平成11年(1999)の少年犯罪




平成11年(1999).1.19〔19歳東大生がストーカー刺傷〕
 東京都目黒区駒場の路上で、東京大学教養学部2年生(19)が同じ学部の2年生女子(20)を包丁で何度も刺して重傷を負わせ、殺人未遂で逮捕された。茨城県の高校の同級生で、想いを寄せていたが相手にされず「一生忘れられない傷を負わせたかった」と殺意を否定したが、東京地裁は懲役3年6ヶ月の判決を出した。


平成11年(1999).1.21〔16歳が主張を訴えるため小3を人質〕
 東京都港区台場で、無職少年(16)は、小学3年生(9)に包丁を突き付けて人質にして、警察官に対し「マスコミを呼べ、全国に放送しろ」と要求した。2時間後に逮捕。汚職を厳罰化しなければならないという主張を訴えるための犯行。


平成11年(1999).1.〔中学生等による中学校連続放火事件〕
 中学2年生(14歳)3人、中学3年生(14歳、15歳)2人、無職少年女子(18歳)の6人は、日ごろの不満を晴らすため、自分たちの通学する中学校内に侵入し、ゴミ箱の紙屑に放火して、天井、壁等を焼損させ、さらに、他の中学校の運動クラブ部室外壁にガソリンを掛けて放火し、全焼させた。(1月、北海道) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).1.〔少年非行グループによるひったくり事件〕
 無職少年(16歳)2人、中学、高校生(14歳〜15歳)7人、触法少年(11歳〜13歳)4人の13人は、平成10年9月から12月にかけて、盗んだバイクに分乗して、年輩の女性を狙い、「緊急バッチン」と称して連続してひったくりを行った。なお、少年の供述によれば、「緊急バッチン」とは、手当たり次第にひったくりを行うことを意味する隠語である。(1月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).1.〔中学生による教師8人に対する傷害、暴行事件〕
 中学3年生(15歳)2人は、校内の給食用リフトに乗って遊んでいるところを教師(42歳)に注意されたことに憤慨し、植木鉢を投げるなどしたため、さらに注意した教師に対して殴る、蹴るの暴行を加え、全治2か月の傷害を負わせるとともに、止めに入った教師7人に対しても暴行を加え、うち4人に傷害を負わせた。(1月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).1.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学2年生(14歳)は、担任教師(女性、37歳)に、自己の机の落書きを消すよう注意されたことに憤慨し、殴る、蹴るの暴行を加え、全治2〜3週間の傷害を負わせた。(1月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).1.〔女子高校生による覚せい剤乱用事件〕
 高校1年生女子(17歳)は、知り合いの男性から覚せい剤の注射を受け、覚せい剤を乱用していた。(1月、広島) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).1.〔高校生らによる覚せい剤乱用事件〕
 高校3年生(18歳)3人、有職少年(16歳、18歳)2人の5人は、暴力団員から覚せい剤を購入し、自宅等で吸入するなどして乱用していた。また、遊び仲間の有職少年(18歳)2人も、乱用に加わっていた。(1月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).1.〔高校1年生による連続放火4件〕
 高校1年生(16歳)は、日常的なことを家族から何度も注意され、イライラして、何かに火をつければスッキリすると思い、銀行社宅の倉庫に放火したほか、プレハブ倉庫等16か所に放火した。(1月、愛媛) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).1.〔有職少年による強盗事件〕
 有職少年(18歳)、無職少年(17歳)、成人男性(23歳)の3人は平成10年7月、帰宅途中の大学生(22歳)にカッターナイフを突き付けて脅迫し、腕時計を強取した。少年らは、8人でグループを組織して「おやじ狩り」、「ロレックス狩り」、「デリー狩り」と称して同種事案を敢行していたことが判明した。(1月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.8〔16歳ら男女2人が郵便局強盗〕
 佐賀県鳥栖市元町の郵便局で、無職少女(16)がトイレ借用と偽って下見をし、無職少年(19)がタオルで覆面をして押し入り、局員(26)に果物ナイフを突き付けて脅迫し、現金258万円を強奪した。車で逃亡したがすぐに2人とも逮捕。借金に困ったための犯行。


平成11年(1999).2.9〔15歳が幼女監禁して1300円強奪〕
 鹿児島日置郡の土木作業員(15)は、下校途中の小学2年生の少女2名をホテルの室に監禁、手足を縛って顔を殴って脅迫し、家から持って来させた現金1300円を強奪、強盗と逮捕監禁で捕まった。


