昭和22年(1947)の少年犯罪

※この年の年齢表記は数え年のため満年齢にすると1〜2歳低くなる※





昭和22年(1947).1.10〔19歳(満17〜18歳)が友人を毒殺しようとする〕
 東京都世田谷区の家で、夕食の雑炊を食べようとしたら味がおかしいので近所の病院で鑑定してもらうと猫いらずが入っていた。この家の長男(19)の友人の大工(19)が台所に侵入して猫いらずを混入したことを自白した。友情が薄らいだと誤解して毒殺を謀ったもの。


昭和22年(1947).1.14〔17歳少女が放火〕
 東京都渋谷区のガラス商の倉庫が放火され、近所の大工の長女(17)が捕まった。同居人の金を盗んで父親から怒られ、また継母も嫌っていたので騒ぎを起こして困らせようとしたもの。


昭和22年(1947).1.20〔21歳(満19〜20歳)ら新鋭大衆党員2人がゼネスト指導員を襲う〕
 東京都世田谷区で、産別会議議長が、ゼネストを止めるよう要求にきた大衆新聞社の事務員で新鋭大衆党員の24歳と21歳(満19〜20歳)に庖丁で6カ所切られ1ヶ月の重傷。


昭和22年(1947).2.3〔19歳(満17〜18歳)ら2人組が5人強盗殺人〕
 静岡県静岡市の雑貨商宅で深夜2時、ブローカー2人(19,20)が押し入り、主人の妻(35)、母親、長男(6)、長女(6)、次男(5)の5人を15分で絞殺、現金、服などを強奪して逃走したが9日に千葉県松戸市で逮捕。この雑貨商に闇米などを売って出入りしていたため金を持っていることを知っていて、計画的に襲ったもの。20歳は逮捕直後にナイフで自殺を図ったが命を取り留めた。一審で2人とも死刑判決が出たが、二審で1人は無期懲役、1人は死亡したため控訴棄却となった。


昭和22年(1947).2.7〔小5ら4人組が万引き〕
 東京都で高等小学校1年生(14)2名、小学6年生(13)、5年生(13)の万引き4人組捕まる。学校をさぼり日本橋の貴金属店で8000円の首飾り3個、三越で200円の煙草ケース3個など3万円相当を盗み、露天商や通行人に売った金で四谷で買い食い。松坂屋でクルミを盗ろうとして捕まる。


昭和22年(1947).2.10〔『にんじん』みたいな14歳少年〕
 神奈川県横浜市の商家の三男の高等小学校2年生(14)はどもりで学校でも親兄弟にも馬鹿にされる日々。親に好かれたいと兄が家の金を盗んだのを母親に告げるがお前がやったと叱られる。家出して上野公園で浮浪者のなかで過ごすも4日で持ち出した100円が尽き多摩川でボートから身を投げた。通行人に助けられ警察が保護、ニュースになると同情を集め養子に欲しいとくる夫婦も。10日母親に迎えに来て家に帰る。


昭和22年(1947).2.14〔21歳(満19〜20歳)の物資横流し巡査が飛び降り自殺〕
 埼玉県の川越警察署巡査(21)が入間群上福岡の旧陸軍火工所の煙突から飛び降り自殺。物資経理をしていたが、パラフィン石油缶約10本、水銀、石油などを横領して古物商に売っていた。3日前に古物商が検挙され捜査の手が迫っているのを恐れていた。


昭和22年(1947).2.17〔警察が不注意な親に警告〕
 警視庁青少年課が3つの事例を示し不注意な親に警告
 東京都渋谷で継母が遠慮、父親が民主主義をとなえ放任の長女(15)は映画館で知り合った少女(16)と家出。
 東京都荏原区の未亡人宅に2人組みの強盗。派手好きで家を空けがちのかまってくれない母親を驚かすための長男(18)と友人(15)の仕業。
 東京都杉並区の理髪店の二男(13)はお使いの子供にもっと良いものを買ってやると金をとり18件2000円を稼いで親分(15)に献上。親は共働きで少年の行動に気付かなかった。


