少年犯罪データベース 14歳の犯罪

※昭和24年以前の年齢表記は数え年のため満年齢にすると1〜2歳低くなる※



昭和2年(1927).11.18〔小学校高等科2年生(満13〜14歳)が同級生を殴って意識不明とする〕
 兵庫県神戸市で、小学校高等科2年生(15)が下校中に同級生(15)とあだ名のことで殴り合いのケンカとなり、頭を殴って意識不明としたが、学校に担ぎ込んで手当てをすると意識を取り戻した。


昭和4年(1929).3.11〔15歳(満13〜14歳)が幼女を連れ去り縛り上げる〕
 東京府荏原郡入新井町の路上で、少年(15)が1人で遊んでいた女の子(6)を連れ去り両足を荒縄で縛って神社に放置、4.7に女の子(5)を連れ去り両足を荒縄で縛って空き家の縁の下に放り込み、4.13に女の子(4)を連れ去り両足を縛ってゴミ箱に放り込み、4.20に女の子(5)を連れ去り両足を荒縄で縛り、4.22に逮捕された。4人とも心配した家族が近所の人たちと探し回ってその日のうちに発見している。
 郵便局電話書記の次男で、小学校高等科を粗暴のため3月に退学させられ、4.6に貯金局給仕として働きはじめたばかり。この頃、小さい子を追いかけて捕まえて縛り上げる「猫と鼠」という鬼ごっこが流行っていたが、やっているうちに幼女を縛り上げることに快感を覚えるようになり、ほかにも何件か犯行を繰り返していた。このあたりの子供達を率いるガキ大将で、2年前に窃盗で取り調べられたことがある。


昭和4年(1929).5.28〔小学校高等2年(満13〜14歳)が学校で刺傷〕
 埼玉県秩父郡の小学校教室で、高等2年生(15)が同級生(15)の下腹部を手工用ナイフで刺して重傷を負わせた。詰まらないことでケンカしたもの。


昭和4年(1929).11.24〔高等小学校2年生女子(満14歳)が教師に妊娠させられ自殺〕
 兵庫県神戸市の須磨海岸で、高等小学校2年生女子(満14歳)が入水自殺した。奈良県磯城郡の小学6年生だったときの担任教師(31)が、高等小学校入学後も自宅などで勉強を教えており、この年の4月から肉体関係を持つようになり妊娠した。教師は妻とふたりの子持ちで、女子を密かに堕胎させようとこの日に家出させ大阪市内を連れ回し、岡山県の姉宅に連れて行く途中で下車、感傷的な言葉を弄して自殺へと追い込み、足を縛るための紐まで渡していた。まったく改悛の情を示さず、自殺教唆と自殺幇助で一審は懲役6年判決。教師は控訴した。女子は成績優秀で、女子師範学校入試のため勉強に励んでいた。


昭和6年(1931).1.13〔高等小学校2年生(満13〜14歳)がイジメ復讐殺人〕
 熊本県上益城郡の路上で、高等小学校2年生(15)が同級生(16)の顔や頭を肥後守でめった刺しにして殺害、もう1人の同級生(15)の脇腹を刺して重傷を負わせた。貧しい農家のため弁当を持ってこれないことをからかわれ、呼び出して謝るように迫ったがまたからかわれたためカッとしたもの。幼い兄弟5人の世話や畑仕事もやって両親を助けていた。


昭和6年(1931).12.20〔15歳(満13〜14歳)が強盗レイプ殺人〕
 福岡県門司市の郵便局で深夜3時、無職(15)が住み込みの女性事務員(19)をレイプしてから絞殺、服や腕時計、2円入りのサイフなどを強奪して逃走、翌年1.4に逮捕された。名古屋市出身で、下関市でスリ数件を働いて11.22に逮捕されたが、未成年のため起訴猶予となって12.19の18時に釈放され、9時間後に侵入する前に郵便局のベランダに脱糞し、その内容が刑務所の食事と一致したため手配されたが、12.20のうちに朝鮮の釜山市に渡ってその日の夜に民家に窃盗に入って逮捕、未成年のため起訴猶予となって釈放されるところで福岡署に連絡が入ったもの。懲役15年の刑で少年刑務所に入ったが、昭和11年1月に獄死。


昭和7年(1932).9.20〔高等小学校2年生(満13〜14歳)が選挙の怨みで毒殺未遂〕
 長野県上水内郡の高等小学校(現在の中学に相当)で、2年生(15)が同級生(15)の弁当にネコイラズを入れて毒殺を図って逮捕された。2年前の村会議員選挙で父親が落選して同級生の父親が当選したことを怨み、7.23には同級生宅に放火、8月には子供の手にネコイラズを塗って舐めさせようとしていた。


昭和9年(1934).9.16〔中2(満13〜14歳)が銀行強盗〕
 鹿児島県鹿児島市の銀行で深夜1時、県立中学2年生(15)が侵入して金庫を探しているところを宿直が見つけて通報に駆け付けた警官が格闘の末に逮捕した。カフェー通いで金に困り、ナイフと懐中電灯を持って覆面をして銀行を狙ったもの。


昭和10年(1935).4.21〔15歳(満13〜14歳)が叔父を刺殺〕
 静岡県志太郡の自宅で、少年(15)が叔父を刺殺して自首した。叔父は酒乱で暴れるため縛れており、縄を解いてやろうとしたが、「俺はお前ら親子を皆殺しにしてやるぞ」と云ったため怖くなって包丁で腹を刺したもの。一審は1年半〜3年の不定期刑だったが、二審で殺人としては異例の2年に減刑された。


昭和10年(1935).12.28〔中2(満13〜14歳)が脅迫状〕
 東京市淀橋区で、中学2年生(15)がセメント企業重役宅に、「五円を置いておけ。従わないと主人と令嬢に間接的に危害を加える」という脅迫状を届け、翌日に金を取りに来て捕まった。印刷屋の次男で成績優秀。小遣い欲しさ。出来心だとして書類送局だけで12.31に釈放、学校も何の処分もせず他の生徒にも知らせない処置。


昭和12年(1937).8.11〔15歳(満13〜14歳)女子が窃盗〕
 東京市杉並区高円寺の古物商で、女子(15)が6円入りの手提げ金庫を盗って逃走したがすぐに捕まった。これまでにも小学校に忍び込むなど数件50円の窃盗を働いていた。父親の鉄道作業員は月収50円で6人の子供がありながら800円の貯金をしており、充分な生活費を渡さないため困っている母親に、友達からもらったと金を渡していた。この年の銀行員大卒初任給70円。


昭和12年(1937).10.5〔15歳(満13〜14歳)が幼女百人以上誘拐しレイプ殺人〕
 兵庫県武庫郡の路上で、米店員(15)が小学1年生の女の子(8)を自転車で誘拐、芦屋の山林に連れ込んでレイプしようとしたが、抵抗したので口にハンカチを詰めて窒息死させ、翌日に手足を縛られた全裸死体が発見された。
 翌年1.8に神戸市の路上で、下校中の小学2年生の女の子(8)を無理やり自転車に乗せて誘拐しようとしたが通行人に見られたので女の子を突き落として逃走。1.9に御影町の路上で、小学3年生の女の子(10)を無理やり自転車に乗せて走っているところを昨日の誘拐事件を捜索していた刑事に逮捕され、2.15に先の殺人を自白した。
 1年前に中学1年で中退して実家の米店を手伝いながら、小学1〜3年生の女の子百人以上をおかしを与えるなどして誘拐してレイプ、殴ったりもしていた。


昭和14年(1939).6.17〔15歳(満13〜14歳)が幼女2人連続殺人死体レイプ〕
 千葉県印旛郡の路上で、工員(15)が小学2年生の女の子(9)をいきなり絞殺、死体を小学校裏の林に運んでレイプした。6.18に死体が発見されたが、この日に同じ村の小学4年生の女の子(11)を絞殺、死体を神社の裏山に運んでレイプしてからナイフで腹から胸まで割いて内臓が見える状態で放置、6.19に死体が発見された。6.21に警官に見つかり逃走したがすぐに逮捕。知能が低く、子供たちにも日頃からかわれており、3月には少女(16)を襲っていた。


昭和14年(1939).11.28〔女学生(満13〜14歳)が出産して兄(満18〜19歳)と母親が赤ちゃん殺人〕
 京都府京都市の自宅で、同志社高等女学校3年生(15)が、この日に病死した父親(59)の通夜の席で陣痛を起こして男の子を産んだ。驚いた母親(45)が赤ちゃんの口を塞ぎ、長男の同志社本科1年生(20)が窒息死させて遺体を父親の棺桶に入れたが、翌日の火葬中に作業員が発見して逮捕された。女学生は成績優秀でスポーツも得意、妊娠には学校も母親も本人も気づいていなかった。父親は京大講師も勤めていた医学博士の開業医で、体調がおかしいという娘を診察していたが、やはり妊娠には気づいていなかった。


昭和14年(1939).12.5〔15歳(満13〜14歳)が父親殺害〕
 東京府調布村の自宅で、長男(15)が父親(58)の顔を斧で殴って殺害、近所の親戚に何者かが父を殺したと嘘を付いたが、警察の追及で自白した。病気で寝ている父親と焚き火のことでケンカしたもの。知能が低く放浪癖があるため学校も欠席が多く、現在は小学校4年生。父親は日雇いで、母親は7年前に死んでいる。


昭和16年(1941).6.12〔職工学校2年(満13〜14歳)がケンカ仲裁者を刺殺〕
 兵庫県神戸市の路上で夜8時、職工学校2年生(15)が少年(17)の胸を小刃で刺して殺害、逮捕された。別の友達とケンカしているのを少年が仲裁しようとしたもの。


昭和16年(1941).8.26〔中2(満13〜14歳)が空気銃で無差別に撃つ〕
 東京市渋谷区道玄坂で、中学2年生(15)が通行中の博士夫人(41)と娘(17)を空気銃で撃って、腕と額に傷害を負わせて逮捕された。オモチャ屋の次男で、店の2階から通行人を無差別に何人も撃っていた。警察署で説教されただけで、その日のうちに家に帰された。


昭和17年(1942).10.23〔中2(満13〜14歳)がピストルで幼児射殺〕
 神奈川県川崎市で、中学2年生(15)がピストルで小鳥を撃っていて、見物していた近所の男の子(6)を誤って射殺した。家にあったモーゼルを持ち出したもの。


昭和18年(1943).4.21〔15歳(満13〜14歳)がノコギリ通り魔〕
 兵庫県姫路市の山陽電車ガード下で夜8時過ぎ、少年(15)が通行中の女性(22)の顔をノコギリで切った。翌日に逮捕。





昭和22年(1947).8.22〔15歳(満13〜14歳)ら13人が少女を暴行〕
 大阪府北河内郡で、盆踊りの夜に少年(15〜18)13人が少女(17)を集団レイプ。10.28に起訴。


昭和22年(1947).12.4〔中3(満13〜14歳)ら4人が野球のユニフォームのため窃盗〕
 愛知県名古屋市で、中学3年生(15)、市立機械工業学校4年生(17)2人と中学3年生(17)ら4人が民家に侵入して服9点を盗んで3470円で古道具屋に売り、すぐに逮捕された。野球のユニフォームが欲しかったため。15歳は中学校長の長男で、全員が金には不自由していない中流以上の家庭だった。


昭和23年(1948).3.20〔14歳ニートが完全犯罪の実験のため幼女殺害して死体に文字を刻む〕
 神奈川県鎌倉市の自宅で、無職少年(満14歳)が隣家の二女(3)を紐で絞殺、物置に運んで頸動脈を断ち切って家に戻ったが、大人の犯行に見せかけようと裸にして出刃包丁で全身40数ヶ所を切って肋骨が見えている状態にして、お尻から背中にかけて「マタコロスナマイケナ女メ」という文字を刻み付けた。東京に逃走しようとして駅で逮捕。
 中学を2年で中退したばかりで、父親に何度も叱られても聞かずに犯罪雑誌を熱心に読んでおり、2週間前から猫を殺して腹を割いたり自分の太ももを切って研究し、殺人をしても判らない方法を実験しようと考えていたところに女の子が遊びに来たので実行したもの。日頃、この女の子を可愛がっており、「何故あんなことをしたかわからない」とも話す。知能は高いが怒ると見境がなくなるキレやすい性格だった。


昭和23年(1948).5.28〔中2(満13〜14歳)ら2組の兄弟が野球道具のために窃盗〕
 東京都大田区の中学2年生(15)と小学3年生(10)の兄弟は金属くず拾いをするがなかなか金がたまらず、合金製作所でメタル用合金を盗んだ。
 同じく大田区の中学2年生(15)と小学6年生(12)の兄弟は工場から鉄くずを盗んだ。いずれの兄弟も野球グローブほしさの犯行で、成績優秀な点も共通。


昭和24年(1949).6.10〔14歳子守女子が幼児2人殺害、1人殺人未遂と放火〕
 茨城県真壁郡で、子守女子(満14歳)が負ぶっていた女の子(3)の襟を引っ張って窒息死させた。3月に栃木県芳賀郡の小学校を卒業して子守に出され、この子が死ねば家に帰れると思ったもの。病死と診断されて実家に帰ったが、翌昭和25年5.10に真壁郡の違う家に子守に出され、家が焼ければ帰れると思い5.18に放火して全焼させ、6.1に男の子(3)を殺害しようとして意識不明としたが手当てを受けたため未遂に終わった。すぐに他家に子守に出され、女の子(1)を絞殺、病死と診断されて実家に帰ったが、相次ぐ不審死のため12.18に逮捕され追及されて自白した。


昭和25年(1950).9.10〔中3が警察から盗んだピストルで強盗〕
 東京都南多摩郡の警察署で中学3年生(14)がピストルと弾丸を盗み、登校中の中学生に威嚇発射して学用品を奪ったり「俺と一緒に強盗をやれ」と脅したり「殺すから裸になれ」と素っ裸にしたりした。12日に山狩りをして逮捕した。
 豪農の息子だが学校もさぼりがちで、映画「野良犬」を見て冒険をしたくなったと言っている。


昭和26年(1951).1.3〔中2女子5人が振袖姿で酔っ払う〕
 東京都品川区の派出所前で夜10時、中学2年生女子(14)5人が酔っ払って歩いていて補導された。お年玉をもらったので振袖姿で出かけ、バーで女給相手に酒を何杯も飲んでふらふら徘徊していたもの。


昭和26年(1951).1.12〔中2が幼女を踏み殺す〕
 山形県東置賜郡で、中学2年生(14)が隣家の女の子(4)を殺害して逮捕された。昨年11月にこの家の同級生(14)と遊ぼうとやってきて妹の女の子に話しかけたが返事がないので殴った。口止めしたのに女の子が母親に告げ口したので怒って、12月に殴る蹴るの乱暴を加えて傷を負わせた。女の子の母親が自分の母親に抗議したのでますます怒り、柔道の技を掛けたり踏みつけたりして意識不明にし、同級生に自分がやったことにして病院に連れて行けと命令して逃走したもの。直後に女の子は死亡した。
 父親は亡くなっており、母親は女中として働いている妹と二人兄弟の貧しい家庭で放任され、学友らにリンチを加えて金を脅し取ってパチンコに熱中しており、同級生もいじめられるのが怖くて云いなりになっていた。被害者も母子だけの貧しい家庭だった。


昭和26年(1951).1.30〔中3ら母子三人で父親殺害〕
 千葉県因幡郡で農業の男性(50)が自宅で酒を飲んでいるところを妻(48)が誘い出し、中学3年生の三男(14)が頭部を数回殴り、次男(19)と三人で排水路に落として殺害した。酒癖が悪く暴力をふるう父親を殺そうと三人で共謀したもの。服や現金を奪い、強盗の仕業と見せかけていた。


昭和26年(1951).9.13〔中2が母親を殺人未遂〕
 東京都武蔵野市の自宅で、中学2年生(14)が就寝中の母親の首をカミソリで切ったうえに錐で突いて重傷を負わせて逃走、血だらけになってさまよっているを警官が見つけて逮捕した。2年前に学校でネコの解剖をしてから精神がおかしくなり、母親と一緒に死のうとした発作的な犯行。


昭和26年(1951).10.8〔中2がカッとして幼女殺人、32年後に自白〕
 東京都大田区で、中学2年生(14)が女の子(3)を殺害した。迷子になった飼い犬を近所に住む女の子と一緒に探していたが、些細なことですぐにキレる性格で、女の子が泣き出したためカッとして泣きわめくのもかまわず頭の上まで持ち上げてから池に投げ込んで溺死させたもの。警察の取り調べを受けたが否認。現場が家から2キロも離れているため幼女誘拐殺人として大々的に報道されたが、外傷もなく事故死として捜査は打ち切られた。
 母親と兄には殺人を告げて、すぐに一家で九州に引っ越し、中学も中退した。女の子の赤いスカートが脳裏を離れず、赤色を見ると異常に興奮して赤い服の女性を襲ったり、赤い振り袖を切ったり、赤い服を盗んだりして、17回逮捕されて人生のほとんどを刑務所で過ごし、昭和58年2.23に横浜市の民家に押し入って女性(63)を日本刀で刺殺、放火して3万円を強奪、3.12に逮捕された。女の子の名前を刻んだ位牌が実家にあったことから追及されて、8.27に32年前の犯行を自白。男は46歳になっており、すでに時効を過ぎていた。


昭和26年(1951).12.1〔中3がクラス全員で万引きを繰り返す〕
 北海道亀田郡の中学3年生(14)が万引きで逮捕されたが、同じクラス60人のうち50数人が函館市のデパートなどでオモチャやお菓子を数百回にわたって万引きを繰り返していたことが発覚した。秋の修学旅行でお土産屋の万引きに成功して味をしめたもの。


昭和26年(1951).12.4〔中2が人妻強盗殺人〕
 新潟県岩船郡で、中学2年生(14)が会社員宅に侵入、主婦(35)を惨殺して、上野行きの列車で逃亡しようとしているところを逮捕された。父親は5年前にメチル中毒で死亡、継母や異母妹とは折り合いが悪く、万引きなどを繰り返して7月には自宅に放火していた。可愛がられていた祖母(71)が11.27に死亡したため東京に家出しようと旅費を盗むために忍び込んだが、主婦に顔を見られたためカッとして斧で頭を殴り、倒れたところを馬乗りになって所持していたジャックナイフで喉などをめった刺しにしたもの。成績は普通で、友人がおらず目立たない生徒だった。
 新潟少年保護鑑別所鑑別課長・談「新聞の報道だけで詳しいことは分からないが、非常に内向性の強い少年であることが、友人が一人もいないとか、普段おとなしいとかいうようなことから推定出来る。この内向性の強い自分の感情を素直に表現出来ない人が感情のたかぶりが最高潮に達すれば時として発作的な凶行をやることがある、しかし周囲の環境が安定していれば、こんな恐ろしいことをしないでもすむわけだ、結論的にいって少年は気狂いではないが、精神病質的なものがあったようだ、おそらくは人妻に顔を見られた時は夢中でオノを振るった-いわば理性の全然働かない、高度のヒステリーの状態だったともいえようが、それ以前自宅に放火しようとしたことなどから気狂い扱いは出来ない。」談話は新潟日報引用。


