少女による殺人事件

※未遂事件を含む※
※昭和24年以前の年齢表記は数え年のため満年齢にすると1〜2歳低くなる※

※少女が殺された事件は、幼女レイプ殺人事件リストか、異常犯罪をご覧ください※





昭和2年(1927).3.5〔19歳女子(満17〜18歳)ら母子が父親殺人〕
 茨城県結城郡の自宅で、長女(19)、母親(37)、祖母(75)が父親(42)をナタで殺害、3.5に起訴された。長男(13)も取り調べを受けている。


昭和2年(1927).6.17〔小4女子(満8〜9歳)が授業中に同級生女子殺害〕
 東京市本所区(現墨田区)の小学校教室で、4年生女子(10)が授業中に同級生女子(10)の頭をメートル尺で殴り、翌日死亡させた。級長で、被害者の副級長とは日頃から仲が悪く、ケンカしたもの。


昭和2年(1927).11.26〔16歳女子(満14〜15歳)が陰口恨んで毒殺未遂〕
 兵庫県神戸市の海産物問屋で、女子店員見習い(16)が同僚男性を殺害しようとお茶にネコイラズを入れて、11.26に殺人未遂で送検された。何度も陰口を云われていたのを恨んだもの。


昭和3年(1928).9.25〔21歳(満19〜20歳)が姑殺害未遂〕
 兵庫県城崎郡の農家で、嫁(21)が姑(59)に殺鼠剤入りの柿を食べさせたが異味に吐き出したため腰紐で絞殺しようとしたが噛み付かれて失敗、大阪に逃走して自殺を図ったが死に切れずに9.27に逮捕された。昨年10月に結婚してから姑に虐待されて、復讐しようとしたもの。


昭和4年(1929).2.9〔20歳女子(満18〜19歳)が母の顔をカミソリで切り裂く〕
 鳥取県鳥取市の自宅で、次女(20)が母親の顔をカミソリで十数回切り裂き、重態として逮捕された。姉の腕時計をいじっていたので母親に叱られてカッとしたもの。精神病だが、会社で働く姉の収入だけで暮らしてるため医者に掛かることができなかった。


昭和5年(1930).10.22〔17歳(満15〜16歳)女子が逃走しようとして刑事殉職させる〕
 東京府南葛飾郡の亀戸駅で、女子(17)がホームから線路に飛び込み、護送中の刑事(44)も追い掛けて飛び込んだが、列車に轢かれて刑事は即死、女子は太ももを切断して重体となった。女子は南葛飾郡大島町(現在の江東区)で養父と二人暮らし、小学校では成績優秀だったが今年の春から悪い男友達と付き合うようになって、万引きなどを繰り返し9.22に逮捕、9.28に少年審判所から逃走、10.12頃実家に帰って養父に叱られたが云うことを聞かないので養父が警察に届けて連行中に逃走を図ったか、あるいは自殺しようとしたもの。


昭和7年(1932).3.18〔女学生10数人が学校で暴動〕※参考
 富山県氷見郡の県立氷見高等女学校で、5年生(満17歳前後)10数人が卒業式の前日に蜂起、成績表を破り、教室の窓ガラスを割って回り、机を壊して暴れた。教師数人に怨みがあり、また成績に不満を持って乱暴したもの。学校は謝罪文を書かせただけで事件を隠蔽し、卒業式後の3.21に校長は辞表を出した。


昭和8年(1933).1.22〔20歳女子(満18〜19歳)ら兄妹が父親毒殺〕
 三重県宇治山田市の青物問屋宅で、次女(20)と次男(23)が実の父親(55)を毒殺、2月に母親の違う長男(29)にも薬を飲ませて重体としたが未遂に終わり、6.13に逮捕された。
 高等女学校を卒業している長女が、中学を神経衰弱で中退してぶらぶらしている次男に家を継がせようと大阪で薬品を買って風邪薬として飲ませ、重体となった父に看護する親類の目を盗んでさらに何度も毒薬を口に無理やり入れたもの。それまでも薬品入りの酒を繰り返し飲ませており、昨年7月に次男が就寝中の父親の頭をカナヅチで殴って重体としたが、医者が脳出血と誤診したので殺害してもわからないと考えていた。
 2人とも成績優秀で薬物や犯罪の専門書を熱心に読んで研究、妹は次男を神だと信じており、「神に代わって父を滅ぼした」「いまやっと父を殺したのは悪かったとハッキリ理屈ではわかりました。しかし私の心中には罪を悲しもうとする本当の涙は湧きません。神様、本当に父殺しの大罪を悲しむ涙を湧き出させて下さい」(大阪毎日新聞名古屋版引用)などと話す。
 次男はノイローゼとなり、近所の人に殺害したことを話したり大阪の教会で懺悔したところから発覚。かなりの資産家で、母親は父親に内緒で次男に5千円のこづかいを与え、次男は2千円ずつ東京と大阪の新聞社に送って、自分は世界を統一する大英雄だという広告を掲載しようとしたりしていた。この年の銀行員大卒初任給70円。


昭和8年(1933).4.15〔18歳女子(満16〜17歳)が兄と関係して赤ちゃん殺害〕
 滋賀県阪田郡の自宅で、女子(18)が赤ちゃんを産み、兄の会計係(40)と2人で圧殺し、墓地に埋めたが掘り返して琵琶湖に死体を捨て、5.16に自供した。兄は元小学校教師で4人の子どもがいるが、実の妹と関係して妊娠したため処置に困ったもの。妻は2月に死亡している。


昭和8年(1933).11.26〔19歳女子(満17〜18歳)が盗みの弟殺害〕
 徳島県麻植郡で、製糸女工(19)が弟(12)をタオルで絞殺した。弟が窃盗事件を起こし、一家のためと思って殺害したもの。女工は親孝行で評判だった。徳島地裁は懲役2年、執行猶予3年の判決。


昭和9年(1934).6.12〔女子(満16〜17歳)が恋路を裂かれて女主人を殺人未遂〕
 愛媛県西宇和郡で、女中(18)が女主人(43)を夜中に蔵に誘い出し紐で絞殺しようとしたが気づかれたため馬乗りになって両手で首を絞めたが噛みつかれて失敗、殺人未遂で逮捕された。
 大分県大分郡生まれでこの家で働き、2年前から息子(23)と恋仲になっていたが、女主人が息子を東京にやり、女中に辛く当たってこの日も叱ったので怨んで復讐しようとしたもの。


昭和10年(1935).4.24〔18歳女子(満16〜17歳)ストーカーが美少年を切る〕
 東京市目黒区自由が丘で、女中(18)が青物店に押し掛け、この店の長男の高等小学校夜学部2年生(16)を日本カミソリで切って5日間の傷害を負わせた。近所の魚屋の三女で大工宅の女中をしているが、美少年の男子に云い寄っても相手にされずに「うるさい気狂い」と云われたことから付け狙うようになり、3月末には包丁で後頭部に傷を負わせていた。このままでは殺されると、4.29に男子の父親が警察に届けたため発覚。警察は女中を連行したが「どうしても思い切れません」と云うばかりで、親が厳重監視するという約束ですぐに帰した。


昭和10年(1935).4.27〔18歳女中(満16〜17歳)がなつかない幼児殺害〕
 神奈川県高座郡で、農家の女中(18)が主人の3男(3)を殺害、5.29に自白した。なつかないため夜中に寝ていた3男を抱いて池まで運んで投げ込んで溺死させたもの。母親の姪にあたり、被害者とは従兄弟になる。


昭和10年(1935).8.19〔19歳(満17〜18歳)女子が赤ちゃんを産み殺す〕
 東京市神田区で、印刷業者宅の女中(19)が赤ちゃんを産んですぐに窒息死させ、翌日、橋から神田川に捨て、8.24に死体が発見され逮捕された。茨城県真壁郡の村で男との関係が噂になったため、3月に妊娠したまま上京していた。


昭和10年(1935).9.4〔15歳(満13〜14歳)女子が幼女を誘拐殺人〕
 東京市中野区大和町の漬物店で、子守女(15)が主人の長女(5)を連れて失踪し、9.12に空腹で草むらに倒れている子守女が捕まり、自供から長女の腐乱遺体が発見された。
 三鷹の実家や井の頭公園などを紙芝居や火事を見物しながら連れ歩いたが、9.6に長女が歩けなくなり、杉並区の荻窪駅近くで背負い紐で絞殺して遺棄、大規模な捜索網にもかかわらずその後も死体の近くを6日間も放浪していたもの。
 3月にこの家に雇われたが以前の奉公先からもたびたび家出しており、嘘つきで、背負ったまま土手から転げ落ちて死んだと言っていた。反省もなく明るくけろりとしている。10.11に殺人と死体遺棄で送局。


昭和11年(1936).7.8〔17歳(満15〜16歳)女が嫉妬して恋人を殺人未遂〕
 神奈川県横浜市のワイシャツ裁縫店で、従業員女(17)が同僚の少年(17)の顔などを出刃包丁で刺して重傷を負わせた。恋人同士で女の紹介でこの店に勤めていたが、他の少女(17)と仲良くなって冷たくされ、嫉妬に狂って5日に包丁を買ったもの。


昭和11年(1936).11.12〔19歳女子(満17〜18歳)が夫と姑毒殺謀る?〕
 秋田県仙北郡の農家で、嫁(19)が姑(48)に劇薬を飲ませて、11.27に逮捕された。9.15に相手の顔も知らないまま嫁入りしたが、夫(24)が醜男だったため嫌って風邪薬にネコイラズを入れて9.27に死亡させたことも自供。田畑5万坪などの莫大な資産を手に入れるため姑も無き者にしようとしたもの。
 刑務所で何度も自殺未遂を重ねたが、裁判では一転して無罪を主張、さらに何度も証言を変えた。夫の死体を掘り起こした解剖結果も検察側弁護側それぞれの鑑定が対立。夫とは関係を拒んだが実の弟と何年も関係して処女ではないというようなことや、姑の爛れた男関係まで法廷で告白して、また夫の写真を見るとハンサムであるなどおかしな点があり、この資産家の家ではこれまでも不審な死が何人も続いていることもあって異常なセンセーションをもたらした。
 姑の尊属殺未遂と夫の殺人罪で無期が求刑されたが、一審は殺人が証拠不十分で無罪、尊属殺未遂だけで懲役3年6ヶ月判決。二審では尊属殺未遂も証拠不十分で、結局まったくの無罪となって確定した。


昭和12年(1937).2.14〔17歳(満15〜16歳)女子が赤ちゃん殺害〕
 東京市淀橋区の洗濯屋で、主人の姪(17)が長男(生後3ヶ月)を着物で窒息死させて逮捕された。千葉県印旛郡で同じ村の男と関係して妊娠したが、怒った両親に追い出されて上京し、12.8に長男を産んだ。男に結婚や認知を迫ったが相手にされず、両親や親戚にも冷たい目で見られたため。


昭和12年(1937).8.19〔20歳(満18〜19歳)女子が内縁の夫を無理心中未遂〕
 東京市板橋区のソバ屋で未明、女中(20)が放火して2軒全焼させた。茨城県西茨城郡出身で、3月からこの店に勤め、妻に先立たれた主人の内縁の妻となったが、主人が浮気するため無理心中を謀ったもの。主人は気づいて逃げたので無事だった。


昭和13年(1938).2.21〔19歳(満17〜18歳)女子が浮気相手の妻を毒殺未遂〕
 東京市足立区の青物仲買業宅で、女子(19)が草団子、最中、食パンを届けて、自分も食べて安心させながら主人(29)の妻(25)に食べさせた。具合が悪くなったので警察に届け、毒が入っていることが判明したので翌日逮捕。主人と交際していたが、妻がいることを知って殺害を謀ったもの。


昭和13年(1938).5.13〔6歳女子(満4〜5歳)が隣家の幼女殺害〕
 秋田県南秋田郡で、女子(6)が隣家に遊びに行って、嬰詰(東北のゆりかご)に寝かされていた女の子(2)の顔を棍棒で滅多打ちにした。家人が帰宅して手当てをしたが、5.20に死亡。



昭和13年(1938).10.29〔小4女子(満10〜11歳)が小学校で幼女殺害〕
 東京市向島区吾嬬町(現墨田区)の小学校で、小学4年生女子(12)が女の子(4)をトイレに連れ込み棒で頭を滅多打ちにして殺害、教師が死体を発見して逃走しようとした女子を捕まえた。迷子になって泣いていた女の子を連れ歩いたが、云うことをきかないのでやったと自供。工員の長女。


昭和14年(1939).6.24〔16歳(満14〜15歳)女子が同級生毒殺?〕
 福岡県大牟田市の病院で、看護婦(22)が同僚看護婦を毒殺しようと弁当に昇汞をふりかけたが異臭のために食べずに失敗に終わり、この日に殺人未遂で逮捕された。好意を持っていた医者と同僚が親しくなったのを嫉妬したもの。
 昭和8年10.11、病院付属産婆学校生徒の16歳だったときに、同級生女子(17)を毒殺したことも自供した。産婆検定試験に自分だけ落ちると体裁が悪いので亜砒酸をうどんにかけて食べさせたもの。急性肺水腫による病死として処理されていた。
 ところが、1年後の裁判になると自供は強要されたものだと一転して否認、一審で懲役8年判決が出たが、二審では最初の毒殺は無罪、殺人未遂だけで懲役3年が確定した。