昭和22年(1947).2.23〔20歳(満18〜19歳)ら学生3人組が強盗、殺人未遂〕
 東京都西多摩郡福生町で18日に強盗と殺人未遂を犯した工業専門工1年生(21)、2年生(20)、2年生(21)の3人組を逮捕。新聞販売業の男性(46)を煙草を安く分けると連れ出し金を取ろうとしたが持ってなかったため近くの畑で殺そうと殴って意識不明にし、下着まで剥ぎ取り逃げた。父親は元陸軍大佐、駅助役、工場主と中流家庭だが遊ぶ金欲しさの犯行で普段学生闇屋をしていた。





昭和22年(1947).3.3〔20歳(満18〜19歳)の東京女高師学生がノイローゼ自殺〕
 東京都小石川区の東京女子高等師範学校の水のないプールで高さ6メートルの飛び込み台から飛び降りて同校国文科2年生(20)が死亡。毎晩深夜まで勉強していたがバラック住まいで弟妹が騒がしくノイローゼ気味だった。


昭和22年(1947).3.5〔21歳(満19〜20歳)のかつら女が窃盗〕
 東京都の聖心女学院で盗んだオーバーを着ている女を翌日の東横電車内で女生徒が発見、10数名の同級生と渋谷署に連行、揉み合って犯人はかつらを落とした。昭和19年に1万8千円の窃盗で捕まり、今はかっぱらいや乞食で暮らす女。犯行を隠すためと男に言い寄られるのを嫌い普段は男姿で、仕事はかつらで女学生に化けてやっていた。


昭和22年(1947).3.10〔21歳(満19〜20歳)が結婚を断られ相手家族を惨殺〕
 栃木県上都賀郡で、建築金物商(50)と次男の慶応大予科生(19)が隣家の六男(21)に薪割りや刃物で殺害された。次女に結婚を申し込んだが断られ、家族からも冷たくされたのを恨んでいたもの。建築金物一家は疎開中で、東京に引っ越す前日だった。


昭和22年(1947).3.10〔18歳(満16〜17歳)らが女の取り合いで刺傷〕
 東京都中央区で夜10時、慶応大予科1年生(19)はこの日にデートをすっぽかした女子専門学校1年生(18)が受験生(18)と歩いているのを見つけて怒った。受験生が助っ人に呼んできた中央大予科2年生と殴り合いとなり、中大生は慶大生に馬乗りになって背中を匕首で刺し重傷を負わせて逃走、受験生とともにすぐ逮捕された。


昭和22年(1947).3.25〔伯爵の孫他63人の不良狩り〕
 東京都銀座で警視庁は63人の不良を補導。8割が授業をサボった学生で、本を万引きした女高生(16)、ダンスホールで男と踊る高等女学校1年生2人、たかりをしていた伯爵の孫の慶応大予科生(18)など。他県からヤミ行商のため来た者もいた。


昭和22年(1947).4.23〔20歳(満18〜19歳)が夫を毒殺〕
 佐賀県三養基郡の農業(24)が妻(20)にアヒ酸入りの大根おろしを食べさせられ3日後死亡し、11月に妻は逮捕された。一ヶ月前に結婚したばかりの夫から結婚前の女性関係を知らされ離婚を画策するがうまくいかなかった。結婚後も処女を通していた。


昭和22年(1947).5.23〔19歳が兄の身代わりとなって死刑〕
 兵庫県赤穂郡で、農業の兄弟が農家に斧を持って押し入り、夫婦(35,37)を殴り殺し衣類を強奪して逃走、逮捕された。弟の古川高志(満19歳)は自分がふたりとも殺した主犯だと主張したため、兄(29)は一審で無期懲役判決が出て確定した。古川高志は一審死刑判決となり、二審から殺人は兄ひとりがやったことだと主張を変えたが、最高裁で死刑が確定した。裁判中は弟が主犯だと証言していた兄も、死刑が確定したあとに自分が主犯だと認める手紙を大阪拘置所教育課長に出し、これを元に再審請求されたが却下され、昭和28年に死刑執行された。
※村野薫『戦後死刑囚列伝』に詳しい。