昭和26年(1951).12.13〔大胆な性行動 毎日新聞引用〕
 思春期の少年少女が"大人の世界"に刺激されて大胆な性行動をやってのける傾向が年々増加。年少者の"桃色遊戯""集団輪姦"などが全国的に多くなった。このため和歌山県では十一月三日いちはやく「青少年保護育成条例」を制定、少年の防犯指導に乗り出した。
 そんななか、香川県下で新制中学二年生三名と県立高生妊娠中絶事件が、四件も明るみに出た。中学生A子(14)のは、去る六月から同級生の少年(14)と関係、他の中学生B子、C子(いずれも十四歳・B子は保護家庭の子)は泣いて相手の名前も語っていない。高松優生保護委員会では「重大な支障を及ぼす場合」の条項を適用、中学生三人の妊娠中絶を許可し秘密にしていたが、女高生の件も加わり、教育界に及ぼす影響大と判断、県教員に通告したもの。文部省をはじめ法務省、国警本部などさすがに驚き、文部省では一昨年から実施してきた純血教育を促進、少年補導に重点をおくことを決定。国警でも少年警察を強化、一貫した性問題の解決策を講ずることにした。

 文部省と国警に報告のあった最近二、三カ月の性犯罪。
□栃木県の少年(18)は、六畳一間に家族七人の雑居で両親の生活を見せつけられ、野良仕事中の十七歳、二十二歳、三十歳の婦女子を次々に強姦
□静岡県の十五歳から十六歳の高校生七名は、十六歳の少女が異性と親しいのに因縁をつけて輪姦、味をしめて女子中学生五人にも魔手
□北海道、旭川では十八歳から十九歳の少年六人が映画見物の帰途、小学校女教員(24)を輪姦
□岩手県では少年(15)が、リンゴを盗みに来た九歳の少女を見張り小屋に連れ込み犯した。(毎日新聞12.13)


昭和27年(1952).2.24〔中2が幼女レイプ〕
 東京都杉並区の中学2年生(14)が、7,8歳の女の子ばかり4人に暴行を働き補導された。父親が妻と別居して女を連れ込んでいるのを見てマネがしたくなったと自供。近所の幼女に「50円やるから」と言い雑木林に連れ込むなどしていた。


昭和27年(1952).5.25〔中3が幼女レイプ殺人〕
 愛媛県越智郡で、中学3年生(14)が女の子(5)を神社裏山に連れ込んでいたずらしようとしたが、泣いたので下腹部に竹を刺して殺害、逃走したがその日のうちに逮捕された。


昭和27年(1952).5.31〔中2女子が妊娠〕※参考
 埼玉県幸手町の中学校で、2年生女子(14)が妊娠3ヶ月であることが健康診断で判明した。何も話さないため経緯は不明。成績は普通。学校とPTAは取り扱いを検討中。


昭和27年(1952).7.10〔中3ら2人組が銀行の金庫破り〕
 高知県高知市の銀行で深夜、中学3年生(14)と無職(16)の2人組が侵入、金庫室の現金90万円と小切手70万円を強奪して逃走、名前入りの傘を残したため翌日に逮捕された。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和27年(1952).10.24〔中2のケンカで父兄が殴る〕
 熊本県阿蘇郡の中学校で、2年生A(14)が同級生Bの頭を殴った。10.27にBの父親と兄の2人が、復讐のため校庭でAを殴った。他にも恐喝や暴力事件が多発していることが発覚したため、校長や教師18人全員を更迭して校風刷新を図るように村会議員が村教育委員長へ要望した。


昭和27年(1952).11.13〔中1女子と大学生が交際反対され心中〕
 埼玉県川口市の旅館で、中学1年生女子(14)と大学生(19)が心中。若過ぎると親に交際を反対されたため服毒したもの。


昭和27年(1952).12.25〔中2が女教師を強姦未遂〕
 埼玉県熊谷市で、中学2年生(14)が女性7人に対する強姦未遂容疑で補導された。担任の女性教師も襲っており、被害者は十人以上いると見られている。姉が売春婦で、自宅で客を取るのを見て影響されたもの。


昭和28年(1953).6.16〔中2女子が子供銀行のためスリ〕
 東京都新宿区の中学2年生女子(14)が学校で競い合って積み立てている子供銀行に預ける金欲しさに日曜ごとにデパートでスリを働いて計2万円を稼いですべて預けていた。豊かな家で小遣いも2千円ももらっていた。


昭和27年(1952).7.10〔中3ら2人組が銀行の金庫破り〕
 高知県高知市の銀行で深夜、中学3年生(14)と無職(16)の2人組が侵入、金庫室の現金90万円と小切手70万円を強奪して逃走、名前入りの傘を残したため翌日に逮捕された。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和27年(1952).9.29〔中3ら2人が同級生を殴り殺す〕
 熊本県玉名郡の中学校で、3年生AB(14)2人が同級生C(15)の頭などを青竹で滅多打ちにして殺害、翌日に逮捕された。運動会の予行練習中にAがCの悪口を云い、それをBが見ていたのが気に入らないとBを4回殴ったため、放課後に2人で復讐したもの。


昭和28年(1953).12.1〔中2が姉をバラバラにして埋める〕
 福井県大飯郡の自宅で、中学2年生(14)が姉(27)を殺害した。姉が職場から昼食に帰宅し、学校をサボって家で遊んでいた中2を見つけて叱ると口論となり、職場に戻ろうとした姉の背後から頭を殴り、倒れたあともナタやスコップで滅多打ちにしたもの。死体を40メートル離れた川辺に運んで埋め、たびたび死体が出ていないか見回っていたが、翌年の4.4に近所の人に死体を発見され、その日のうちに逮捕された。
 貧しい家庭の7人兄弟の3男。父親(58)は大工で母親は8年前に亡くなっており、上の兄や姉は家を出ていたので、被害者の2女が母親代わりに弟たちを育て、学校をよく怠けて盗癖もあった3男をたびたび叱って殴ることもあった。死体は手足が切断されていた。
父親談「あの子は家でも内気な方でそんなことをしたとは思われません。ヨシ子がいなくなってから早速捜索願を出しどうしたのかと心配してはおりましたが、まさか殺されていようとは思いませんでした」
校長談「学校では内気で友達関係もなくいつも一人ぼっちでどちらかといえば消極的な生徒でした。そのような大それたことをしたとは思われません」
(談話は福井新聞引用)


昭和28年(1953).12.15〔中2ら15人が短剣購入のため窃盗〕
 東京都千代田区の中学2年生(14)ら窃盗グループ15人が検挙された。「社会科見学に来た」と湯島聖堂に入り屋根に登って銅板をはがしてリレー式に運び出しタクシーでクズ屋に売って西部劇ごっこの短剣の購入費用にしていた。グループは総勢40人以上と見られている。


昭和29年(1954).3.14〔中2が兵隊ごっこで弟射殺〕
 山形県西村山郡の農家で、中学2年生(14)が、弟の中学1年生(13)の喉を村田銃で撃って殺害した。弟は日本刀を持って、2人で兵隊ごっこをしていたもの。


昭和29年(1954).5.23〔中3が女を憎んで連続通り魔〕
 東京都中央区の路上で深夜0時前、中学3年生(14)が女性(37)の腹をナイフで刺して3週間の重傷を負わせて逮捕された。一年前から路上で13人の女性にいきなり抱きついて押し倒したり、お尻を殴ったりして襲っていたが、まったく警察に届けが出ていなかった。両親が貧しかったため生後10ヶ月で裕福な叔父に引き取られて育てられていた。「叔母や姉に冷たくされて近所の女にもからかわれて女を憎むようになった」と取り調べでは自供したが、鑑別所の精神鑑定では虚言と判定されている。


昭和29年(1954).5.23〔14歳が幼女をレイプ殺人 宮子ちゃん殺し〕
 山口県豊浦郡の防空壕で、下校中の小学1年生の女の子(7)がレイプされ口に土砂を詰め込まれて殺害された。電気工(19)が逮捕されて一旦は犯行を認めたが裁判では一貫して無罪を主張、一審は証拠不十分で無罪判決、二審の公判中、昭和31年8.25に隣家の母親(44)や二女(14)、居合わせた男性(56)の頭や顔を薪割りで殴りつける強盗殺人未遂を犯して5年以上10年以下の不定期刑を言い渡された少年(18)が、昭和32年8月に14歳の時にやったと自供した。強盗殺人未遂事件について女の子の母親が「まじめな青年だから」と減刑嘆願運動をしているのを知って良心の呵責を感じたため。昭和33年2.1に検事は控訴を取り下げて、電気工は無罪となった。真犯人は地裁で懲役12年判決。


昭和29年(1954).8.23〔中2ら7人組が万引き〕
 埼玉県北埼玉郡の中学2,3年生(14)7人が万引きで逮捕された。夏休みに1人1台のラジオを組み立てる計画を立て、秋葉原のラジオ屋などで部品135点5万円相当を盗んだもの。豊かな家庭で成績もトップクラスの者ばかりだった。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和29年(1954).9.15" href="#1954.10.31">昭和〔中2が幼女を轢き逃げ〕
 長野県諏訪市の路上で、中学2年生が女の子(6)を自転車で轢いて2ヶ月の重傷を負わせて逃走した。教師の引率で隣の中学へ陸上大会を見学に行く途中だったが教師は気付いておらずに女の子の父親の訴えではじめて知り、しかし警察にも教育委員会にも届けず、11.15に発覚して問題となった。


昭和29年(1954).11.9〔中3が空気銃で小4を射殺〕
 埼玉県の中学3年生(14)が小学4年生にあだ名で呼ばれて腹を立てて空気銃を突きつけたが、小4生が「撃ってみろ」と挑発したため撃ち、額に当たって死亡させた。弾が入ってないと思ったと自供。
 11.15には16歳の少年が空気銃で友人を撃って瀕死の重傷を負わせている。11.27には静岡で19歳の少年が撃った弾が小学生女子(10)の眼に当たる事故。


昭和29年(1954).11.18〔中3ら兄弟が兄を殺害〕
 宮城県仙台市の自宅で、次男の店員(17)と四男の中学3年生(14)が、長男(24)を殺害、傷害致死容疑で逮捕されたが、12.8に殺人で送検された。長男はヒロポン中毒で、口論の末に逃げる長男を追いかけて後頭部をバットとマサカリで殴ったもの。父親はピアノ調律師。





昭和30年(1955).2.1〔中3が授業中に同級生刺す〕
 群馬県吾妻郡の中学校で、3年生(15)が同級生(14)の胸を小刀で刺して3週間の傷害を負わせた。工作の事業中に、小刀でシノを削っているところへ歩いていって覗き込むと、「うるさいから向こうへ行け」と刺したもの。深さ5センチで肝臓まで達しているが、刃物を持ったまま押してしまった不注意による事故として処理された。仲のいい友人同士だった。


昭和30年(1955).2.9〔中2が母を喜ばせようとテレビ盗む〕
 東京都台東区の中学2年生(14)が、ラジオ商から10インチのテレビ(7万円相当)を盗んで14日に捕まった。人夫の父は競輪、競馬に夢中で母と仲が悪く、不憫に思った少年が母にプレゼントしたもの。出所については、明治キャラメルの懸賞に当たったとウソをついていた。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和30年(1955).2.28〔中2ら3人がプロレスを見るだけではつまらないと刺す〕
 神奈川県鶴見区の中学2年生2人と16歳の少年が「テレビでプロレスを見るだけではつまらない」と工員(16)を呼び出しナイフで刺して重傷を負わせた。この時期、小中校生のあいだでプロレスごっこが大流行していた。


昭和30年(1955).2.15〔伝書バト熱と犯罪 毎日新聞引用〕
 戦後の世相があまりにも青少年にとって楽しみのないものだったためか、中・高校生の少年たちの伝書バトの飼育熱は大変なもの。特に都会地では異常なほどである。それにつれてハトにまつわる少年たちの犯罪も数を増やしている。千葉県市川市では中学2年生A(14)ら8名が、Aを親分に伝書バト窃盗グループを組織、昨年11月から約100羽50万円相当を盗みハト屋や友人に売っていた。少年らは電車の中からあらかじめハト小屋を物色し、夕方ハトが運動から帰ってバタバタ騒いでいるときを見計らい、洋服のポケットに穴をあけてそこにハトを入れて持ち去っていた。
 少年たちの家庭はいずれも貧しく、売り払った金で映画や買い食いに使っていた。また東京・大田区のハト泥棒はいずれも15歳前後の子供たちばかりだったが、この子らも家が貧しくて買えぬため、たった一羽のハトを盗み出したというあどけない事件も起きている。
(毎日新聞2.15)


昭和30年(1955).2.20〔中2が兄殺害〕
 福島県須賀川市の自宅で、中学2年生(14)が兄(26)をナイフで刺して殺害、傷害致死で逮捕され、殺人容疑で書類送致された。ケンカして組み伏せられたのでカッとしたもの。中流以上の魚屋の四男で、体が大きく柔道部の主将をしていた。兄は知能が低く凶暴性があり、日頃から兄弟ゲンカが絶えなかった。


昭和30年(1955).3.12〔中2ら10数人が他校に殴り込みと通り魔〕
 埼玉県川口市の中学校近くで、東京都足立区の中学2年生(14)ら10数人が生徒数名を殴り、帰りにたまたま通りかかった高校1年生(16)に因縁を付けて顔や頭を木刀で殴って1週間の傷害を負わせて逃走した。1人が川口のオートレースに行った帰りにこの学校の生徒に殴られた仕返しのためナイフや木刀を持って殴り込みを掛けたもの。前日にも押しかけて生徒を殴っていた。


昭和30年(1955).7.17〔中2が叔父一家を毒殺皆殺し〕
 岐阜県梅津郡の農家で、中学2年生(14)が叔父一家を皆殺しにしようとお茶に農薬のパラチオンを入れて、飲んだ叔母(30)と長女(6)が死亡、叔父(30)は重態になったが吐き出したために命を取り留めた。6年前に両親が亡くなったために養育されていたが、仕事でこき使われ学校にもあまり行けず、とくに叔母にいじめられて恨みを持っていた。また、父親から受け継いだこの家の税金を叔父の名義で払っていたので財産を乗っ取られたと思い込んでいたもの。


昭和31年(1956).6.1〔14歳ら中流家庭の窃盗団〕
 東京都目黒区の19歳から14歳の窃盗団7人組が逮捕された。元外相有田八郎氏宅など高級住宅地専門で70件60万円を稼いでいた。中流家庭の子弟ばかりで、警官に追いかけられるスリルがたまらなかったと自供。この年の大卒銀行員初任給5,600円。


昭和31年(1956).6.12〔中3が教室でチャンバラごっこをして友人刺し殺す〕
 青森県西津軽郡の中学校の教室で、3年生2人が20センチの針金でチャンバラごっこをしていたが、横で見物していた同級生(14)の目に刺さって脳まで達し、14日に死亡した。


昭和31年(1956).8.17〔中3女子が板の間稼ぎ〕
 東京都豊島区の中学3年生女子(14)は無職男(20)とともに藤沢、葉山などの海水浴場の海の家で脱衣カゴの預け札を改ざんし、10数件20万円を稼ぎ逮捕された。


昭和32年(1957).6.24〔中3がフトン針通り魔〕
 東京都江戸川区の神社で深夜11時、中学3年生(14)が主婦(32)に抱きつきフトン針をお尻に刺して逃走、7.8に捕まった。同種の事件を3件起こしていた。


昭和32年(1957).7.4〔中2が女教師を殴ってバットを振り上げ追い回す〕
 千葉県因幡郡の中学校で、2年生(14)が女教師(25)を殴り、逃げる教師をバットを振り上げ追い回した。1時間前の隣のクラスのテストを妨害したため、このクラスのテストでこの生徒には用紙をくばらなかったことに激昂したもの。教頭は「小さなことだ。内向性の強い生徒なので、カッとなってやったと言っている」と話す。


昭和32年(1957).7.13〔中3が父親を殺害〕
 秋田県南秋田郡で、中学3年生の4男(14)が父親(52)を殺害した。手伝いに畑に行こうとしたところ父親に「お前なんか役に立たない」と言われカッとして「この野郎ぶっ殺してける」とナタで首を3回切り、母親と弟に留められナタを取り上げられると他のナタを持ち出してさらに喉に数回切りつけたもの。日頃おとなしいが切れると激昂する性格だった。


昭和32年(1957).7.13〔中3ら2人が路上強盗〕
 東京都文京区の路上で、中学3年生(14,15)2人が女性(23)のみぞおちを殴って金を要求したがすぐに捕まった。


昭和32年(1957).9.1〔中2ら5人の少女売春窃盗グループ〕
 東京都で19歳から中学2年生(14)までの少女売春窃盗グループ5人が逮捕された。会社重役(50)など被害届を出しにくい中年を旅館に誘って売春するかたわら隙を見て現金を盗み、20件15万円を稼いでいた。また、昼間は商店20店で万引きもしていた。


昭和33年(1958).2.24〔放火もする万引き中学生グループ〕
 東京都豊島区の中学1,2年生8人のグループがデパートでラジオなど2百件の万引きを繰り返して捕まった。また、このグループは出来の悪かった答案用紙を焼くために藁を積んで石油をかけて2度も学校に放火しようとしたが、用務員に消されて失敗していた。


昭和33年(1958).3.20〔14歳ニートが45件恐喝〕
 東京都墨田区で、少年(14)が恐喝を繰り返して送検された。不良のため中学を退学させられ大阪の中学に転校したが、去年の12月に舞い戻ってぶらぶらしていた。元の同級生らを脅して45件4400円と万年筆などをカツアゲ、警察に捕まるとお礼参りをしていた。工場経営者の次男。


昭和33年(1958).5.12〔中2がカッとして幼児殺人〕
 広島県で、中学2年生(14)が男の子(6)を殺害した。男の子が造っていた砂山を蹴飛ばしたため悪口を言われ、カッとして頭を竹で突いて転倒させて失神させた。処置に困って林に運んだが、まだ生きていると気づいてこれ以上苦しまないように殺そうと石で頭を殴ったもの。これまでも些細なことでカッとして幼児3人を殴ったりしていた。父親は戦死して、母親に育てられていた。