平成11年(1999).2.20〔中1が女店主の言葉に怒り強盗致傷〕
 福島県須賀川市の文房具店で、中学1年生(13)が買い物中、経営者の女性(55)から優柔不断と言われたことに逆上し、いきなり護身用として携帯していた包丁で切りつけ、レジ内から現金1万5,000円を強取し、2か月の傷害を負わせた。


平成11年(1999).2.〔有職少年等によるタクシー強盗致傷事件〕
 有職少年(18歳)、無職少年(18歳)の2人は、平成10年12月、タクシー強盗を企て、乗車中のタクシーを停車させ、背後からバタフライナイフを運転手(66歳)の頸部に突き付けて脅迫し、公園の公衆トイレに押し込み現金10万円を強取し、さらに被害者の胸部等を刺して全治44日間の傷害を負わせ、タクシーを強取した。(2月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.〔高校1年生による連続放火事件〕
 高校1年生(16歳)は、人間関係に対する不満から、そのうっ憤を晴らすため、農業用倉庫前に置いてあったプラスチック製タンクにライターで放火して同倉庫を焼損させたほか、ビニールハウス等4か所に放火した。(2月、愛媛) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.〔高校生らによる大麻乱用事件〕
 高校生男子(17歳)、専門学校生(19歳)の2人は、県内で見つけた自生の大麻草を抜き取って乾燥させ、パイプ等を使って吸引したほか、残りの乾燥大麻をかばんの中に隠し持っていた。(2月、静岡) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学2年生(14歳)は、服装や頭髪について教師(41歳)から注意されたことに憤慨し、スポーツバッグ等で殴りかかり、全治1週間の傷害を負わせた。(2月、茨城) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学2年生(14歳)2人は、1月下旬、授業中に麻雀を始めて授業を妨害し、これを教師(33歳)に注意されたことに憤慨し、殴る、蹴るの暴行を加え、全治1週間の傷害を負わせた。(2月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.〔無職少年等によるひったくり事件〕
 無職少年(16歳)2人、高校1年生(16歳)2人、有職少年女子(18歳)、中学3年生(15歳)の6人は、平成10年lO月、盗んだバイクに2人乗りして、中高年の女性を狙い、ハンドバッグ等をひったくり窃取した。なお、少年らは、同様手口で61件、被害総額約180万円の犯行を重ねていた。(2月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.〔中学生による恐喝未遂事件〕
 中学3年生(14歳)は、平成10年11月、後輩の中学2年生女子(14歳)に交際を断られたことに立腹し、自分が保護観察中であったことから、同級生の中学3年生女子(15歳)と共謀して、被害者を公園に呼び出し、現金10万円を喝取しようとしたが、張り込み中の警察官に逮捕され、その目的を遂げなかった。(2月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。





平成11年(1999).3.14〔19歳が父親を刺す〕
 山口県下関市内の自宅で、無職少年(19)が父親(48)の左胸を刺し身包丁で刺して重傷を負わせた。実家の隣の祖父宅でひとり暮しをしており、訪ねてきた父親とケンカになったもの。