昭和14年(1939).11.28〔女学生(満13〜14歳)が出産して兄(満18〜19歳)と母親が赤ちゃん殺人〕※参考
 京都府京都市の自宅で、同志社高等女学校3年生(15)が、この日に病死した父親(59)の通夜の席で陣痛を起こして男の子を産んだ。驚いた母親(45)が赤ちゃんの口を塞ぎ、長男の同志社本科1年生(20)が窒息死させて遺体を父親の棺桶に入れたが、翌日の火葬中に作業員が発見して逮捕された。女学生は成績優秀でスポーツも得意、妊娠には学校も母親も本人も気づいていなかった。父親は京大講師も勤めていた医学博士の開業医で、体調がおかしいという娘を診察していたが、やはり妊娠には気づいていなかった。


昭和15年(1940).3.24〔19歳女子(満17〜18歳)が母親毒殺未遂〕
 兵庫県武庫郡の農家で、女中(19)が母親(39)を殺害しようとネコイラズ入りの紅白まんじゅうを「おばさん一人でおあがりください」という手紙と共に無記名で郵送、4女(12)と長男(9)が食べて腹痛を起こし、逮捕された。命に別状はない。神戸市の家に住み込んで働いているが、未亡人の母親に悪い噂があることを知って毒殺を計画したもの。


昭和15年(1940).6.25〔18歳(満16〜17歳)主婦が妊娠中に近所の幼女殺人〕
 東京市城東区で、女工(18)が自宅裏の家に侵入して金目のものを物色中に、昼寝していた小学1年生の女の子(8)が目を覚まして顔を見られたため後ろ手に縛ってから帯で絞殺、何も盗らずに逃走、引っ越した千葉県銚子市の自宅で7.25に逮捕された。工員(21)の内妻で妊娠7ヶ月だが、夫が病弱で仕事を休みがちなので出産費用に困り、裕福な家を狙ったと自供。これまでも近所の家や職場の同僚から窃盗を繰り返していた。


昭和17年(1942).7.10〔16歳女子(満14〜15歳)ニートが幼女殺害〕
 東京市目黒区の路上で、無職女子(16)が近所の女の子(4)を絞殺、翌日死体が発見され、7.13に逮捕された。いっしょに買い物に行った帰りに女の子がぐずり出したので、泣きやまそうと首を絞めたが力が入りすぎて殺してしまい、草むらに放置したもの。高等小学校1年(現在の中1に相当)で中退し、大工の親の元でぶらぶらしていた。


昭和18年(1943).2.4〔19歳(満17〜18歳)女子が産んだばかりの赤ちゃん殺人〕
 高知県高知市の商工会議所前で、女給(19)が赤ちゃんの死体を遺棄して逮捕、3.8に自供した。神戸市のカフェーで働いており、乾物商(36)と関係して赤ちゃんを産んだが始末に困って絞殺、旧正月の帰省のさいに捨てたもの。





昭和21年(1946).6.27〔16歳(満14〜15歳)女子が老婆殺害〕
 島根県那賀郡で夜、無職女子(16)が叔父の無職(37)と共謀して近所の家に押し入り、老婆(67)を絞殺、7.2に逮捕された。女子と老婆は日頃から仲が悪かった。


昭和21年(1946).9.28〔小6女子(満11〜12歳)が泥棒の逆恨みで従姉妹を毒殺未遂〕
 山形県西村山郡で、小学6年生女子(13)が近所の親戚宅に侵入、従姉妹の小学6年生女子(13)の飯盒のご飯にネコイラズをまぜて毒殺を謀ったが未遂に終わった。
 8.31にこの家で百円を盗んだことがバレて、母親が「今後このような悪いことをすれば、これを飲んで俺とお前は死ななければならない」と買ってきたネコイラズを渡した。成績が悪い女子は優等生の従姉妹に嫉妬していたこともあり、泥棒を親に告げ口された怨みを晴らすため、家の手伝いと教師に嘘を言って学校を早引けして犯行に及んだもの。毒を入れたあとに390円と衣服などを盗んで自宅に逃走していた。この年の国家公務員大卒初任給540円。


昭和21年(1946).11.20〔女子(満15〜16歳)が兄と関係して赤ちゃん生み殺す〕
 北海道勇払郡で、女子(17)が9月に赤ちゃんを産んで殺害した。実兄(25)との子供だったため、処置に困ったもの。11.20に逮捕されて、11.29に自白。


昭和22年(1947).4.23〔20歳(満18〜19歳)が夫を毒殺〕
 佐賀県三養基郡の農業(24)が妻(20)にアヒ酸入りの大根おろしを食べさせられ3日後死亡し、11月に妻は逮捕された。一ヶ月前に結婚したばかりの夫から結婚前の女性関係を知らされ離婚を画策するがうまくいかなかった。結婚後も処女を通していた。


昭和22年(1947).11.14〔4歳女子(満2〜3歳)が妹殺害〕
 大阪府大阪市の自宅で、長女(4)が次女(生後2ヶ月)に布団を被せて馬乗りになり圧死させた。母親(28)が長男(7)と長女に子守を頼んで外出、帰宅して冷たくなっている次女を見つけて病院に運んだが手遅れだった。幼い子供だけに任せた母親が監督不行届として過失致死で送検。


昭和22年(1947).12.25〔18歳女子(満16〜17歳)ら一家4人が強盗殺人〕
 大阪府大阪市の自宅で、雑役夫(22)が老婆(59)を誘き出して姉(27)と2人で斧で惨殺、その隙に母親(44)と同棲している女子(18)の2人が老婆宅で金品を強奪したが、翌年1.31に逮捕された。


昭和23年(1948).4.29〔16歳女子(満14〜15歳)が幼女を誘拐強盗殺人〕
 兵庫県神戸市で、女子(16)が顔見知りの女の子(5)を海岸に連れ出し、パンツ以外の服6点をはぎ取って突き飛ばして溺死させた。服を古物商に売って現金にして、翌日逮捕。小遣い銭欲しさ。家の近所だとすぐバレるので誘拐して、犯行を隠すために殺したと自供。これまでも窃盗で何度か捕まっている。神戸地裁は窃盗傷害致死で懲役3〜5年の不定期刑判決。


昭和23年(1948).7.30〔19歳女子(満17〜18歳)ら売春婦7人がリンチ殺人〕
 大阪府大阪市の病院で、娼婦(19)ら7人が同僚(28)をリンチして死亡させて8.3に逮捕された。売春で全員逮捕されて強制入院させられていたが、被害者は人の外出許可証で逃走したり、熱を出して腹をこわしていたため疎まれ、手足を縛られ棒で殴られたり水を掛けられたりするリンチを2日間も受けていた。


昭和23年(1948).12.6〔中2女子(満13〜14歳)が厳しい母親に反発し一家皆殺し〕
 福岡県大牟田市の自宅で、中学2年生の三女(15)が、夕食の大根雑炊に殺虫剤のアヒ酸を入れ、父母、祖母、姉、妹の家族7人皆殺しを謀る。たまたま食べなかった祖母以外の6人が苦しみ出して、五女(10)と六女(6)が死亡、ほかの4人は寝込んだが命に別状はない。三女も食べずに元気だったので疑われてすぐに自供した。
 三女は成績も良くバレー部の選手をしていたが、部活で遅くなると遊んでいたのだろうと厳しい母親にたびたび叱られ殴られた。こんなことでは一家皆殺しにしたほうがよいと考えたと、取り調べにも笑顔で話す。バレー部顧問の教師は、ずるい生徒でよくケンカをしており、皆には好かれていなかったと語る。


昭和24年(1949).3.5〔小6女子(満12〜13歳)が裸リンチ〕
 福島県東白川郡で、小学6年生女子(14)が手下12人の女子を従えて、同級生女子2人を裏山に連れて行き歌や踊りをさせて、雨の中で全裸にして荒縄で手足を縛り、ホウキで殴ったり崖から突き落としたり、7人が小便をかけたりして暴行を加え仮死状態にした。リーダーの名前をつけた「○○一家」と名乗り、同級生を脅したりビー玉の賭け事をさせて金を1万円も巻き上げマンガ本やお菓子を買っていた。逆らう女子には集団で殴る蹴るのリンチを繰り返しており、家の金を盗んで上納していた者もいた。この年の銀行員大卒初任給3千円。
 リーダーはクラス一番の成績で美人、奈良県から一家7人で疎開してきた中流家庭で、少女小説、探偵小説、マンガなどを読み耽る読書家、またお産のマネをするなどませていた。父親は「私の娘が同級の者といっしょにやったことは確かだが親分気取りで命令していたとは絶対無いと思う」と語る。13人を暴行恐喝容疑で家庭裁判所へ書類送致。
○福島新聞記者インタビュー。
どうしてこんなことしたの
「私なんか何にも知らない」
同級生はあんたが命令してやったといってるが
「命令なんてした覚えはない」
あんたが頼めばみんないうことをきいたでしょう
「うん、頼めばきいた」
三月五日の出来事はあんたがやらしたの
「みんなと一緒にいたけど私は何もしない」

 なお同じ頃、東京の子供のあいだで映画をマネた「肉体の門」ごっこが流行っていた。女の子の両手を縛って吊し、上衣を剥いで男の子がリンチを加える。女の子は真剣に痛がる演技をするというもの。


昭和24年(1949).6.10〔14歳子守女子が幼児2人殺害、1人殺人未遂と放火〕
 茨城県真壁郡で、子守女子(満14歳)が負ぶっていた女の子(3)の襟を引っ張って窒息死させた。3月に栃木県芳賀郡の小学校を卒業して子守に出され、この子が死ねば家に帰れると思ったもの。病死と診断されて実家に帰ったが、翌昭和25年5.10に真壁郡の違う家に子守に出され、家が焼ければ帰れると思い5.18に放火して全焼させ、6.1に男の子(3)を殺害しようとして意識不明としたが手当てを受けたため未遂に終わった。すぐに他家に子守に出され、女の子(1)を絞殺、病死と診断されて実家に帰ったが、相次ぐ不審死のため12.18に逮捕され追及されて自白した。


昭和24年(1949).8.25〔21歳(満19〜20歳)東大女子職員が生んだばかりの赤ちゃん殺害〕
 東京都文京区の東京大学安田講堂で、東大女子職員(21)が朝5時にひとりで出産し、すぐにその男の子を2階から放り投げて殺害した。男との関係がうまくいかず、発作的な犯行。


昭和25年(1950).1.11〔18歳女子が世間体のため生んだばかりの赤ちゃん絞殺〕
 滋賀県甲賀郡で、女子(18)が昨年11.27に生んだばかりの長男を絞殺して埋めて、1.11に逮捕された。男(35)と不義密通して子供ができ、世間体のため殺したもの。


昭和25年(1950).3.20〔19歳女子が舅姑を殺害未遂〕
 東京都目黒区の自宅で、嫁(19)が姑(67)をカナヅチでめった打ちにして重態とし、舅(69)の顔を殴って重傷を負わせて逮捕された。四ヶ月前に会社員の夫と見合い結婚したばかりだが、弟と映画に行ったことを叱られ実家に帰り、前日に侘びを入れたがまた叱られたので実家に戻って舅姑2人の殺害計画を立ててカナヅチを持ってやってきたもの。夫は離婚の相談のために家庭裁判所に行っているところだった。


昭和25年(1950).3.28〔18歳女が幼女を誘拐殺人未遂〕
 東京都大田区で、女(18)が隣家の長女(6)を連れ出して裸にして川に突き落とした。命に別状はない。隣家と仲が悪いためやったもの。誘拐されたように偽装するため脅迫状を送っていた。


昭和25年(1950).11.19〔10歳女子が弟を殺害〕
 石川県鳳至郡で、女子(10)が弟(2)を殺害、行方不明になったことに不審を抱いた警察が追及すると、お腹がすいたとか寒いとか云って困らせるので川に突き落としたと自供し、捜索して12.22に溺死体を発見した。両親とも出稼ぎに出ており、村の民生委員が面倒を見ていた。


昭和25年(1950).12.27〔17歳女子が赤ちゃん産み捨て〕
 愛知県岡崎市で、女子(17)が赤ちゃんを産んで溝に捨てて死亡させた。


昭和25年(1950).12.27〔19歳女子がカッとして父親を殺人未遂〕
 愛知県名古屋市の自宅で、長女(19)が父親(51)の顔などを匕首で切って2週間の傷害を負わせて駈けつけた警官に殺人未遂で逮捕された。家の物を持ち出して男友達と外泊するので、「おまえは人間のクズだ」と叱るとカッとして殺そうとしたもの。戦時中に女学校を中退して遊び歩くようになり、2年前にも兄が意見するとカミソリで顔を切ってケガを負わしている。