昭和22年(1947).5.29〔19歳(満17〜18歳)が運転手を射殺〕
 東京都台東区でタクシー運転手が乗客の24歳,23歳,19歳の4人組強盗のうち19歳に射殺され、車を奪われた。前日に24歳が警官に発砲して逃走していたため特別警戒中での大胆な犯行だった。


昭和22年(1947).6.6〔20歳(満18〜19歳)含む学生ら7人がピストル強盗〕
 東京都杉並区の民家でピストル強盗が衣類40点を奪った。第一早稲田高等学院2年生(22)、日大専門部3年生(21)、日大予科3年生(20)ら学生6人含む7人が7.25に逮捕。会社重役や弁護士などの良家の息子だが遊ぶ金欲しさに友人宅に押し入ったもの。


昭和22年(1947).6.4〔15歳の新聞売り子少女が詐欺〕
 東京都中央区日本橋の小学校1年生の教室で4人から給食費45円を騙し取り、校外に連れ出した1人から服を奪おうとした新聞売り子の少女(15)が教師につかまった。身寄りがなく上野公園で同じ境遇の少女と新聞売りをしていたが少ない金を何度も不良に奪われ、新聞の仕入れ金までとられたところでその不良にそそのかれて犯行。


昭和22年(1947).6.22〔18歳(満16〜17歳)らが女性2人を強盗殺人〕
 愛知県名古屋市の民家で、無職(17〜18)5人が強盗に押し入った。女性(50)とたまたま泊まりに来ていた隣家の女性(50)を殴りつけ手足を縛りフトン蒸しにして2人とも窒息死させた。襖に「サツの馬鹿野郎」などと書きなぐり、飯を喰い、鏡台に小便をかけ、女性の枕元に脱糞し、家のなかを荒らし回り、金品を奪った。
 これまでも乱暴な強盗事件を起こしていた主犯の18歳は一審で死刑判決を受け、弁護士や裁判官にまで奨められたがどうでもいいと控訴せず、死刑が確定した。しかし、昭和24年に少年法が改正され18歳未満は死刑を適用できなくなったため恩赦減刑となり、そののち出所がゆるされた。


昭和22年(1947).6.27〔21歳(満19〜20歳)の明大生が路上強盗〕
 東京都墨田区の路上で老婦人を鉄棒で殴って風呂敷包みを奪った明大政経学部1年生(21)が声を聴いた近所の人に取り押さえられた。豊かな下駄製造業の四男だが友人から預かった5000円を使い込んで困っていた。


昭和22年(1947).7.3〔旧制中学生17名が乱闘〕
 東京都明治神宮外苑絵画館前の広場で2校の旧制中学5年生17名が鉄棒で乱闘。前日一方の3人がもう一方の20名に煙草をカツアゲされたため3人の同級生が仕返しを図った。


昭和22年(1947).7.12〔16歳の女学校級長がスラれた集金の為に詐欺〕
 東京都北区の洗濯屋で洋服1着を騙し取ろうとして、セルロイド工場の長女の女学校3年生(16)が捕まった。学校では級長で美術展覧会見学のために級友から集めた1200円を電車内でスラれ担任に立て替えてもらっていた。家族に言えず不良2人に1200円を借りたことで手先にされた。


昭和22年(1947).7.12〔19歳少女が裸詐欺〕
 東京都渋谷区の空き地でズロース一枚だけの裸で泣いていた少女(19)を警官が保護した。ナイフを持った女に脅かされ服も下着も靴も現金もすべて剥ぎ取られたという。
 しかし、2日後に上野駅員がこの女に騙されたと通報した。スリに合ったと言うので同情して100円を与えたが、すぐにまたやってきてその100円を不良に取られたと言う。追及するとこれまでも仲間の女に服を預けて裸で同情を誘って詐欺を働いていたことを自供した。


昭和22年(1947).7.20〔小4(満11〜12歳)が強盗〕
 東京都墨田区の飲食店で、主人が外出して3男(7)しかいない隙に、小学4年生(13)が4万円入り鞄を奪って逃げたが23日に捕まった。継母(62)と2人暮らしだが亡父の遺産で金には困っておらず、盗癖のため何度か保護されている。