昭和33年(1958).7.12〔中3が母親を殺す〕
 愛知県守山市の自宅で、中学3年生(14)が母親(42)とケンカして、足払いで転倒させ、翌日に脳内出血で死亡させた。授業料を出してもらえなかったため。


昭和33年(1958).10.22〔中3ら2人がケンカで刺傷〕
 東京都新宿区の国立競技場で、中学3年生(14)2人が3年生(14)の胸などをナイフで刺して1ヶ月の重傷を負わせて捕まった。学校をさぼって競技を見に来てケンカしたもの。


昭和33年(1958).10.30〔中3の不良グループが愚連隊とつるんで恐喝を働く〕
 東京都江東区の中学校で、3年生(14)がリーダーの不良グループ6人が、生徒50人以上から金を脅し取り、氏名と金額をメモ帳に書き込んでいた。1件あたり10円前後だったものが卒業生の工員(18)ら愚連隊に上前をはねられるようになってから1000円にまで膨らみ、4万円以上を稼いで酒やタバコ、派手な服などを買っていた。被害者は家から金を持ち出していた。
 不良グループの家庭はほとんどが貧しく、親は放任。愚連隊が授業中にやって来るので教師が注意すると「生意気だ」と棒で殴り、パトカーが出動する騒ぎもあった。この年の大卒銀行員初任給1万2,700円。


昭和33年(1958).10.31〔中2がコンクリートぶつけて重体〕
 東京都港区の中学校の校庭で、中学2年生(14)が投げたコンクリートが同級生(13)の頭に当たって頭蓋骨骨折の重体となり、過失傷害で取り調べ。昼休みに頭くらいの大きさの塊で砲丸投げ遊びをしていたもの。


昭和33年(1958).12.5〔中3がおやつのケンカで兄を刺殺〕
 東京都杉並区阿佐ヶ谷の自宅で、高校2年生(17)の長男と中学3年生(14)の次男がおやつのことでケンカとなり、兄が弟のパンを取って殴ったので弟が庖丁で兄を刺し殺した。


昭和33年(1958).12.2〔中2ら少年愚連隊98人補導〕
 東京都杉並区で、少年愚連隊98人補導。中学生(14,15)の高円寺グループ40人と成田グループ20人、住吉一家向後一家傘下の高校生(17,18)など大和町グループ25人。恐喝87件、窃盗35件、偽のダンスパーティー券を中高生に売りつけるなど。


昭和33年(1958).12.21〔中2が強盗殺人未遂〕
 三重県桑名市で深夜0時半、中学2年生(14)が包丁を持って米商宅に押し入り、主人(51)の顔など10ヶ所をめった刺しにして重態とし、妻(43)を殴って2週間の傷害を負わせて現金5万8千円を強奪し東京に逃走、修学旅行の時に泊った宿に行こうと派出所で道を尋ねて家出少年として保護、逮捕された。父親は工員で、7人兄弟の長男。両親は放任していた。高校受験のための参考書を買う金が欲しくてやったと自供。学校は「成績も上位でおとなしい。友だちにも人気のある生徒だった」と驚いている。


昭和34年(1959).2.9〔女子中学生などステッキガールが売春で摘発〕
 静岡県浜松市で、浜松署が県警本部の応援も得て初のステッキガール摘発を断行した。ステッキガールとは、もともと昭和初期の銀座で1時間2円の料金を取って食事などデートの相手をする援助交際少女のことだったが(男の腕にぶらさがるステッキ代わり)、昭和30年代の浜松で宴会のコンパニオンをする素人娘として復活、売春の温床となっていた。この日は女子中学生(14)など、14〜21歳の女子が保護された。家出娘や元店員など。一泊1500円で、女が6分、社交クラブが4分を取って売春させていた。浜松には当時70のステッキガール組織があり、それぞれ20人ほどの女を置いていた。この年の大卒公務員初任給10,200円。


昭和34年(1959).3.29〔中2ら2人が小学生を空気銃で撃つ〕
 神奈川県横浜市の蒔田山で、中学2年生(14)と工員(15)が小学3年生(8)4人を捕まえ、立たせて帽章目掛けて空気銃を4発撃ち、1発が顔に当たって2週間のケガを負わせ、逃走したが捕まった。


昭和34年(1959).4.4〔少年スリ、大半は14歳以下 毎日新聞引用〕
 終戦直後“チャリンコ"と呼ばれて街にはんらんした少年スリも年ごとに減少し、この年警視庁少年課が補導したスリ少年は96人(うち女25人)にとどまった。このうち63人(65%)が14歳以下の触法少年。内訳は13歳の15人を最高に12歳14人、10歳14人、11歳12人。15歳以上の少年(15、16、17歳いずれも各5人)にくらべ高い数を示し、低年齢化傾向にある。学年別でも小学生が42人、中学生が35人を占め、高校生がたった1人であるのと対照的。ほとんどが学校を長欠してデパートや動物園に出かけ、常習的に犯行を重ねている。家庭環境は60人(60%)が実父母に恵まれているが、子供の教育に無関心な放任家庭、片親の場合は極度の貧困家庭である。動機は小遣い銭欲しさがほとんどで、スリ取った金は映画や駄菓子の飲食に使っている。なかには親に渡して生活費にあてていたものもいた。少年の半数はグループを編成し、2人組がもっとも多く15組、3人組が3組、4人組が2組だった。スリは一度成功すると常習化し、しかも低年齢のために寛大に扱われ、益々常習化の道を歩むようである。
(毎日新聞4・4)


昭和34年(1959).5.1〔中3が同級生宅に強盗〕
 神奈川県川崎市の民家に、中学3年生(14)が押し入り、同級生(14)を脅して2千3百円と時計を強奪して逃走した。直前に警察を装って電話を掛けて親を誘い出していた。恐喝で逮捕歴がある。


昭和34年(1959).6.14〔女子中学生が男子中学生と乱闘〕
 東京都杉並区の中学校裏で、女子中学生7人とほかの学校の中学2年生(14)ら4人の男子中学生が殴り合いのケンカをして補導された。女子美術大付属中学2年生女子(14)が、寺の境内でたまたま会った男子中学生の学帽を取ってからかい「束になってかかっていらっしゃい」と挑戦し、翌日果たし合いとなったもの。


昭和34年(1959).6.16〔中3ら2人がピストル強盗〕
 千葉県佐原市の小学校に、中学3年生(14と15)2人組が押し入り、ピストルとナイフを突きつけ女子事務員(15)を脅して380円を奪って逃走したが逮捕された。ピストルはほかの中学2年生から脅し取ったと自供。学校には行っておらず、窃盗で7回の補導歴がある。


昭和34年(1959).8.22〔中2含む4人組強盗殺人〕
 東京都豊島区の路上で前科6犯のパチプロ(35)が殺害されて、遊び仲間4人組が逮捕された。遊ぶ金が無くなったとき無職女(22)が「金を脅し取ろう」と誘い、たまたま通りかかったパチプロに女が話しかけて隙をつくり、中学2年生(14)2人が腕を押さえ、土木作業員(18)が匕首で刺し殺して腕時計を奪っていたもの。


昭和34年(1959).9.5〔中3ら3人が家出して恐喝の連鎖〕
 東京都台東区浅草で、板橋区から家出してきた中学3年生(14)が無職(19)2人に腕時計と80円を恐喝されたが、腕時計を質で換金した後にまた会って仲間に加わり、北海道からの家出少年など相手に1日で20件の恐喝をし、腕時計や現金を奪ってその日のうちに捕まった。無職2人も北海道と石川県から7月に家出して上京、浅草六区の恐喝グループに脅され仲間になっていた。


昭和34年(1959).9.14〔中2ら4人が14台のバイク窃盗〕
 東京都中野区の中学3年生(15)3人と、中学2年生(14)の計4人が、半年間にバイク14台75万円相当を盗んで捕まった。相模湖などへツーリングに出掛け、ガソリンがなくなると故買屋に売り飛ばし、新たに盗んでいた。家庭は中流で、カミナリ族に影響されたもの。この年の大卒公務員初任給10,200円。


昭和34年(1959).11.5〔14〜20歳の少年暴力団「国友会」〕
 東京都大田区の蒲田駅を縄張りとする、中学生4人、18歳の少女2人など14歳〜20歳24人の愚連隊「国友会」が捕まった。胸に金バッチをつけるなどヤクザに強い憧れを持ち、「銀座の暴力団を乗っ取り、東京一の組織にする」のが夢だった。恐喝11件、詐欺4件、盗み1件、暴行1件などで稼ぎ、ドライブや桃色遊戯を楽しんでいた。


昭和34年(1959).11.9〔裁判官への乱暴少年激増――審判廷 朝日新聞引用〕
 大阪家裁の裁判官が、審判廷での少年の乱暴に「このままでは裁判所の威信がたもてないばかりか、裁判官の身にも危険を感ずる」と施設を改善、警備員の補強などを最高裁家庭局に要望した。少年たちの乱暴はハンを押したように裁判官が「少年院送り」と言い渡したとたん、裁判官に飛びかかったり、机の上に置いてある帳簿や灰ザラを投げつける。なかには「殺してやる」と椅子をふり上げた少年や暴れ回って窓ガラス20枚を割った14歳の少女もいる。同家裁では31,2年にはこうした騒ぎは2件ずつしかなかったのに、33年には9件、今年は12件も起きている。東京家裁でも時々同様な事件が発生している。
 市川最高裁家庭局長は、こういう問題が起きるとすぐ非行少年の凶悪化と片づけられがちだがと前置きして、裁判官の人手不足と経験不足にも大いに反省の余地があるという。「相手の少年に説き聞かせ、納得させるユトリが無く、いきなり言い渡すものだから興奮させる」というのだ。確かに、騒ぎを起こした12人のうち9人までは窃盗程度の軽い罪で、粗暴犯ではない。
(朝日新聞11・9)


昭和34年(1959).12.5〔中2が手製ロケットで爆死〕
 大阪府堺市の自宅で、中学2年生(14)が手製ロケットの実験中に爆発、死亡した。商社部長の3男で、自宅に実験室を持っていた。


昭和35年(1960).1.14〔14歳ら4人組が自動車を盗み連続強盗〕
 大阪府大阪市で、運転手(17)、ガラス工(19)、無職(22)、朝鮮生まれの塗装工(14)の4人組が盗んだ自動車を使って深夜に4件の路上強盗を働き、翌日に盗んだ背広と時計を質入れしようとして捕まった。遊ぶ金欲しさ。


昭和35年(1960).1.21〔14歳ら渋谷の少年ヤクザ19人が殴り込み〕
 東京都渋谷で武田組配下の「夜桜会」の副会長(20)が敵対する安藤組に引き抜かれて幹部となったことから抗争が激化、「夜桜会」会長(23)と手下(14〜19)18人が木刀やチェーンなどを手に、安藤組配下の「黒龍会」に殴り込みを掛けようとしているところを警官120人に踏み込まれて取り押さえられた。「黒龍会」も少年中心で、警視庁は少年ヤクザ徹底取り締まり方針を打ち出した矢先だった。


昭和35年(1960).3.2〔中2が連続窃盗放火〕
 東京都江戸川区の小岩駅周辺で放火を繰り返していた千葉県市川市の中学2年生(14)が捕まった。2月から葛飾区の学校をサボって通学路で窃盗8件と16件の放火。消防車のサイレンに快感を感じていた。5人兄弟の4番目で、友人はいなかった。


昭和35年(1960).3.27〔制服の売春 毎日新聞引用〕
 東京・江戸川小岩地区で、同地区の中学校卒業式を警戒中の私服警官が、不良グループを補導中に二人の女子中学3年生(14)が売春していることを突きとめた。二少女は若いチンピラから中学生までを相手に、代金三百円で体を売り、不良グループから客の斡旋まで受けていた。
 警視庁防犯部の調べでは、昨年売春容疑で補導された少女は497人。うち14歳5人、15歳19人、16歳41人。ポン引きの手先をしていた少年は15,6歳各1人、17,8歳各2人、19歳11人の計17人。昨年ごろから都内の"少女売春"が多くなり、今年になって小学6年生が売春していた事件も起こっている。これらの少女たちは学校も欠席がちで、家庭的にも問題の多い特殊な子だという。
 評論家神崎清氏の分析では、"少女売春"には三つの類型があり、(1)家庭が乱れている場合。(2)ぐれだした少女が、グレン隊の兄貴分に接近して"あねご"株になろうとする場合。(3)小遣い欲しさにやる場合。
(毎日新聞 1960年3月27日)


昭和35年(1960).9.6〔中3ら25人組の万引団〕
 東京都世田谷区の中学生25人組の万引団が捕まった。6月に中学3年生(14)を中心に万引きグループ「校友会」を結成、昼休みに服など24件5万円を盗み、学校までタクシーで帰っていた。


昭和35年(1960).10.5〔中2が家出して7件強盗〕
 東京都品川区の路上の車で寝泊まりしていた中学2年生(14)が捕まり、9.24に墓地で女性(36)をナイフで脅して5百円を奪い取るなど女性ばかり7人への強盗を自供した。先月家出して車に住みながら遊んでいたが、映画代などに困ったため。


昭和35年(1960).10.22〔中3の6人組がチェーンで殴って強盗〕
 東京都足立区の路上で中学3年生(14)6人組が定時高校4年生2人の顔をチェーンで殴って現金160円を奪ったが、すぐに捕まった。捕まる前に路上で女子高生を殴る事件も起こしていた。遊興費目的。


昭和35年(1960).11.8〔中2がナイフで刺す〕
 東京都北区の中学校の廊下で2年生(14)が3年生をナイフで刺して10日間のケガを負わせた。ぶつかったことにカッとしたもの。3回の前科があった。


昭和35年(1960).11.9〔中2が脅迫状〕
 東京都練馬区の教師(46)の家に「娘の命が惜しかったら5千円持ってこい」という脅迫状を出し、指定の場所に来た中学2年生(14)が捕まった。切手とおもちゃのピストルが欲しかったため。


昭和35年(1960).12.6〔中3の5人組が学校で同級生刺殺〕
 兵庫県神戸市の中学校の階段の踊り場で3年生(14)が3年生(14)を刺殺した。サッカー部員5人がバスケット部の被害者をからかったため決闘となったもの。殺人容疑で5人が逮捕された。


昭和36年(1961).1.19〔女子中学生17人が老人と援助交際〕
 東京都大田区の無職(71)は2年前に当時14歳だった女子中学生に千円を出して自宅でいかがわしい行為をした。「新しい娘を連れてきたら千円やる」と判明しているだけでも17人の女子中学生を紹介させて、最初は千円、2度目からは50〜200円を渡していかがわしい行為を繰り返し、婦女暴行の容疑で逮捕された。女子中学生たちはもらった金で、学校をさぼってローラースケート場などで遊んでいた。


昭和36年(1961).2.5〔中2ら13人が日本刀で決闘〕
 千葉県香取郡の林で、地元の中学3年生8人と成田市の中学2年生5人が日本刀やナイフ、自転車チェーンで乱闘して、5人が10日間の傷害を負った。詰まらないことで決闘になったもの。


昭和36年(1961).2.14〔女子中学生含む愚連隊「筑波会」〕
 東京都墨田区小岩の愚連隊「筑波会」の会長(25)と少年幹部10人、手下の少年工員5人、高校生28人(うち女子10人)、中学生19人(うち女子3人)が捕まった。38件の恐喝を繰り返していた。女子中学生(14)は、家から金を持ち出したりバーで働いて少年幹部に貢いでいた。


昭和36年(1961).3.21〔コーヒー牛乳を飲む愚連隊「飛竜会」〕
 東京都の愚連隊「飛竜会」58人(うち女子4人)が捕まった。高校生33人、中学生5人など14〜18歳の少年ばかりで、会長は私立高校生(19)。窃盗40件、恐喝10件を繰り返していた。裕福な家庭ばかりで、放任されているか、反対に厳しい躾に反発してぐれている者もいた。酒の代わりにコーヒー牛乳を飲むことで絆を強めていた。


昭和36年(1961).5.9〔中3ら女子10人組の万引きグループ〕
 東京都品川区五反田駅前の商店で万引きを繰り返していた中学3年生女子(14)9人と同じ中学の卒業生(15)の10人組が捕まった。おしゃれのために50店でアクセサリー、化粧品、服など20万円相当。1人が店員に話しかけて気をそらしている隙にほかのメンバーが服の下に隠して盗む手口。この年の大卒初任給15,690円。


昭和36年(1961).6.7〔14歳ら3人が窃盗〕
 東京都豊島区の左官(31)が、少年(14,15)3人の盗品を質入れして手数料を取ったり、家出少年を自宅に泊めて送検された。


昭和36年(1961).7.19〔中2ら30人が乱闘寸前〕
 東京都新宿区の公園で、中学2,3年生30人が、乱闘寸前に警察に捕まった。日頃から対立する学校同士で、この公園の縄張りを争ったもの。


昭和36年(1961).8.29〔中2ら5人が盗難車でドライブ〕
 東京都の中学2,3年生(14〜15)5人が、自動車4台、オートバイ3台を盗み、2人が捕まり、3人が大阪に逃走した。「夏休みの最後をうんと楽しもう」と無免許でドライブを楽しんでいた。全員が中流家庭、家に帰らないのに捜索届は1人しか出ていない。


昭和36年(1961).9.6〔中3ら2人が映画をもとに窃盗〕
 東京都港区の専門学校に中学3年生2人(14,15)が訪ねてきて、事務所から授業料4万6千円を強奪して逃走、11日に捕まった。ハリウッド映画「紳士同盟」をマネたもの。1人は中流家庭は、1人は母子家庭。窃盗で何度も補導されており、学校は欠席していた。


昭和36年(1961).9.14〔中3女子が同級生に硫酸をかけて失明させる〕
 静岡県三島市の中学3年生女子(14)が同級生の少女(14)に硫酸をかけ、右目を失明させ、左目はかすかに見える程度で、顔に3ヶ月のやけどを負わせた。2人とも優秀な成績だったが、被害少女が一歩ぬきんでたことにライバル心が激昂。容姿も良かったことから嫉妬したもの。父親は小学校の教諭、母親は幼稚園の保母の中流家庭。


昭和36年(1961).9.26〔中3が同級生を教室で刺殺〕
 千葉県香取郡大栄町の中学校で、中学3年生(14)が同級生(15)を殺害した。些細なことでケンカとなり、ナイフで心臓を一突きにしたもの。