昭和26年(1951).3.28〔19歳女子が我が子を生き埋め〕
 東京都足立区で、無職女子(19)が産み落としたばかりの赤ちゃんを墓地に首だけ出して生き埋めにし、発見が早くて助かったがその後、肺炎で死亡した。父無し子で処置に困ったため。


昭和26年(1951).7.1〔娘、凶暴な父親を殺す〕
 新潟県で娘、凶暴な父親を殺す。


昭和26年(1951).10.5〔15歳女子が針を飲ませて嬰児殺害計画〕
 東京都荒川区の三輪車製造業宅で、子守り少女(15)がこの家の赤ちゃん(生後3ヶ月)に小石11個、蓄音機の針5本、縫い針3本を飲ませて殺害を謀っていたことが判明した。少女は栃木県の農家の娘で「東京に行けば綺麗な着物が着られる」と思って上京したがかなえられずに赤ちゃんを殺せば故郷に帰れると実行したもの。おしめに針や石があるのを母親が見つけて判った。すべて排出されて赤ちゃんは無事だった。


昭和26年(1951).11.7〔19歳女子が一家皆殺し〕
 北海道勇払郡の農家で、次女(19)が朝食のみそ汁にヒ素剤殺虫剤ホトナートを入れ、食べた一家5人が苦しみだし、長女の夫(33)は死亡、母親(50)と長女(23)は重体、父親(55)と長女の長男(2)も重傷とした。おかずだった石ガレイを農薬が入っていたカマスに入れて運んだための事故だと処理されていたが、不審な点が多く再捜査され、翌年1.16に食べずに元気だった次女を追及すると、一家全員を毒殺しようとしたことを自供した。
 長女が夫と次女の仲を疑っていざこざが絶えず、また両親が一時離婚していた時に次女が生まれたので父親が違うのではないかと長女からなじられ、父親も認めるような態度を示すなど、疎外感があったため。


昭和27年(1952).5.19〔高3女子が父親を毒殺未遂〕
 福岡県八女郡の麦畑で、高校3年生女子(18)が父親(53)にネコイラズ入りのまんじゅうを食べさせて、父親を殺したと自首した。父親は手当を受けて重傷だが命に別状はない。5年前に母子4人が家を追い出されたため復讐の機会を窺い、嘘をついて呼び出して風呂敷で絞殺しようとしたが隙がないので、ネコイラズとまんじゅうを買ってきて毒殺しようとしたもの。「私は決して悪いことをしたとは思っていません。死んだほうが父は幸福です」と語る。


昭和27年(1952).6.6〔17歳女と父親が赤ん坊を餓死させる〕
 東京都練馬区の17歳の少女は近所の数人の男と関係し3日に子供を産んだが、父親が世間体が悪いと医師と娘と相談、診察室の物置に赤ん坊を放置して6日に餓死させた。医師は死産の証明書を役所に提出したが殺人幇助、父親と少女は殺人罪で逮捕された。


昭和27年(1952).8.10〔19歳女が赤ちゃん殺害〕
 東京都足立区の堀に女(19)が長男(11ヶ月)を投げ入れて殺害、31日に逮捕された。内縁の夫の無職(38)が麻薬法違反で刑務所に入れられて、ミルク代に困ったもの。


昭和27年(1952).10.10〔19歳女子が祖母を殺害〕
 秋田県北秋田郡の自宅で、女子(19)が祖母(62)の頭や顔をナタで10回以上滅多打ちにして殺害、逃走したがすぐに逮捕された。母親は死亡しており、父親は出稼ぎで、二人暮し。精神異常で、些細なことでケンカしたもの。心神喪失で不処分。


昭和27年(1952).12.21〔中3女子が学校で赤ちゃんを産み殺す〕
 岩手県江刺郡の中学校で、3年生女子(15)がトイレで赤ちゃんを産み、窒息死させて死体を捨てた。12.27に逮捕。両親も学校も妊娠に気づいていなかった。


昭和27年(1952).12.27〔17歳女子が赤ちゃんを産み殺す〕
 京都府京都市の農家で、長女(17)がトイレで赤ちゃんを産み、竹やぶに裸のまま放置して死亡させた。使用人(22)と関係していたが、両親も妊娠に気づいておらず、前日に腹痛で医者に行ったが腹膜炎という診断だった。知能が低く、不処分となった。


※昭和27年は、13歳以下の女子2人が嬰児殺(赤ちゃん殺し)で捕まっている。
詳細ご存じの方はご教示をよろしく。※


昭和28年(1953).2.7〔6歳女子が友達を棒で刺し死亡させる〕
 兵庫県神戸市の広場で、女子(6)が男の子(5)の目の下を棒で刺し、破傷風になって2.13に死亡した。一緒に地面に棒で字を描いていてささいなことでケンカしたもの。


昭和28年(1953).4.3〔12歳女子が母親射殺〕
 鳥取県東伯郡の農家で、長女(12)が猟銃で遊んでいて、そばにいた母親(35)の胸を誤って撃ち殺害、翌日になって警察に届けた。


昭和28年(1953).6.3〔高1女子が恋路の邪魔者を殺害〕
 京都府京都市東山区の路上で、高校1年生女子(15)が恋人の工員(17)に協力させて、工員(17)を殺害した。
 女子に想いを寄せていた被害者は、自分の言うことをきかないと女子が万引きしたことを警察に通報すると脅した。警察に捕まると恋人に逢えなくなるので女子は殺害を決意、恋人は必死に止めたが強硬に主張するためやむなく協力することになった。
 女子が高台から線路に突き落として列車に轢かせる計画だったが誘い出しに失敗、恋人がカナヅチで頭や顔をめった打ちにして、女子も被害者の下駄で顔を何度も蹴ったが死なないため、女子が渡したベルトを恋人が首に巻き女子が足を引っ張った。悲鳴を聞いて逃げようとした恋人を引き留め、女子はベルトを使って1人で絞殺、溝に突き落としてからさらに下駄で顔を何度も蹴った。
 被害者は家の金品を盗んで遊び歩く不良で鑑別所にも入っていた。女子は美人で勝ち気な性格、虚栄心が強く中学の時から万引きを繰り返して逮捕歴もあり、腕に恋人の名前を刺青しており、取り調べにも単独犯を主張して恋人をかばい続けた。恋人は内気で気弱な性格だった。


昭和29年(1954).5.20〔19歳女子ら夫婦が幼い弟殺害〕
 秋田県雄勝郡で、長女(19)が夫(24)と共謀して弟(2)を池に放り込み、泣き叫ぶのを押さえつけて殺害した。父親(47)は県警本部刑事部長で、男の子どもがなかったので3年前に婿養子を取ったが、その後に長男が生まれたため娘夫婦が邪魔になって暴力を振るうようになり、弟さえいなくなればと計画したもの。夫は農業を営み働き者だった。当初はたんなる水死事故として処理されていたが、父親が酔って娘夫婦が殺したと触れ回ったりして噂が広まって11月に逮捕され自供した。


昭和29年(1954).6.27〔19歳女ら夫婦が強盗殺人〕
 静岡県沼津市の自宅で、女性(52)が殺害され、7.5に山口県で無職(23)と内妻(19)が自首した。男の母親が貸した10万円の返済を迫ったが返さないため紐で首を絞めて殺害、服やラジオを強奪したもの。逃走先の山口市で金をスラれて困って自首したもの。


昭和29年(1954).9.1〔18歳女子同性愛の恋人が父親殺害〕
 青森県青森市の自宅で、無職の二女(20)と無職の少女(18)が父親(54)を殺害した。少女が「金が欲しい」と言うと、二女が「それならうちの親父を殺せばいい」と国鉄を退職したばかりの父親の退職金30万円を奪うことに話がまとまった。二女が父親に出刃包丁を突きつけて口論している隙に少女が後ろから紐で首を絞め殺した。二女も大勢の犯行に見せかけるため死体をめった刺しにして石炭箱に投げ込んで、懐中時計と5百円を奪って逃げた。退職金は長女が保管していたので見つけられなかった。発見されるまで数度家に戻って死体に手を合わせて詫びたが、4日に逮捕。翌日、留置所で少女はネコイラズ自殺を図ったが命を取り留めた。青森地裁で、二女は尊属殺と強盗で懲役15年、少女は5〜10年の不定期刑判決。
 二女は中学3年生のとき強盗殺人で、少女は強盗未遂で少年院に入ってそこで知り合って同性愛関係となった。退院後も男装して2人で遊び歩き、遊興費が必要になったもの。この年の銀行員大卒初任給5,600円。





昭和30年(1955).3.6〔17歳女子が弟を毒殺〕
 群馬県群馬郡の自宅で、長女(17)が中学1年生の弟(13)を毒殺して逮捕された。少女は昨年の11月から2月まで病気で自宅で寝ていたが、弟に邪険にされたため殺害を計画、3.4に近所の子供にネコイラズを買ってこさせて夕食の雑炊に混入し食べさせて、弟は2日間苦しんだ末に死亡した。両親は離婚して炊事婦の母親と三人暮らしだった。


昭和30年(1955).4.14〔16歳お手伝いが泣きやまない赤ちゃん殺害〕
 東京都太田区で、女中(16)が主家の長男(1)を殺害した。子守をしていたが泣きやまないため積み木で頭を何度も殴り、頭から畳に落としたもの。2月に雇われたばかりで、長男も5日に養子になったばかりだった。


昭和30年(1955).8.22〔18歳女子が友人刺す〕
 東京都南多摩郡忠生村のあぜ道で、女子(18)が中学の同級生だった高校3年生女子(18)と歩いていて、突如として刃物で刺し1ヶ月の重傷を負わせて捕まった。


昭和31年(1956).3.9〔19歳女が結婚に邪魔な家族4人を皆殺し〕
 東京都江戸川区で、家族が一家心中したと女(19)が隣家に駆け込んだ。母親と小学校1年生の三男はすでに死亡。工員の長男(17)と中学2年生の次男が苦しんでおり、間もなく病院で死亡した。
 「おまえは飲まなくていいよ」と母親が言ってから弟たちとジュースを飲んだと女は証言したが、追及すると勤め先の工場から拾ってきた青酸ソーダをジュースに入れて殺害したことを自白した。
 昨年の夏に母親の勤め先の理髪店で知り合った青年に結婚を申し込んだが、「扶養家族が多いのは嫌だ」と断られた。そこで一家皆殺しを計画、家族でケンカをしたとき三男がジュースを飲みたいと言ったので、「それじゃ、ケンカの仲直りに」と毒入りジュースを飲ませたもの。
 女は犯行が発覚しても顔色ひとつ変えず、留置されるとわかってはじめて泣き出した。父親は5年前に病死していた。
 無期懲役が求刑されたが、母親とケンカしての発作的犯行であり、未成年であるため、東京地裁は懲役15年の判決を出した。


昭和31年(1956).8.20〔16歳女中が主人恨んで赤ちゃん殺害〕
 神奈川県川崎市の会社員宅の女中(16)が長女(1)を殺害した。1月から住み込みで働いていたが、「頭が悪い」「シラミがいる」と怒られ、1500円の給料が1000円に減らされ、東京見物もさせてくれないため恨んで、妻の実家の田園調布の家で窒息死させたもの。「間違いだらけの人生が嫌になりました。私の一番幸福な所に帰ります。恵子ちゃんは私が永久にお守りするため、遠い所に行きます。私も睡眠薬を飲んで死にます」との書置きを残して家を出たが、その前に東京見物をしようと新宿を歩いていて捕まった。
 2歳の時に満州の伯父に引き取られ、終戦後の引揚げによる混乱や苦労の連続で、精神や知能の発育が遅れ気味だった。


昭和32年(1957).1.13〔19歳女子が美空ひばりに塩酸かける〕※参考
 東京都台東区の浅草国際劇場で、女中(19)が客席から上がって舞台脇で出番を待っていた美空ひばり(19)に、塩酸300グラムを浴びせかけた。左顔面、胸、背中に3週間のヤケド。
「ひばりちゃんに夢中になっている。あの美しい顔、にくらしいほど、みにくい顔にしてみたい」と書かれたメモがバックのなかにあった。


昭和33年(1958).1.21〔19歳女子が赤ちゃん殺害〕
 東京都北多摩郡小平町で、女子(19)が生まれたばかりの赤ちゃんを殺害、竹林に遺棄、1.25に死体が発見、翌日逮捕された。恋人との間に子どもが出来て処置に困ったもの。


昭和33年(1958).4.1〔19歳女子ら夫婦が老婆を強盗殺人〕
 大阪府大阪市の旅館で、無職(26)と内縁の妻(19)が、老婆(67)を殺害、2万3千円を強奪して逃走したが、4.7に逮捕された。飲食店を経営していたが失職して金に困り、たまたま旅館に泊まっていた老婆が金を持っていることを知って、女子が花札に誘って猿ぐつわをはめてから絞殺したもの。


昭和33年(1958).6.15〔姉妹が酒乱の父を絞殺〕
 東京都足立区の自宅で、長女(16)と次女(13)が廃品回収業の父親(44)をヘコ帯で絞殺、弟(5)は足を押さえていた。仕事もせずに酒を飲んで乱暴するので母親は家出していた。減刑運動が起こり、異例の保護処分となった。


