平成3年(1991)の少年犯罪



平成3年(1991).1.7〔高2の少年、母親を絞殺〕
 福岡県春日市の自宅で、高校2年生の長男(17)が母親(55)を殺害して自分で110番した。長男は首と右胸を刺して自殺を図り入院。幻覚症状があり学校を休んでいたが、母親に学校に行くように言われて絞殺したもの。


平成3年(1991).1.10〔高3がからかわれて同級生女子を刺殺〕
 滋賀県滋賀郡志賀町の路上で、県立高校3年生(18)が同級生女子(18)を殺害した。「からかわれていたので仕返しした」と自供。電話で呼び出し、口論となりナイフで5カ所刺して刺殺、バイクで5百メートル離れた道路脇の排水溝に捨てたもの。


平成3年(1991).3.27〔18歳が浮気バレて恋人殺人焼却〕
 群馬県勢多郡粕川村の路上で、染色業手伝い(18)が女性(18)を絞殺、栃木県佐野市田島町の河川敷に車で運んで灯油をかけて燃やし、翌日逮捕された。1年前から交際をしていたが、浮気を責められ殺害したもの。女性は高校卒業したばかりで就職が決まっていた。





平成3年(1991).4.3〔17歳が恋人にシンナー掛け火を付け火傷〕
 愛知県刈谷市の前川堤防上で深夜2時、家業手伝い(17)と会社員少女(18)が車内でシンナーを吸っていたが、男関係のことでケンカとなり、殴ったうえにシンナーを掛けて火を付け、少女に1カ月の火傷を負わせた。男も手に火傷。


平成3年(1991).4.30〔18歳ら暴力団組員5人が刺殺〕
 茨城県結城市で、暴力団組員のマットリース業(22)、手伝い(19)、無職(18)、無職(19)と暴力団組員(19)が暴力団組員(24)を刺殺し、死体を病院前に放置して逮捕された。


平成3年(1991).5.22〔17歳ら暴走族4人が仲間をリンチ殺人〕
 茨城県岩井市長谷で、土木作業員(21)2人、少年(17)2人の4人が、定時制高校1年生の電気工事店員(19)を殺害した。暴走族仲間だったが、電気工事店員が少年をいじめたため、復讐しようと利根川河川敷に連行し、裸にして殴る蹴るの暴行を数時間も加えたもの。


平成3年(1991).5.16〔17歳がシンナーで火付け友人殺害〕
 兵庫県姫路市網干区の技能訓練生(17)が、一緒にシンナーを吸っていた大工(17)にシンナーを掛けて火を付け、大工は火傷で重体となって半月入院してから死亡した。


平成3年(1991).7.2〔幼女誘拐殺人 時効成立〕※参考
 兵庫県西宮市で、中年男が小学2年生の女の子(7)を抱えて連れ去り、翌日、川で絞殺死体が発見された。平成18年(2006)時効成立


平成3年(1991).7.17〔高3が女性教師を蹴り殺す〕
 岩手県下閉伊郡の県立高校で、3年生(17)が女性教師(50)の腹を膝蹴りして重傷を負わせ、2カ月間入院していが、9.25に死亡した。階段でぶつかって教師が転びそうになったため注意して口論となったもの。普通の生徒で、自宅謹慎処分のみ。





平成3年(1991).8.9〔19歳ら暴走族3人が見物人撲殺〕
 愛知県海部郡飛島村で、清掃作業員(20)、土木作業員(20)、土木作業員(19)の暴走族3人が、トラック運転手(19)を殺害し、11.11に逮捕された。暴走族の名所で見物人も大勢おり、被害者も4人と見物に来ていたがケンカとなり、木刀とバットで殴りあいとなって頭の骨を折られたもの。


平成3年(1991).9.1〔中2女子がいじめ自殺〕
 東京都町田市で、中学2年生女子(13)が自殺。いじめを受けていた。


平成3年(1991).9.11〔幼女誘拐殺人 時効成立〕※参考
 大阪府吹田市で、女の子(4)が自宅近くの公園で誘拐され淀川に投げ込まれた。四日後に自宅から四キロ離れた川岸で死体発見。平成18年(2006)時効成立。


  平成3年(1991).10.28〔18歳ら2人がいじめるカップルを復讐殺人〕
 広島県佐伯郡大野町の渡ノ瀬ダム近くで、自動車運転手(18)と大工(20)が、会社員(18)と恋人の少女(18)の2人を殺害した。このカップルに日頃から馬鹿にされ暴力を振るわれていたため、復讐を計画して誘い出し、模造刀や棒で殴ったり刺したりして男性を殺害、少女を絞殺して両手を縛ってコンクリートブロックをくくりつけ、ダムに投棄したもの。


平成3年(1991).10.28〔39歳主婦通り魔が幼女刺す〕※参考
 鹿児島県鹿児島市の路上で、主婦(39)が自転車で登校中の小学生5人とぶつかってカッとして2年生女の子(7)の胸や腹をナイフで4回刺して2週間の傷害を負わせて逮捕された。精神分裂病で入院歴がある。