昭和36年(1961).11.24〔中2ら13人が米軍住宅からジーパン38本を盗む〕
 東京都練馬区の中学2年生6人、3年生7人の13人がアメリカ空軍の住宅、グランド・ハイツからジーパン38本を盗んで捕まった。映画スターに憧れて、1年前から繰り返し忍び込んでいた。ほとんどは中流家庭のまじめな生徒。


昭和36年(1961).12.6〔中2が幼女にいたずらして殺害〕
 神奈川県横横浜市の自宅近くの防空壕のなかで小学1年生の女の子(7)が殺されているのが発見され、同じアパートに住む中学2年生(14)が犯行を自供した。中2生はかくれんぼしようと草むらに女の子を連れて行き、お医者さんゴッコをした。家の人に黙っているように頼んだが、女の子が「言っちゃうかもしれない」と答えたため、まえにも悪い遊びで叱られたこともあって首を絞めて殺害したもの。4人兄弟の3男だった。


昭和37年(1962).1.29〔中2が告げ口の逆恨みで小学生を毒殺〕
 愛知県岡崎市の農家の玄関に、中学2年生(14)が農薬入りの乳酸菌飲料を置き、飲んだ長男小学4年生(10)が死亡、二男の小学2年生(8)が重体となり、翌日に捕まった。1週間前に500円拾ったことを被害兄弟の母親が自分の母親に告げ口したのを恨んだもの。


昭和37年(1962).2.2〔中2が幼女にいたずらして置き去り〕
 東京都江東区で幼女を連れ去りいたずらして置き去りにする事件が5件起き、中学2年生(14)が逮捕され3件を自供した。1.17に男の子(4)を深川の自宅近くから自転車で連れ去り千葉県船橋市の競馬場近くに置き去りにした。1.22に女の子(5)を自宅に連れ込んで、墨田区に置き去りにした。1.30に女の子(4)を連れ去り煙草の火を手や顔に押しつけ殴って10日間のケガを負わせて羽田空港近くに置き去りにした。母親と姉の3人家族で、昭和34年には幼女へのいたずら、昭和35年には空き巣で捕まっている。


昭和37年(1962).2.11〔中3カップルがダイナマイトで心中を図る〕
 兵庫県神戸市兵庫区の六甲山山頂付近の雑木林で、宍粟郡の中学3年生(15)と中学3年生の少女(14)がダイナマイトで心中を図り、少年が顔面裂傷、少女が右足裂傷の重傷を負った。昨年末頃、2人の仲を知った教師に「あまり評判になるようなことはしないように」と注意されていた。少年は成績がよく、生徒会長も務めていた。


昭和37年(1962).6.3〔中3が幼女をいたずら殺人〕
 群馬県佐波郡の小学2年生の女の子(7)が行方不明になり、家の裏の消防用貯水池で死んでいるのが発見され、近所の中学3年生(14)が犯行を自供した。女の子が友達4人と遊んでいるところに中3生がやってきて「ジャンケンに勝った子にデンデンムシをやる」と言い、勝った女の子を誘い出して女の子の家が留守だったので裏でいたずらしようとしたが抵抗したため首を絞めて池に投げ込んだもの。
 中3生はほかの小学生にもいたずらしようとしたことがあり、2年前にはこの女の子にいたずらしようとして拒まれたのを恨んで女の子の家に放火している。柔道部に入っており、性格が荒かった。


昭和37年(1962).8.25〔中2が小5を誘拐して泥棒教育〕
 東京都中野区住吉町の小学5年生(10)が25日から行方不明になり、9月2日に逃げ帰ってくるまでの間、足立区の中学2年生(14)に連れ回されていた事が分かった。
 中2は7.23に家出。現金を盗み回り、建築現場で寝泊りしていたが、子分が欲しくなり小5を「おごってやる」と騙して連れ出し、万引きや盗みの手伝いをさせていた。別の名前を付け、服も着替えさせ、髪を丸坊主し、ボクシングを教え、近所の子供に喧嘩をさせて強くさせようとしていた。盗みの失敗をすれば鉄棒で殴り、ナイフで傷つけるなど、小5の顔は腫れ上がり全身傷だらけだった。
 札付きの不良で、成績は最低。7月にも小学3年生を子分にして盗み回るなど2回補導。


昭和37年(1962).9.3〔中3が通り魔と主婦殺人〕
 愛知県名古屋市の路上で3日に女店員(21)が刺される通り魔事件が起こった。8日には主婦(21)が自宅で傘の柄を下腹部に刺されて殺された。中学3年生(14)が2件の犯行を自供。少女にいたずらも繰り返していた。孤独でおとなしい性格。


昭和37年(1962).9.〔義務教育ストップして就労さす 青少年非行・犯罪史資料引用〕
 東京・世田谷の中学校で、3年生の男子3人(いずれも14)に「校風を乱し他の生徒の妨げになる」と卒業証書だけは渡す約束で就職させていたことが明るみに。3人の生徒は9月始め同級生の一部から、30円から50円をかき集めた。このことを知った学校では、持てあまし気味だったこの3人を担任教師、教頭、校長が協議の末、保護者を呼んで卒業証書だけは渡すとの条件で、早期就職をさせた。同区教委では「どんな非行があっても、学校が独断で義務教育を放棄させるような措置をとることは許されない。憲法違反だ」と調査に乗り出した。
(青少年非行・犯罪史資料 刊々堂出版社 318P)


昭和37年(1962).12.6〔中3が学校で刺傷〕
 青森県三戸郡の中学校で、3年生(14)が別のクラスの3年生(14)を登山ナイフで刺して10日間の傷害を負わせた。被害者に注意を受けたことがあり、また友人(14)が相撲で負けて殴られたため、仕返ししたもの。両親とも小学校教師で父親は教頭。深夜まで受験勉強を続けていた。


昭和37年(1962).12.〔中2非行少年の“タライ回し"問題〕
 大阪府大阪市近隣の中学校で、非行少年の“タライ回し"が問題になっている。12月に他校の中学2年生(14)ら3人が殴り込みをして4人に怪我をさせた事件があったが、殴り込みをした生徒は元は殴り込みをされた学校の生徒。喧嘩が茶飯事の粗暴な生徒であったため、校長とPTA役員が強要して転校させていた。被害を被った学校では「非行少年を邪魔者扱いするのは教育者のとるべき態度ではない」と言えば、転校させた学校では「件の少年はそんなに悪い生徒ではない」と責任も“タライ回し"。


昭和38年(1963).1.8〔14歳が火災保険金詐欺の幇助〕
 東京都足立区千住末広町で、昨年11.25に火事があり、少年(14)が放火の疑いで捕まった。放火された部屋の住人の屋台のおでん屋(24)とその内妻(18)が、博打の借金数十万円のため屋台を手伝っていた少年に指示してガソリンを使って放火させたもの。テレビ、洋服などに150万円の火災保険を掛けていた。


昭和38年(1963).1.18〔中2、4人がくじ付き年賀状600通盗む〕
 東京都品川区で中学2年生(14)ら4人が、年賀状を盗んだとして捕まった。元旦に会社員宅から100枚盗んだのをはじめ、3日間で45軒の郵便受けから448枚の年賀はがきを盗んでいた。景品ほしさから。


昭和38年(1963).2.6〔中2、中3の就職組が進学組の生徒をリンチ〕
 神奈川県横浜市の中学校で、2、3年生の就職組の生徒7、8人に進学組の生徒2人が暴行を受け、2週間の重傷を負った。以前にも就職組と進学組の喧嘩沙汰があったが、事件当日、就職組は卒業記念の植樹作業をやらされ、進学組は普段通りの授業。暴行を受けた2人は昼休み、テニスをしているところを1人ずつ呼び出されて棒で殴られたり足で蹴られたりした。3年生405名のうち、8割が進学組。この年の東京都の全日制高校進学率は75.86%、夜間高校5.5%。


昭和38年(1963).2.16〔14歳が空巣で一流生活〕
 福岡県北九州市戸畑区で、20件、51万円以上を稼いでいた空巣の少年(14)が捕まった。盗んだバイクに乗っていてパトカーに捕まり自供したもの。窓ガラスを破って侵入する手口。
 母親とは生き別れ、父親は病死。その後家出し、盗んだ金でアパートを借り、妹(7)と豪華な暮らしをしていた。この年の大卒初任給19,380円。


昭和38年(1963).3.18〔中2が父親襲うことを友人に依頼〕
 福岡県大牟田市の中学2年生(14)が「親父の頭を殴って気絶させてくれ。その間に俺が金を盗み出して千円をおまえにやる」と知り合いの中学2年生(14)に依頼した。「よし」と承諾した中2生は樫の棒を持ってこの家に行き父親(56)の頭を5,6回殴った。2週間のケガを負いながら、父親はこの中2生を捕まえた。名古屋への旅費欲しさのための犯行。


昭和38年(1963).6.27〔中2女子が兄と強盗を働く〕
 東京都板橋区志村中台町の都営団地に住む女性方(36)に、無職男(20)と中学2年生の妹の2人組み強盗がアイクチを持って押入り、すぐに捕まった。
 兄は少年院を出所したばかり。妹は不登校。経済環境は悪くなかったが、全くの放任状態。犯行当日、父親から500円の小遣いを渡されたがもっと遊ぶ金が欲しいと、空巣を計画。被害者宅に入ったものの見付かったため、強盗に変更した。


昭和38年(1963).12.13〔中2が両替詐欺〕
 神奈川県茅ヶ崎の中学2年生(14)が、1000円札を2枚に切り離してノートの切れ端に貼り付け、四つ折りにして菓子商(53)方に100円札の両替を頼んむ両替詐欺をして捕まった。友人から1枚600円のパーティー券を買わされ、小遣いが1000円しかなかったため犯行を思いついた。成績も家庭もごく普通の生徒。


昭和39年(1964).2.23〔中2が老女標的のひったくり〕
 東京都杉並区の中学2年生(14)3人が、年寄りの女性ばかりを標的にひったくりを繰り返して捕まった。自転車2台に乗りながら、64歳の女性から1500円入りの手提げを盗るなど数件。


昭和39年(1964).3.25〔中2の2人組が少女をおとりに強盗〕
 東京都豊島区池袋で、中学2年生(14)2人が14歳少女に「おじさん、お茶でも飲みませんか」と声を掛けさせ、付いてきた秋田県能代市の男性(39)に殴る蹴るの乱暴を働き、5百円を盗って逃走したが、すぐに捕まった。この日の終業式で教師と成績表のことで口論、頭に来て大人を驚かそうとしたもの。少女とは現場近くの喫茶店で知り合ったばかり。
 被害者談「少年犯罪の多いことは聞いていたがまさか中学生に人通りの多い処でやられるとは夢にも想わなかった。東京の子供は油断も隙もない。少女だと思ってのんびりしていたら」


昭和39年(1964).5.4〔中3ら少年少女6人組が連続強盗〕
 東京都板橋区の路上で、中学3年生(14,15)2人、少女(15)、工員(16)3人の少年少女6人組が、木刀で通行人を次々脅し、現金1500円、腕時計等を奪う強盗を2時間に5件起こして捕まった。睡眠薬遊びの常習者で余罪あり。子供の日に遊ぶ資金稼ぎ。「スリルがあった」と罪悪感はまったくない。土工(24)の指示と判明し、15日に逮捕された。







昭和40年(1965).5.22〔停学中の中学生が母校で乱暴三昧〕
 福岡県京都郡の中学校で、体育の授業中に停学中の中学生(14)が教師を棍棒と出刃包丁で襲い10日間の怪我を負わせた。駆け付けた教師らに取り押さえられるが逃げ出し、その後警官に捕まった。この中学生は38年に同級生全員に殴る蹴るの暴行したことを理由に停学処分。それからは一度も授業に出席していなかったが、肉屋で働きながら連日のように学校に来ては暴れていた。


昭和40年(1965).8.15〔女子中学生による暴行脅迫事件〕
 少女ら4名(中学3年生14才3名、15才1名)は昭和40年8月15日同窓会の打合せのとき、被害者(同じ中学校の生徒で15才の少女)が「あの人たちは4人いないとけんかしきらん。」といったことを根に持ち、8月21日午前10時ごろ、通行中の被害者を呼びとめて「悪口をいった。」と因縁をつけて、同女の顔面ならびに腹部をなぐるけるの暴行を加え、さらに出刃包丁をつきつけて、「殺すぐらいわけないよ。」と脅迫した。少女らは窃盗グループで26回にわたり万引をしていたことも判明した。
 少女らの家庭はいずれも中流以下で、監護についての関心は薄かった。4各のうち2名は窃盗の非行歴があり、少女らの家が商店街に近いこどから、学校帰りに商店街を遊び歩くうちに万引きをするようになり、しだいに非行グループ化し、学校でも女子生徒間のボス的存在となっていた。(福岡県) 警察庁「昭和40年の犯罪」引用。


昭和40年(1965).10.24〔中2がレイプしようとして主婦を殺害〕
 大阪府吹田市の自宅で、中学2年生(14)が近所の主婦(40)を殺害、死体を勉強部屋の押入れに隠したが、翌日逮捕された。
「小学1,2年のころは成績も良かったのに上級生になって異性に対する興味から勉強も手につかなくなった。主婦がやって来たのでいたずらしようと勉強部屋に誘い込んだが抵抗されたために首を絞めて殺した。遺体を全裸にしていたずらした」と自供。ポケットから「完全犯罪の計画書」というメモが見つかり、乱暴や殺害の方法、死体をバラバラに切断してコンクリート詰めにして川に捨てることや捕まったあとのことまで30項目に渡り細かく書かれていた。推理小説にヒントを得て、10日前に道徳の授業中にまとめたという。一人っ子で成績は中くらい、明るく評判のいい生徒だった。


昭和40年(1965).11.16〔中高生9人を含む23人の窃盗団〕
 東京都石神井署は、250万円余りの空き巣を働いていた、中高生9人を含む14〜18歳の少年23人の窃盗団を捕まえた。首領格の高3生(18)は、都立高校へ5番という好成績で入学したが、池袋の喫茶店で不良グループと知り合うようになってから学校をサボり、家出。アパートを借り、毎月10万円を使って愛人と一緒に暮らしていた。父親は会社社長。仲間の半数以上は中流家庭の子弟だった。


昭和41年(1966).4.16〔中3女子6人が集団リンチ〕
 大阪府大阪市東淀川区の中学校で、中学3年生女子(14)が同学生の女子グループから校内で4回もリンチを受けていたことが、被害者の母親の訴えで明らかになった。母親がグループの3人の家に理由を問い質したところ、その日の夕方にグループ6人が被害者宅に押しかけ、母親に抗議していた。


昭和41年(1966).6.13〔中3が結婚待てず心中〕
 長野県茅野の蓼科高原の山林で、東京都葛飾区の鉄工場経営者の三男(15)と、自動車修理業の長女中3(14)が、青酸カリ入りコーラを飲み、心中した。「5年も待っていられないわ。どこか遠い所に連れて行って頂戴」「遠い所に行こう。こんなことで君の一生を終わらせるのは、残念で申し訳ない」などと綴った手紙が残されていた。少年は定時制高校を中退後、家の工場に勤務、近所でも評判が良かった。中3は文学少女で、クラスのリーダー格の美少女だった。


昭和41年(1966).7.28〔中3が強盗殺人〕
 大分県日田郡中津江村の山中で、鮮魚行商の女性(52)が撲殺された。犯人は同村の中3(14)。挨拶をしたが冷たくされ、かっとなって石で殴り殺し、売上金2800余円を奪った。義理の父と実母は2人とも日雇いで、家庭的には恵まれてなかった。


昭和42年(1967).3.2〔中2が学校を嫌い5件の放火〕
 東京都江戸川区で連続5件の放火を働いた中2(14)が捕まった。同校の教室3つを焼失させた他、幼稚園の園舎3分の2を焼くなど、計5件と未遂2件。両親離婚後にぐれて成績も悪く、学校が燃えれば登校せずに済むと思い放火。教師に叱られた際、学校に放火するぞと脅していた。補導歴6回。


昭和42年(1967).4.27〔中2、こづかい銭欲しさに盗みと放火〕
 静岡県で中2、こづかい銭欲しさに盗みと放火。


昭和42年(1967).8.28〔中3が祖父殺害〕
 福井県坂井郡の中学3年生(14)が「祖父を殺した」と自首してきた。祖父(73)は中風で半身不随だったが、テレビを見ていると「やかましい」と怒鳴ったり、母親にあたりちらしていた。夕食のときに祖父が「まずい」と言ったのに腹を立て、深夜に寝ているところを紐で首を絞めたもの。すぐ横で寝ていた両親や弟も犯行に気付いていなかった。成績は良く、素直でやさしい性格と近所でも評判がよかった。


昭和43年(1968).1.31〔中2ら2人組が強盗殺人〕
 千葉県佐原市の路上で、中学2年生(14)2人が農家の主婦(32)を刺殺、逃走したが2.4に逮捕された。アルバイトで集金した700円を紛失したため女性を狙った強盗を計画、友人を誘い、匕首で金を出すよう脅迫したが騒がれたため背中を4回刺したもの。主犯は盗みや猥褻行為などの前科がある。


昭和43年(1968).3.〔非行グループがあき巣〕
 大阪府下の中学2年生S少年(14才)は、喫茶店で知りあつた非行グループ(14才1、16才1、17才2、18才2)に入り、競輪、競艇で遊ぶことを覚え、その遊興費等ほしさのために、昭和42年11月から43年3月までの間にグループで前後53回にわたり約600万円のあき巣を犯していた。犯行はトランシーバーで屋外の見張り役と連絡をとりながら行なうといつた計画的なものであつた。(大阪) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).3.〔中学生(14歳)が強盗殺人〕
 父が病弱、母が情夫と家出している不健全な貧困家庭に育った中学生(14歳)がヤクルトの集金代金を使い込んだことから強盗を企て、犯行に使用すべく「くり小刀」1丁を購入したうえ、同級生1名に加担を求め、昭和43年3月、佐倉市内の山道において勤め帰りの主婦(31歳)を襲い、背部など4ケ所を突き刺して殺害した。 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和45年(1970).2.24〔中学生による強盗致傷事件〕
 飲酒、喫煙、怠学と平素から不良行為を垂ねていた中学3年生(14歳)が、母と口論をして現金5,000円を持って家を飛び出し、料理店等でビール10本余を飲んだうえ2月24日午前零時30分ころ、ハイヤーで速れ込み旅館に乗りつけ、アベックで入浴中の女性客の下着を盗み、さらに調理場から包丁を盗み出し、電話器のコードを切断したうえ管理人を起し、包丁を突きつけて「風呂に入っていた女性の部屋に案内しろ」と脅迫して案内させ、アベック客が危険を感じて逃走したため代って別の部屋を案内させ、宿泊中の会社員(42歳)を縛り上げ、所持金を強取しようとした際に管理人に組みつかれ、包丁で1週間の傷害を与えた。(45.2.24福島検挙) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和45年(1970).3.5〔中2が通信販売詐欺〕
 栃木県佐野市の中学2年生(14)が、数社の通信販売会社から8千円相当の品物を受け取りながら代金を支払わず、詐欺で捕まった。少年は昨年8月から11月まで「父親が交通事故にあい、今すぐ支払えないが、後で新聞配達をして支払う」という嘘の手紙を、涙で字が滲んだように見せかけるため細工した上、送っていた。品物は運動用品で、級友に売り遊ぶ金を作っていた。