昭和33年(1958).6.22〔17歳ら兄妹3人が父親殺人〕
 福島県安積郡の農家で、長男(21)、次男(19)、長女(17)の3人が父親(45)の首を絞めて殺害、尊属殺人で逮捕された。父親は愛人宅に住んで畑仕事は子供たちにさせて収穫代金だけ巻き上げており、この日も押し掛けてののしったため思いあまって殺害したもの。地裁は事情を考えて死刑か無期しかない尊属殺人ではなく傷害罪で懲役3年執行猶予付きの判決を長男に出した。


昭和33年(1958).7.14〔16歳女子が出産したばかりの赤ちゃんを殺害〕
 静岡県島田市の自宅で、元工員女子(16)が出産したばかりの赤ちゃんを殺害した。同僚工員と恋人関係になったが妊娠を告げると自分の子ではないと逃げられ、お腹が大きくなったため工場を辞めて実家に帰って農業手伝いをしていた。母親は幼い時に死別し、厳しい父親にも相談できず、仕方なく産んですぐ殺害する計画を立てていた。


昭和33年(1958).12.19〔19歳女がストーカー殺人未遂〕
 富山県高岡市で、無職女(19)が工員(24)の頭部を出刃包丁で数回刺し、重体として殺人未遂で逮捕された。同棲していたが、きつい性格のため5月に別れ話をされて、未練から自宅に押し掛けて玄関で刺したもの。


昭和33年(1958).12.21〔18歳女子が妹刺傷〕
 三重県多気郡の農家で、長女(18)が次女(9)の喉を包丁で刺して1ヶ月の重傷を負わせ、自分の喉も突いて10日間の傷害を負った。両親は仕事に出ていた隙のできごとで、神経衰弱だった。


※昭和33年は、小学校入学前の女子1人が殺人で捕まっている。詳細ご存じの方はご教示をよろしく。※


昭和34年(1959).1.12〔2歳女子がガスをいたずらして祖母と次女殺害〕
 京都府京都市の会社員宅で、長女(2)がガス栓をいたずらして祖母(68)と次女(1)が中毒死、長女も重体となった。日頃からガス栓を開けてシューという音を聞くいたずらをしていた。


昭和34年(1959).1.18〔中1女子ら母子が父親の愛人殺害〕
 京都府舞鶴市で、中学1年生女子(12)が、母親(38)、祖母(61)と三人で、父親の愛人(37)を殺害、すぐに補導された。別れようとしないために去年の八月から母親は夫の殺害を計画していたが、娘のためを思って急遽、愛人を殺すことにして愛人宅を訪ね、娘が暴れる愛人の手足を押さえ、母親と祖母が包丁と斧で、頭、胸、腹など九ヶ所を滅多突きにしたもの。父親は自衛隊員。


昭和34年(1959).3.29〔18歳女子が自衛官千人斬り通り魔〕※参考
 静岡県浜松市の映画館で、女子(18)が自衛官3人の制服を切り裂いて捕まった。高校を2年で中退して航空自衛隊員(21)と交際していたが、ほかの基地に転勤になってフラれてしまい、復讐のため自衛官千人斬りを決意して2月から12人の制服を切っていた。


昭和34年(1959).6.14〔女子中学生が男子中学生と乱闘〕※参考
 東京都杉並区の中学校裏で、女子中学生7人とほかの学校の中学2年生(14)ら4人の男子中学生が殴り合いのケンカをして補導された。女子美術大付属中学2年生女子(14)が、寺の境内でたまたま会った男子中学生の学帽を取ってからかい「束になってかかっていらっしゃい」と挑戦し、翌日果たし合いとなったもの。


昭和34年(1959).8.19〔中1女子が父親殺人未遂〕
 高知県安芸市の自宅で夜11時、中学1年生女子(13)が酔っ払って寝ている父親(56)を焼き殺そうと石油をまいてから家に火を付け逃走したが、隣家の住人が発見して消し止め未遂に終った。人夫をしている父親は酔って家族に乱暴するため、母親は前日に離婚して大阪の親戚宅に向かったが、娘が付いて行くのは赦さずに殴ったので思い余ったもの。


昭和34年(1959).8.22〔中2含む4人組強盗殺人〕※参考
 東京都豊島区の路上で前科6犯のパチプロ(35)が殺害されて、遊び仲間4人組が逮捕された。遊ぶ金が無くなったとき無職女(22)が「金を脅し取ろう」と誘い、たまたま通りかかったパチプロに女が話しかけて隙をつくり、中学2年生(14)2人が腕を押さえ、土木作業員(18)が匕首で刺し殺して腕時計を奪っていたもの。


昭和34年(1959).9.26〔15歳ニート女子が叔母を殺害未遂〕
 東京都渋谷区の自宅で、無職女子(15)が同居している叔母(33)の首を絞め、ナイフで腹を刺して重体とした。この姪の父親は戦病死し、母親も7歳の時に死んだため小学6年生から会社員の叔父夫婦に引き取られていたが、やがてグレだし不良仲間と遊び歩くようになったために1年間保護施設に入れられ、その後も女工や店員の仕事を1週間で辞めてぶらぶらしていた。「食事のあとかたづけくらい手伝いなさい」と叱られたのを怨んで殺人計画を立てていたと自供。


※昭和34年は、小学生女子1人、13歳以下の中学生女子1人が殺人で捕まっている。詳細ご存じの方はご教示をよろしく。※
※昭和34年に殺人で捕まった少女は全部で32人。※


昭和35年(1960).5.27〔12歳女子が近所の赤ちゃん殺害〕
 東京都西多摩郡福生の自宅で、3女(12)が近所の女の子(生後2ヶ月)を井戸に放り込んで殺害した。母親に連れられて遊びに来て隣りの部屋で寝かされていた子を連れ出したもの。精神異常だった。


昭和35年(1960).11.11〔17歳女がみそ汁に毒薬混入して18人皆殺し謀る〕
 東京都葛飾区の洋服仕立屋で、住み込みの見習い女子(17)が味噌汁にネコイラズを混入し、主人一家5人と従業員13人の皆殺しを謀ったが、異味のため吐き出して全員無事だった。福島県に逃走したが、翌日自首。給料を映画や化粧に使い果たすことを奥さんが姉に告げたことを恨んでの犯行。


昭和35年(1960).12.3〔高1女子がバーで女性を刺す〕
 東京都杉並区阿佐ヶ谷のバーで、私立高校1年生女子(16)が女性(20)にからかわれたことからケンカ、店の前を通りかかった男からナイフを借りて腹を刺して3週間のケガを負わせて逃げたが、すぐに捕まった。裕福な菓子店の二女で甘やかされていた。


昭和36年(1961).2.11〔16歳女が日教組委員長暗殺計画〕
 大分県の少女(16)が日教組委員長宅に女中として住み込んで殺害する計画を立て家出して上京、大日本愛国党(赤尾敏総裁)に入ったが、警戒中の警察に見つかり東京少年鑑別所に保護された。浅沼社会党委員長刺殺事件の山口二矢に憧れて、赤尾総裁と文通を続けており、匕首を持っているのを親にとがめられていた。「日教組委員長を狙おうとしたのは16歳の女の身で大それたことだったが、将来右翼婦人指導者になろうとする考えは変わらない」と言う。


昭和36年(1961).2.26〔高3女子が男友達に硫酸を浴びせる〕※参考
 東京都墨田区の工員(27)が、女友達の高校3年生(18)に硫酸をかけられ、全治50日のやけどを負った。工員に別の女友達がいたのをねたんでの犯行。


昭和36年(1961).9.14〔中3女子が同級生に硫酸をかけて失明させる〕※参考
 静岡県三島市の中学3年生女子(14)が同級生の少女(14)に硫酸をかけ、右目を失明させ、左目はかすかに見える程度で、顔に3ヶ月のやけどを負わせた。2人とも優秀な成績だったが、被害少女が一歩ぬきんでたことにライバル心が激昂。容姿も良かったことから嫉妬したもの。父親は小学校の教諭、母親は幼稚園の保母の中流家庭。


昭和36年(1961).10.26〔19歳女子が赤ちゃんが生み殺す〕
 京都府京都市の旅館で、女子従業員(19)がトイレで男児を産んで放置して死亡させ、殺人で逮捕された。恋人と関係して妊娠したが処置に困ったもの。


昭和37年(1962).9.1〔19歳女子が病気の妹を殺害〕
 宮城県玉造郡の自宅で、四女(19)が六女(13)を殺害、ダムに飛び込んで自殺した。六女は頭の病気で中学校に行けず、不敏に思ってマフラーで首を絞めたもの。


昭和37年(1962).9.30〔3歳女子が赤ちゃんにアメ玉あげて窒息死させる〕
 北海道根室市の自宅で、長女(3)が次男(生後一ヶ月)の口にアメ玉を入れ、喉につかえて病院に収容されたが死亡した。母親が炊事場に行っている隙の出来事。


昭和38年(1963).1.30〔19歳女子大生がノイローゼで同級生殺人未遂〕
 京都府京都市の同志社女子大学で朝10時、英文科一年生女子(19)が同級生女子(19)に「殺してやる」と云いながら包丁で切り付け、長さ十センチ、深さ一センチなど顔ばかり数カ所の傷害を負わせ、逃げる同級生をなおも追いかけたが、ほかの学生や守衛に取り押さえられ傷害容疑で逮捕された。被害者が自分の成績を調べたり、顔をじろじろと見るからと自供、学年末試験のため猛勉強をしていてノイローゼとなったと見られている。ある県の知事の三女で、ふたりとも成績はよかった。十日以上前に包丁を買っており、自殺するつもりだったとも話す。


昭和38年(1963).12.14〔18歳女子が父親毒殺〕
 熊本県上益城郡の農家で、無職の4女(18)が夕飯の煮込みに農薬ポリドールを混入し父親(66)を殺害、逃走したが12.30に北九州市の旅館で逮捕された。中卒後は工場やパチンコ店などで住み込みで働いていたが膀胱炎のため11.21に辞職して実家に戻っていた。家の米を持ち出して金にしたり、姉の結婚資金2万円を盗んだりしており、厳格な父親にバレると叱られるのが怖く、家出しても連れ戻されるだろうと、殺人を計画したもの。知能は少し低いが、精神異常などはなく、小説好きの夢想家。まったく罪の意識がない。特別少年院送致。


昭和39年(1964).8.4〔高3女子が祖父殺害〕
 宮城県桃生郡の農家で、高校3年生女子(17)が祖父(79)を殺害した。夏休みの旅行のために無断で祖父の貯金から4万3千円を引き出したが、見つかってしまったため遺書を書かせてから祖父の首を手ぬぐいで絞め殺し、自殺に見せかけたもの。


昭和39年(1964).8.24〔17歳女子が高島夫妻の愛児殺し〕
 東京都世田谷区で、俳優高島忠夫さんの長男(5か月)がフロ場の浴槽で沈められ水死。お手伝いの女子(17)が、それまでは可愛がってもらっていたのに、赤ちゃんが産まれてからは相手にされなくなったと嫉妬したもの。不審な男が家のまわりをうろうろしていると以前から何度も交番に届けており、計画的な犯行。





昭和40年(1965).4.1〔17歳女子と母親が義理の父親殺害〕
 東京都足立区の自宅で深夜0時、母親(45)と次女(17)が内縁の夫の工員(47)を殺害して自首した。7年前に2人の子供を連れて同棲するようになったが、籍は入っていなかった。酒を飲んで暴れたため帯で絞殺したもの。


昭和40年(1965).4.11〔中1女子が強盗で包丁で切りつける〕
 山梨県巨摩郡の農家で、中学1年生女子(12)が盗みに入ったが老婆(78)に見つかったため紐で首を絞め、台所の庖丁で首に切りつけ10日間のケガを負わせた。新しい筆箱を買うための犯行で、以前にも同家から1200円を盗んだことがある。中流の農家の子供だった。


昭和40年(1965).9.1〔17歳女子がクビを恨んで刺傷〕
 東京都千代田区の大蔵省食堂で、女子(17)が食堂支配人(31)を出刃包丁で刺して1ヶ月の重傷を負わせて逃走、地下鉄上野駅で女性(19)の化粧品箱をひったくりしようとして逮捕された。千葉県船橋市に住んでおり、1週間前にこの食堂のウェイトレスになったが、同僚の金を盗って8.29にクビになっていた。昼休みのため大蔵省職員で一杯のなかの事件。


昭和41年(1966).1.25〔17歳トルコ嬢が恋人の女を刺殺〕
 東京都豊島区のアパートで、トルコ嬢(17)がホステス(23)を全裸にして縛ってから20カ所を刺して殺害、逃走したが逮捕された。トルコ嬢の愛人である韓国人男性(18)が、昔の恋人だったホステスと密会していることに嫉妬したもの。トルコ嬢は15歳で熊本県の高校を中退、家出して上京、大卒初任給24,890円の時代に月20万円を稼ぎ同棲していた男に貢いでいた。東京地裁は懲役3〜6年の不定期刑判決。