平成11年(1999).3.〔少年らによるシンナー乱用事件〕
 有職少年(17歳)3人は、「スリーナインクラブ」と称する暴力団員等による会員制のシンナー密売組織からシンナーを購入し、乱用していた。(3月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).3.〔中学生による恐喝事件〕
 中学3年生(15歳)5人は、平成10年10月から平成11年2月にかけて、遊ぶ金欲しさから同級生(15歳)を脅迫し、前後10回程度にわたり、現金約250万円を喝取した。(3月、香川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).3.〔中学生による義父殺人事件〕
 中学3年生(15歳)は、義父(51歳)が日ごろから態度が冷たく家庭内で陰湿な嫌がらせをすることから殺意を持ち、ゴルフクラブで殴打した上、包丁で刺して殺害した。(3月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).3.〔中学生による窃盗事件〕
 中学2年生(14歳)は、郵便配達のため駐車中のバイクの郵便バッグから、地域振興券計11冊(時価22万円相当)の入った封筒9通を窃取した(3月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).3.〔女子中学生グループによる傷害事件〕
 中学3年生女子(15歳)4人は、2月下旬、中学3年生女子(15歳)が自分たちのグループに入会していないのに、校内で喫煙したり、ルーズソックスを履いていることに立腹し、殴る、蹴るの暴行を加え、全治1か月の傷害を負わせた。(3月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).3.〔中学生の集団による傷害事件〕
 中学3年生(14歳〜15歳)3人は、1月中旬、後輩の中学2年生(14歳)を校庭に呼び出し、態度が悪いなどと因縁をつけ、素手や角材で殴る、蹴るの暴行を加え全治2週間の傷害を負わせた。(3月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).3.〔中学生による教師に対する傷害4件〕
 中学3年生(15歳)は、校則違反の服装で登校して卒業式に出席できなかったことに憤慨し、自宅からバットを持って押し掛け、教頭(51歳)にこれを取り上げられるや、殴る、蹴るの暴行を加え、全治1週間の傷害を負わせた。(3月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).3.〔高校生等による強盗致傷事件〕
 高校3年生(18歳)2人、高校1年生(16歳)、無職少年(16歳)の4人は、暴力団員(30歳)と共謀し、専門学校生(21歳)に因縁をつけ、殴る、蹴るの暴行を加え、現金2万6,000円を強取した。(3月、福島) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.〔高校生等による強盗致傷事件〕
 高校3年生女子(17歳)2人、無職少年女子(16歳)、高校3年生(17歳)の6人は、テレホンクラブを利用して誘い出した会社員(35歳)を待ち伏せし、女子高校生が接触した直後に襲いかかり、殴る、蹴るの暴行を加え、現金2万円を強取し、その際、全治10日間の傷害を負わせた。(4月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.〔暴走族構成員による窃盗(オートバイ盗)事件〕
 無職少年(17歳、19歳)6人、有職少年(17歳、18歳)2人、高校2年生(17歳)の9人は、暴走族構成員であるが、平成10年10月からll月ころまでの間、盗んだオートバイで暴走行為をするため、オートバイ7台及び部品等3点(時価合計約240万円相当)を窃取した。(4月、福岡) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.〔中学生等による連続ひったくり事件〕
 無職少年(15歳)、中学3年生(14歳、15歳)6人、触法少年(10歳、12歳)2人の9人は、平成10年5月から平成11年1月ころまでの間、遊ぶ金欲しさから、バイクに2人乗りして、通行中の女性からハンドバッグ等をひったくり窃取した。なお、少年らは、同様手口で49件、被害総額約267万円の犯行を重ねていた。(4月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.14〔18歳がレイプ目的で母子殺害〕
 山口県光市のアパートに会社員(18)が水道検査を装い侵入、大声を出されたため主婦(23)の口を粘着テープでふさぎ両手を縛って絞殺してから押入に押し込み、長女(11ヶ月)が泣きやまないため絞殺して首にひもが巻き付けたまま天袋に入れて何も盗らずに逃走したが、18日に逮捕された。レイプ目的で「人間として大変恥ずべきことをした。今は涙が止まらない。胸が痛んでいる」と自供。3月に高校を卒業し、今月に会社に就職したばかり。地裁は無期懲役の判決。


平成11年(1999).4.〔専門学校生等による殺人未遂事件〕
 専門学校生(17歳)、有職少年女子(15歳)の2人は、専門学校生が交際していた高校1年生女子(15歳)が最近冷たくなったことからこれに激昂して殺害することを共謀し、ひもで首を絞めたが、心配して駆けつけた被害者の母親に発見され、その目的を遂げなかった。(4月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.〔非行集団による傷害事件〕
 有職少年(16歳、18歳)2人、高校2年生(16歳、17歳)3人、無職少年(17歳、18歳)3人の8人は、「青ギャング」と称する非行集団の一員であるが2月下旬、自らの勢力を誇示するため、ゲームセンターで赤いジャージを着て遊戯中の店員(17歳)2人に対して因縁をつけ、殴る、蹴るの暴行を加え、全治1週間の傷害を負わせた。(4月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.〔無職少年による傷害事件〕
 無職少年女子(16歳、17歳)3人は、後輩の高校1年生女子(15歳)の態度が生意気であるとして、殴る、蹴るの暴行を加え、さらに頭髪をハサミで切るなどして、全治2週間の傷害を負わせた。(4月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.〔無職少年による集団リンチ事件〕
 無職少年女子(16歳〜19歳)4人は、2月下旬、成人女性(20歳)と共謀の上中学3年生女子(14歳、15歳)2人に対して、異性との交遊関係に因縁をつけ、車で連れ回した上、殴る、蹴るなどの暴行を加え、それぞれ全治10日間と2週間の傷害を負わせた。(4月、愛媛) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.〔高校生等による傷害致死事件〕
 定時制高校1年生(15歳〜17歳)4人、無職少年(15歳〜19歳)3人の7人は、遊び仲間である高校2年生(16歳)が、日ごろから横柄な態度を取っていたことに立腹して、砂浜に連行し、素手や竹ざおで殴る、蹴るの暴行を加え、急性硬膜下出血等の楊害を負わせ、脳圧迫により死亡させた。(4月、香川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.〔無職少年等による傷害致死事件〕
 無職少年(18歳、19歳)3人、有職少年(18歳、19歳)2人、高校生(17歳、18歳)2人の7人は、パーティー券販売名目で恐喝されたり、暴行を受けたことに対する報復として、1月下旬、定時制高校2年生(19歳)を金属バット等で殴打し、車両で拉致して河川敷に連行した上、殴る、蹴るなどの暴行を加え、逃走しようとした被害者を追跡し、同人を川に飛び込ませ溺死させた。(4月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).4.〔女子中、高校生による覚せい剤乱用事件〕
 高校3年生女子(18歳)、中学3年生女子(15歳)の2人は、知り合いの男性から覚せい剤を勧められ、興味本位で男性から覚せい剤の注射を受け、乱用していた。工高校生らによる大麻乱用事件(4月、長野) 警察庁「少年非行等の概要」引用。