昭和45年(1970).8.3〔中3がテスト会場を放火〕
 兵庫県姫路市で中学3年生(14)が学校の講堂を未明に全焼させた。当日の実力テストの答案用紙を盗みに職員室に侵入したが見つけられず、火事になればテストは中止になるだろうと放火した。兄が優秀なのに比べ成績の悪いのを苦にし続けていた。3月にも答案用紙を盗んでいる。


昭和45年(1970).9.1〔中学生のカージャック事件〕
 非行歴をもつ中学3年生3人(14歳2人、15歳1人)が8月23日家出し、自動車を盗んで岩手、青森県下で盗みを働き、9月1日午前9時50分ころ、教師に発見されるや自動車内に内鍵をかけて立てこもり、所携のくり小刀を示し、また発煙筒をたくなどして抵抗の姿勢を示し、現場に駆けつけた警察官がドアーをバールで破り逮捕しようとした際、くり小刀を振りまわして抵抗し、教師に全治10日問の切創を与えた。(45.9.1青森検挙) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).1.〔父親を交通事故で失ったため車に対する憎しみからの連続自動車盗〕
 中学2年生の少年は、父親が交通事故で死亡したことから、車に対する憎しみが昂じ、「父を奪った車をこわしてやりたい」と思いつめるようになり、2か月間に9台の車を次々に盗みまわり、事故を起こしては放置して逃走していた。(静岡1月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和46年版引用。


昭和46年(1971).4.〔女子中学生のえい児殺害、死体遺棄事件〕
 父子2人暮しで放任された女子中学生(14歳)が、近所の高校生と関係をもち、深夜自宅便所で女児を分娩したが処置に困り、近くの川に投げこんだ。(大分4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和46年版引用。


昭和46年(1971).6.〔成人向き週刊誌を書店で拾い読みしているうちに女性裸体に興味をもち、女性の下着を連続窃取した中学生〕
 中学2年の14歳の男子が、書店で成人向き週刊誌の裸体写真や性に関する記事を拾い読みしているうちに、女の裸体に興味を覚え、女のはだ着に触れてみたい等の欲望にかられ、付近の物干場等から前後12回にわたり女性のはだ着のみ41点を窃取した。(長野6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和46年版引用。


昭和46年(1971).7.21〔中2が友達欲しいと放火〕
 東京都保谷市の中学校で、2年生(14)が放火して10の教室が全焼、7.23に逮捕された。「少年院に入って友達をつくるためにやった」と自供。両親は離婚してホステスの母親と高給マンションに住み、学校にはまったく行っていなかった。


昭和47年(1972).2.〔中学生の軍事基地に対する火炎びん投入〕
 中学校2年生(14歳)Fは、過激派による一連の火炎びん斗争に刺激され、日本の軍国化を阻止するためには何か事件を起こして世間の関心を高めなければならないと考え、自宅の石油ストーブから石油をぬきとり飲料水のビンにつめて呉潜水艦基地へ行き、火をつけて金網越しに投げ込んだ。(広島2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和47年版引用。


昭和47年(1972).3.〔14歳の中学生、酒乱の父のガス殺しをはかるが、未遂に終る〕
 14歳の中学生、酒乱の父のガス殺しをはかるが、未遂に終る(西新井) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和47年(1972).5.〔中学生によるけん銃奪取を目的とする派出所襲撃〕
 中学校3年生(14歳)Gは、連合赤軍による過激な行動をみて、むしゃくしゃする自分の気持を発散させるためには、これをまねて学校をダイナマイトで爆破したり、先生をピストルで射殺することだと考え、自分のバックにマサカリ、模擬爆弾などを詰めて事前準備をしたうえ、武器を調達するため派出所を訪れ、警察官のけん銃を奪取ようと派出所員に襲いかかった。(石川5月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和47年版引用。


昭和47年(1972).6.〔革命を夢みた中学生による郵便局強盗〕
 中学校2年生(14歳)Hは、浅間山荘事件等の過激な革命行動に刺激され、中学生独自の革命組織の結成を夢想して同級生に同調を求め、中学生社会主義者同盟を結成、活動資金を得るため、近所の郵便局へ白マスクをして侵入し「革命に使うから40万円出せ」と脅迫したが騒がれて逃走した。(東京6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和47年版引用。


昭和47年(1972).12.5〔中学生による学校内での傷害〕
 中学校3年生(14歳)Mは、保護者が学校教師で恵まれた家庭に育ち、学業成績上位にあったが、下校時に友人がN少年に殴られたとの話を聞き、かつて自分も同人にえり首をつかまれる等の乱暴をされたことがあったことから仕返しをしようと決意し、登山ナイフを携行して学校内でN少年を待ち伏せし、いきなり腰部を刺し全治10日間の傷害を与えた。(青森12月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和47年版引用。


昭和48年(1973).2.〔ストッキングで覆面をして強姦、強制わいせつ等の非行を重ねていた中学生〕
 離れに勉強部屋を与えられていた中学2年生のA(14歳)は、エロ雑誌を買いあさり、ヌード写真等をみては性衝動を高ぶらせていたが、実際に女性の身体に触れてみたいという欲望にかられて、ストッキングで覆面をして路上にひそみ、1人歩きの女性を次々に襲い、強姦1件、強制わいせつ16件を敢行したほか、女性の下着を専門とする干物盗28件の非行を重ねていた。(兵庫2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和48年版引用。


昭和48年(1973).4.21〔東京で中3生連続放火〕
 東京都葛飾区の中学3年生(14)を放火容疑で補導。12日から4日間で16件の放火を自供。受験勉強の緊張をほぐしに深夜外出、気晴し放火。


昭和48年(1973).4.〔自己が出産したえい児を殺害し、山中に遺棄した女子中学生〕
 中学2年生のA少年(14歳)は、27歳の男と肉体関係を持ち妊娠し、4月30日家人留守中の自宅で分娩したが、その措置に困りえい児を窒息死させ、衣類、毛布等にくるみ紙袋に入れ、裏山に遺棄した。(福井4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和48年版引用。


昭和48年(1973).10.15〔中3女が叔母を刺殺〕
 静岡県富士市の自宅で、中学3年生の女子(14)が養母(42)を殺害した。1日に家出し14日に保護されて帰宅したが、説教にカッとして台所の庖丁で15カ所をめった刺しにしたもの。
 生まれてすぐに母親が亡くなり父親も行方不明となって3歳から叔父夫婦に育てられていた。これまでも二度の家出と自殺未遂をしている。「説教してうるさいから消した。これで意見する者がいなくなってせいせいした」と平然としている。


昭和49年(1974).3.23〔中2の九州爆弾マニア〕
 福岡県北九州市の連続爆発事件で、中学2年生(14)が逮捕された。友達ができずにむしゃくしゃしてやったと自供。国鉄小倉駅構内のコインロッカーに仕掛けて爆発させ、通行人5人に対して重軽傷を与えたほか3月7日から3月20日までの間、4件の爆破事件とニセ爆弾事件を重ね、爆破予告の脅迫状を送っていた。科学が得意で爆弾を自作していたが、両親が異変に気づいて警察に通報した。


昭和49年(1974).8.28〔中3が幼女をいたずら殺人〕
 埼玉県北葛飾郡の自宅で、中学3年生(14)が幼稚園児の女の子(5)殺害した。女の子が遊びに来たのでいたずらしようと両腕を縛ったが、親に言いつけると抵抗したのでサラシで首を絞め殺害し、庭の段ボール箱に隠したもの。成績は悪く内気だが近所の人にもきちんとあいさつしていている普通の生徒で、教師は「まさかあの子が」と驚く。





昭和50年(1975).10.22〔中2ら5人が無免許運転で追突死〕
 東京都江戸川区の中学2,3年生5人が、両親から学校から帰るのが遅いと叱られたことから、夜間誘いあって家を抜け出し、自動車を盗んで無免許でドライブ中、深夜4時過ぎ千葉県我孫子市でセンターラインを超えて大型トラックと正面衝突し、3人が即死、女子を含む2人が重傷を負った。運転していたのは3年生(14)で、ブレーキの跡がなく居眠り運転らしい。


昭和50年(1975).12.14〔中2が教師を爆殺未遂〕
 兵庫県三木市で、中学2年生(14)が教師(27)の家にプロパンガスを利用した爆破装置を仕掛けたが、玄関を開けると発火装置につながった糸が引っ張られるスイッチが電池の接触不良のため爆発はなく、12.21に自首した。ほかの生徒の前でこの教師に注意された事に腹を立てて殺そうとしたもの。成績はトップの優等生だった。県警の分析によると、この爆弾が正しく作動すれば、15世帯を吹き飛ばす威力があったという。


昭和50年(1975).12.24〔中3が通り魔〕
 埼玉県蕨市と川口市で5.5に自転車に乗って女子高生と女子中生の顔にカッターナイフで切りつけ1週間のケガを負わし、9.12にはOL3人にケガ、12.7には小2の女の子(8)2人を中学校の更衣室に連れ込み縛って切りつけ1ヶ月のケガをさせた中学3年生(14)が12.24に捕まった。「テレビの深夜番組でヌードを見て切ってみたくなった」と自供。10件の事件を起こしていた。


昭和51年(1976).1.6〔中3がレイプ強盗殺人〕
 福岡県宗像郡の路上で、中学3年生(14)がOL(23)を殺害、1.17に「警察がぼくを疑っている」と自殺を図り、追及されて自供した。ピンク映画を見た帰りのバスでたまたま乗り合わせたOLをつけて後ろから首を絞め失神させてレイプしたが、意識を取り戻したので顔を見られたと思い排水溝のコンクリートのフタで頭を殴って殺し、現金数千円を強奪したもの。小遣い銭欲しさ。


昭和51年(1976).1.13〔中2が尻切り連続通り魔〕
 茨城県石岡市の路上で、中学2年生(14)が主婦(41)のお尻をナイフで刺して1週間の傷害を負わせ、20分後に会社員女性(21)のお尻をナイフで刺して傷害を負わせ、翌日逮捕された。「いたずら半分」と自供。


昭和51年(1976).7.〔中3女子ら80人が不純異性交遊〕
 中学3年生A子(14歳)ら80人の中、高校生は、学校において、自動販売機で購入したポルノ雑誌を回し読みしたり、性の体験談をしているうちに性に異常な関心をもち、グループをつくって昭和50年11月ごろから51年7月までの問、アパート、学絞の体育館、モーテル等で乱交パーティーや不純異性交遊を行っていた。(岐阜) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」 昭和51年版引用。


昭和51年(1976).8.25〔中3がヨーロッパで中1に暴行〕
 パリとジュネーブのホテルで「語学研修中学コース」に参加していた山梨県の中学1年生(12)が、同室の大阪府の中学3年生(14)にポルノ誌を買ってこいと命令されたのを拒むと、殴る蹴るの暴行を受け1ヶ月のケガを負い、さらにナイフで「添乗員に言いつけると、指を切り落とすぞ」と脅された。9.9に告訴。


昭和51年(1976).9.〔中3女子らが売春〕
 中学3年生A子(14歳)、同B子(15歳)ほか2人の中学生は、自動販売機から低俗雑誌数冊を買い求めて回し読みしているうちに、売春記事に興味をもち、新宿の盛り場等で低俗雑誌の実験を試み、昭和51年8月から同年9月までの間売春を行っていた。(警視庁) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」 昭和51年版引用。


昭和51年(1976)..〔中3ら5人が家出し窃盗〕
 中学3年生A男(14歳)は、「素行が悪い」と親にしかられたことから同級生5人を誘って家出し、野宿をしながら転々としていたが、飲食費や遊興費に困って、車上狙い、自動車盗、恐喝等21件(68万円相当)の犯行を重ねていた。(兵庫) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」 昭和51年版引用。


「警察白書」の昭和51年(1976)事例引用
 中学3年生(14)は、「素行が悪い」と親にしかられたことから同級生5人を誘って家出し、野宿をしながら転々としていたが、飲食費や遊興費に困って、車上ねらい、自動車盗、恐喝等21件、総額約68万円の犯行を重ねていた(兵庫)。


「警察白書」の昭和51年(1976)事例引用
 中学2年生の女子A(14)は、父が酒乱で乱暴したり、家庭が複雑であることをきらって家出し、転々としているうちに旅回りの舞踊団員(32)に言葉巧みに誘惑され、同団員の愛人にされた上、売春をさせられていた(大阪)。


昭和52年(1977).2.8〔中3が「火曜日の放火魔」のあとを継いで放火〕
 東京都新宿区歌舞伎町で、3件の放火をして有名私立中学3年生(14)が捕まった。新宿の連続放火犯「火曜日の放火魔」31歳が1週間前に逮捕され、「あとを継いでマスコミを騒がせてやろう」と火曜日まで待って、自宅から持ってきたサラダ油をまいてライターで火を付けたが、発見が早くてすぐに消火された。会社役員の次男で、推理小説マニア。


昭和52年(1977).3.14〔中2が脅迫電話23件〕
 愛知県西春日井郡で、中学2年生(14)が23件の脅迫電話をかけて捕まった。スーパーに「毒入りコーラを置いた」、警察に「爆弾を仕掛けた」など。「テレビドラマで、犯人の電話に刑事が走り回るのを見て、面白いから自分もやってみようと思った」と自供。


昭和52年(1977).3.18〔中2がいじめ復讐放火〕
 神奈川県横須賀市の中学2年生(14)が放火で捕まった。2.14未明、中学校の6教室を焼き、2.16にも6教室を焼いた。3.11に同級生宅に灯油をまいて火を付け、14日にも火を付けたが、発見が早くて消し止められた。この同級生(14)に去年からプロレス技をかけられるなどいじめられており、「火事になれば学校に行かなくてもすむし、同級生が来なくなる」と自供。1月には同級生宅に「学校を休め。来たらただじゃおかねえ」という脅迫状を出していた。


昭和52年(1977).5.27〔中3が父親殺害して仲間と相談〕
 兵庫県神戸市の自宅で、中学3年生(14)が父親(43)を殺害した。煙草をくわえながら女友達と電話中に父親が「また煙草を吸ってる」と殴った。カッとした中3生は「ちょっと待ってくれ」と電話で告げてから台所の庖丁で父親を刺し「いま親父を殺してやった」と言ったが相手が信じないので電話で父親のうめき声を聞かせた。それから風呂場に連れて行って心臓を刺して殺害、死体を寝袋に入れた。
 女友達を含めた同級生の仲間8人(男3人、女5人)に連絡を取り集合して死体を前に相談をした。皆は自首をすすめたが、「自首をするなら死ぬ」と言ったため警察には連絡せずに翌朝全員が学校に登校、中3生は「父親がいなくなった」と教師に言い、2人で自宅に向かっている途中に警官を見て山に逃走した。腹を空かして女友達に電話で食料を頼んで取りに行こうとして捕まった。
 父親は10年前に離婚、母親がいないのでとくに躾には厳しくしていた。「父親は釣りなどで遊んでいるのにボクのしつけにはうるさく身勝手だ。就職したかったのに高校に行けと言われた」と自供。仲間は血まみれの死体を見ても平然としていた。


昭和52年(1977).6.14〔中3女子ら5人が美人局〕
 大阪府大阪市の路上で、中学3年生女子(14)2人が工員(29)に「どこかに遊びに連れて行って」と声をかけ、少年(16,17,18)3人が「俺たちの女をどこに連れて行く」といきなり殴って10日間の傷害を負わせて現金1万2千円を強奪して逃走、すぐに逮捕された。遊ぶ金欲しさ。


昭和52年(1977)..〔中2ら4人が家出して窃盗〕
 中学2年A男(14才)ほか4人の同級生は、勉強が嫌いなことから「泥棒をして全国を遊び回ろう。」と相談のうえ家出し、不在中の別荘を根城に自転車盗、居あき、店舗荒し、恐喝11件(計22万円相当)の犯行を重ねていた。(三重) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和52年版引用。


昭和53年(1978).2.14〔中2ら7人が学校で覚醒剤乱用〕
 京都府宇治市の中学3年生(15)2人と2年生(14)5人の男女7人が、覚醒剤を乱用していて捕まった。先輩の無職(19)に密売所を紹介され、自宅や学校のトイレで注射器を使って打っていたもの。中流家庭の子弟ばかり。


昭和53年(1978).3.4〔中2女子2人がおばあさん狙いひったくり〕
 東京都板橋区の路上で、中学生2年生女子(14)2人が、老女(76)の1万円が入った定期入れをひったくった。「遊ぶ金が欲しくておばあさんだと簡単にできるだろうと思った」と話す。中流家庭で非行歴はない。


昭和53年(1978).3.24〔中2の4人がいじめ復讐のためお茶に毒薬〕
 大阪府枚方市の中学校で、2年生(14)4人が重クロム酸カリウムをヤカンのお茶に入れた。1人が飲んで吐き気をもよおし、他の生徒は異臭のため飲まなかった。
 科学同好会に所属しており、運動部の3人に「男らしくない部活だ」と馬鹿にされ、殴られるなどのいじめにあっていた。復讐しようと計画し、滋賀県のいじめ復讐殺人事件のような刃物だと犯人がわかるので実験してお茶の色に近い毒物を選び、15日には1人の弁当箱に苛性ソーダを混入していた。


「警察白書」の昭和53年(1978)事例引用
 中学2年生A子は、不純異性交遊を繰り返しているうちに、暴力団員から声を掛けられ、小遣い銭欲しさから、同級生のB子を誘い込み、自動車の中やモーテル等で売春していた(秋田)。


昭和54年(1979).1.22〔中2が学校で同級生刺殺〕
 兵庫県小野市の中学校の校庭で、2年生(14)が同級生の野球部副キャプテン(14)を刺し殺ろした。服装の乱れや校則違反をいちいち注意されたことを恨んでの犯行。