昭和41年(1966).1.25〔18歳アベックが運転手を刺殺〕
 神奈川県中郡で、無職少年(18)と無職女子(17)がタクシー運転手を刺殺、逮捕された。心中するつもりで熱海に行ったができず、「何かでかいことをしよう」と自動車強盗を思いつき、2人でめった刺しにして3千円を奪ったもの。勤め先で知り合い同棲していた。少年は成績はよかったが飽きっぽく高校を中退、職場を転々としながら傷害で少年鑑別所にも入所していた。


昭和42年(1967).8.27〔19歳女子がストーカー殺人〕
 静岡県熱海市で、旅館従業員女子(19)が会社員(20)を殺害した。4月まで同棲していたが振られてしまい、よりを戻そうと迫ったが相手にされなかったため、勤め先の調理場から包丁を持ち出して自宅に押し掛けて胸や腹を刺したもの。


昭和43年(1968).3.31〔18歳女店員が警察の世話になろうとバス客刺す〕
 福岡県福岡市の走行中のバスの中で、女店員(18)がたまたま乗り合わせた女子会社員(19)の顔や背中を庖丁で何回も刺して1ヶ月の重傷を負わせた。父と二人暮し。パン屋で働くもすぐに辞め、今月クリーニング店で勤め始めたが働かずに遊び歩いていた為、給料が出ていなかった。給料を父親に渡さないと怒られるので、警察の世話になろうとしたもの。


昭和43年(1968).6.26〔小5女が赤ちゃん連れ去り〕
 東京都足立区の主婦がちょっと留守にした隙に2階に寝かせていた赤ちゃん(生後5ヶ月)が連れ去られ、1時間後に2百メートル離れたマンホールから泣き声がするのを聞きつけた通行人が救出し、かすり傷だけですんだ。小学校5年生の女の子(10)が2ヶ月前にこの赤ちゃんの兄(2)の眉毛を切って叱られたのを恨んで、主婦が出かけるのを見て土足で上がり込んで連れ去り、深さ60センチのマンホールに放り込んでフタをしたもの。7人兄妹で放任されており、近所の盆栽をこわしたり、部屋の中に水をまいたり、金魚を捨てたりしていた。


昭和44年(1969).4.11〔4歳児が殺人〕
 兵庫県西宮市で男の子(4)と女の子(4)がおもちゃの取り合いから男の子(1)を砂場の40センチの穴に頭を下にして落とし砂で埋めて殺害。当初、つまずいて頭から穴に突込んだと嘘をついていた。


昭和44年(1969).5.10〔17歳女子工員が破談の逆恨みで身障者を刺殺〕
 埼玉県越谷市大林の無職の身障者(55)が刺殺され、14日に近所の女子工員(17)が自首した。縁談の話があったが、破談。男友達のことを被害者が告げたせいだと考え、登山ナイフを持って被害者宅を訪問。謝れと詰め寄ったが相手にされなかったため犯行に及んだ。普通の農家の5人姉妹の四女で、切れやすい性格だった。中2の時にレイプの被害に遭っている。


昭和44年(1969).8.8〔15歳少女が三角関係の縺れからホステスを刺殺〕
 大阪府大阪市のアパートの自室で、少女(15)が神戸市のホステス(22)を刺殺した。無職男性(30)と同棲していたが、ホステスがやって来て「この部屋の金は私が払った。出て行け」と男と別れることを要求。口論の末、台所の包丁で刺したもの。中2のころ同級生女子に乱暴して救護院に入れられ、学校には行かないまま去年卒業。被害者と無職男性は7年前からの付き合い。


昭和45年(1970).1.10〔17歳女子ら3人が愛人2人をコンクリート詰め殺人〕
 大阪府北河内郡四条畷町でコンクリート詰め殺人を犯した無職男(40)、女(22)、女子(17)の3人が、逃走先の北海道江別市の旅館で逮捕された。
 昨年8.17に兵庫県姫路市で女性(59)と共同経営していた店が倒産すると、この女性の三男の妻である女と、女性の姪の女子と、女性の従姉妹の内妻(48)の4人の女を連れて姪の父親の車を盗んで逃走、女性が病気になって邪魔なので女たちに命じて殺害して琵琶湖に車ごと死体を捨てた。内妻がノイローゼとなって犯行がバレそうになったため2人の女に命じて虐待して12.1に殺害、コンクリート詰めにさせたもの。一族の女4人を愛人として操っていた。


昭和45年(1970).3.14〔17歳の継母が長女を絞殺〕
 東京都で生後9ヶ月の長女が継母(17)に絞殺された。継母は最近、他人の子供に縛られていることの不満をぶつけていた。工員の夫(23)と昨年の7月から同居していたが、長女は夫が昨年の2月に離婚した先妻との間にできた子供だった。


昭和45年(1970).4.4〔3歳の長女が弟殺す〕
 東京都板橋区の自宅で長女(3)と近所の女の子(6)が「赤ちゃん遊び」のために長男(生後2ヶ月)を裸にして台所の流し台の洗面器に入れた。母親が帰宅したとき水の中でぐったりしている長男を見つけて病院に運んだが死亡した。すでに近所の女の子は家に帰り、長女1人で留守番していた。母親が風呂に入れるのをマネたらしい。


昭和45年(1970).9.24〔高1女子が赤ちゃん産み捨て〕
 兵庫県飾磨郡家島町で、高校1年女子(16)が登校途中に赤ん坊を段ボール箱に入れて草むらに捨てていたが、夕方に無事に赤ん坊は発見された。少女は22日に自宅風呂場で出産、隠していたが困って犯行に至ったもの。裕福な家で、両親は気付かないふりをしていた。


昭和45年(1970).11.26〔16歳女子が父親を絞殺〕
 埼玉県児玉郡の自宅で、二女(16)が酔って寝ていた無職の父親(58)を殺害した。二女は23日に少年(18)と泊まりがけでドライブに行ったが、「娘が傷ものにされた」と怒って20万円の慰謝料を要求した。10ヶ月の月賦で払うことになったが、怒りのおさまらぬ父親が二女の晴着を焼いたため、腹を立てて首を絞めたもの。


昭和46年(1971).2.8〔19歳女子が眉細くしたと理容師を刺す〕
 東京都墨田区の工場で、女工(19)が巡廻散髪中の理容師(64)を包丁で刺し2ヶ月の傷害を負わせた。12月にマユを細く剃られて恨んでいたもの。


昭和46年(1971).2.18〔19歳女が産んだばかりの赤ん坊を焼く〕
 北海道札幌市の女店員(19)は17日にアパートの自室で女の子を産み、押し入れに隠していたが18日に焼却炉で焼いた。産んだ時にすでに死んでいたと自供したが、未婚のため困って殺した疑いを持たれている。


昭和46年(1971).4.〔ボーイフレンドと実家に押入り実母を殺害して金品を強奪した事件〕
 被害者の2女(19歳)は、不良交友、窃盗を重ね中等少年院に収容されたが退院後も素行が改まらず、バンドマン(18歳)と不純交遊を重ね遊興費に窮したことから、被害者(実母)方に両名で押入り帯ヒモで絞殺の上現金、衣類等を強奪した。(札幌4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和46年版引用。


昭和46年(1971).4.〔女子中学生のえい児殺害、死体遺棄事件〕
 父子2人暮しで放任された女子中学生(14歳)が、近所の高校生と関係をもち、深夜自宅便所で女児を分娩したが処置に困り、近くの川に投げこんだ。(大分4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和46年版引用。


昭和46年(1971).5.26〔中2女子が酒乱の父を絞殺〕
 兵庫県神戸市の自宅で、中学2年生女子(13)が、父親(36)を殺害した。働かずに酒を飲んでは暴れ、この日も朝から飲んで酒を買ってこいと言ったためケンカとなり、祖父(71)の首を麻縄で絞めようとしたため女子が取り上げたが、さらに手で締めようとしたため、麻縄を三重にまいて祖父と2人で絞殺したもの。母親は幼い時に離婚。生活保護を受けていた。


昭和46年(1971).5.〔17歳女子が男児を分娩、殺して棄てる〕
 不倫な情事の女店員(17歳)男児を分娩、殺して棄てる(亀有) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和46年(1971).6.1〔2歳女子が妹2人にビニールかぶせて殺害〕
 和歌山県和歌山市の自宅で、長女(2歳7ヶ月)が双子の2女と3女(生後55日)の顔にビニールを1枚づつかぶせて窒息死させた。母親(25)が赤ちゃん2人に掛かりっ切りとなったために嫉妬して、これまでもタオルを顔にかぶせていじめており、何度叱ってもやめなかった。


昭和46年(1971).7.17〔18歳女子が産んだばかりの赤ん坊を絞殺〕
 東京都品川区のアパートの自室で、女店員(18)が男の子を産み、未婚のため困ってすぐに首を絞めて殺して捨てた。7.22に死体が発見されて逮捕。同居の兄は隣りで寝ていたのに妊娠も出産も気づいていなかった。


※昭和46年は、13歳以下の中学生女子2人が殺人で捕まっている。詳細ご存じの方はご教示をよろしく。※


昭和47年(1972).2.〔19歳のウエィトレス、不倫の末男児を分娩殺す〕
 19歳のウエィトレス、不倫の末男児を分娩、世間態と養育に困惑して殺す(目白) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和47年(1972).8.7〔19歳母親が赤ん坊傷つけ狂言強盗〕
 神奈川県横浜市の自宅で主婦(19)が手足を縛られ、長男(生後19日)も顔に5センチの傷を負ってガーゼを口にくわえさせられているのが発見された。強盗にあったと主張したが、じつは狂言で「育児に自信がなく、子供を殺せば自由になると思った」と自供。高校生同士でできちゃった婚をして中退していた。
 4.9には千葉県習志野市の運転手(21)と妻(23)が長女(4)を十回以上殴って裸にして台所に立たせたが、頭蓋骨骨折で死亡させた。妻の連れ子で、おもらしをしたと言って2人で殴る蹴るの乱暴を繰り返し、全身にマッチの火を押し付けた火傷跡があった。近所の人は以前から悲鳴を聞いていたがとめようとはしなかった。
 8.23には東京都北区で福井県から家出してきた女(21)がホステス勤めにじゃまになるため長女(8ヶ月)を絞殺、9.7に押入から腐乱死体が発見された。
 10.4には広島県福山市のホステス(21)が9月に産んだばかりの子供を殺害していたことが発覚して逮捕。去年の4月にも産んだばかりの子供を殺害して焼いて埋めていたことを自供した。
 この年は母親による子殺しが急増しており、未遂も含めて1月16件、2月11件、3月14件、4月19件、5月18件、6月10件、7月9件、8月14件、9月17件、10月15件など。
嬰児殺(赤ちゃん殺し)と幼児殺人被害者統計



昭和47年(1972).9.〔19歳少女が姉を包丁で刺し、殺人未遂〕
 姉と不仲がこうじて包丁で腹を刺し、殺人未遂で19歳の少女つかまる(板橋) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和47年(1972).11.12〔4歳の姉が邪魔な弟をバケツに閉じ込め殺害〕
 宮崎県宮崎市の祖母宅で、高さ60センチのポリバケツの中で孫の男の子(2)が窒息死した。姉(4)が友達の女の子(4)と外に遊びに行こうとしたが、弟がじゃまになり、バケツに無理やり入れてフタを被せて廻転させて開かないようにして遊びに出掛け、30分後に祖母が発見したがすでに死んでいた。8月に母親が家出したため、祖母の家に預けられて、父親とも離れて暮らしていた。


昭和48年(1973).2.12〔17歳女子が赤ん坊殺害〕
 東京都世田谷区の自宅で、女子店員(17)が赤ちゃんを産み、あつかいに困って殺害、死体をタンスに隠した。悪臭がするようになったため母親が3.2に発見し、3.3に自首。家族は妊娠も出産もまったく気づいていなかった。


昭和48年(1973).2.28〔19歳短大生が赤ん坊死なせて捨てる〕
 東京都北区の東洋女子短大寮の自室で、1年生女子(19)が赤ちゃんを産み、放っておくと死んだので買い物袋に入れていたが、臭いがひどくなったのでゴミ箱に捨てた。3.9に死体が発見されて逮捕。反省がないので懲役4年が求刑されたが執行猶予となった。


昭和48年(1973).4.30〔中2女子が赤ん坊産み殺して捨てる〕
 福井県敦賀市の自宅で、中学2年生女子(14)が赤ちゃんを産み、処置に困って窒息死させ、紙袋に入れて裏山に捨てた。5.3に死体が発見され、5.7に自白。会社員(28)と関係を持ったものだが、学校でも家庭でもまったく妊娠に気づいておらず、本人も性的知識がなかった。


昭和48年(1973).6.16〔高2女子が赤ちゃん産み殺す〕
 埼玉県加須市の自宅風呂場で、高校2年生女子(16)が出産、赤ちゃんを床下に隠したが、母親が腐乱死体を発見して警察に届けた。親も教師も妊娠に気付いていなかった。