昭和22年(1947).7.27〔17歳含むスリグループ「白浪五人女」〕
 東京都浅草六区で「白浪五人女」と称してスリを繰り返していた住所不定の18歳と17歳の少女たちが捕まった。


昭和22年(1947).7.28〔16歳が日本刀強盗〕
 東京都台東区の民家の二階に梯子を使って強盗が押し入り、就寝中の主人を日本刀で脅して金を要求したが金目のものがなにもないとわかると「飯を食わせろ」と台所に案内させウドンを2杯食べて逃走したが、家の前を通りかかった警官に逮捕された。
 男は16歳で盛り場で遊んだ帰りに腹が減ったので眼に付いた家に侵入したもの。日本刀は3日前に拾ったと自供。


昭和22年(1947).7.29〔大学専門部1年生が20万円持ち逃げ〕
 東京都台東区で叔父の工業薬品屋で見習をしていた元東洋大学専門部1年生が取引先に届けるよう頼まれた20万円を持ち逃げした。ダンス狂いのため父親に辞めさせられた学校へ復学するための犯行だったが、2週間後に捕まるまでにダンスホール通いで10万円使っていた。


昭和22年(1947).7.29〔18歳の有名宗教家三女が詐欺〕
 有名な宗教家の三女(18)が詐欺で逮捕された。お洒落のため家の道具を持ち出し売ったことで姉弟から嫌われ家出。給仕をしていた逓信省職員に配布される洋服生地を買わないかと5000円を奪う詐欺を4回、政党事務員から1200円、他2000円を奪う詐欺などで捕まったが釈放。再び家出して小学校で新聞記者を装い運動服を世話すると騙して5000円を盗る。他にも4件3000円の詐欺など虚栄心から繰り返した。


昭和22年(1947).8.13〔中3(満14〜15歳)が同級生を恐喝〕
 東京都の旧制中学3年生(16)が、教師に喫煙を見つかった同級生(16)の罪をかぶったが、それをネタにバックには親分が付いていると強請り、数回にわたって8500円や煙草などを脅し取っていた。立川駅で最後の要求だと15000円の借用書に印を押させようとして警察に逮捕された。


昭和22年(1947).8.17〔20歳(満18〜19歳)ら祭の若者が女性2人を集団レイプ〕
 東京都八王子市で祭り帰りの青年15人が深夜3時に民家に押し入り、米兵と付き合っている女(22)と居合わせた女友達(19)の2人を日本人の恥だと連れ出し交代でレイプした。武装警官が発砲し犯人1人(20)が3週間の傷。


昭和22年(1947).8.19〔19歳があだ名呼ばれて傷害〕
 東京都の旧制中学4年生(19)が「おい、ガンジー」と下級生からあだ名で呼ばれたのに腹を立て殴った。下級生は友人(18)と仕返しのため渋谷で襲ったが、逆に中学4年生がジャックナイフで18歳を刺し重傷を負わした。


昭和22年(1947).8.20〔中5(満16〜17歳)5人がピストル強盗〕
 京都府京都市の路上で、旧制中学5年生(18)5人が、アベック2組を襲って腕時計や現金550円などを強奪した。名古屋市の私立中学の同級生で16日に京都見物にやってきて、金がなくなったため持ってきていたピストルとナイフで脅したもの。父兄や学校は穏便な処置を嘆願したが、京都地裁は5年以上8年以下の不定期刑判決で少年院に入れられた。


昭和22年(1947).8.22〔15歳(満13〜14歳)ら13人が少女を暴行〕
 大阪府北河内郡で、盆踊りの夜に少年(15〜18)13人が少女(17)を集団レイプ。10.28に起訴。


昭和22年(1947).8.24〔20歳(満18〜19歳)が祭で殺人〕
 宮城県仙台市の十一面観音祭で、無職(20)が少年(18)にからんでいたので男性(28)が留めに入ったが、ナイフで切りつけたので別の男性(28)が投げ飛ばしたが、太ももを刺して出血多量で死亡させた。最高裁で懲役7年確定。