平成3年(1991).11.15〔中3の4人が養護学級少女をいじめ殺人〕
 大阪府豊中市の中学校校庭で、3年生4人(男女各2人)は、3年生女子(15)に30分間にわたって殴る蹴るのリンチを加えて死亡させ逃走した。養護学級の生徒だったが普通学級に学んでおり、たびたびいじめを受けていた。


平成3年(1991).11.22〔高2が少女をレイプ殺人〕
 埼玉県浦和市の中学1年生女子(12)が行方不明となり翌日やぶの中で遺体で発見され、県立高校2年生(17)が殺人と死体遺棄で捕まった。自転車に乗っていた少女を押し倒しレイプしようとしたが騒がれたため絞殺したもの。服を脱がせて少女のバッグに入れ、2百メートル離れた場所に捨てたがさらに別の場所に捨てるために現場に戻ったところを、娘を探していた父親に見つかった。高2生は非行歴はなく目立たない生徒だった。


平成3年(1991).11.22〔19歳女子大生が両親殺害〕
 北海道札幌市の自宅で、女子大生(19)と恋人の会社役員(24)が女子大生の父親(45)と母親(45)を殺害し、会社で所有する原野に大型掘削機で穴を掘って死体を車ごと焼いてから埋めた。翌年、1.26逮捕。結婚を反対され、男の会社の資金に困っていたため、睡眠薬を飲ませてから包丁で刺殺、660万円を手に入れ、家も売りに出していたもの。2人とも無期懲役判決。







「警察白書」よりの平成3年事例引用



「警察白書」の平成3年(1991)事例引用
 女子高校3年生(17)は、遊興費欲しさに、3年間にわたって数県下で空き巣や車上ねらい等の窃盗128件を敢行し、670万円相当を窃取した(大分)。


「警察白書」の平成3年(1991)事例引用
 高校生ら8人(高校1年生(15)1人、高校2年生(16)3人、無職少年(16)4人)は、路上で始発電車を待っていた大学生(20)と専門学校生(19)の周りを取り囲んで暴行を加え、ビール瓶の割れ口で顔面に切り付けるなどした上、ショルダーバックを強取し、大学生を死亡させた(警視庁)。


「警察白書」の平成3年(1991)事例引用
 無職少年2人(いずれも16歳)は、ナイフや包丁で信用金庫の女性窓口係員を脅迫して、カウンター内の現金255万円を強取し、そのうち指名手配された1人は、逃走先のマンションの1室で、逮捕を免れるため同所にいた少年6人を人質にして立てこもった(大阪)。


「警察白書」の平成3年(1991)事例引用
 無職少年(18)は、女性アナウンサーが居住するマンションの屋外で帰宅を待ち伏せ、マンション内の廊下において、部屋に入ろうとした同女を背後から襲い、ナイフで顔面、胸部等を突き刺して殺害した(北海道)。


「警察白書」の平成3年(1991)事例引用
 女子高校生ら3人(いずれも17歳)は、知人を介して知り合った住吉会系暴力団員から覚せい剤、シンナー等を譲り受け、乱用していた(埼玉)。


「警察白書」の平成3年(1991)事例引用
 暴走族構成員9人(成人1人、他は16歳から19歳の少年)は、歩行中の飲食店店員2人(23歳、20歳)を襲撃し、持っていた鉄パイプ等で暴行を加えて、1人を死亡させ、他の1人に全治9日の傷害を負わせた(警視庁)。


「警察白書」の平成3年(1991)事例引用
 暴力団幹部(42)は、無職少女(16)にささいなことで因縁を付け、同女をホテルに連れ込んで下着1枚にした上に暴行を加え、「お前のお陰で2,000万円の穴をあけた。どうしてくれる。ソープで働いて返せ」などと脅迫し、芸妓(ぎ)置屋に現金200万円で売り渡した。4月、職業安定法違反等で逮捕(神奈川)。


「警察白書」の平成3年(1991)事例引用
 「男子高校生(15)が中学校の先輩である暴力団員(19)から『事務所に掃除をしに来い。事務所当番をしろ』と言われて組事務所に出入りしているようなので、事実を調べてやめさせてほしい」という教師からの相談を受け、事実を確認した上、高校生が出入りしていた暴力団の幹部に警告して、暴力団から離脱させた(栃木)。


 

『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!



『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代




少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





主要参考文献

〔年表〕子どもの事件 1945-1989

戦前の少年犯罪

戦後死刑囚列伝

新聞集成昭和史の証言

新聞集成昭和編年史

日本の精神鑑定

日本長期統計総覧

年表 昭和の事件・事故史

昭和史全記録 1926〜1989

値段史年表 明治・大正・昭和

事件・犯罪大事典 明治・大正・昭和

20世紀にっぽん殺人事典

青少年非行・犯罪史資料1-3

教育事件・論争史資料

朝日新聞縮刷版

読売新聞縮刷版

毎日新聞縮刷版

警察白書

犯罪白書