平成11年(1999).5.6〔18歳ら慶応医学生5人が集団レイプ〕
 東京都新宿区のマンションで、慶応大学医学部の1年生(18)、2年生(19)3人、4年生(23)の合わせて5人が、知り合いの女子短期大学生(18)を酒で酩酊させ強姦、6.5に逮捕された。大学は、「人間性においても、医師になる人間としても不適格」と全員を退学処分にした。


平成11年(1999).5.〔無職少年等による傷害致死事件〕
 有職、無職少年(17歳〜18歳)4人、高校生等(15歳〜17歳)4人の8人は、高校1年生(15歳)をバイクを盗んだとの理由で呼び出し、素手や角材で殴る、蹴るの暴行を加え、全身打撲により死亡させた。(5月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.〔暴走族構成員による傷害事件〕
 暴走族「怒羅権」リーダーの無職少年(18歳)、他の暴走族リーダーの無職少年(19歳)、無職少年(16歳)2人の4人は、3月下旬、バイク7台位に10数人が分乗して暴走行為中、たまたま通りかかった乗用車を発見するや、進路を妨害したり、車を足蹴にするなどの嫌がらせをして停車させ、降車した親子(43歳、20歳)に対し、鉄パイプで殴打するなどの暴行を加え、両名に全治1〜6か月の傷害を負わせた。(5月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.〔高校生等による強盗致傷事件〕
 高校2年生(17歳)、中学3年生(14歳)の2人は、通行中の会社員(26歳)を前後から取り囲み、いきなり顔面、腹部等を殴り脅迫したが、会社員がすきをみて逃走したため、その目的を遂げなかったが、その際、全治1か月の傷害を負わせた。(5月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.〔無職少年等による逮捕監禁及び恐喝事件〕
 無職少年(19歳)、有職少年(19歳)、定時制高校1年生(18歳)の3人は、4月下旬、解体工(19歳)が高校生の悪口を言っていると邪推し、共謀の上、コンビニエンスストアーの駐車場において、殴る、蹴るの暴行を加え、車両内に押し込み、さらに高校生の自宅に監禁して脅迫し、消費者金融会社から20万円を借り受けさせ、これを喝取した。(5月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.〔家出少年非行グループによる覚せい剤乱用事件〕
 有職少年(18歳)、無職少年(17歳、18歳)2人、無職少年少女(17歳)2人の5人は、遊び仲間であり、家出中で深夜徘徊等を繰り返していたが、ホテルにおいて、覚せい剤をライターであぶりストローで吸引するなどして乱用していた。(5月、千葉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.〔女子中学生による覚せい剤乱用事件〕
 中学3年生女子(14歳)は、興味本位で覚せい剤を注射するなどして乱用し、登校していた。登校していた。また、同人の遊び仲間の中学3年生女子(14歳、15歳)3人、中学2年生女子(13歳)の4人も、同人とともに覚せい剤を乱用していた。(5月、福岡) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.15〔18歳母親が赤ちゃん衰弱死させる〕
 千葉県市川市の飲食店女従業員(18)は、長女(1)に1カ月間も食事を与えず衰弱死させ、保護責任者遺棄致死で捕まった。平均体重が11キロなのに対し、5キロしかなかった。


