平成2年(1990)の少年犯罪






平成2年(1990).1.8〔中1ら6人が車盗んでパトカーとカーチェイス〕
 埼玉県浦和市の救護院を脱走した中学校3年生2人、中学校2年生2人、中学校1年生2人の6人が、車を盗んでドライブして検問を突破してパトカーとカーチェイスとなり捕まった。


平成2年(1990).1.12〔19歳スリが女装刑事に捕まる〕
 神奈川県川崎市の無職(19)は、11日に東急田園都市線の車内で女子大生(20)から3万円入りの財布をスリ取り、記されていた番号に電話を掛けて呼び出して交際を迫ろうとしたが、やって来たのは女装した刑事で逮捕された。


平成2年(1990).1.24〔17歳が妹刺殺〕
 千葉県市川市のマンション自室で、長男の無職少年(17)が小学6年生の長女(12)を殺害した。果物ナイフで妹の首を数回刺したもの。精神科に通院していた。母親(43)と3人暮らし。


平成2年(1990).1.30〔19歳右翼が中核派にピストル撃ち込む〕
 東京都豊島区の中核派「前進社」ビルにピストルが撃ち込まれ、2.1に右翼団体「義仁同志会」の構成員(19)が逮捕された。


平成2年(1990).2.2〔17歳が男子小学生にいたずらして殺害〕
 福岡県太宰府市で、無職(17)が小学1年生の男の子(7)を殺害、2.13に殺人と略取誘拐で逮捕。高校受験の帰りに下校中の男の子に声を掛け、1時間半にわたって連れ回し、殴ってから絞殺したもの。いたずらをしていた。14歳の時に女の子(8)を山中に連れ込んで猥褻行為をして少年院に入っていた。5〜10年の不定期刑判決となって少年刑務所に10年間入って平成12年12月に出所した。
 平成15年5月から翌年7月までに福岡県と佐賀県で、男女14人(6〜10)にナイフで脅す猥褻目的誘拐、強姦致傷を繰り返して、福岡地裁は懲役16年判決。


平成2年(1990).2.14〔高2ら2人が子供誘拐〕
 佐賀県塩田町で高校3年生(17)と2年生(16)がガラス店の次男(9)を誘拐して「現金10万円以上を持ってこい」と脅迫電話を掛けて捕まった。次男は河原で手足をビニールテープで縛られているのを捜していた母親が見つけた。「連休で遊ぶ金が欲しかった」と知り合いの子供を誘拐したもの。





平成2年(1990).3.17〔18歳が父親殺害、兄がショックで自殺〕
 大阪府寝屋川市の自宅で、次男(18)が父親(79)を殺害した。母親(59)とささいなことケンカし、仲裁に入った父親の頭を何度もステッキで殴ったもの。精神病院に通院歴がある。翌日、長男(23)が山林の車中で排ガス自殺。弟の父殺しにショックを受けたものらしい。


平成2年(1990).3.26〔小学校教師が教え子にいたずらして殺害〕※参考
 広島県豊田郡の小学校の教師(38)が、3年間担任をしていた6年生女子(12)を自宅から車で連れ出し絞殺した。去年の9月からこの生徒に猥褻行為をくりかえしており、他の生徒がえこひいきを非難するため猥褻行為最中の声を録音したテープを持っていたため教育委員会に追及されて3.24に辞表を出していた。「殺したほうが生徒が世間の中傷を受けて悩まなくて済むと思った」と自供。妻と2人の子供がいる。広島地裁で懲役13年確定。県と町は2千3百4万円の損害賠償判決。


平成2年(1990).3.28〔17歳女が赤ちゃん殺してコインロッカーに捨てる〕
 東京都墨田区のJR錦糸町駅コインロッカーで、生後数ヶ月の男の子の死体が見つかり、ホステス(17)が捕まった。絞殺し、死体をバッグに入れて遺棄したもの。


平成2年(1990).4.2〔19歳が暴走族対立の復讐のため殺人未遂〕
 群馬県高崎市中居町の路上で、暴走族リーダーの無職少年(19)が土木作業員(19)の胸を果物ナイフで刺して、1カ月の傷害を負わせ、殺人未遂で捕まった。昨年11.6に対立暴走族に傷害を負わされ、復讐のため暴走族顧問の被害者を狙ったもの。


平成2年(1990).4.15〔19歳2人が車の追い越しで大学生を刺殺〕
 福岡県福岡市西区で深夜1時、専門学校生(19)2人が九産大生(21)を殺害した。車の追い越しでケンカとなり、ナイフで胸や腹を刺したもの。