昭和54年(1979).3.19〔中2ら不良グループが番長跡目争いから学校放火〕
 東京都世田谷区の中学校で、卒業式の日の深夜2時、2年生(14)3人が卒業式会場の体育館に放火して3棟全焼、4.29に逮捕。他に2件の教室放火を自供。不良グループで3年生からの番長引き継ぎで抗争となり、暴力をふるわれた3年生と生活指導教師に復讐しようとしたもの。


昭和54年(1979).3.〔中2が教師に傷害〕
 中学2年生(14歳)は、授業中に他の生徒に悪戯したことから教師に注意されると、いきなり殴りかかり、更に自己のロッカーに隠し持っていた果物ナイフを持ち出して「殺してやる」と振り回し、左手等に全治1週間の傷害を負わせた。(3月、静岡) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」昭和54年版引用。


昭和54年(1979).4.28〔中3女子が学校内で同級生を刺殺〕
 北海道羽幌町の中学校で、3年生女子(14)が同級生女子(14)を殺害した。小学校時代は親友だったが、中2頃から別のグループとなって仲が悪く、被害者が自分のグループの友人の悪口を言ったことから休み時間に呼び出したが、逆に運動用具室に連れ込まれて顔を殴られ押し倒されて首を絞められたため、用意していた果物ナイフで胸や腹部など5カ所を刺したもの。
 「男子に水をかけられた」と返り血をあびた制服を体操着に着替えて平然と次の授業を受けていたが、被害者がいないことから教師が捜して血まみれの死体を発見し、警察の追及にも「グループを守るため」と冷静に犯行を自供した。成績優秀でスポーツも得意な美女で人気者。被害者は母子家庭で目立たない性格だった。


昭和54年(1979).8.18〔中2が厳格な父親を刺殺〕
 静岡県磐田市の自宅玄関前で父親(47)が中学2年生の一人息子(14)に殺害された。10年間可愛がっていた飼い犬が病死して遺影の現像を写真屋に頼んだが取りに行くとまだできていなかった。父親は「お前がのろのろしているからだ」と丸めた新聞紙で頭を叩いた。「殴られたら殴り返せ」といつも言われていたので反撃すると「父親に反抗するとは何事だ」と殴られた。ナイフを持ってきて突き付けると足払いをかけられたのでカッとして逃げる父親の背中を数回刺したもの。
 「一人っ子と言われるな」と厳しく育てられ、テレビも好きな番組は見られず、部屋には父親の書いた「努力」「勉強」「素直な心」などの言葉が貼られていた。成績はトップで、近所の人にも立ち止まって挨拶していた。父親に反抗したことはなかったが愛犬の死で日頃のうっぷんが爆発したもの。警察の追及に初めは「犯人あつかいするならウソ発見器にかけろ」などと言っていた。
 4.30には神奈川県横浜市で愛人を殺してきたと告白した父親(43)に長男(20)が激怒して両親と妹(16)の3人を殴り殺して家に放火し自分も焼け死んだ事件が起きている。


昭和54年(1979).9.13〔中3が母親刺し焼身自殺図る〕
 東京都港区白金台の自宅で、中学3年生の長男(14)が就寝中の母親(38)を果物ナイフで全身を18回めった刺しにして1ヶ月の傷害を負わせ、風呂場でテンプラ油をかぶって焼身自殺を図り1ヶ月の火傷を負った。
 長野県ではトップの成績だったが転校してから落ちてノイローゼとなり、小5の妹に当たっていた。明るい性格で学級委員だった。


昭和54年(1979).12.1〔中3ら2人が試験延期のため学校破壊〕
 大阪府寝屋川市の中学校で夜10時、3年生(14)2人がバットや投石で校舍の窓ガラス33枚を割って12.17に逮捕された。学校を壊せば11.3からの期末試験が延期されると考えたもの。


昭和55年(1980).1.8〔中2女子がいたずら電話の犯人扱いされ切腹〕
 兵庫県西宮市の河原で、中学2年生女子(14)が自分の腹部5カ所を果物ナイフで刺して「助けて」と叫んでいるのを通行人が見つけて病院に運んだが1ヶ月の重傷となった。同級生何人かの家に「万引きした」「男がいる」などの電話がたびたびあり、掛けた犯人ではないかとこの女子が疑われた。「死んでやる」「仕返しをする」という血で書いた遺書を残していた。


昭和55年(1980).7.15〔中3ら2人がシンナー吸って学校で死亡〕
 大阪府茨木市の中学校で、中学3年生(14)2人が、2時間目から美術室の木製ロッカー内でシンナーを乱用中、酸欠となって2名とも窒息死した。翌日発見。


昭和55年(1980).8.〔14歳ら暴走族「スペクター」が恐喝〕
 暴走族「スペクター」のメンバー15名(14〜19歳)は、「SPECTER一全国制覇」と印刷した小型マッチ5,000個を作成し、グループの後輩に命じて中学生らに1個300〜500円で売りつけるよう下命し、約31万円を喝取して遊興費等にあてていた。(警視庁、8月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


「警察白書」の昭和55年(1980)事例引用
 卒業生で暴力団員となっている少年(18)の影響を受けて、同級生から現金を脅し取っていた校内番長グループの中学生4人(14、15)は、級友を殴ったことで教師に注意され、これに激怒し、校舎の屋上に教師6人を呼び出して革ベルト等を振り回し、殴る、けるの暴行を加えた(神奈川)。


「警察白書」の昭和55年(1980)事例引用
 女子中学3年生(14)は、友人から借りたポルノ雑誌に刺激されてセックスに興味を持ち、自由に遊びたくなり家出し、発見保護されるまでの間、知り合った男数人と性行為を繰り返していた(愛知)。


「警察白書」の昭和55年(1980)事例引用
 女子中学生5人(14、15)は、家出してディスコ等で遊ぶうちに暴力団員と知り合い、誘われるままにホテルやモーテルで淫行された上、暴力団員、会社社長、職人等を相手に売春を強要されていた(神奈川)。


昭和56年(1981).3.〔中2がレイプ未遂〕
 中学2年生(14歳)は、自動販売機で購入した雑誌「漫画エロチカ」のヌード写真、性交場面等をみて刺激され、女子小学生をねらって姦淫しようと企て、市内の小学校の女子便所付近で待ち伏せ、同校女子6年生(12歳)を同便所内に連れ込み、姦淫しようとしたが、騒がれたため未遂に終ったが、少年は犯行の際くり小刀、ガムテープ、カメラを所持しており、同女を姦淫後、全裸にして写真撮影するつもりであったと申し立てた。(神奈川、3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和56年(1981).6.14〔中3がムシャクシャして通り魔殺人〕
 中学3年生(14歳)は、進路指導で高校進学はむずかしいと言われたことや、母親からステレオ購入をことわられたことで、ムシャクシャしていたが姉とけんかしたことから、果物ナイフを所持して家をとび出し、小学校の校庭で小学6年生の小女(11)を見かけ、からかってやろうと声をかけたが、無視されたのでカッとなり所携の果物ナイフで胸部、腕等を突刺し殺害した。(千葉、6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和56年(1981).6.〔中3が硫酸通り魔〕
 中学3年生(14歳)は、理科の授業で教えられたことがほんとうかどうか試すため、学校から注射器、硫酸を盗み出し、通行中の主婦及び小学2年生の背中に、注射器を使用して約1ccの硫酸をかけ、全治8週間と10日間の火傷を負わせた。(静岡、6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和56年(1981).7.17〔中3と中2が郵便局強盗〕
 福岡県赤池町の郵便局に中学3年生(14)と2年生(13)2人が侵入し、女性局長(68)に対し、刺身包丁を突きつけて「金を出せ」と脅迫し、カウンターの上に置いてあった現金26万1千円相当をわしづかみにして、オートバイで逃走した。オートバイを買う金欲しさに計画したもの。


昭和56年(1981).9.25〔中3が注意した教師に暴利力〕
 東京都青梅市の中学校で、3年生(15)が注意をした教師(47)を殴り、1時間後に3年生(14)が別の教師を殴って包丁を突きつけて、2人とも逮捕。


昭和57年(1982).1.〔中2が教師に暴行で内臓破裂〕
 中学2年生(14歳)は、授業開始直前の昼休み中、他の番長グループ員とシャッターをいたずらしていた際、教師が通りかかり、シャッターを開けて教室に戻ろうとしたため、これを追いかけて、同教師の腹部等を足げりして左じん臓破裂の重傷を負わせた。(警視庁、1月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和57年(1982).2.〔中2が教護院脱走し窃盗〕
 中学2年生(14歳)は、恐喝、窃盗等を繰り返して教護院に収容されていたが、すきをみて教護院を逃走し、小学生が留守番をしているカギッ子の家に「水を飲ませてくれ」等といって上り込み、タンス等を勝手に物色したり、脅しで金を喝取していた。(警視庁、2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和57年(1982).4.〔中3ら3人が教師に暴行で内臓破裂〕
 中学3年生の3名(14歳)は、生徒指導担当の教師が、平素から厳しく服装や髪型のことで注意していたのを根にもち、教室にいた同教師を校舎裏に呼び出し、準備していた角材で同教師の腕、腰、胸などを殴打し、全治1か月を要する左背部第8筋骨骨折の傷害を負わせた。(熊本、4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和57年(1982).9.〔中3が校長脅して卒業証書を出させる〕
 中学3年生(14歳)は、暴力団事務所に出入りするシンナー常習者で、学校にもほとんど登校しなかったが、授業に出ないで卒業しようと考え、シンナーを吸って校長室に入り、テーブルを蹴る等して暴れながら校長等に対し「週3日で卒業させろ、承諾書を書け」などと強談判し、校長をして「週3日登校すれば卒業証書を授与する」旨の承諾書を作成させた。(神奈川、9月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


「警察白書」の昭和57年(1982)事例引用
 中学3年生の女子(14)ら3人は、シンナー常習者であったが、先輩から、「シンナーより気持ちがよい。」と誘われ、覚せい剤を打ってもらったことから病み付きとなり、その後、暴力団員から情交の代償として覚ぜい剤を譲り受けるなどして、その乱用を繰り返していた(大阪)。


昭和58年(1983).2.4〔中3がいじめの仕返しに刺殺〕
 埼玉県所沢市で、下校中に中学3年生(14)が同級生(15)を刺殺した。被害者は日頃から中3生をいじめており、この時も中3生のカバンを何度も蹴ったため、工作の授業のため持ってきていたアーミーナイフで左胸を刺したもの。


昭和58年(1983).2.5〔中2ら10人が「浮浪者狩り」で殺人〕
 神奈川県横浜市の山下公園で、中学2年生(14)3人、中学3年生(15)2人、高校1年生(16)、無職(16)4人の「恐舞連合」グループ10人が、浮浪者(60)に殴る蹴るの暴行を加え殺害し、12日に捕まった。それまでにも対立グループとのケンカの練習のため地下街や公園で浮浪者を襲い、13人に重軽傷を負わせた。「逃げ惑う姿が面白かった」と自供。ほかに2人の浮浪者が殺害されているが、未解決。


昭和58年(1983).2.7〔中2ら7人がゲームウォッチ盗む〕
 東京都江戸川区のオモチャ屋倉庫から、中学2年生7人がゲームウォッチ40台22万円相当を盗んで捕まった。


昭和58年(1983).2.26〔中2が教師と揉み合いケガを負わされる〕
 茨城県水海道市の中学校で、2年生(14)がお菓子を食べながら遅刻してきたため教師が叱ったが、胸ぐらをつかんできたので教師は投げ飛ばし、足の骨にヒビが入るケガを負わせた。


昭和58年(1983).4.〔中3がレイプ、強制わいせつ12件〕
 中学3年生(14歳)は、書店や自動販売機で市販されているポルノ雑誌の影響を受け女性の裸体に興味を抱くようになり、約3か月間に通行中の若い女性を襲っての強姦致傷、強制わいせつ等12件の性犯罪を敢行していた。(京都、4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和59年(1984).2.〔中3の3人が注意され教師に暴行〕
 中学3年生3名(14、15歳)は、生徒指導担当教師(36歳)から生活態度について注意されたことなどから反感を抱き、同教師の授業を妨害しようと企て、約40分にわたり同教師を追い回し、校内6ケ所で、殴る、蹴る、投石する等の暴行を加え、加療1か月を要する傷害を負わせ九(佐賀、2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和59年(1984).3.〔中2に売春させていた個室マッサージ〕
 歌舞伎町で家出していた中学2年生を呼び止め,マッサージ嬢として雇い客に売春などのサービスをさせていた個室マッサージ経営者を児童福祉法違反で逮捕。(少年第二課) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和59年(1984).4.5〔中2が女性20人に強制猥褻〕
 神奈川県川崎市の中学2年生(14)が、20人の女性を襲って捕まった。マンションのエレベーター内で小学2年生から30歳過ぎの主婦までの女性にいたずらやレイプ未遂を犯し、抵抗した中学2年生女子(14)を殴って10日のケガを負わせるなどもしていた。テレビ番組の影響と自供。


昭和59年(1984).4.21〔中3番長グループ4人が教師をハサミで刺す〕
 番長グループ員の中学3年生(14歳)は、同級生をトイレに呼び出し、教師に告げ口した等と因縁をつけ暴行を加えたところ、職員室に逃げ込んだため、他の番長グループ員3名とともに職員室に押しかけ、机上にあったハサミで同級生の頸部を突き刺したほか、制止に入った教師に4名共同して暴行を加え、教頭の背中をハサミで刺し全治10日間の傷害を負わせた。(長崎、4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和59年(1984).5.6〔中3が学校でナイフ刺す〕
 東京都港区の麻布中学校で、3年生(14)が同級生の胸とひざを飛び出しナイフで刺して2週間のケガを負わせて傷害で逮捕された。4日に教室で一緒にトランプをしていた友達3人を被害生徒がマージャンに誘って1人取り残された復讐。文化祭の最中で、校庭の摸擬店前の出来事だった。成績は普通だが、喫煙で補導歴がある。


昭和59年(1984).6.〔中3がいじめる同級生を復讐殺害未遂〕
 中学3年生(14歳)は、同級生の被害少年から平素暴行を受けたり、ノートの模写を強制されるなどいじめられていたが、これに耐えきれず殺害を決意し、自宅から持ち出した菜切包丁で就寝中の被害者の頭部に切りつけ、全治6週間の傷害を負わせた。(山口、6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和59年(1984).7.13〔中2ら堀ちえみ親衛隊67人が窃盗4百件260万円〕
 東京都の警視庁は、盗みを繰り返していた堀ちえみ親衛隊67人を逮捕した。愛知県や関東の中高生や無職(14〜19)。全国で追っかけをするための資金稼ぎに、万引き10件、学校での窃盗7件、公衆電話荒らし404件で、現金213万円とビデオデッキなど48万円相当を盗んでいた。


昭和59年(1984).11.〔中2ら3人が暴行〕
 区立中学校2年生の男子生徒は,突張りの同級生3人に「目をそらした」と因縁をつけられ頭や腹を殴られ入院,傷害で補導。(蒲田署) 警視庁「少年非行等の概況」引用。





昭和60年(1985).1.8〔中2の22人が荒川で決闘〕
 東京都江戸川区の荒川河川敷で、中学2年生12人と別の中学の2年生10人が殴り合いの喧嘩をし、7人が顔などに軽症を負い、駆けつけた警察により22人は捕まった。昨年の12.26に1人が相手の中学の生徒にカツアゲされそうになったことが原因で、10人ずつ素手で決闘することになったもの。この生徒たちは非行グループではなかった。


昭和60年(1985).1.29〔中2が先輩の家で強盗〕
 東京都品川区の民家に、中学2年生(14)が手ぬぐいで覆面をして押し入り、風邪で寝込んでいた中学3年生(15)に金を要求して果物ナイフの柄で殴り付けて1週間の傷害を負わせて1060円を奪って逃走した。「お前の後輩だ」と言っていたので、小学校の卒業アルバムで面通しをして捕まった。先輩の家だとは知らずに、遊ぶ金欲しさに強盗を働いたもの。


昭和60年(1985).1.〔中2ら2人が焚き火で大火事〕
 中学2年生2人は、大井ふ頭にある東京港野鳥公園隣接空地において、遊び疲れて冷えきった体を暖めようと枯れ草でたきびをしていたところ、異常乾燥下の野鳥の草原30ヘクタールを延焼させ逃走し補導。(東京水上署) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和60年(1985).2.27〔中2女子2人が保母を絞殺〕
 愛知県名古屋市の児童福祉センターで、家出の繰り返しから一時的に預けられていた中学2年生女子2人(共に14)が午前4時、外に出る鍵を奪うために宿直で就寝中だった保母(36)の首を手で締めて殺し、現金1万円を盗んで逃走した。同室の者に「保母を殺してでも、明日逃げる」と語っていた。


昭和60年(1985).4.4〔中3が停学恨み校長を木刀で殴る〕
 静岡県棒原郡の中学校長(58)宅に中学生3年生(14)が押し入り、木刀で全身をめった打ちにして3週間の傷害を負わせて捕まった。2年生の時に授業中にテープレコーダーを掛けて停学処分になったことを恨んだもの。


昭和60年(1985).4.〔中3が強制猥褻〕
 中学3年生(14歳)は、ポルノ映面や雑誌を見て、自分も強姦しようと決意し、夜間、帰宅途中の女性の後をつけて抱きつき、陰部に触れる等の行為を20人に対し行った(神奈川4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和60年(1985).11.21〔中3が少女誘拐〕
 長崎県長崎市の民家に午前5時前、中学3年生(14)が侵入、就寝中の小学5年生の女の子(10)の手足を縛って口をテープでふさぎ、「2百万円用意しろ、さもないと殺すぞ」という脅迫文を置いて運び出し、空き家に監禁した。女の子は自力で脱出して午前8時に帰宅、証言からすぐに中3生が捕まった。
 9月にも午前4時に侵入してこの女の子を誘拐しようとして失敗している。金目当ての計画的な犯行で、スナックで窃盗を働いていたことも自供したが、成績は普通で学校では目立たない存在だった。


昭和60年(1985).12.16〔中2女子が万引き捕まって自殺〕
 千葉県船橋市のビル屋上で、中学2年生女子(14)が飛び降り自殺。本屋でマンガ8冊を万引きして捕まったが、逃げ出してすぐ側のビルに駆け込んだもの。