平成11年(1999).5.〔中学生らによるシンナー密売事件〕
 中学2年生男子(14歳)、有職少年(17歳)3人、無職少年(17歳)の5人は、暴力団員からシンナーを購入し、自ら乱用していたほか、小遣い稼ぎのため、他の少年らにシンナーを密売していた。(5月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.〔中学生による実母殺人事件〕
 中学2年生(13歳)は、学校に行かないことを実母に叱責されたことに憤慨し、実父が外出したすきに、実母(45歳)の胸付近を刺して殺害した。(5月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.1〔中3がケンカで刺す〕
 宮崎県宮崎の中学校の廊下で、中学3年生(16)が同学年生(14)を果物ナイフで切り、一週間の傷害を負わせた。前日からケンカしていた。


平成11年(1999).6.10〔高1が主張訴えるため防衛大学生を人質〕
 埼玉県の防衛医科大学学生寮で、定時制高校1年生(15)が防衛医科大学校1年生(19)にナイフを突き付けて人質に取って立てこもり、「日本国憲法を破棄すること」などと要求した。5時間後に逮捕。


平成11年(1999).6.〔中高校生等によるシンナー乱用事件〕
 中学2年生男子(14歳)、中学2年生女子(14歳)、高校3年生男子(18歳)2人、専門学校生(16歳)、無職少年(18歳)の6人は、「夢の宅配瓶」と称する暴力団員等による宅配方式のシンナー密売組織からシンナーを購入し、乱用していた。(6月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔高校生による建造物侵入事件〕
 高校3年生(17歳)3人は、共謀の上、世間を騒がせてやろうと思い、無線中継所のフェンスを乗り越り越えて侵入し、高さ69メートルの鉄塔に登り、自分たちの、主張を書いた垂れ幕をぶら下げた。(6月、千葉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔定時制高校生による殺人事件〕
 定時制高校3年生(18歳)は、始業前の教室内で、冷房の利き方をめぐり同級生(71歳)と口論になり、バタフライナイフで腹部を刺して殺害した。(6月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔無職少年による強盗致傷事件〕
 無職少年(18歳)2人は、暴力団員(22歳)と共謀の上、4月上旬、配管工(25歳)ほか1人に対して因縁をつけ、いきなり顔面を殴打し、所携の催眠スプレーを吹きかけ、さらに携帯していたバタフライナイフで左足を刺して現金3,000円を強取し、その際、全治2週間の傷害を負わせた。(6月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔高校生等による強盗致傷事件〕
 高校1年生(15歳)3人、無職少年(15歳)の4人は、4月下旬、公園で雑談中の高校生男女(17歳)4人に対して、いきなり殴る、蹴るの暴行を加え、現金1、500円在中の財布を強取し、その際、男子2人に対し、それぞれ全治2(6月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔中学生による強盗事件〕
 中学3年生女子(14歳)3人は、共謀の上、帰宅途中の女子高校生(16歳)をマンション玄関ホールに連れ込み、殴る、蹴るの暴行を加え、現金300円を強取した。(6月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔無職少年等による恐喝4件〕
 無職少年(19歳)は、成人男性(20歳)と共謀の上、平成10年11月下旬、パーティー券販売名目で金員を喝取しようと企て、無職少年(19歳)に因縁をつけて脅迫し、パーティー券100枚を手渡し、現金1万5,000円を喝取し、さらに無職少年(18歳)、定時制高校生(18歳)に対しても暴行を加えて脅迫し、現金約1万5,000円を喝取した。(6月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔高校生による恐喝未遂事件〕
 通信制高校2年生(17歳)、高校3年生(18歳)2人の3人は、5月中旬、高校3年生(18歳)に対してナイフを突き付分て脅迫し、現金を喝取しようとしたが、1週間後被害者が自殺したためその目的を遂げなかった。(6月、群馬) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔決闘による傷害致死事件〕
 無職少年(17歳)が所属する暴走族グループは、5月下旬、対立する暴走族グループに因縁をつけ、無職少年は、対立するグループのメンバーである定時制高校1年生(16歳)と「タイマン」と称する一対一の決闘を行い、その際、頭蓋底骨折に伴う傷害により死亡させた。(6月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。