昭和22年(1947).8.31〔少年2人が身ぐるみはぐ〕
 東京都中央区銀座で、蒲田工業2年生(14)と遊びにきた慶応普通部2年生(16)は15歳と13歳ぐらいの少年にビルの脇に連れ込まれ20円と着ていた服を奪われた。犯人は50銭札にはさんだ安全カミソリで脅し、その場で奪った服に着替えて逃走。


昭和22年(1947).9.2〔強盗が世相を嘆く〕
 東京都足立区の家に20歳ぐらいの2人組が侵入。反抗すると台所の包丁で滅多切りにされ棍棒で殴られたため主人は死んだフリ。残飯をあさる2人は殺したくなかった、生きていくためなどと嘆いていた。2500円と懐中時計と腕時計を盗み、衣服を着替えて逃げた。


昭和22年(1947).9.5〔20歳(満18〜19)の大食漢が泥棒〕
 東京都で十以上の学校から30万相当の備品を盗んでいた男(20)が額面45000円の小切手の扱い方がわからず新橋駅下で燃やそうとしていたところを逮捕された。大食漢で食べるための金が欲しかった。


昭和22年(1947).9.7〔16歳の元女学生が仲間とガラス盗む〕
 東京都で高女を中退した女工(16)と男子中・高校生16名が母校の窓ガラスを10数回、数万円相当盗んで逮捕された。女工は外出禁止のため丸坊主にされていたが、ネッカーチーフで隠して少年たちを指揮していた。


昭和22年(1947).9.7〔23歳小学校教師が教え子2人誘拐〕※参考
 埼玉県北葛飾郡で、小学校教師(23)がかつての教え子だった中学1年生女子2人を茨城県猿島郡古河町に写生に行こうと手紙で誘い出し、東武鉄道杉戸駅ホームで3人が目撃され、5時間後に教師だけが忘れ物をしたと自宅に一度帰ってから3人とも行方不明となった。教師は旧家の豪農の次男で妻子がいたが翌年離婚、昭和30年には失踪宣告され戸籍が抹消された。
※事件が解決したかどうかご存じの方はご教示をよろしく。


昭和22年(1947).9.9〔21歳(満19〜20歳)ニートが祖母を強盗殺人〕
 兵庫県芦屋市の自宅で、祖母(62)が絞殺され服などを強奪され、25日に孫(21)が逮捕された。犯行の日に知り合った共犯者と2人で盗みに入ったが見つかったため殺害したもの。私立中学を中退して工場に勤めたがすぐに辞めて、銀行員の父親の同僚宅などに盗みに入っていた。


昭和22年(1947).9.11〔14歳含む5人が煙草泥棒〕
 東京都品川区の煙草屋で煙草十数箱が盗まれた。19歳の少年がリーダーで14歳の少年も含む5人組が煙草吸いたさに侵入した。


昭和22年(1947).9.19〔17歳(満15〜16歳)が女性2人をレイプ殺人 大阪少年小平事件〕
 大阪府高槻市の農業の少年(17)は、列車でたまたま乗り合わせたキャバレーダンサー(33)をつけてレイプしようとしたが抵抗されたためナイフで殺害、逮捕された。昨年7.7には洋裁見習いの女性(21)を刺殺するなど女性をナイフやカナヅチで襲う50数件の強姦傷害事件を自供。女性の悲鳴や血に快感を感ずるという変質者で、犯行を綿密にメモしていた。10人の女性を強姦殺害して昭和21年に逮捕された小平義雄を崇拝し、記事の切り抜きを常に所持しており「少年小平」と呼ばれた。体格がよく力が強かったため小卒後に相撲部屋のスカウトを受けたが、無口で人付き合いが苦手のため断っていた。周りの者は「あの無口でおとなしかった男が・・・」と一様に驚く。


昭和22年(1947).9.25〔18〜19歳の3人が孤児にスリをさせる〕
 東京都で14歳と11歳の戦災孤児にデパートなどで女性相手に数十件、5000円相当のスリをさせていた19歳と18歳の3人組が逮捕された。