昭和61年(1986).1.〔中2ら2人がひったくり〕
 中学2年生の同級生2人は、盗んだバイクに無免許で2人乗りして、OLや女子大生、主婦をねらい、計13件20万円相当をひったくり(窃盗)補導。(小金井署) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和61年(1986).1.〔中2が窃盗〕
 中学2年生(茨城県)は、高校の生徒を装って有名校(PL、花園、堀越など)の教室、寮などに侵入し、1都2府4県約20件50万円相当を窃取し逮捕。(中野署) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和61年(1986).2.〔中2ら3人がお婆さん狙ってひったくり〕
 中学2年男女3人は、遊ぶ金欲しさ(秋田旅行)に年配の女性などを狙って3件、18万円相当をひったくり検挙。(小岩署、少年第二課) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和61年(1986).3.6〔中3長女が母親絞殺〕
 宮城県仙台市原町の自宅で、母親(39)が就寝中、中学3年生の長女(15)と友達の中学2年生女子(14)にコードで絞殺される。離婚し病気中、長女は非行を重ね、生活態度についてうるさく云われることから、殺害しようと決意。


昭和61年(1986).3.〔中2が窃盗〕
 中学2年の家出少年は、家人の留守を見計って、開いていたシャッターから店内に侵入。レジの中から現金18万円を盗んだほか、昨年2月からこれまでに空き巣など約100件、1,000万円を窃取し逮捕。(綾瀬署) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和61年(1986).8.17〔中3がいじめ復讐殺人未遂〕
 埼玉県川口市の公園で、中学3年生(14)が同級生(14)の頭をドライバーで刺そうとしたが軽傷を負わせただけで逃げられ、すぐに交番に自首した。1年前から殴られるなどいじめられており、この日も千円を持ってくるように命令されて、金を渡した隙に殺害しようとしたもの。ナイフも持っており、殺人未遂で逮捕。


昭和61年(1986).8.〔中3女子が売春〕
 中学3年生の少女6人(15歳、14歳)は、小遺銭欲しさから先輩の女子高校2年生(17歳)の紹介をしてくれた競馬の調教師騎手らと1回、2万円〜3万円で売春をしていた。(山形8月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和61年(1986).10.13〔中・高生、エアガンでホームレス襲う〕
 大阪府大阪市の四天王寺境内で、中・高生3人組が、就寝中のホームレス5人をエアガンで襲い、傷害を負わせた。


昭和61年(1986).12.〔中2ら2人がテレビドラマまねて窃盗〕
 中学2年生2人組は、ゲームセンターで遊ぶ金欲しさに「テレビドラマをまねて窓ガラスを破る」方法で学校を休んでは住宅に押し入り、現金など約800万円相当の空き巣を働き窃盗で補導。(志村署) 警視庁「少年非行等の概況」引用。


昭和61年(1986)..〔中学生が家庭内暴力と放火〕
 男子中学生(14歳)は皮膚炎(アトピー)が原因で、日頃からイライラが続き、その気分を晴らすため両親に暴力を振るっていた。ある日両親が叱責すると立腹して、自宅押入れの毛布に火をつけ同家を半焼させた。(三重) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和61年(1986)..〔中学生2人が窃盗〕
 東京都内居住の男子中学生2人(14歳)は、学業不振等から家出し、以前観光地パンフレットで見た志賀高原のホテルで住込みながら働いていた。その後両名は、深夜住込み先のホテル等から5回にわたり、ステレオ、アンプ等約500点、時価合計100万円相当の盗みをしていたが、届出により内偵中、少年らの犯行とわかり検挙した。(長野) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和62年(1987).3.〔少年窃盗団「風の旅団」〕
 中学2、3年生24人は、「風林火山」をもじった「すばやい仕事風のごとく……もうけること火のごとし」を合言葉とする人気漫画をヒントにした「風の旅団」という少年窃盗団をつくり、特殊警棒を用い、「おのぼりさんタイプでおぼっちゃん風、弱そうな者」を対象に遊興費や馬券購入のため、強盗3件、恐喝37件、窃盗約1,500件の非行を繰返し、現金1,800万円を得ていた。(3月警視庁) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和62年(1987)..〔中2が家出して窃盗〕
 京都府居住の少年(中学2年、14歳、男)は、継母との折り合いが悪いことから、車上狙いで得た現金2万円を所持して8月30日に家出し、金沢一東京一沖縄一大阪一金沢一大阪一新潟一大阪一広島と飛行機や新幹線等を利用して放浪を続けていた。この間、置引き、車上狙い等を繰り返しては、現金等(総額64万円相当)を調達し、ゲームセンターやソープランドで遊んだり、交通費、生活費に充てたりしていた。 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和63年(1988).2.29〔中学生2人がトランプバクチの借金返せないと刺殺〕
 大阪府大阪市福島区の自宅で、無職少年(15)が殺害された。野球部の後輩だった中学生2人がトランプバクチの借金50万円を返せないと、刺殺したもの。


昭和63年(1988).3.13〔中2がイジメの仕返し刺傷〕
 兵庫県尼崎市の中学校校庭で、2年生(14)が3年生(15)を刺して1ヶ月の重傷を負わせて逮捕された。日頃からいじめられており、この日も呼び出されて何度も蹴られて、持ってきていた果物ナイフで復讐したもの。2人とも補導歴がある。


昭和63年(1988).7.8〔中2が両親と祖母刺殺〕
 東京都目黒区の自宅で、中学2年生(14)が父親の会社役員(44)、母親(40)、祖母(70)を殺害した。友人(13)が数万円で殺人の手伝いを頼まれて朝4時にやって来たが、中2生が祖母の首に電気コードを巻きつけたのを見て怖くなって逃げていた。両親は教育に厳しく冷たかったので、就寝中に金属バットで殴り、目を覚ました父親にバットを取り上げられると包丁で、父親37回、母親72回、祖母56回めった刺しにしたもの。別の友人に犯行を打ち明けて死体を見せ、この友人が教師に告げて警察に通報され逮捕された。
 サッカー部に所属し、礼儀正しく明るい性格で人気者だったので周囲は皆驚くが、数ヶ月前から友達数人には親を殺すと話していた。また、大ファンだった南野陽子をレイプして自殺するが、迷惑を掛けるので先に家族を殺すと1週間前に打ち明けており、南野陽子のスケジュールを調べて7.8をその決行日と決めていた。初等少年院に長期収容となった。


昭和63年(1988).9.26〔中2が「ネクラ」と言われ友人殺害〕
 奈良県北葛城郡河合町で、中学2年生(14)が友人(13)を殺害した。無口のため「ネクラ」「もっとしゃべれ」と言われて殺害を計画、待ち伏せしてバットで10数回めった打ちにし、溝に投げ入れたもの。29日に捕まった。


昭和63年(1988).10.3〔中学生5人がホームレスに暴行〕
 兵庫県神戸市大倉山公園で、中学生5人が野宿者2人に消火器の泡をかけて暴行し捕まった。逃げ回るのが面白くてやったもの。





平成1年(1989).2.14〔中2ら兄弟が祖母殺害〕
 福岡県田川郡で、中学3年生と2年生(14)が一人暮しの祖母(66)を殺害した。こずかいをねだって断わられ、ジャンケンで殺す役を決め絞殺したもの。


平成1年(1989).8.28〔17歳ら暴走族が乱闘、中3が刺殺される〕
 北海道札幌市白石区で未明、暴走族「狂牙闘乱」50人(少年45人、成人5人)は、暴走族「北海道連合」に仲間が監禁されたことから、その奪還と報復のため襲撃し、中学3年生(14)を牛刀で刺し殺し、少年5人に重軽傷を負わせた。「狂牙闘乱」の中心メンバー高校生3人と有職少年4人(17,18)7人を逮捕。殺害された中3生は暴走族ではなかったが、同級生に誘われ、加勢のため来ていた。


平成2年(1990).8.〔中3の3人が友人の弟を殺害〕
 宮崎県都城市で深夜、中学校3年生3人(15歳2人、14歳1人)が友人の家に侵入し、就寝中の友人の弟の小学2年生(7)が「生意気だ」として抱え上げて畳の上に落とすなどの暴行を加えて殺害した。


平成5年(1993).1.〔中学生2名による傷害致死事件〕
 中学3年生2名(いずれも14歳)は、かねてから「いじめ」の対象にしていた被害者に対し、プロレスあるいは柔道と称し、「四の字固め」、「大外刈り」等の技を掛け、さらに足蹴りするなどして暴行を加え、脳挫傷等により死亡させた。(1月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成5年(1993).2.〔中学生らによる詐欺事件〕
 中学2年生4人(いずれも14歳)は、ディスカウントスーパーにおいて、パソコン5台のバーコードの上にラジカセのバーコードを貼付して騙取したのをはじめ同じ方法でパソコン、ビデオデッキ等22台を騙し取り、事務機器販売会社等に売っていた。(2月、兵庫) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成5年(1993).11.〔中学生による電車往来危険罪事件〕
 中学3年生(14歳)は、学校でいじめられたり、成績が悪くて先生に叱られたことから、電車を転覆させてうっぷんを晴らそうとJR高崎線の線路上にチューブ(重さ20.5キロ、長さ18.6メートル)1巻を放置した。(11月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成6年(1994).4.30〔中3が恋人の父親殺害〕
 長崎県長崎市の自宅で、父親(52)が殺害され、同居の女性(32)が重体となった。長女(14)と交際している中学3年生(14)が逮捕。交際をやめるように言われ殺害を計画、押しかけて包丁で父親の左胸部など6ヶ所を突き刺したもの。


平成6年(1994).4.〔中学生によるスタンガン使用コンビニ強盗事件〕
 中学3年生(14歳)は、ダイエット薬の購入資金欲しさから強盗を計画し、コンビニエンスストア内において、商品整理中の経営者に棒状スタンガンを突き付けて脅迫し、現金4万1,000円を強取した。(4月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成6年(1994).5.〔暴走族少年らによる連続強盗致傷事件〕
 無職少年7名(18歳3名、16歳3名、14歳)と有職少年(18歳)のグループ8名は、通行中の会社員や高校生らに因縁をつけ、手拳で顔面等を殴打し、足蹴りするなどの暴行を加え、連続して7件(被害総額16万円)の強盗を行った。(5月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成6年(1994).8.〔中学生による連続放火事件〕
 中学2年生(14歳)は、親に叱られたりして、気がムシャクシャし、うっ憤を晴らすために、住宅3棟と物置にライターで火を付け、全半燃させたほか、新聞を燃やすなど1日に9ヶ所に放火し、この他、これまでに事務所等6ヶ所の放火を行った。(8月、茨城) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成6年(1994).8.〔中学生によるかっぱらい等事件〕
 中学生(14歳)は、家出中に知り合ったロックバンドの追い掛け少女2名にスポンサーになることを約束し、福岡から北海道までコンサートツアーに同行して、盗みを重ね旅費や宿泊費にしていたもので、捕まるまでに事務所荒し等で現金総額200万円余りを窃取した。(8月、北海道) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).1.〔中学生5人による傷害致死事件〕
 中学3年生(14〜15歳)5人は、卒業生(15歳)から言葉遣いが悪いと因縁付けられて呼び出され、これに対抗するため金属バットを携行し呼び出し場所であるレストラン駐車場において卒業生の頭部等を殴り付け、外傷性くも膜下出血により死に至らしめた。(1月、福島) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).4.〔中学生による監禁致傷事件〕
 中学3年生(14歳)は、一緒に家出する友達欲しさから、ゲームセンターで出会った中学1年生に因縁を付け、4日間にわたり連れ廻して監禁し、その間、同中学1年生をコインランドリーの乾燥機に入れて回転させたり、口の中にタバコの灰を落とすなどの暴行を加え、全治3週聞の傷害を負わせた。(4月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).4.〔中学生による持凶器殺人未遂事件〕
 中学3年生(14歳)は、最近高校生(16歳)に金銭を要求されたり、使い走りをさせられるようになったことに加え、殴る蹴るの暴行を受けるようになったことから、殺害しようと決意し就寝中の同高校生の腹部を柳刃包丁で刺したが、全治1か月、の傷害を負わせたにとどまった。(4月、青森) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).7.〔中学生による持凶器強盗致傷事件〕
 中学3年生(14歳)は、市営住宅に侵入し、在宅していた主婦(42歳)に背後から近づき、首にカッターナイフを突き付けて脅迫し現金を強取しようとしたが、逆にナイフを取り上げられ、その際、主婦に3日間の傷害を負わせた。(7月、長崎) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).7.〔中学生8人によるいじめ傷害事件〕
 中学3年生(14歳)8人は、いじめの対象としていた同級生(14歳)に些細なことに因縁を付けて、平成7年7月1日から同月20日までの間、学校内において数回にわたり殴る蹴るの暴行を加え、肋骨骨折等の傷害を負わせた。(7月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).8.〔中学生5人による傷害致死事件〕
 スケートボード仲間である中学3年生(14歳)等5人は、仲間の一人である高校1年生(15歳)が練習を怠ったことに憤慨し、制裁として30分にわたり殴る蹴るの暴行を加え、急性硬膜下血腫により死に至らしめた。(8月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).9.〔中学2年生による中学校校舎への放火事件〕
 中学2年生(14歳)は、夏休みの部活動を欠席したことについて顧問教師から叱責されると考え、これを回避する目的で校舎1階の教室に灯油を撒き、マッチで点火して教室の本棚、床などを焼燬させた。(9月、長崎) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).10.〔中学生2人による放火事件〕
 中学3年生(14、15歳)の2人は、空き家に侵入し、同所に置いてあったオートバイを窃取したが、エンジンがかからないことに憤慨し、憂さ晴らしのためガソリンを古布に浸してライターで点火し、空き家一棟を全焼させた。(10月、栃木) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成7年(1995).10.〔教護院無断退去少年による強盗致傷事件〕
 教護院中等部2年生(14歳)は、民家に空き巣に人り、現金2,000円を窃取し、さらに物色中、帰宅した家人に発見され、通報及び逮捕を免れるため同家人の腹部を足蹴りにし、加療2か月を要する傷害を負わせた。(10月、岐阜) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).3.〔中学生による常習的な覚せい剤乱用事件〕
 中学3年生(14歳)は、知り合いの暴走族に勧められて覚せい剤乱用するようになり、母親の財布から金を抜き取るなどして覚せい剤を購入し逮捕されるまでに約60〜70回にわたり乱用した。(3月、兵庫) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).4.〔中学生による非現住建造物放火事件〕
 中学3年生(14歳)2人は、いじめを受けた報復に、同級生の教科書やノートに火を放ち、中学校校舎の壁の一部を焼燬した。(4月、長崎) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).4.〔無職少年等による恐喝事件〕
 無職少年(16歳)、中学3年生(14歳)の2人は、中学生(14歳)に対し小学校当時からいじめを繰り返し同人が無抵抗であることから、共謀の上、金員を喝取することを企て、顔面を殴打する等の暴行を加えて金負を要求し総額現金102万円を喝取した。(4月、兵庫) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).5.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳)は校内の廊下において、教師から授業を受けるように注意されたことに立腹し同教師の胸ぐらを掴む等の暴行を加え、さらに学校内に連れ込み、ゴミ箱を投げつける等の暴行を加え、全治1週間の傷害を負わせた。(5月、奈良) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).5.〔中学生による同級生に対する恐喝事件〕
 中学3年生(14歳)は、性格のおとなしそうな同級生に対し殴る、蹴る等の暴行を加え、脅迫して金員を要求し3ヶ月間に11回にわたり、総額現金約30万円を喝取した。(5月、兵庫) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).5.〔中学生による非現住建造物放火事件〕
 中学3年生(14歳)は、学校生活が嫌になり、学校に付属している物置小屋に火を放ち、同小屋を全焼させた。(5月、青森) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).5.〔女子中学生による体育館放火事件〕
 中学3年生女子(14歳)は、剣道の部活動が嫌になり、部室に火を放ち、体育館を全焼させた。(5月、長野) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).5.〔中学生等による連続ひったくり事件〕
 中学3年生(14歳)等12人は、共謀の上、7ヶ月にわたり、帰宅途中や通行中の女性等の後方からオートバイや自転車で近づき、追い抜きざまにセカンバッグ等をひったくり窃取した。(5月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).6.〔中学生による自宅放火事件〕
 中学3年生女子(14歳)は、服装のことで両親に注意されたことに憤慨し、自宅各部屋に灯油を撒いて火を放ち、自宅を全焼させた。(6月、青森) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).7.〔高校生等による大学構内における恐喝、傷害事件〕
 高校1年生(16歳)、無職少年(15歳、3人)、中学3年生女子(14歳)の5人は、大学構内において、同大学生(19歳)等9人に対して因縁をつけ、顔面を殴打する等の暴行を加え、6人から現金10万9,600円を喝取した上、5人に全治3日から3週間の傷害を負わせた。(7月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).9.〔中学生等による強盗致傷事件〕
 中学3年生(14歳)、中学2年生(14歳)、高校1年生(15歳)の3人は、共謀の上、「学生狩り」と称して通行人から金品を強取しようと企て、高校生(18歳)を3人で取り囲んで、肩を掴む等の暴行を加えて脅迫し、スパナで顔面を殴打し現金900円、テレホンカード等在中の財布を強取し、その際、全治2週間の傷害を負わせた。(9月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).10.〔中学生等による連続ひったくり事件〕
 中学3年生(14歳、15歳)2人は、暴力団員等と共謀の上、通行人から金品をひったくることを企て、通行中の会社員(57歳)の後方から近づき、現金6万円在中のセカンドバッグをひったくり窃取したほか、連続してひったくりを敢行していた。(10月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成8年(1996).10.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳)は文化祭の吹奏楽部の演奏にやじをとばしたことを教師に注意され立腹し、摸造刀で同教師を殴打して、全治1週間の傷害を負わせた。(10月、福岡) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成9年(1997).3.16〔中3が通り魔殺人と首切断 酒鬼薔薇聖斗事件〕
 兵庫県神戸市の路上で、中学3年生(14)が小学4年生の女の子(10)の頭部をハンマーで殴打して殺害、直後に通行中の小学3年生の女の子(9)の腹部を刃物で刺して2週間の傷害を負わせた。
 5.24に小学6年生の男の子(11)を絞殺、首を切断して中学校の正門に遺棄した。「酒鬼薔薇聖斗」と名乗って脅迫状をマスコミに送りつけ、6.28に逮捕された。


平成9年(1997).3.22〔中2が主婦を強盗殺人〕
 三重県三重郡で、中学2年生(14)が窃盗目的で民家に侵入、帰宅した主婦(51)に顔を見られ、台所にあった包丁で頭などを刺して殺害した。