昭和48年(1973).10.15〔中3女が叔母を刺殺〕
 静岡県富士市の自宅で、中学3年生の女子(14)が養母(42)を殺害した。1日に家出し14日に保護されて帰宅したが、説教にカッとして台所の庖丁で15カ所をめった刺しにしたもの。
 生まれてすぐに母親が亡くなり父親も行方不明となって3歳から叔父夫婦に育てられていた。これまでも二度の家出と自殺未遂をしている。「説教してうるさいから消した。これで意見する者がいなくなってせいせいした」と平然としている。


昭和48年(1973).11.24〔小3女子がお菓子をくれないのを恨み幼女を裸にして縛る〕
 東京都町田市で、女の子(3)が行方不明となり、数時間後に林の中でハダカにされて手足を縛られ放置されているのが発見された。近所の小学3年生の女子(9)が前にお菓子くれと頼んで拒否されたのを恨みに思って、下着まで脱がして全身を引っ掻いたりつねったり傷だらけにしたもの。冬で発見が遅れていたら凍死するところだったが、14歳未満のため親への注意だけで家に帰された。


昭和49年(1974).1.25〔高3カップルが生まれたばかりの嬰児殺害〕
 北海道小樽市で、定時制高校4年生のウェートレス(19)と高校3年生(17)が同棲しているアパートの部屋から赤ちゃんの死体が発見された。外で産気づきほかのアパートのトイレに侵入して出産、2人でビニール袋に入れて殺害したもの。血だらけのトイレに驚いたアパート管理人の通報で発覚。


昭和49年(1974).8.4〔18歳の母親が再婚に邪魔な子供殺す〕
 東京都杉並区のアパートの自室でホステス(18)が長女(1)を殺害して、ガス自殺を図った。2月に離婚して、知り合った男に子供がいるので結婚したくないと言われて。


昭和49年(1974).8.21〔19歳の母親が赤ちゃんハサミで殺す〕
 東京都江東区の自宅で女会社員(19)が産んだばかりの赤ちゃんの首と胸をハサミで刺し、1週間後に膿んで死亡させた。父親が誰かはっきりしないので殺そうとしたもの。


昭和49年(1974).11.19〔18歳テレビタレントの女が不倫相手の妻惨殺〕
 東京都板橋区のマンション自室で、主婦(29)がテレビタレントの女(18)に殺害された。夫のバンドマン(24)と半年前から交際しており、家にやって来て妻に離婚するように迫って拒絶されたり、またバンドマンからも冷たくされて追い詰められ、包丁を持って押し掛け自殺しようとしたが、とめようとする妻と揉み合いとなって妻のほうに包丁が刺さった。「人殺し」と言われて逆上し、全身を40回もめった刺しにしたもの。しかし、部屋を荒らして強盗を装うなど計画的な面があるので、最初から殺すつもりだったと見られている。


昭和49年(1974).11.28〔女子高でリンチ、被害の生徒自殺〕
 福岡県で女子高でリンチ、被害の生徒自殺。





昭和50年(1975).3.29〔高2女子が父親に頼まれ殺害〕
 香川県綾歌郡の自宅で、高校2年生の長女(17)が父親(49)を殺害した。父親は胃潰瘍で療養中だったが胃ガンで長くないと思っており「2,3日の命だ。早く楽にしてくれと父親に頼まれたため、日頃から勉強中も用事を言いつけられてうるさく思っていたこともあってとっさに殺そうと決意した」と自供。手斧で頭を数回殴ってストッキングで首を絞めたもの。目立たないおとなしい性格だった。


昭和50年(1975).4.11〔3歳女子2人が嬰児殺人〕
 大阪府岸和田市の民家で、女子(3)2人が勝手に侵入し、二階のベビーベットで寝ていた赤ちゃん(生後17日)を抱き上げ、階段を引き擦ったまま下ろし、家の前の路上で裸のまま転がして遊んでいたのを近所の人に発見された。頭蓋骨陥没骨折と全身の擦り傷のため病院で死亡。
 ママゴト遊びのお人形にしようとしたが3500グラムのため3歳児の力では持ち上げられなかったらしく、階段には肌着やおしめ、汚物が散乱していた。


昭和50年(1975).8.18〔5歳と3歳と2歳が赤ちゃんをなぶり殺し〕
 鹿児島県出水郡の農家で、産まれたばかりの女の赤ちゃん(生後18日)が、近所の男子(5)と妹(2)、この2人の従兄弟(3)に殺害された。
 3人は赤ちゃんを見るために部屋に勝手に上がり込んだが、「切ってみよう」と台所の包丁で足を刺し、テレビの脚で頭や顔を殴り、庭に引きずり出して物干しに犬の鎖で縛りつけた。両親と叔母(15)の3人は側の養蚕小屋で作業をしていて1時間ごとに交代で赤ちゃんの様子を見ており、叔母が包丁を持った男子と血まみれの赤ちゃんを発見して病院に運んだが、翌日、頭蓋骨骨折による脳内出血で死亡した。
 「テレビのマネをした」と話す。刑事ドラマをよく見ていた。


昭和50年(1975).9.28〔19歳女が恋人を絞殺して死体と同棲〕
 埼玉県大宮市のアパートの床下から10.30に男の死体が発見された。犯人は以前この部屋を借りていた准看護婦(19)。同棲相手の店員(47)が酒乱で乱暴が酷く、耐えきれなくなり絞殺した。死体と一緒に生活していたが悪臭が耐えられなくなって床下に埋めてからは、アパートで暮すのが怖くなり、友達の家などに身を寄せていた。


昭和50年(1975).12.29〔18歳孫娘が祖母を殺害して死体と2ヶ月同棲〕
 北海道河西郡で一人暮らしの老女が行方不明となり、その家に孫娘(18)と元自衛官の男(21)が同棲して老女の預金を引き出すようになったことに不審を抱き捜査したところ、12.29に押入からカチカチに凍った老女の遺体が発見された。
 10.30に2人は老女宅を訪ねて金を貸して欲しいと頼んだが断られたため、寝ているところを縛り上げて金を奪おうとしたが抵抗したので、また結婚を反対されていたこともあって、孫娘がまな板で頭を殴り、男にナタで殺害させたもの。
 孫娘は幼いときに両親が亡くなり叔父の養女となったが叔父も死に、10年前に祖母に引き取られていた。家を出て男と同棲していたが2人とも仕事をやめたため金に困っていた。


昭和51年(1976).6.17〔19歳の母親が赤ちゃん体操で娘殺す〕
 神奈川県横浜市で母親(19)が長女(生後28日)にテレビで見た赤ちゃん体操をさせて首を曲げたり腹を揉んだり足を持って振りまわすなどして、泣いていたがぐったりしたため病院に連れて行ったが死亡した。赤ちゃん体操は6ヶ月以上の子供のためのもので首が据わらないうちは無理だと知らなかったもの。


昭和52年(1977).8.28〔17歳女子ニートが甥をせっかん殺人〕
 神奈川県横須賀市の自宅で、無職女子(17)が姉の長男(1)の頭を2回殴って殺害、遺書を残して家出した。秋田県男鹿市の私立高校を中退して春から姉と同居、姉がホステスの仕事をしている時は子どものお守りをしており、日頃から泣くと折檻していた。


昭和52年(1977).10.13〔2歳女子がカミソリで赤ちゃんの顔を切り刻み殺害〕
 岩手県東磐井郡の農家で、長女(2)が三女(生後2ヶ月)の顔をカミソリでずたずたに切り裂いて殺害した。
 母親(29)が顔剃りに使っているカミソリのため、マネをしただけだという分析もあったが、祖父が気づくまで異常な泣き声を上げている赤ちゃんに17回も切り付けており、残虐性があると考えたほうが自然であろう。
 この日に父親(27)が出稼ぎにでかけて、ほかの家族も畑仕事に忙しくて相手にされていなかった。赤ちゃんのことはお人形のように可愛がっていた。


昭和52年(1977).10.17〔女子高生風の女カミソリ通り魔が幼女襲う〕※参考
 大阪府大阪市東淀川区で、自転車に乗った女子高生風の女が、カミソリで幼女に切り付ける事件が続発。17日に女の子(4)が頬を切られ、19日には女の子(5)がマブタを切られるなど幼女ばかり7件。


昭和52年(1977).10.24〔小3女子のハサミ通り魔が幼女襲う〕※参考
 大阪府枚方市で、小学校3年生女子(9)が拾ったハサミで13日に女の子(2)の髪をトラ刈りにして素っ裸にして逃走。22日にも女の子(2)の髪をトラ刈りにして裸にして逃走したが、24日に捕まった。


昭和53年(1978).4.20〔小6女子が強盗〕
 青森県八戸市で小学校6年生の女子(11)が友達の家に押し入り、からだの不自由な祖母(57)に「金を出せ」と脅した。拒否されると電気コードで首を絞め顔を数回殴り、現金1万円と通帳を奪って逃走し、服を買ったり飲み食いですぐに使い果たした。父親は暴力団幹部だった。


昭和53年(1978).8.26〔小4女子が嬰児殺人〕
 神奈川県川崎市の民家に小学校4年生の女子(9)がベランダから土足で侵入、この家の長男(生後2ヶ月)のおむつを取りかえようと持ち上げたが落としてしまった。赤ちゃんが泣き出したので母親に見つかると叱られると思い、顔や胸を踏みつけ頭蓋骨骨折と内臓破裂で殺害した。


※昭和53年は、小学生女子2人が殺人で捕まっている。詳細ご存じの方はご教示をよろしく。※


昭和54年(1979).2.12〔17歳女子が刑務所入るため通り魔殺人〕
 大阪府大阪市ミナミの地下街のトイレで、無職女子(17)が側の洋品店の女性店員(25)を殺害した。「誰でも殺せば刑務所に入ることができて家に帰らずにすむ」と刺身庖丁を買い、「女子トイレなら鏡に向かってじっと立っているので思いっ切り刺せる」と背中から刺したもの。
 母親は幼い頃に家出して、父親と兄と3人家族。中卒後に職を転々としてたびたび家出、2年前には覚醒剤乱用の前科がある。3ヶ月前に祖父が亡くなってからおかしな言動をするようになり、覚醒剤の影響があるものと見られている。


昭和54年(1979).2.13〔高1女子が母親を刺す〕
 東京都港区の自宅で、高校1年生の二女(16)が寝ていた母親(47)をナイフで7カ所刺し1ヶ月のケガを負わせた。両親は10年前に離婚、二女は父親と継母に育てられていたが、父親が事業に失敗して蒸発、実母に引き取られた。「今度のお母さんは異性のことにうるさい。話のわかる前のお母さんのところに帰りたい。それにはいまのお母さんが生きていたら邪魔だ」と自供。成績は中くらいで性格は明るかった。


昭和54年(1979).4.4〔19歳母親が長男せっかん殺人〕
 東京都練馬区の自宅で、母親(19)が長男(1歳11ヶ月)を数回蹴って心臓破裂で殺害、8日に逮捕。座布団の綿を出すなどのいたづらをするたびにせっかんして、アザだらけだった。


昭和54年(1979).4.28〔中3女子が学校内で同級生を刺殺〕
 北海道羽幌町の中学校で、3年生女子(14)が同級生女子(14)を殺害した。小学校時代は親友だったが、中2頃から別のグループとなって仲が悪く、被害者が自分のグループの友人の悪口を言ったことから休み時間に呼び出したが、逆に運動用具室に連れ込まれて顔を殴られ押し倒されて首を絞められたため、用意していた果物ナイフで胸や腹部など5カ所を刺したもの。
 「男子に水をかけられた」と返り血をあびた制服を体操着に着替えて平然と次の授業を受けていたが、被害者がいないことから教師が捜して血まみれの死体を発見し、警察の追及にも「グループを守るため」と冷静に犯行を自供した。成績優秀でスポーツも得意な美女で人気者。被害者は母子家庭で目立たない性格だった。


昭和54年(1979).5.27〔高3女子が恋人の愛人を刺傷〕
 福岡県福岡市の自宅で、スナック経営女性(39)が刺されて、私立女子高校3年生(19)が捕まった。無職男性(29)と1年前から交際していたが、この男性が半年前から女性とも交際するようになり、別れるように言っても拒否されたため、果物ナイフを持って押し入り就寝中の女性に3週間のケガを負わせて逃走したもの。


昭和54年(1979).6.22〔18歳女子が近所の女の子殺害〕
 大阪府箕面市で、看護婦見習い(18)が同じアパートの小学校2年生の女の子(7)を殺害し、8.18に逮捕された。下校中の女の子を誘って連れ歩いたが、習字教室に遅れるから帰りたいと女の子が言ったため、この子の母親に怒られると考え、自宅から紐を持ってきて空き家で絞殺したもの。行方不明となった女の子の捜索に何喰わぬ顔で加わっていた。この春に私立女子高を卒業し病院に勤務。離婚した母親と2人暮らし。


昭和54年(1979).10.11〔小4女子が友達を13階から突き落として殺害〕
 東京都台東区上野で、小学4年生の女子(10)が小学2年生の女の子(7)を13階マンション屋上から突き落として殺害した。運動会でクラスがいつも負けていると悪口を言われ、こらしめようと誘い出し「ドリフのマネをしよう」と騙して両手をしばりタオルで目隠しして後ろから突いたと自供。初めは「白い車にさらわれた」と嘘をついていた。