昭和22年(1947).9.30〔21歳(満19〜20歳)の2人が老婆を襲い強盗〕
 東京都新宿区の民家で21歳の2人組が手を合わせて許しを請う73歳の老婆を殴って縛り重態に陥らせ、64円を奪って逃げたが10.2に逮捕された。


昭和22年(1947).10.7〔20歳(満18〜19歳)の自称東大生が転入斡旋詐欺〕
 京都で自称東大生(20)が京大生(27)など2人に東大転入学を斡旋すると偽の転学証明書を与え3万円騙し取ったとして逮捕。


昭和22年(1947).10.8〔16歳(満14〜15歳)ら少女2人が交番でピストル盗む〕
 東京駅八重洲口前の交番で、大阪から上京したばかりの16歳と17歳の少女2名が、巡査が寝ているすきにピストルを盗んだ。強盗するために盗んだが、怖くなって見知らぬ男に売ったと自供。


昭和22年(1947).10.10〔少年が弁当強奪〕
 東京都杉並区の幼稚園児が通園途中で9歳ぐらいの少年に弁当と月謝130円が入ったカバンを取られた。この幼稚園だけで3度弁当が奪われるなど、この種の事件が頻発している。


昭和22年(1947).10.15〔17歳が妹たちのためと狂言強盗〕
 東京都千代田区の商店で店員(17)がカミソリで自分の顔や手を傷つけフルーツ・パウダー40箱15万円相当が奪われたと狂言。少年ら6人兄妹は継母から食事を与えられず少年の給料から妹達を食わせていたが腹いっぱい食べさせたいと犯行。


昭和22年(1947).10.19〔21歳(満19〜20歳)含むボクサーら8人が強窃盗〕
 東京都三鷹町の農業方で1月13日に衣類10点と自転車を強奪したほか、杉並区で30件60万円の強奪をしていた23歳の元ボクサー、22歳と21歳のボクサー、専修大3年生(23)ら8名を逮捕。「俺たちは特攻隊くずれだ。人殺しなどなんでもない」と脅していた。


昭和22年(1947).10.27〔16歳(満14〜15歳)旧制中学生がレイプ未遂〕
 東京都品川区の路上で、日大三中生(16)が女性の首を絞めたが騒がれたため逃げ、すぐに逮捕された。





昭和22年(1947).11.4〔女学校4年生(満15〜16歳)が教師と家出して心中〕
 愛知県瀬戸市で、県立瀬戸高等女学校4年生(17)が遺書を残して担任教師(40)と家出、11.9頃に山梨県の山林で抱き合ったまま青酸カリを飲んで心中、12.15に凍った死体が発見された。教師が交際していた女子にテストの答えを事前に教えていたことがバレて怒った他の生徒全員が白紙答案を出した事件で、教師は11.1にクビになっていた。


昭和22年(1947).11.8〔「桃色通学列車」一斉補導〕
 東京都墨田区両国駅15:18発、勝浦回り安房鴨川行き列車は、帰宅する男女学生が風紀を乱し「桃色通学列車」と呼ばれているので、警視庁少年課が一斉補導。その場で知り合った男女学生が電車内でダンスやトランプに興じ、退学、家出というコースを辿っている。また座席を占領したり、発車間際に売店で万引きも繰り返している。


昭和22年(1947).11.10〔21歳(満19〜20歳)の恋人に偽造通帳で騙される〕
 東京都中央区大手町の帝国銀行本店で100円しか預金のない通帳に1800万円の額を記し100万円を引き出そうとした女(20)が捕まった。銀座のホステスだった女も被害者で、社長の息子と称する恋人(21)に偽造通帳を渡されていた。恋人と同居する家のために金を引き出そうと父親、義兄、実姉とそろって銀行に向かったが、一緒にいた恋人は到着する直前に姿を消した。翌日逮捕された男は運輸会社東京支店長の長男だった。