平成11年(1999).7.30〔高3ら4人が寮で集団レイプ〕
 福岡県八女市の短大付属高校の運動部寮で、野球部部員の3年生(18歳)2人、野球部OBの会社員(19)、大学生(20)の計4人が知り合いの高校生女子(17歳)2人を強姦、10月に逮捕された。


平成11年(1999).7.〔女子高校生等による恐喝事件〕
 高校1年生女子(15歳)、無職少年女子(15歳)、触法少年女子(13歳)の3人は、4月下旬、遊ぶ金欲しさから、後輩の中学3年生女子(14歳)を電話で呼び出して脅迫し、現金3万円を喝取した。(7月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).7.〔高校生等による強盗致傷事件〕
 高校1年生(15歳)、中学3年生(14歳)は、4月上旬、成人男性2人と共謀の上、通行中の会社員(25歳)を取り囲み、殴る、蹴るの暴行を加え現金を強取しようとしたが、会社員が大声を出したため、その目的を遂げなかったが、その際、全治1週間の傷害を負わせた。(7月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).7.〔中学生による強盗事件〕
 中学3年生(14歳)は、貴金属店において、モデルガンを社長(59歳)に突き付けて脅迫し、高級腕時計27個(定価合計約1,400万円相当)を強取した。(7月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).7.〔高校生による実父に対する傷害致死事件〕
 高校1年生(16歳)は、ささいなことから実父(51歳)と口論になり、殴る、蹴るの暴行を加え、内臓破裂により死亡させた。(7月、山梨) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).8.9〔17歳ストーカーが女子高校生殺人〕
 愛知県西尾市志籠谷町で、無職少年(17)が元同級生の高校2年生女子(16)を登校日に待ち伏せして、果物ナイフで胸や背中を刺して殺害した。好意を抱いて2年前からつけ回していたが、他の男性と交際しているのを知って殺そうと計画したもの。


平成11年(1999).8.〔有職少年等による傷害致死事件〕
 有職少年(18歳、19歳)3人、無職少年(18歳)、高校1年生女子(15歳)の5人は、高校生(16歳)が生意気だという理由で、殴る、蹴るなどの暴行を加え、硬膜下出血で死亡させた。(8月、北海道) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).8.〔無職少年等による傷害事件〕
 無職少年(17歳)2人、高校2年生(16歳)の3人は、高校1年生(15歳)を呼び出し、悪口を言ったなどと因縁をつけ、殴る、蹴るの暴行を加え、全治3か月の傷害を負わせた。(8月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).8.〔中学生による強盗4件〕
 中学3年生(14歳)2人は、成人男性(26歳)と共謀の上、通行中の中学3年生(15歳)2人にナイフを突き付けて脅迫し、車両内に押し込み、現金3,400円を強取した。(8月、茨城) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).8.〔女子中学生及び無職少年による覚せい剤乱用事件〕
 中学2年生女子(14歳)、無職少年女子(15歳)の2人は、知り合いの成人男性から覚せい剤を勧められ、興味本位からホテル等で同人から覚せい剤の注射を受けるなどして乱用していた。(8月、長野) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).8.〔女子高校生による覚せい剤乱用事件〕
 高校1年生女子(15歳)は、1か月の間に暴力団幹部から十数回にわたり覚せい剤の注射を受け、乱用していた。(8月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).8.〔触法少年による覚せい剤乱用事件〕
 ブラジル国籍の中学2年生女子(13歳)、小学6年生女子(11歳)の2人は、家出中、街頭でイラン人から覚せい剤を購入し、鼻から吸入するなどして乱用していた。(8月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).8.〔中学生等によるひったくり事件〕
 中学3年生女子(15歳)、触法少年女子(12歳)の2人は、遊ぶ金欲しさから、触法少年が運転するバイクに2人乗りして、通行中の無職女性(30歳)の自転車の前かごから、現金1万5,000円在中の手提げバッグをひったくり窃取した。(8月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。





平成11年(1999).9.8〔23歳ニートが通り魔殺人〕※参考
 東京都豊島区池袋の路上で、無職(23)が女性(29,66)2人を包丁で刺殺、6人負傷させて逮捕された。社会に復讐するため2日前に包丁とハンマーを買っていた。最高裁で死刑確定。


平成11年(1999).9.11〔19歳が知り合い女性殺害、遺棄〕
 鹿児島県鹿児島市下荒田の女性会社員(23)の自宅で、無職少年(19)が借金問題でケンカとなり絞殺して、死体を2キロ離れた側溝に遺棄した。