平成2年(1990).5.12〔幼女がいたずら殺害される〕※参考
 栃木県足利市のパチンコ店で、女の子(4)が誘拐されいたずらされて絞殺された。翌年、幼稚園バス運転手(45)が逮捕され、犯行を自供、最高裁で無期懲役が確定した。自白の任意性とDNA鑑定の欠陥から冤罪であるとして再審となり、平成22年3月26日無罪となった。
 なお、足利市では、昭和54年(1979)8.3に保育園の女の子(5)が、昭和59年(1984)11.17に幼稚園の女の子(5)が猥褻目的で殺害されており、この2件も自供したが証拠不十分で不起訴となっており、犯人は捕まっていない。





平成2年(1990).7.〔中3ら6人が傷害致死〕
 千葉県松戸市の中学校で、2,3年生6人が柔道部の練習中に1年生(12)を投げ飛ばして頭を打ち付け2日後に死亡させ、傷害致死で逮捕。両親は5千万円の損害賠償訴訟を起こした。


平成2年(1990).8.25〔19歳浪人生が両親殺害〕
 山梨県甲府市の自宅で、浪人生の二男(19)が父親(49)と母親(47)を殺害した。私立高校を卒業して東京の大学入試に2年落ちて自宅で受験勉強をしていた。「いつも小言を言われて、両親の顔を見るのも嫌だった」と自供、寝ていた両親を起こして、追い回してナイフで刺殺したもの。高校時代は野球部に属しており、近所の人にも挨拶するおとなしい性格。


平成2年(1990).8.〔中3の3人が友人の弟を殺害〕
 宮崎県都城市で深夜、中学校3年生3人(15歳2人、14歳1人)が友人の家に侵入し、就寝中の友人の弟の小学2年生(7)が「生意気だ」として抱え上げて畳の上に落とすなどの暴行を加えて殺害した。


平成2年(1990).9.11〔16歳がシンナーを吸って仲間殺人〕
 大阪府門真市栄町のアパートで深夜12時、無職(16)が店員(20)の胸をパン切りナイフで刺して殺害、オートバイで逃走したがすぐに捕まった。8人でシンナーを吸っていたが、「若いのに生意気や」と云われてケンカとなったもの。


平成2年(1990).12.9〔27歳が幼女をいたずらして殺害〕※参考
 愛知県名古屋市のパチンコ店で、無職(27)が両親に連れられて来ていた女の子(3)を誘って中古車置き場でいたずら、発覚を恐れて口を塞いで窒息死させ、遺体を自転車の前カゴに入れていて翌日逮捕された。名古屋地裁は知能や不幸な境遇を配慮して懲役11年の判決。







「警察白書」よりの平成2年事例引用



「警察白書」の平成2年(1990)事例引用
 無職少年4人(18歳2人、17歳1人、16歳1人)は、駐車中の車内にいた男女の二人連れを襲い、男性を車外に連れ出して暴行を加え、さらに、女性に暴行を加えようとしたが、その場を自動車が通り掛かったため、車内にあったハンドバックを強取して逃走した(岐阜)。


「警察白書」の平成2年(1990)事例引用
 家出中に所持金を使い果たしてしまった無職女子少年(16)は、路上で声を掛けられた暴力団組員(26)と同棲するようになったが、同棲中に同組員から覚せい剤を注射された上、他の組員を相手に売春をさせられていた(福岡)。


「警察白書」の平成2年(1990)事例引用
 暴走族少年2人(19歳、18歳)は、仲間の少年(17)がグループの掟(おきて)を破ったことに腹を立て、同少年に対し、殴る蹴るなどの暴行を加えて死亡させた(長野)。


「警察白書」の平成2年(1990)事例引用
 暴力団組員(21)は、他の組員から紹介された家出中の女子中学生(15)を暴力団事務所に寝泊まりさせ、テレホンクラブの会員相手に売春をさせていた(北海道)。


 

『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!



『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!




『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代




少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





主要参考文献

〔年表〕子どもの事件 1945-1989

戦前の少年犯罪

戦後死刑囚列伝

新聞集成昭和史の証言

新聞集成昭和編年史

日本の精神鑑定

日本長期統計総覧

年表 昭和の事件・事故史

昭和史全記録 1926〜1989

値段史年表 明治・大正・昭和

事件・犯罪大事典 明治・大正・昭和

20世紀にっぽん殺人事典

青少年非行・犯罪史資料1-3

教育事件・論争史資料

朝日新聞縮刷版

読売新聞縮刷版

毎日新聞縮刷版

警察白書

犯罪白書






このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。