昭和22年(1947).11.11〔中5(満16〜17歳)が修学旅行でカツアゲ〕
 京都府京都市で、修学旅行に来ていた愛知県私立名古屋理工中学校5年生(18)7人が、広島商業高校生から現金2百円を脅し盗って逮捕された。前日に奈良でカツアゲされて金が無くなったためマネしたもの。全員が裕福な家庭で、成績も優秀だった。


昭和22年(1947).11.14〔4歳女子(満2〜3歳)が妹殺害〕
 大阪府大阪市の自宅で、長女(4)が次女(生後2ヶ月)に布団を被せて馬乗りになり圧死させた。母親(28)が長男(7)と長女に子守を頼んで外出、帰宅して冷たくなっている次女を見つけて病院に運んだが手遅れだった。父親はアイスキャンデー商。幼い子供だけに任せた母親が監督不行届として過失致死で送検。


昭和22年(1947).11.21〔19歳(満17〜18歳)もぐり教師が詐欺〕
 大阪府泉北郡高石町の高等女学校で、社会科教師が当時手に入りにくかった砂糖を手配してやると父兄から10数万円を集めたが品物を渡さない。東京師範学校とチューリッヒ大学を出た24歳と自称していたが、じつは商業学校中退で教員免許もない19歳で、砂糖の詐欺で去年の11月まで少年院に入っていた。
 採用時に身元調査しようとしたときは「高名な学者の安部能成は叔父だ」と本当に安部能成を講演に連れてきて信用させていた。クビにしようとすると参議院議長などから「よろしく頼む」という手紙が届いた。そのうちに姿をくらましたが、21日に東京で逮捕された。この年の銀行員大卒初任給220円。


昭和22年(1947).11.27〔警官(満19〜20歳)が拳銃強盗〕
 愛知県名古屋市で、警官(21)が民家に侵入、主婦(25)に騒がれたためピストルを発射して下腹部に1ヶ月の重傷を負わせて金を物色したが見つけられずに自転車を強奪して逃走、翌日に制服のまま自転車屋に4500円で売り、12.14に逮捕された。7人家族で、工員の父親(50)が古物商をやりたいと云ったため11.19に同僚のピストルを盗み、夜中に電報だと騙して玄関を開けさせようとしたが明日にしてくれと云われたのでガラス戸を破って押し入ったもの。


昭和22年(1947).11.30〔19歳の女が空巣〕
 東京都杉並区、中野区などで18件25万円の空巣をしていた女(19)を逮捕。妊娠中で生活が苦しかった。


昭和22年(1947).12.2〔17歳(満15〜16歳)が父親を毒殺〕
 愛知県名古屋市の自宅で、家具職(17)が父親(44)を毒殺した。母親(42)は12年前に離婚して木工所を経営したり市会議員に立候補したりするやり手だったが、去年から従業員男性(49)が愛人となって子供4人を連れて同棲するようになり、複雑な家庭環境を正すために隣りのプレス工場から青酸カリを盗んで母親の愛人を殺害しようと計画していたが、実父とケンカしてカっとしたため、ビールを半分は自分が呑み、残りに青酸カリを入れに呑ませたもの。尊属殺と愛人への殺人予備で逮捕。


昭和22年(1947).12.4〔中3(満13〜14歳)ら4人が野球のユニフォームのため窃盗〕
 愛知県名古屋市で、中学3年生(15)、市立機械工業学校4年生(17)2人と中学3年生(17)ら4人が民家に侵入して服9点を盗んで3470円で古道具屋に売り、すぐに逮捕された。野球のユニフォームが欲しかったため。15歳は中学校長の長男で、全員が金には不自由していない中流以上の家庭だった。


昭和22年(1947).12.17〔中4(満14〜15歳)ら4人が強盗殺人〕
 埼玉県熊谷市の農家で、中野学園中学4年生(16,17,17)と元中学生の無職(19)の4人が押し入り、無職女性(56)を布団蒸しにして殺害、現金180円と服を強奪して飯を食ってから逃走、翌日に川崎市で全員逮捕された。17歳の父親の中学時代の恩師が被害者の亡夫で何度か被害者宅を訪れたことがあり、学校で計画を立て実行した。19歳はいざとなったら切り殺そうと日本刀を持っていた。夫は昭和15年に隣家の青年に殺され、女性は一人暮らしだった。