昭和54年(1979).12.20〔2歳女子が赤ちゃんに薬飲ませて死なす〕
 大阪府東大阪市の自宅で、長女(2)が次女(生後6ヶ月)に強心剤30錠を無理やり飲ませ、病院で手当てを受けたが吐いた薬を喉に詰めて死亡した。漢方薬百錠入りビンの残っていたすべてを飲ませたもの。


昭和55年(1980).8.30〔中2女子が酒乱のニート叔父を刺殺〕
 和歌山県和歌山市の自宅で、中学2年生女子(13)が叔父(46)の心臓を包丁で刺して殺害した。叔父は2年前からこの兄の家に居候していたが、働かずに酒を飲んで家族に乱暴を繰り返しており、この日も遊びに来た義兄(24)に殴る蹴るの暴行を加えていたのでカッとしたもの。無口で目立たない性格だった。


昭和55年(1980).11.28〔17歳、同棲の邪魔とわが子を殺す〕
 埼玉県で17歳、同棲の邪魔とわが子を殺す。


昭和56年(1981).1.11〔17歳の母、夫婦ゲンカのはて、赤ちゃん投げ殺す〕
 静岡県で17歳の母、夫婦ゲンカのはて、赤ちゃん投げ殺す。


昭和56年(1981).3.28〔母親が娘に手伝わせて幼女殺す〕
 福岡県筑紫郡の自宅で夜10時、母親(32)が叱っても三女(5)が飛び跳ねるのをやめないためカッとしてカナヅチで背中を何回も殴り、長女(10)、次女(8)、四女(3)に手足を押さえさせて、口をふさいで窒息死させた。子供達に手伝わせて空き地に穴を掘って埋め、家出したと嘘をついて子供達にも口留めしていたが4.4に逮捕された。長女と次女を前の夫に、三女を施設に預けて再婚したが四女が産まれたあとに離婚、自分で育てたいと半年前に子供達を引き取ったが、三女がなつかないので殺したと自供。無職で生活保護を受けていた。


昭和56年(1981).7.3〔高2女子がふられた相手を教室で刺殺〕
 愛媛県西条市の県立農業高校で、高校2年女子(16)が、自宅から持ってきた刺身包丁で同級生男子(16)の腹部を刺し殺害した。男子は同じ美術部で人気があり、好意を持ち積極的に接近を図ったが、このことを友人に話すなど冷たい態度をとられ「交際はあきらめてくれ」と言われ死にたいと思い、どうせなら相手も殺そうと決意したもの。


昭和57年(1982).2.16〔18歳の母、夜泣きの赤ちゃんにふとんかけ死なす〕
 大阪府で18歳の母、夜泣きの赤ちゃんにふとんかけ死なす。


昭和57年(1982).11.7〔10代夫婦、赤ちゃん夜泣き、せっかん死なす〕
 埼玉県で10代夫婦、赤ちゃん夜泣き、せっかん死なす。


昭和58年(1983).1.27〔19歳女が67歳に関係迫られ強盗殺人〕
 埼玉県飯能市のアパート自室で、無職男性(67)が殺害され、2.14に無職女(19)が捕まった。男性の長男が経営する寿司店で働いたことから親しくなり、この日に関係を迫られたが拒絶したことからケンカとなり、ウイスキーのビンで頭をめった打ちにして手足を縛って電気コードで絞殺、死体と同棲しながら貯金5万6千円を引き出して遊び歩いていた。男性の友人の仕業と見せかけるため、「親父を殺ったのは俺だ」と壁に書き、友人の頭文字を添えていた。


昭和58年(1983).3.27〔育児に悩み、18歳の母、赤ちゃんを殺す〕
 岐阜県で育児に悩み、18歳の母、赤ちゃんを殺す。


昭和58年(1983).5.6〔働きなさいと祖母に叱られ、15歳少女が絞殺〕
 大阪府で働きなさいと祖母に叱られ、15歳少女が絞殺。


昭和58年(1983).11.5〔小5ら女子2人がカミソリ通り魔〕※参考
 大阪府枚方市の路上で、小学6年生女子と5年生女子の2人が、4年生男子3人にからみ、1人(9)を空き地に連れ込んでカミソリで顔を切って逃走したが、12日に補導された。リンチ遊びをしようと、10.30に知らない小学5年生女子(11)をスーパーのトイレでカミソリで脅し、11.5には転校した友達の5年生女子が「転校生」といじめれたので仕返ししてと頼んだので、他校の5年生女子2人を公園のトイレに呼び出し脅しており、頼んだ5年生女子も補導された。


昭和58年(1983).11.12〔高2女子がレイプした男に似ていると出産直後の赤ちゃん殺す〕
 東京都北区の路上で、高校2年生女子(17)が産んだばかりの赤ちゃんを刺殺、死体を近所の工場に投げ捨て、11.16に殺人と死体遺棄で逮捕。去年の12月に誘いに乗って車の中で3人の男にレイプされ、自宅トイレで産んだ子供がその男に似ているので、道路に横たえ包丁で胸を9回めった刺しにして3カ所は背中まで突き抜けていた。学校をさぼって男友達の家に泊まったりしていたため停学となっていたが、両親は妊娠も停学も気づいていなかった。


昭和59年(1984).2.〔高1女子が母親に暴行〕
 一人娘で両親の過保護下で育った女子高校1年生(15歳)は、不良グループと交際するうち知り合った18歳の無職少年と同棲を始め高校も中退し、その後、生活費が無くなる度に自宅に戻り母親に無心ていたが、母親が注意したり、無心を断わると大声で罵声をあげながら髪を引っぱるなどの暴力を加え、次第にエスカレートしていき、ついには母親に殴る、蹴る等の暴力を加え、肋骨骨折させたうえ、沸騰した湯を浴せて火傷させるなどの暴力を振った。(山形、2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和59年(1984).3.〔中3女子が出産した赤ん坊殺害〕
 女子中学3年生(15歳)は、家族に内緒で出産した嬰児の始末に困り、自宅浴槽の水につけ嬰児を殺害した。(埼玉、3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和59年(1984).6.11〔19歳母が看病疲れでシンナー吸って幼児殺害〕
 東京都三鷹市のアパート自室で、女子店員(19)が長男(1)をアイロンコードで首を絞めて殺害した。8日から長男は高熱が続き、看病疲れでイライラしてシンナーを吸って犯行におよんだもの。2年前に結婚した夫(25)は働かずにパチンコばかりしているので別居していた。


昭和59年(1984).10.11〔高3女子が酒乱の父親殺害〕
 東京都小平市の自宅で、高校3年生女子が酒乱の父親をビンで殴って殺害。母親に暴行を加えるため。


昭和59年(1984).12.10〔高3女子が受験ノイローゼで友人殺す〕
 広島県三原市で、高校3年生女子(18)が大学受験に悩んでノイローゼとなり、仲良しだった隣家の成績もスポーツもトップの中学生2年生女子(13)のピアノ練習が勉強の邪魔になったと恨みを持ち、裏山に誘い出し電気コードで絞殺した。


※昭和59年は、13歳以下の中学生女子1人が殺人で捕まっている。詳細ご存じの方はご教示をよろしく。※





昭和60年(1985).2.1〔16歳女子が家出のため母と姪を絞殺〕
 愛知県春日井市の自宅で、会社員をしている二女(16)が母親(45)と姪(生後3ヶ月)の2人の首を絞めて殺害した。家出を繰り返してそのたびに母親に連れ戻されていた。「家出するため母を殺した。姪を残すと父が苦労するので一緒に殺した」と自供。長女(19)は未婚のまま赤ちゃんを産み、家出して行方不明。父親は建築作業員。


昭和60年(1985).2.27〔中2女子2人が保母を絞殺〕
 愛知県名古屋市の児童福祉センターで、家出の繰り返しから一時的に預けられていた中学2年生女子2人(共に14)が午前4時、外に出る鍵を奪うために宿直で就寝中だった保母(36)の首を手で締めて殺し、現金1万円を盗んで逃走した。同室の者に「保母を殺してでも、明日逃げる」と語っていた。


昭和60年(1985).4.25〔高3姉が小5弟を刺殺〕
 千葉県木更津市の山林で、高校3年生女子(17)が弟の小学5年生(10)を果物ナイフで刺し殺した。姉は当初「弟と自宅近くの山林を散歩していたところ、ナイフを持った男に突然襲われて、弟が連れ去られた」と、嘘の供述をしていた。普段から兄弟仲が悪くいじめていた。


昭和60年(1985).5.14〔女高生、母への乱暴見かね、酒乱の父殺す〕
 大阪府で女高生、母への乱暴見かね、酒乱の父殺す。


昭和60年(1985).9.〔18女子が友人に覚醒剤打ちショック死させる〕
 ホステス(18歳)は、マンションの部屋に遊びにきた友人に「覚せい剤を打ってやる」といって右腕に注射したところ、ショックにより死亡、傷害致死で緊急逮捕。(浅草署) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和60年(1985).12.5〔19歳女子が泣き声うるさいと保育園で乳児2人殺害〕
 福岡県久留米市の無認可保育園で、園長の次女(19)が乳児(生後8ヶ月)にフトンをかぶせて押さえつけて窒息死させてから、乳児(生後10ヶ月)も同様に窒息死させた。泣き声がうるさかったと自供。園長夫婦と長女と次女で経営していた。殺意があったとして殺人で逮捕。


昭和60年(1985).12.21〔18歳女子が恋人刺殺〕
 東京都目黒区のアパートで、無職女(18)が暴力団員(41)を刺殺した。男女関係のもつれで果物ナイフで胸を刺したもの。


昭和61年(1986).1.6〔女高生、交際やめるのイヤと男子同級生を刺す〕
 兵庫県で女高生、交際やめるのイヤと男子同級生を刺す。


昭和61年(1986).3.6〔中3長女が母親絞殺〕
 宮城県仙台市原町の自宅で、中学3年生の長女(15)と友達の中学2年生女子(14)が、就寝中の母親(39)をコードで絞殺した。離婚し病気中、長女は非行を重ね、生活態度についてうるさく云われることから、殺害しようと決意。


昭和61年(1986).6.10〔高1女子が妹殺害〕
 長野県下諏訪町の自宅で、県立高校1年生女子(15)は、拒食症のため入院していた病院を抜け出し、両親にかわいがられていた中学1年生の妹(12)をひもで絞殺した。


昭和61年(1986).6.23〔17歳女子が父親殺害〕
 東京都八王子市の自宅で、アルバイト女子(17)が父親(45)を殺害、すぐに逮捕された。酔った父親が早朝にテレビを大音量にしたため起こされた女子とケンカとなり、「死んだほうがいい」と言うと父親が「やってみろ」と言ったのでタオルで絞殺したもの。二人暮らしで、父親は建設作業員だったが1か月前から仕事をせずに酒びたりになっていた。


昭和61年(1986).9.7〔小4女子が幼女殺人〕
 群馬県太市市の蛇川で、小学校4年生の女子が、友達の女の子(5)を水の中に押さえ込み殺害。遊びに誘ったのに断ったので、こらしめようと思ったと自供。


昭和61年(1986).11.18〔高3女子が親戚を刺殺〕
 愛知県名古屋市の自宅で深夜0時、私立高校3年生女子(18)が親類の男性(36)を刺殺。帰宅遅いと叱られ、カッとして包丁で脇腹を刺したもの。父親が中国残留孤児で、両親が離婚したため中国人の母親がこの男性の店で働き生活保護を受けて家計を支えていた。4人姉弟の次女。


昭和62年(1987).6.19〔美容師見習の15歳少女殺される〕
 兵庫県で美容師見習の15歳少女殺される。後日、同僚の15歳少女逮捕。


昭和62年(1987).8.28〔女高生、暴力ふるい厳しく監視する父を殺す〕
 群馬県で女高生、暴力ふるい厳しく監視する父を殺す。


昭和62年(1987).11.24〔女子中学生7人、叱られた腹いせに教師の弁当に希塩酸〕
 鹿児島県で女子中学生7人、叱られた腹いせに教師の弁当に希塩酸。


昭和63年(1988).2.23〔17歳ら暴走族6人がアベック殺害〕
 愛知県名古屋市の公園駐車場で23日早朝、理容師の男性(19)と女性(20)が車をとめてデートしていたが、とび職(19)、とび職(17)、無職(18)、無職女(17)、無職女(17)と20歳の6人が木刀と鉄パイプで襲い、女性をレイプして2人を車で連れ去った。長久手町の墓地で男性をロープで絞殺。トランクに遺体を積み女性を1日中連れ回し、三重県阿山郡の伊賀越峠付近で絞殺、遺体を埋めた。
 このアベックを襲う直前にも名古屋港で、木刀で車の窓ガラス割ってアベックを殴り、現金を奪ったことも自供した。