平成9年(1997).12.〔中学生による実父殺人事件〕
 中学3年生(14歳)は実父(45歳)に勉強のことなどで怒られて殴られたことに立腹し包丁で首を刺して殺害した。(12月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。





平成10年(1998).2.〔中学生による強盗事件〕
 中学3年生(14歳、15歳)2人は、中学生(15歳)に対しバタフライナイフを突きつけて脅迫し、さらに顔面を殴打するなどの暴行を加え、現金580円を強取した。(2月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).2.〔中学生による刃物使用傷害事件〕
 中学2年生(14歳)2人(双子の兄弟)は、人を刺して警察に捕まれば、学校に行かなくてもよいと、人を刺すことを共謀し、通りがかりの主婦(58歳)をすれ違いざまにナイフで刺し、全治3週間の傷告を負わせた。(2月、鳥取) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).2.〔中学生による連続窃盗(自動車盗)事件〕
 中学3年生(14歳、15歳)5人、有職少年(16歳)2人の7人は、それぞされ数名づつに分かれ、深夜にエンジンキーを付けて駐車していた普通乗用車等11台(被害合計715万円相当)を窃取した。(2月、京都) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).3.〔中学生による殺人事件〕
 中学2年生(14歳)は実父(41歳)から暴力を受けたことで実父を殺害しようと決意し、友人の中学2年生(14歳)と共謀してダンベルや金属バットで頭部を殴打して殺害した。(3月、千葉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).3.〔中学生による刃物使用傷害事件〕
 中学2年生(14歳)は、前日同級生(14歳)に殴られたことから、その翌日仕返しをしようと自宅から包丁を持ち出し、背後から切りつけ、全治2ヶ月の傷害を負わせた。(3月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).3.〔中学生等よる強盗致死事件〕
 中学3年生女子(14歳、15歳)2人は、知り合いの無職男性(69歳)から金員を強取しようと企て、金を出せと申し向けながら、同人の腹部を足蹴にし、さらに仰向けに倒れた同同人の胸部腹部等を踏みつけるなどの暴行を加え、金員を強取しようとしたが、同人が現金を所持していなかったため、その目的を遂げなかったが、その際、右暴行により胸腔内損傷等の傷害を負わせ、死亡するにいたらしめた。(3月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).3.〔中学生等よる強盗事件〕
 中学2年生(14歳)2人、高校2年生(17歳)の3人は、自転車で帰宅途中の小学生(12歳)を取り囲み、ナイフを示しながら暴行を加え、現金2,000円を強取した。(3月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).3.〔中学生による強盗致傷事件〕
 中学2年生(14歳)は、スーパーマーケット内の女子トイレにおいて、無職女性(60歳)の右頸部をカッターナイフで切りつけ、現金約1万円在中のショルダーバックを強取し、その際、全治10日間の傷害を負わせた。(3月、岐阜) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).3.〔中学生等による恐喝未遂事件〕
 中学2年生(14歳、女子)2人、中学3年生(15歳、女子)、無職少年(16歳、女子)の4人は、アイドルグループの追っかけをするための交通費や食事代を調達するため金品を喝取することを企て、同じく追っかけをやっていた歯科助手(19歳、女子)に金をだせと因縁をつけ、顔面を殴打したり、傘の先で突くなどの暴行を加えたが、同人がすきをみて逃走したため、その目的を遂げなかった。(3月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).3.〔無職少年等による恐喝未遂事件〕
 無職少年(17歳)、中学2年生(14歳)2人の3人は、共謀のうえ中学生(14歳)のトランプゲームの借財を他の同級生(14歳)に肩代わりさせることを企て、無職少年が中学2年生をして、中学生に対して「ナイフで脅かしても金を借りろ」と指示して、中学生が同級生の顔面にナイフを突きつけ、「金を貸してくれ」等と申し向けて現金の交付を要求したが、同級生がこれに応じなかったため、その目的を遂げなかった。(3月、千葉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).3.〔中学生による軽犯罪法違反事件〕
 中学2年生(14歳)は、自宅の電話から警察通信指令本部に110番通報し「空港に爆弾を20個仕掛けた。7時30分ころ爆発する」との虚構の申告をした。(3月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).4.15〔中3が友人と2人で父親殺害〕
 千葉県四街道市で、中学3年生(14)と友人の中学3年生(14)が、無職の父親(41)を金属バットで殴打して殺害した。


平成10年(1998).4.〔中学生による強盗事件〕
 中学3年生(14歳)は、自転車で帰宅途中の中学生(14歳)に、果物ナイフを突きつけて脅迫し、現金約700円を強取した。(4月、福岡) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).5.〔中学生及び高校生による傷害致死事件〕
 中学3年生(14歳)2人、高校1年生(15歳)2人の4人は、高校1年生の自宅にいたずら電話をかけていると。思われる中学生(14歳)を公園に呼び出し、頭部、顔面等を殴打並びに足蹴りするなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫等の傷害を負わせ、死亡するに至らしめた。(5月、京都) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).5.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳)は、教師(女性、28歳)から喫煙を注意されたことに憤慨し、殴る、蹴るの暴行を加え全治1週間の傷害を負わせた。(5月、茨城) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).5.〔修学旅行中の中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳)5人は、修学旅行中のため乗車中の新幹線車内において、引率教師(33歳)に喫煙を注意されたことに憤慨し、殴る、蹴るの暴行を加え止めに入った教師や生徒にも傷害を負わせた。(5月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).7.〔中学生等よる強盗致傷事件〕
 中学3年生(14歳)、無職少年(15歳、17歳)の3人は、成年被疑者(24歳)と共謀して、通行人から金品を強取しようと企て、帰宅途中の会社員(61歳)に対し、殴る、蹴るの暴行を加え、現金6万6,000円在中の財布を強取し、その際、全治10日間の傷害を負わせた。(7月、千葉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).7.〔無職少年等による「犯罪会社」を組織した窃盗事件〕
 無職少年(16歳、17歳)、有職少年(17歳、18歳)、中学3年生(14歳、15歳)の6人は、金を稼ぐためなら何をしてもいいという「裏会社」と称する犯罪組織を結成し3〜4人ごとに分かれ、空き巣、ひったくり等を連続して行っていた。少年らには、50万円が貯まった時点で15万円の給料が支給されていた。(7月、静岡) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).7.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳)は、清掃中ふざけているのを教師(28歳)から注意されたことに立腹し、授業終了後、鉄パイプを持って職員室に押し掛け、同教師に殴りかかり、全治6週間の傷害を負わせた。(7月、山梨) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).9.〔女子中学生による偽やせ薬郵送並びに傷害事件〕
 女子中学生(14歳)は、クラスで浮いた存在になったことから、2学期が始まる前にみんなの気持ちを他に向けさせようと思い、和歌山県下で発生したヒ素入りカレー事件を真似て、クレゾール液を同級生や担当教師19名に郵送し、これを受け取った級友(14歳)1人に、真実やせ薬と誤認させて嚥下させ、食道等内臓炎症による全治11日間の傷害を負わせた。(9月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).10.〔中学生等による傷害致死事件〕
 中学2年生(14歳)、中学3年生(14歳)2人、無職少年女子(16歳)2人の5人は、共謀のうえ、交遊している中学生(14歳)が仲間から離反することに憤慨し、制裁を加えることを企て、空き地に呼び出して、殴る、蹴る、の暴行を加え、硬膜下血腫により死亡させた。(10月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).10.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳、15歳)4人は、ホームルーム中の教室に押し掛け、友人を呼び出そうとし、教師(36歳)に注意されるやこれに立腹し、大声を出して騒ぎ、騒ぎを聞いて駆けつけた教師(42歳)に殴る、蹴るの暴行を加え、全治1か月の傷害を負わせた。(10月、千葉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).10.〔女子中、高校生らによる覚せい剤乱用事件〕
 中学3年生女子(14歳、15歳)2人、高校1年生女子(16歳)、無職少女(16歳)は、シンナー乱用仲間であったが、シンナー密売人や暴力団組員と知り合いになり、同組員らの自宅等に出入りするうちに覚せい剤を勧められ、組員らと共にこれを乱用していた。(10月、栃木) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).11.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳)は、校内で飲酒して、職員室前で騒いでいるところを担任教師(30歳)に注意されるや立腹し、顔面等を殴打、全治2か月の傷害を負わせた。(11月、高知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).12.22〔中学生による強盗殺人事件〕
 中学3年生(14歳)は、玉子屋の女性経営者(80歳)を殺害して金員を強取しようと企て、同女方玄関ガラス戸に投石、破損させ、驚いて玄関口に飛び出した同女を認めるや、右玄関から侵人し、殺意を持って、同女の胸部等を包丁で突き刺し金員を強取しようとしたが、同女が大声を上げて屋外に逃れたためその目的を遂げなかったが、その際、右暴行により同女を胸部等の切創による失血により死亡させ殺害した。(12月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成10年(1998).12.〔中学生による校内における殺人未遂事件〕
 中学3年生(14歳)は、皆が楽しそうにしていることに腹を立て、相手は誰でもよいから殺害しようと思い、体育館に入ろうとしていた女子中学生(14歳)に対し、背後から果物ナイフで右背部を突き刺し、さらに仰向けに倒れた同女の胸部等を刺したが、同校教師に引き離されたためその目的を遂げなかった。(12月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).1.〔中学生等による中学校連続放火事件〕
 中学2年生(14歳)3人、中学3年生(14歳、15歳)2人、無職少年女子(18歳)の6人は、日ごろの不満を晴らすため、自分たちの通学する中学校内に侵入し、ゴミ箱の紙屑に放火して、天井、壁等を焼損させ、さらに、他の中学校の運動クラブ部室外壁にガソリンを掛けて放火し、全焼させた。(1月、北海道) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).1.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学2年生(14歳)は、担任教師(女性、37歳)に、自己の机の落書きを消すよう注意されたことに憤慨し、殴る、蹴るの暴行を加え、全治2〜3週間の傷害を負わせた。(1月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学2年生(14歳)は、服装や頭髪について教師(41歳)から注意されたことに憤慨し、スポーツバッグ等で殴りかかり、全治1週間の傷害を負わせた。(2月、茨城) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学2年生(14歳)2人は、1月下旬、授業中に麻雀を始めて授業を妨害し、これを教師(33歳)に注意されたことに憤慨し、殴る、蹴るの暴行を加え、全治1週間の傷害を負わせた。(2月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).2.〔中学生による恐喝未遂事件〕
 中学3年生(14歳)は、平成10年11月、後輩の中学2年生女子(14歳)に交際を断られたことに立腹し、自分が保護観察中であったことから、同級生の中学3年生女子(15歳)と共謀して、被害者を公園に呼び出し、現金10万円を喝取しようとしたが、張り込み中の警察官に逮捕され、その目的を遂げなかった。(2月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).3.〔中学生による窃盗事件〕
 中学2年生(14歳)は、郵便配達のため駐車中のバイクの郵便バッグから、地域振興券計11冊(時価22万円相当)の入った封筒9通を窃取した(3月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).3.〔中学生の集団による傷害事件〕
 中学3年生(14歳〜15歳)3人は、1月中旬、後輩の中学2年生(14歳)を校庭に呼び出し、態度が悪いなどと因縁をつけ、素手や角材で殴る、蹴るの暴行を加え全治2週間の傷害を負わせた。(3月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.〔高校生等による強盗致傷事件〕
 高校2年生(17歳)、中学3年生(14歳)の2人は、通行中の会社員(26歳)を前後から取り囲み、いきなり顔面、腹部等を殴り脅迫したが、会社員がすきをみて逃走したため、その目的を遂げなかったが、その際、全治1か月の傷害を負わせた。(5月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).5.〔中学生らによるシンナー密売事件〕
 中学2年生男子(14歳)、有職少年(17歳)3人、無職少年(17歳)の5人は、暴力団員からシンナーを購入し、自ら乱用していたほか、小遣い稼ぎのため、他の少年らにシンナーを密売していた。(5月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔中高校生等によるシンナー乱用事件〕
 中学2年生男子(14歳)、中学2年生女子(14歳)、高校3年生男子(18歳)2人、専門学校生(16歳)、無職少年(18歳)の6人は、「夢の宅配瓶」と称する暴力団員等による宅配方式のシンナー密売組織からシンナーを購入し、乱用していた。(6月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).6.〔中学生による強盗事件〕
 中学3年生女子(14歳)3人は、共謀の上、帰宅途中の女子高校生(16歳)をマンション玄関ホールに連れ込み、殴る、蹴るの暴行を加え、現金300円を強取した。(6月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).7.〔高校生等による強盗致傷事件〕
 高校1年生(15歳)、中学3年生(14歳)は、4月上旬、成人男性2人と共謀の上、通行中の会社員(25歳)を取り囲み、殴る、蹴るの暴行を加え現金を強取しようとしたが、会社員が大声を出したため、その目的を遂げなかったが、その際、全治1週間の傷害を負わせた。(7月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).7.〔中学生による強盗事件〕
 中学3年生(14歳)は、貴金属店において、モデルガンを社長(59歳)に突き付けて脅迫し、高級腕時計27個(定価合計約1,400万円相当)を強取した。(7月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).8.〔中学生による強盗4件〕
 中学3年生(14歳)2人は、成人男性(26歳)と共謀の上、通行中の中学3年生(15歳)2人にナイフを突き付けて脅迫し、車両内に押し込み、現金3,400円を強取した。(8月、茨城) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).8.〔女子中学生及び無職少年による覚せい剤乱用事件〕
 中学2年生女子(14歳)、無職少年女子(15歳)の2人は、知り合いの成人男性から覚せい剤を勧められ、興味本位からホテル等で同人から覚せい剤の注射を受けるなどして乱用していた。(8月、長野) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).9.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳、15歳)6人は、日ごろの技術担当教師(41歳)の指導に反発し、休み時間に技術室に押し掛けて、殴る、蹴るの暴行を加え、全治10日間の傷害を負わせた。(9月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔中学生による窃盗(空き巣)事件〕
 中学生3年生(14歳、15歳)8人は、同じ中学校のグループであるが、平成10年11月から平成11年8月にかけて、遊ぶ金欲しさから単独や数人のグループで、空き巣狙いの手口で現金総額約2,300万円を窃取した。(10月、愛知) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成11年(1999).10.〔中学生による教師に対する傷害事件〕
 中学3年生(14歳)は、9月下旬、遅刻した授業を欠席扱いされたことに憤慨し、担任教師(女性、45歳)の頭部を殴るなどの暴行を加え、全治2週間の傷害を負わせた。(10月、東京) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成12年(2000).2.17〔中1ら兄弟が母親傷害致死〕
 福岡県福岡市の自宅で中学2年生(14)、中学1年生(13)の兄弟は日頃から飲酒して家庭を顧みない実母(49)に対して、殴る蹴るの暴行を加えて死亡させた。食事も作らず、親子ゲンカが絶えないため、児童相談所が母親に酒をやめるよう注意していた。


平成12年(2000).2.25〔中2が下級生刺殺〕
 福岡県芦屋町の中学校で、中学2年生(14歳)は、下級生(13歳)にトイレに呼び出されて殴打されたことに逆上し、ナイフで腹部を突き刺し殺害した。


平成12年(2000).2.10〔中3ら2人が強盗殺人〕
 東京都江東区夢の島公園で、定時制高校1年生(15)と中学3年生(14)は、無職男性(33)に丸太で殴るなどの暴行を加えて殺害し、現金8千円入りの財布を強奪した。それまでも遊ぶ金欲しさにカツアゲを繰り返していた。


平成13年(2001).3.〔中学生による殺人未遂等事件〕
 女子中学3年生(14歳)は、日頃から継父(29歳)から暴力を振るわれていたことから、同人を焼き殺そうと企て、同人が就寝中のアパートの居室に灯油をまき、ライターで点火して放火したものの、継父が火に気づき逃げたことから、殺害の目的を遂げなかった。(3月、神奈川) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成13年(2001).4.〔暴走族構成員等による傷害等事件〕
 暴走族構成員12人(14歳〜19歳)は、単車等で暴走行為中、男性(37歳)の運転する車両が自集団の進路を妨害したと邪推し、同人の車両を停止させ、金属バット等で同人及び同人が乗車していた車両を殴打するなどして同人に傷害を負わせるなどした。(4月、大阪) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成13年(2001).4.〔中学生による連続強盗等事件〕
 児童自立支援施設に収容されていた中学2年生2人(いずれも14歳)は、同施設を抜け出し、約1か月の間に、約40件の強盗等を繰り返し、被害総額約140万円を強奪等した。(4月、千葉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成13年(2001).4.〔中学生による電子メール利用のわいせつ図画公然陳列事件〕
 中学3年生3人(いずれも14歳)は、東京都知事及び長野県知事宛てにわいせつ画像を電子メールに添付して送信した。(4月、東京都) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成13年(2001).4.〔セリクラ店長による〕
 男性客が女性と店外デートする料金を競りで決める新手の営業「セリクラ」の店長(31歳)は、女子中学2年生(14歳)を店内で客の会社員に売春相手として紹介した。(4月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成13年(2001).5.〔高裁裁判官による児童買春事件〕
 高裁裁判官(43歳)は、携帯電話の伝言サービスで知り合った児童を介して紹介された女子中学2年生(14歳)に対し、対償供与の約束をして性交した。(5月、東京都) 警察庁「少年非行等の概要」引用。


平成13年(2001).5.〔中学生による殺人未遂事件〕
 中学3年生(14歳)は、女子中学2年生(13歳)が悪口を言ったと邪推し、自宅から持ち出した包丁で同人の背部等を刺したが、同女から説得され、自己の邪推と悟って殺害行為を中止し、傷害を負わせるに止まり、その目的を遂げなかった。(5月、長崎) 警察庁「少年非行等の概要」引用。



※タイトルと本文が同じ短いデータはすべて「〔年表〕子どもの事件 1945-1989」山本健治 柘植書房より引用したもの。※



『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!



『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代




少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





主要参考文献

〔年表〕子どもの事件 1945-1989

戦前の少年犯罪

戦後死刑囚列伝

新聞集成昭和史の証言

新聞集成昭和編年史

日本の精神鑑定

日本長期統計総覧

年表 昭和の事件・事故史

昭和史全記録 1926〜1989

値段史年表 明治・大正・昭和

事件・犯罪大事典 明治・大正・昭和

20世紀にっぽん殺人事典

青少年非行・犯罪史資料1-3

教育事件・論争史資料

朝日新聞縮刷版

読売新聞縮刷版

毎日新聞縮刷版

警察白書

犯罪白書






このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。








少年犯罪データベースが参考文献として掲載されています。



少年犯罪データベースのデータが引用されています。