昭和22年(1947).12.18〔17歳ニートが働くのが嫌で幼女ら2人を強盗殺人〕
 鹿児島県鹿児島市の雑貨商宅で、無職(満17歳)が押し入り、主人(41)、長女(5)の頭を斧でめった打ちにして殺害、妻(31)に瀕死の重傷を負わせ、3千4百円と衣類などを強奪、証拠隠滅のため放火して屋久島に逃走したが逮捕された。
 横浜市の関東学院中等部2年生のときに窃盗で中退、軍属となったが1ヶ月で逃走して窃盗や強盗で満15歳の時の昭和20年7.17に軍法会議にかけられ昭和22年11.23に刑務所を仮出所、見習い工になったが働くのが嫌いで退職し、暖かいだろうという理由で鹿児島に来たがおもしろくないので帰る金を盗ろうとしたもの。裁判長に「働いて旅費を稼ごうとは考えなかったのか」と問われて「働くのは嫌だ」「殺しても悪いと思わぬ」と答える。昭和23年11.29に福岡高裁は死刑判決を出しが、少年法改正に伴い昭和24年4.6に恩赦で無期に減刑された。


昭和22年(1947).12.20〔18歳東條の甥が強盗〕
 大阪府大阪市東区で衣類17点を奪った旧制中学四人組強盗のひとり(18)は東條英機の甥で陸軍中尉の五男だった。


昭和22年(1947).12.20〔18歳が老夫婦殺人で死刑〕
 熊本県八代郡で、山田秀則(満18歳)が近所の家を訪れ、主人(70)と妻(72)をいきなり斧で殴って殺害、12.23に逮捕された。父親はおらず、母親と幼い弟妹5人の零細農家だが、遊郭に通い詰めて淋病となった。遊興費と治療代を得るために金持ちだという噂のある知り合いの老夫婦を襲ったが、現金はなく帯一本だけを強奪したもの。
 昭和26年6.5に死刑執行。
参考文献・警察指紋制度のあゆみ


昭和22年(1947).12.23〔17歳ら2人が強盗殺人〕
 富山県高岡市で深夜、無職(満17,18歳)2人が工場事務所に押し入り宿直の工員(16)をハンマーで殴って殺害、大型金庫をハンマーで開けようとしたが失敗、ラジオを強奪して逃走、12.29に逮捕された。地裁は無期懲役判決。
参考文献・警察庁刑事局鑑識課『警察指紋制度のあゆみ』


昭和22年(1947).12.24〔予科練くずれの辻強盗〕
 東京都で予科練くずれの辻強盗。


昭和22年(1947).12.25〔18歳女子(満16〜17歳)ら一家4人が強盗殺人〕
 大阪府大阪市の自宅で、雑役夫(22)が老婆(59)を誘き出して姉(27)と2人で斧で惨殺、その隙に母親(44)と同棲している女子(18)の2人が老婆宅で金品を強奪したが、翌年1.31に逮捕された。



※タイトルと本文が同じ短いデータはすべて「〔年表〕子どもの事件 1945-1989」山本健治 柘植書房より引用したもの。※



『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!



『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代




少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





主要参考文献

〔年表〕子どもの事件 1945-1989

戦前の少年犯罪

戦後死刑囚列伝

新聞集成昭和史の証言

新聞集成昭和編年史

日本の精神鑑定

日本長期統計総覧

年表 昭和の事件・事故史

昭和史全記録 1926〜1989

値段史年表 明治・大正・昭和

事件・犯罪大事典 明治・大正・昭和

20世紀にっぽん殺人事典

青少年非行・犯罪史資料1-3

教育事件・論争史資料

朝日新聞縮刷版

読売新聞縮刷版

毎日新聞縮刷版

警察白書

犯罪白書






このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。








少年犯罪データベースが参考文献として掲載されています。



少年犯罪データベースのデータが引用されています。