少年犯罪データベース 少年による殺人統計





警察庁「犯罪統計書」による。
比率の昭和21〜平12年は「犯罪白書」による。それ以外は総務省統計局サイトの各年の10月1日現在年齡別推計人口確定値を元に独自に算出したもの。
昭和20〜47年5.14の沖縄の事件と人口を含まない。
※少年による異常殺人事件の具体事例

※少年による親殺し事件の具体事例



     



未成年の殺人犯検挙人数と少年人口(10〜19歳)10万人当りの比率

西暦年号人数 比率
1936昭11年1531.05
1937昭12年1551.04
1938昭13年1611.05
1939昭14年1230.79
1940昭15年1460.93
1941昭16年1070.67
1942昭17年1260.78
1943昭18年940.57
1944昭19年1771.07
1945昭20年1490.90
1946昭21年2491.49
1947昭22年2161.26
1948昭23年3542.06
1949昭24年3442.01
1950昭25年3692.14
1951昭26年4482.55
1952昭27年3932.21
1953昭28年3832.13
1954昭29年4112.25
1955昭30年3451.90
1956昭31年3241.82
1957昭32年3131.70
1958昭33年3661.91
1959昭34年4222.11
1960昭35年4382.15
1961昭36年4482.19
1962昭37年3431.68
1963昭38年3931.93
1964昭39年3611.80
1965昭40年3701.85
1966昭41年3681.82
1967昭42年3431.77
1968昭43年2861.54
1969昭44年2651.50
1970昭45年1981.17
1971昭46年1490.90
1972昭47年1490.91
1973昭48年1110.69
1974昭49年1020.63
1975昭50年950.59
1976昭51年800.50
1977昭52年770.47
1978昭53年910.55
1979昭54年970.57
1980昭55年490.28
1981昭56年600.34
1982昭57年860.48
1983昭58年870.47
1984昭59年760.40
1985昭60年1000.53
1986昭61年960.49
1987昭62年790.41
1988昭63年820.43
1989平成1年1180.62
1990平成2年710.38
1991平成3年770.42
1992平成4年820.47
1993平成5年750.44
1994平成6年770.47
1995平成7年800.50
1996平成8年970.62
1997平成9年750.49
1998平10年1170.79
1999平11年1110.77
2000平12年1050.74
2001平13年1090.79
2002平14年830.62
2003平15年960.73
2004平16年620.48
2005平17年730.58
2006平18年730.59

警察庁「犯罪統計書」による。
昭和10年以前の少年のみの統計は存在しない。戦前も戦後もすべて13歳以下の触法少年を含む数字。
比率の昭和21〜平12年は「犯罪白書」による。それ以外は総務省統計局サイトの各年の10月1日現在年齡別推計人口確定値を元に独自に算出したもの。
昭和16〜18年の年齢別人口推計は当時も現在も存在しないため、その期間は直線的に少年人口が増加したと仮定して試算した。あくまで参考で、引用・転載する場合はこの期間のデータを除くか、この註を必ず添えること。
昭和20〜47年5.14の沖縄の事件と人口を含まない。
昭和20〜23年の犯罪統計は不正確らしい。
昭和36年度版「犯罪白書」と総務庁統計局・監修「日本長期統計総覧」では、昭和19年97人、昭和20年141人となっており、警察庁「犯罪統計書」とは別系統の資料があるらしい。しかし、総務庁統計研修所の研究専門職の方に調査していただいたところ、すでに元の資料を破棄しており、典拠を確認することができないということなので、典拠のはっきりしている警察庁「犯罪統計書」を元にするのが正しいと思われる。







殺人の検挙率
 19401950196019701980199020002005
年次昭15年昭25年昭35年昭45年昭55年平2年平12年平17年
検挙率96.7%96.2%96.8%97.0%97.2%96.7%95.0%96.6%

昭和は警察庁「犯罪統計書」の認知件数と検挙件数を元に独自に算出したもの。平成は警察庁の統計による。
当然、少年と成年の両方を含んだ数字。
殺人の検挙率はまったく下がっていない。



平成17年(2005)の年齢階層別殺人率
 未成年20〜29歳30〜39歳40〜49歳50〜59歳60〜69歳70歳〜
殺人数71人209人303人219人247人171人74人
殺人率0.911.341.641.391.301.070.41

各年齢層の殺人検挙人数と各年齢層10万人当りの比率。
警察庁ページの「平成17年の犯罪 」と総務省統計局サイトの平成17年国勢調査年齡別人口統計を元に独自に算出したもの。
未成年は14〜19歳の殺人犯数を14〜19歳の人口で割ったもの。
少年の殺人率の低さと20歳代に匹敵する50歳代の高さが海外では見られない日本の特徴。
ちなみに60〜64歳は107人、1.25で、相対的に驚異的な高さとなっている。





『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、幼女レイプ殺人事件が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース

管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。







このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。















このページのトップへ▲




| 少年犯罪データベース |