いじめ復讐殺害事件







昭和59年11月2日
 天満橋2丁目桜宮公園東側の大川で水死体が発見、死体は半裸でブリーフ、白の靴下姿だった。死亡推定時刻は2日午前零時頃、鈍器で頭部をメッタ打ちにされた後、左目を突き刺され、腹などにも傷があった。
 凶器は、金槌とみられ、左目は金槌の細い部分でつかれたらしい。直接の死因は水死。捜査本部は瀕死の被害者を約50メートル引きずり、川に投げ込んだと見ている。

昭和59年11月11日
 捜査本部は11日、被害者の同級生であるA(15)、B(15)の2人を逮捕した。
 捜査本部は、A、Bが1日に被害者と会う約束をしていたことから、事件直後からA、Bを呼び事情を聞いていたが、被害者を投げ込んだ大川沿いの鉄さくから検出した指紋と掌紋がAのものと同一だったため、Aを追及、犯行を認め、Bも共犯とわかった。

事件の詳細
 A、Bは、被害者がリーダー格になっているグループの一員で、いつも行動をともにしたが、被害者が高圧的な態度に出ることを常々反感を持ち、「殺して解決しよう」と決意するに至った。犯行計画を持ちかけたのはAの方で、10月31日夜、Bに電話し、創立記念日で休校となった1日午前8時半ころ、京阪電鉄の駅でBと落ち合い相談、殺害方法や時間を決めた。
 Aが自宅から金づちとペンチを持ちだし、正午過ぎ、駅で再びBと会い、被害者に電話。被害者が「近くで自転車を盗んでこい」と指示したため、2人は言われたとおり自転車を盗み、天満橋に来た。更に被害者の指示で午後5時頃、うつぼ公園に行った。ここで被害者が「もっといい自転車を取ろう」と誘いかけ、Aが公園近くのマンションで自転車を盗み、これに被害者が乗った。A、Bは被害者を殺害計画の場所に連れ出すた、「天満橋に行けば、もっといい自転車がある」と持ちかけた。
 自転車で犯行現場の桜宮公園へ向かい、公園内でしばらく遊んだ後、午後7時40分ころ、公園の遊歩道でAがポケットに隠していた金づちで、自転車に乗っていた被害者の後ろから襲い、頭を殴りつけた。倒れた被害者を2人で押さえつけ、金づちで約10分間、2人が代わるがわる顔や頭を殴り続けて、反対側の釘抜きの部分で目もつぶした。瀕死の被害者を約50メートル引きずり、公園沿いの大川に投げ込んで殺した。
 犯行時、Bの着ていた上下トレーナーが返り血を浴びたため、Aが自宅へ衣服を取りに戻り、駅のトイレでBに着替えさせていた。犯行に使われた金づちは、Aの自宅から発見された。

 被害者は学級委員長でクラスのリーダー格、番長グループではないが、ふだんからA、Bを含む同級生5、6人の集団で行動し、そのリーダー格であった。身長170センチ、体重70キロと大柄で柔道初段の腕前。親分肌の性格だったらしく、おとなしいA、Bには「威圧的」に映っていたようだ。
 Aは両親が自営業で5人兄弟の次男、Bは両親が共働きで4人兄弟の長男。ともに勉強はあまりふるわなかったものの性格はおとなしく、目立たない存在で補導歴はなかった。

 A、Bは、調べに対して「7月からいじめがはじまり、数人の先生に相談したがとりあってくれなかった。解決するには自分たちで殺すしかなかった」と犯行の動機を自供した。供述によると被害者が柔道部を6月下旬に退部して以来、これまで以上にAとBに対してつらく当たるようになった。意に沿わないと休み時間や昼休みに先生の目の届かない所で、しばしば殴られたとのことである。




いじめ事件

少年犯罪データベースの表紙にもどる









『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑む日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代


少年犯罪データベース
13歳以下の犯罪
異常犯罪
戦前の少年犯罪

少年犯罪統計データ
少年の殺人統計グラフ
少年のレイプ統計グラフ
親殺し統計グラフ

子どもの犯罪被害データーベース

管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。



このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。