平成11年(1999).9.29〔35歳が通り魔殺人〕※参考
 山口県下関市のJR下関駅構内で、運送業(35)がレンタカーで突っ込んで轢いてから包丁で5人を刺殺、10人を負傷させて逮捕された。一審二審とも死刑判決。


平成11年(1999).9.〔高校生によるひったくり事件〕
 高校1年生(15歳、16歳)2人は、8月下旬、賭けマージャンの借金を払うため、通行中の主婦(54歳)の自転車の前かごから、現金3,800円在中の手提げバッグをひったくり窃取した。(9月、福岡) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).9.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳、15歳)6人は、日ごろの技術担当教師(41歳)の指導に反発し、休み時間に技術室に押し掛けて、殴る、蹴るの暴行を加え、全治10日間の傷害を負わせた。(9月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).9.〔無職少年及び有職少年による覚せい剤乱用事件〕
 無職少年女子(17歳)は、知り合いの成人男性から覚せい剤の入った缶ジュースを勧められて飲むなどして乱用していた、また、同女と付き合っていた有職少年(15歳)も、好奇心から、同女が持ち帰った覚せい剤の入った缶ジュースを飲み乱用していた。(9月、富山) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.3〔高2ら2人が警察官襲撃〕
 宮崎県都城市牟田町で深夜午前3時過ぎ、土木作業員(16)と私立高校2年生(17)がオートバイに2人乗りして暴走族取締り中の巡査長(25)の顔を木刀で殴って3週間の傷害を負わせて逮捕された。


平成11年(1999).10.8〔高1女子が教師を殺人未遂〕
 東京都八王子市の私立女子高校で、高校1年生女子(15)は、授業中に男性教師(39)から遅刻を注意されたことに逆上し、胸など3ヶ所を果物ナイフで刺して殺害しようとしたが、2週間の傷害を負わせた。


平成11年(1999).10.24〔高2がインターネットで毒物詐欺と改造銃〕
 山口県の県立高校2年生(17)は、インターネットのホームページに架空の銀行口座、青酸カリ、クロロホルム、けん銃などを販売すると偽り、申し込んできた男性等から銀行口座に現金を振り込ませて90万円を騙し取った。インターネットのメールを通じて知り合った仲間や、雑誌などから知識を得て、モデルガンを改造試射し、銃刀法違反で10.24に再逮捕。1メートルの距離からスチール缶を貫通する威力があった。


平成11年(1999).10.27〔高3と中大生ら5人が、女子中学生集団レイプ〕
 神奈川県鎌倉市由比ガ浜海岸の海の家のアルバイト仲間だった中央大学法学部3年生(21)2人、無職(20、21)2人、県立高校3年生(17)の5人が、海水浴場で知り合った女子中学生(14歳)を無職男の横浜市のマンションに誘い込み、飲酒酩酊させた上、強姦した。10.27に逮捕。


平成11年(1999).10.〔暴走族構成員による傷害事件〕
 暴走族構成員(16歳〜19歳)7人は、6月中旬、暴走行為中、会社員(26歳)に暴走行為をとがめられたことに憤慨し、金属バットで殴る、蹴るの暴行を加え、全治3か月の傷害を負わせた。(10月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔高校生による自宅放火事件〕
 高校1年生女子(15歳)は、日ごろの生活態度を両親に叱責されたことに反発して、自宅に灯油をまいて放火した。(10月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔専門学校生等による窃盗(空き巣)事件〕
 専門学校生(15歳)4人、無職少年(15歳)2人の6人は、専門学校や中学時代の遊び仲間であるが、5月中旬から8月下旬にかけて、遊ぶ金欲しさからそれぞれ3人から5人で、空き巣狙いの手口で現金総額約360万円を窃取した。(10月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔中学生による窃盗(空き巣)事件〕
 中学生3年生(14歳、15歳)8人は、同じ中学校のグループであるが、平成10年11月から平成11年8月にかけて、遊ぶ金欲しさから単独や数人のグループで、空き巣狙いの手口で現金総額約2,300万円を窃取した。(10月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔女子高校生等による恐喝事件〕
 定時制高校3年生女子(17〜19歳)3人、無職少年女子(15歳)の4人は、平成10年12月上旬、同級生の定時制高校3年生女子(17歳)に因縁をつけて脅迫し、数回に分けて現金73万円を喝取した。(10月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳)は、9月下旬、遅刻した授業を欠席扱いされたことに憤慨し、担任教師(女性、45歳)の頭部を殴るなどの暴行を加え、全治2週間の傷害を負わせた。(10月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔中学生による強姦事件〕
 中学3年生(15歳)は、9月中旬、小学6年生女子(11歳)にモデルガンを突き付けて脅迫し、強姦した。(10月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔高校生による実父殺人事件い〕
 定時制高校1年生(16歳)は、居酒屋で両親らと飲食していたが、父親(38歳)から生活態度を注意されたことに激昂し、店内にあった包丁で胸や腹を刺して殺害した。(10月、長野) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔専門学校生等による強盗致傷事件〕
 専門学校生(17歳)2人、無職少年(16歳)の3人は、8月中旬、帰宅途中の歯科技工士(37歳)に対して、木製バットで顔面等を殴打し、現金を強取しようとしたが、被害者が自宅に逃げ込んだため、その目的を遂げなかったが、その際、全治6週間の傷害を負わせた。(10月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。





