7,669 5,301 7,511 7,033 5,604 2,742
1994平6年 38,879 8,082 5,680 7,730 7,798 6,371 3,218
1995平7年 40,580 8,502 5,724 7,787 8,044 7,011 3,512
1996平8年 42,230 8,783 5,688 7,864 8,216 7,642 4,037
1997平9年 45,098 9,774 6,228 7,959 8,625 8,017 4,495
1998平10年 48,018 10,545 6,478 8,229 9,370 8,578 4,818
1999平11年 50,929 10,536 6,325 8,090 10,659 9,630 5,689
2000平12年 52,541 9,678 6,482 7,640 11,679 10,269 6,793
2001平13年 55,332 10,392 6,973 7,818 11,767 10,774 7,608
2002平14年 62,661 11,320 8,256 8,464 13,396 12,061 9,164
警察庁「犯罪統計書」による。
少年の万引き犯は人口比で見ても減少しているのに、成人の万引き犯は10年前の2倍に急増しているのが判る。
20歳代は10年前の1.7倍、50歳代は2.2倍、60歳代は2.6倍、70歳以上は4倍と高齢者ほど増加している。



万引き検挙率
198919901991199219931994199519961997199819992000200120022003
平1年平2年平3年平4年平5年平6年平7年平8年平9年平10年平11年平12年平13年平14年平15年
92.2%91.0%87.7%84.3%85.2%86.1%86.7%86.1%86.5%86.3%84.1%77.6%73.2%72.5%73.1%
警察庁の統計による。






| 少年犯罪データベースの表紙にもどる |