昭和63年(1988).4.22〔16歳女子が父親毒殺未遂〕
 栃木県真岡市の自宅で朝5時、長女の無職女子(16)が就寝中の父親(45)の口に農薬を流し込んで殺害しようとし、重傷となった。会社員の父は日頃から家族に暴力を振るっていたが、住み込みで働きたいと相談すると殴る蹴るの暴行を受けて殺人を計画、数日前に農薬を買って隠していた。


昭和63年(1988).7.17〔中3女子生徒、母を刃物で刺す〕
 山梨県で中3女子生徒、母を刃物で刺す。





平成1年(1989).8.9〔妻と高3長女が乱暴と浪費癖の父を殺す〕
 奈良県で妻と高3長女が乱暴と浪費癖の父を殺す。


平成2年(1990).3.28〔17歳女が赤ちゃん殺してコインロッカーに捨てる〕
 東京都墨田区のJR錦糸町駅コインロッカーで、生後数ヶ月の男の子の死体が見つかり、ホステス(17)が捕まった。絞殺し、死体をバッグに入れて遺棄したもの。


平成3年(1991).11.22〔19歳女子大生が両親殺害〕
 北海道札幌市の自宅で、女子大生(19)と恋人の会社役員(24)が女子大生の父親(45)と母親(45)を殺害し、会社で所有する原野に大型掘削機で穴を掘って死体を車ごと焼いてから埋めた。翌年、1.26逮捕。結婚を反対され、男の会社の資金に困っていたため、睡眠薬を飲ませてから包丁で刺殺、660万円を手に入れ、家も売りに出していたもの。2人とも無期懲役判決。


平成4年(1992).2.6〔17歳女子が他人の家に押し掛けて幼女殺害〕
 大阪府大阪市のマンション12階で、無職女子(17)が突然押し入り、主婦(37)が留めるのを振り切って次女(1)をベランダから投げ落として殺害した。精神病で入院歴がある。


平成4年(1992).3.5〔高1女子が妹刺殺〕
 高知県高知市の自宅で、私立高校1年生女子(16)が中学1年生の妹(13)の胸を包丁で刺して殺害、男が侵入して刺したと供述したが、不審な点が多いので追及されてた夜に自白し逮捕された。妹の陽気な性格を妬んで、自室で勉強していたところを襲ったもの。父親は元高校教師で公務員。日頃、仲は良かった。中等少年院送致。


平成5年(1993).1.〔有職少女による実母殺人・死体遺棄事件〕
 有職少女(店員 19歳)は、男友達との交際を母親から反対されたことに激昂し、リボン様の紐で母親の首を締めて殺害したうえ、全裸にしダムに投棄した。(1月、山口) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成6年(1994).5.〔有職女子少年による実父殺人未遂事件〕
 有職女子少年(16歳)は、自宅において、実父から男友達との交際を反対され、毎日言い争いが絶えないことから殺害することを企て、昼寝をしていた父親の左腹部を文化包丁で突き刺したが、全治3ケ月、の傷害を負わせたにとどまった。(5月、京都) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成6年(1994).9.28〔木曽川・長良川連続リンチ殺人事件〕
 9月28日、大阪府大阪市中央区の路上で無職少年(19歳3人、18歳1人)の4人は、通行中の2人に因縁を付け、携帯電話等を強取し、逃げ遅れた無職男性(26)を近くのアジトとして使用しているビルに連れ込み、殴る蹴るの暴行を加え、ロープで首を絞めて絞殺し、車のトランクに詰めて高知県山中に遺棄した。
 10月6日、愛知県尾西市の木曽川堤防で、この4人と無職少女(16)2人、無職(21歳、20歳)らは、解体工(22)がレイプ事件を警察に通報すると言ったことから殺害することを企て、殴る蹴るのリンチを加えて殺害した。
 10月7日、愛知県稲沢市のボウリング場で3人に因縁を付けて車で拉致し、岐阜県輪之内町の長良川河川敷で鉄パイプでリンチを加え、会社員(20)とアルバイト(19)の2人を殺害した。
 2005年10.14、名古屋高裁は無職少年3人に死刑判決。


平成7年(1995).9.〔女子高校生による実母の焼死を伴う現住建造物放火事件〕
 高校1年生女子(16歳)は、実母(46歳)に不登校や生活態度について注意されたことに憤慨し、実母を困らせてやろうと自宅2階の居室に置かれた衣服に放火して自宅を全焼させ、その際、実母が煙に巻かれて死亡した。(9月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).10.〔女子高校生による傷害致死事件〕
 高校2年生女子(17歳)は、自宅で中学2年生(14歳)の実弟とファミコンゲームのことから喧嘩となり、果物ナイフで実弟の左胸を刺し、外傷性失血性ショックにより死に至らしめた。(10月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).11.〔女子高校生による実母殺人事件〕
 高校2年生女子(18歳)は、学校をさぼるなど日頃の生活態度の乱れを実母(38歳)から厳しく叱責されたことに激怒し、実母の頚部を刃物で切り付けて殺害した。(11月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).3.7〔女子高校生ら3人がナンパの復讐のため殺人未遂〕
 京都府京都市下京区の旅館で深夜1時過ぎ、工員(17)、女子高校生(16)、暴力団組員(23)の3人が高校生(17)を包丁で切り3週間の傷害を負わせ、11日に殺人未遂で捕まった。被害者はオートバイ免許を取るため泊まっていたが、ナンパした女子高校生に無理やり市内案内をさせたため、仲間が復讐に来たもの。


平成8年(1996).9.6〔17歳女子が警察に捕まるために赤ちゃん殺人〕
 宮城県多賀城市で、無職女子(17)が会社員宅に侵入、長男(生後6ヶ月)を連れ出して庭のくみ取り式トイレ便漕に投げ込んで殺害した。この長男の子守をしたことがあり、「警察に捕まりたかった」と自供。


平成8年(1996).9.26〔高2女子が男を焼き殺す〕
 沖縄県那覇市若狭のホテルで、高校2年生女子(17)は友人たちと6人でシンナーを吸引していたが、無職少年(19)からしつこく関係を迫られたことに立腹しシンナーを頭に浴びせ、ライターで点火して殺害した。





平成10年(1998).1.18〔高3女子が母親殺害〕
 愛媛県松山市の自宅で、高校3年生女子(17)が、母親(49)と男友達のことで口論となり、果実ナイフで胸部を刺して殺害した。


平成10年(1998).3.〔中学生等よる強盗致死事件〕
 中学3年生女子(14歳、15歳)2人は、知り合いの無職男性(69歳)から金員を強取しようと企て、金を出せと申し向けながら、同人の腹部を足蹴にし、さらに仰向けに倒れた同人の胸部腹部等を踏みつけるなどの暴行を加え、金員を強取しようとしたが、同人が現金を所持していなかったため、その目的を遂げなかったが、その際、右暴行により胸腔内損傷等の傷害を負わせ、死亡するにいたらしめた。(3月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).4.〔無職少年による実姉殺人、放火事件〕
 無職少年女子(18歳)は、日頃から恨んでいる実姉(会社員、20歳)を殺害するため自宅に放火して焼死させた。(4月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).6.17〔15歳ら姉弟が祖父殺人〕
 北海道千歳市の自宅で、無職女子(16)、無職少年(15)の姉弟は、同居の祖父(69)から日頃の生活態度に対して叱責されることから殺害を共謀し、弟がモンキーレンチで頭部を殴打し、姉がネクタイで首を絞めて殺害し、死体を車で運んで山林に埋めて遺棄した。


平成10年(1998).8.〔無職少年による傷害致死事件〕
 無職少年女子(17歳)は、同居している姪(3歳)が言うことを聞かないことに立腹し、殴る、蹴るの暴行を加え、頭部打撲等の傷害を負わせ死亡させた。(8月、茨城) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).10.〔中学生等による傷害致死事件〕
 中学2年生(14歳)、中学3年生(14歳)2人、無職少年女子(16歳)2人の5人は、共謀のうえ、交遊している中学生(14歳)が仲間から離反することに憤慨し、制裁を加えることを企て、空き地に呼び出して、殴る、蹴る、の暴行を加え、硬膜下血腫により死亡させた。(10月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).12.〔女子暴走族グループによる傷害致死事件〕
 高校1年生女子(16歳)2人、有職少年女子(17歳〜18歳)5人、無職少年女子(17歳)、成人女性の9人は、暴走族の構成員であるが、同構成員である無職少年女子(16歳)が、グループの悪口を言っていることに憤慨し、共謀して殴る、蹴るの暴行を加え、頭部外傷等の傷害を負わせ、脳挫傷により死亡させた。(12月、長野) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.15〔18歳母親が赤ちゃん衰弱死させる〕
 千葉県市川市の飲食店女従業員(18)は、長女(1)に1カ月間も食事を与えず衰弱死させ、保護責任者遺棄致死で捕まった。平均体重が11キロなのに対し、5キロしかなかった。


平成11年(1999).10.8〔高1女子が教師を殺人未遂〕
 東京都八王子市の私立女子高校で、高校1年生女子(15)は、授業中に男性教師(39)から遅刻を注意されたことに逆上し、胸など3ヶ所を果物ナイフで刺して殺害しようとしたが、2週間の傷害を負わせた。


平成11年(1999).12.〔小学6年生女子による劇物混入事案〕
 小学6年生女子(12歳)は、自分の嫌いな同級生を欠席させる目的で、理科の実験で使用した水酸化ナトリウムを給食のカレーシチューに混入させ、給食を食べた児童4人に全治1週間の傷害を負わせた。(12月、奈良) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成12年(2000).4.18〔高2女子が父親刺殺〕
 神奈川県津久井郡の自宅で、父親(44)が高校2年生の長女(16)に殺害された。交際中の高校2年生(16歳)と自宅にいたところを父親に叱責され2人とも殴られた。「このままでは殺される」と思い、父親のサバイバルナイフで左胸を突き刺したもの。


平成12年(2000).5.6〔中2ら4人が殺人と死体遺棄〕
 埼玉県入間市の公園で、アルバイト少年(16)、無職少年(16)、高校2年生女子(16)、中学2年生(13)の4人が、高校2年生(16)の頭や腹などを何十回も殴って殺害、狭山市の雑木林に遺体を捨てていたが、13日に捕まった。少年2人と被害者は中学の同級生で、当時からいじめていた。無職少年は高校を中退して家でぶらぶらしていた。


平成12年(2000).5.15〔17歳女子2人が女性を監禁、耳たぶ切る〕
 茨城県北茨木市で、無職女子(17)2人は、アルバイト仲間だった無職女性(26)が悪口を言ったとして、4.4に男友達(22)家に連れ込みハダカにして監禁、両耳たぶをはさみで切り落とすなどのリンチを加え、全治6ヶ月の重傷を負わせ5.15に逮捕された。


平成12年(2000).12.〔無職少年らによるタクシー運転手強盗殺人事件〕
 無職少年(16歳)、女子高校1年生(16歳)は、タクシー運転手を殺害し金員を強取しようと企て、タクシー営業所に架電し、タクシー運転手49歳)が運転するタクシーを呼び寄せて乗車した上、カッターナイフで同人の頸部を切りつけ殺害し、乗車売上金約1万5千円を強取した。(12月、兵庫) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成13年(2001).3.〔中学生による殺人未遂等事件〕
 女子中学3年生(14歳)は、日頃から継父(29歳)から暴力を振るわれていたことから、同人を焼き殺そうと企て、同人が就寝中のアパートの居室に灯油をまき、ライターで点火して放火したものの、継父が火に気づき逃げたことから、殺害の目的を遂げなかった。(3月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成13年(2001).5.〔無職少年等による集団傷害事件〕
 無職少年2人(いずれも女子、15歳)、女子中学2年生(13歳)は、女子中学3年生(14歳)の日頃の態度等が気に入らないため、約5時間半にわたって殴るなどの暴行を加え、さらにたばこの火を押しつけるなどして傷害を負わせた。(5月、静岡) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成16年(2004).6.1〔小6女子が同級生女子殺害〕
 長崎県佐世保市の小学校で、6年生女子(11)が同級生女子の首をカッターナイフで切り付け殺害した。


平成16年(2004).6.〔中2女子が幼児をマンション から突き落とす〕
 中学2年の女子児童(13歳)は、殺害の目的を持って、男子児童(5歳)をマンション5階の階段踊り場から突き落としたが、傷害を負わせるに止まった。(6月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。



※タイトルと本文が同じ短いデータはすべて「〔年表〕子どもの事件 1945-1989」山本健治 柘植書房より引用したもの。※


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!



『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代




少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





主要参考文献

〔年表〕子どもの事件 1945-1989

戦前の少年犯罪

戦後死刑囚列伝

新聞集成昭和史の証言

新聞集成昭和編年史

日本の精神鑑定

日本長期統計総覧

年表 昭和の事件・事故史

昭和史全記録 1926〜1989

値段史年表 明治・大正・昭和

事件・犯罪大事典 明治・大正・昭和

20世紀にっぽん殺人事典

青少年非行・犯罪史資料1-3

教育事件・論争史資料

朝日新聞縮刷版

読売新聞縮刷版

毎日新聞縮刷版

警察白書

犯罪白書






このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。











少年犯罪データベースが参考文献として掲載されています。



少年犯罪データベースのデータが引用されています。