少年犯罪データベース


初めての方へ

○初めて来た方は、このあたりからご覧ください。


○更新履歴と管理人による注釈は、こちらのブログをご覧ください。


○幼女レイプや児童虐待、小学生殺人が昔と比べて凄い勢いで減っているのが判ります。




メールアドレス

kangaeru2001●gmail.com
(●を@にして送信してください)




備考

文責は管理人の管賀江留郎にあります。
何か問題があれば消しますのでメールください。
このサイトのデータはできるだけ広めたいと思っておりますので、無断で自由に使用してください。
ただし、新聞記事などの引用は、法律上の引用の範囲で各自の責任のもとに使用してください。
返信がめんどうなので、いちいちデータ使用の許可を求めないでください。間違いの指摘は歓迎します。
いまのところのデータ完成度は50%で、日々更新しています。抜けている事件があれば教えてください。



年代別データ





年齢別データ





データ検索



参考文献

こちらをご覧ください。



謝辞

データ作成では、ろばさん、東天王ヨブさんなど多くの方に手伝っていただきました。
また、各県立中央図書館のリファレンス係、警察庁情報公開室には多大のご協力を得ました。
感謝いたします。



統計データ




事件の背景




アマゾン


このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。
いまのところは赤字で持ち出しをしています。国会図書館の食堂でランチが食べられるようになるのが夢です。



管理人の本


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入  

※宮崎哲弥氏が本書について熱く語っています。こちらでお聴きください。

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!



『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入  

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?
戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!