平成11年(1999).11.22〔35歳主婦が幼稚園付き合いの幼女殺害〕※参考
 東京都文京区の幼稚園の側の公園トイレで、主婦(35)が長男を同じ幼稚園に通わせている母親の長女(2)をマフラーで絞殺、バッグに入れて静岡県の実家の庭に埋めた。25日に自首。「お受験殺人」と騒がれた。


平成11年(1999).11.〔有職少年による郵便局強盗事件〕
 有職少年(18歳)は、郵便局に押し入り、局員(27歳)に包丁を突き付けて脅迫し、現金20万円を強取した。(11月、愛媛) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).11.〔高校生等による業団リンチ殺人事件〕
 中学、高校生等(15歳〜18歳)10人、有職、無職少年(16歳〜18歳)9人の19人は、グループの高校2年生(17歳)が集会に参加しないことに憤慨して、リンチを加えることを共謀し、公園に呼び出して、殴る、蹴るの暴行を加え殺害した。(11月、群馬) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).11.〔高校生による児童ポルノビデオ等販売目的所持事件〕
 高校生(3年生)は、インターネット上のニュースグループに児童ポルノビデオや児童ポルノが収録されたCD-ROMの販売広告を掲載し、申込みのあった客に対して、白宅から向ビデオやCD-ROMを郵送販売するとともに、販売目的で児童ポルノビデオ等を所持していた。(11月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).12.2〔19歳ら4人の栃木リンチ殺人事件〕
 栃木県市貝町の山林で会社員(19)が殺害され、被害者の同僚(19)、無職(19)、無職(19)、都立高校1年生(16)の4人が12.5に逮捕された。9.29に拉致し、2か月間連れ回し毎日熱湯シャワーを浴びせ、殺虫剤のスプレーにライターで火を付け火炎を浴びさせたりしながら消費者金融や友人から借金させた700万円を巻き上げ、12.2にネクタイで首を絞め殺害。遺体を埋め、コンクリートを流し込んで遺棄したもの。


平成11年(1999).12.〔小学6年生女子による劇物混入事案〕
 小学6年生女子(12歳)は、自分の嫌いな同級生を欠席させる目的で、理科の実験で使用した水酸化ナトリウムを給食のカレーシチユーに混入させ、給食を食べた児童4人に全治1週間の傷害を負わせた。(12月、奈良) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).12.〔無職少年による殺人事件〕
 無職少年(18歳)は、被害者(22歳)からバイク走行を注意され殴られたことに憤慨し、河川敷に呼出し、タイマンと称する一対一の決闘を行い、あらかじめ準備した果物ナイフで胸部を刺して殺害した。(12月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


 

『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!



『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代




少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





主要参考文献

〔年表〕子どもの事件 1945-1989

戦前の少年犯罪

戦後死刑囚列伝

新聞集成昭和史の証言

新聞集成昭和編年史

日本の精神鑑定

日本長期統計総覧

年表 昭和の事件・事故史

昭和史全記録 1926〜1989

値段史年表 明治・大正・昭和

事件・犯罪大事典 明治・大正・昭和

20世紀にっぽん殺人事典

青少年非行・犯罪史資料1-3

教育事件・論争史資料

朝日新聞縮刷版

読売新聞縮刷版

毎日新聞縮刷版

警察白書

犯罪白書






このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。








少年犯罪データベースが参考文献として掲載されています。



少年犯罪データベースのデータが引用されています。