幼児他殺被害者数統計


幼児他殺被害者数グラフ 幼児他殺被害者人口比率グラフ 他殺被害者総数グラフ 幼児他殺被害者数統計 幼児他殺被害者人口比率統計





厚生労働省『人口動態統計』の死因統計による。
当サイトにアップしている類似の幼児殺人被害者統計グラフは、警察統計で未遂事件も含まれが、この厚生労働省の統計は完全に殺された者だけの数。



  

厚生労働省『人口動態統計』の死因統計と、総務省統計局サイトの各年の10月1日現在年齡別推計人口確定値を元に独自に算出したもの。



  ○成人も含めた総数

厚生労働省『人口動態統計』の死因統計による。
人口比は総務省統計局サイトの各年の10月1日現在推計人口確定値を元に独自に算出したもの。





幼児他殺被害者数統計

西暦年次成人も含めた総数0歳0-4歳5-9歳10-14歳1-9歳
1947昭22年13141532878445218
1948昭23年16412524189760263
1949昭24年176827750813455365
1950昭25年188322951914667436
1951昭26年176018045212055392
1952昭27年174716343211847387
1953昭28年173316243612548399
1954昭29年193214439615758409
1955昭30年209116242017951437
1956昭31年183015237313538356
1957昭32年180714033715562352
1958昭33年196114935814840357
1959昭34年184214232912058307
1960昭35年17151633568746280
1961昭36年15891172939438270
1962昭37年14621172828837253
1963昭38年14721332828028229
1964昭39年14821402928040232
1965昭40年14021413046029223
1966昭41年14071252688833231
1967昭42年13741202868523251
1968昭43年14611703568821274
1969昭44年14121432838619226
1970昭45年13621623219940258
1971昭46年13801483308418266
1972昭47年137212130711130297
1973昭48年13961663479827279
1974昭49年139017537911430318
1975昭50年142916037914341362
1976昭51年141215837311853333
1977昭52年137017635513743316
1978昭53年130417033913751306
1979昭54年119210924610946246
1980昭55年11139623411138249
1981昭56年1153922109832216
1982昭57年10938018410653210
1983昭58年115110422011148227
1984昭59年1134931888551180
1985昭60年1017741506232138
1986昭61年1029831615235130
1987昭62年918771305431107
1988昭63年916701454627121
1989平1年76765118422595
1990平2年7445086432079
1991平3年6853876341972
1992平4年7484899442595
1993平5年8054998322381
1994平6年7894189221670
1995平7年7273270231561
1996平8年680367228564
1997平9年7183174221865
1998平10年8083979302770
1999平11年7883064201154
2000平12年7682968231162
2001平13年732276527865
2002平14年7303055231248
2003平15年7053572191956
2004平16年655265623753
2005平17年600214722848
2006平18年5801854241060
2007平19年516143317836
2008平20年5462851211244
2009平21年474112522836
西暦年次成人も含めた総数0歳0-4歳5-9歳10-14歳1-9歳

厚生労働省『人口動態統計』の死因統計による。







他殺人口比率統計

西暦年次総数0歳1〜9歳0-9歳
1947昭22年1.685.711.361.98
1948昭23年2.059.401.562.64
1949昭24年2.1610.272.073.15
1950昭25年2.269.802.373.21
1951昭26年2.088.422.102.75
1952昭27年2.038.132.072.66
1953昭28年1.998.672.142.74
1954昭29年2.198.142.222.74
1955昭30年2.349.362.352.95
1956昭31年2.039.131.902.50
1957昭32年1.988.941.962.52
1958昭33年2.139.012.112.72
1959昭34年1.988.731.912.54
1960昭35年1.8410.151.812.60
1961昭36年1.697.361.812.34
1962昭37年1.547.231.742.29
1963昭38年1.538.011.602.27
1964昭39年1.528.151.642.34
1965昭40年1.437.731.582.28
1966昭41年1.429.181.602.25
1967昭42年1.376.201.772.30
1968昭43年1.449.081.892.71
1969昭44年1.387.571.532.22
1970昭45年1.318.381.722.48
1971昭46年1.317.401.732.38
1972昭47年1.285.941.862.32
1973昭48年1.287.941.712.41
1974昭49年1.268.621.902.62
1975昭50年1.288.412.122.76
1976昭51年1.258.621.902.54
1977昭52年1.2010.031.812.56
1978昭53年1.139.951.762.49
1979昭54年1.036.641.431.88
1980昭55年0.956.091.471.86
1981昭56年0.986.021.301.70
1982昭57年0.925.281.311.65
1983昭58年0.966.891.461.94
1984昭59年0.946.241.201.66
1985昭60年0.845.170.951.33
1986昭61年0.856.000.921.37
1987昭62年0.755.720.781.22
1988昭63年0.755.330.901.30
1989平1年0.625.210.731.12
1990平2年0.604.090.620.92
1991平3年0.553.110.580.80
1992平4年0.603.970.781.07
1993平5年0.654.120.681.00
1994平6年0.633.310.610.87
1995平7年0.582.700.540.74
1996平8年0.542.980.570.81
1997平9年0.572.600.590.79
1998平10年0.643.240.640.90
1999平11年0.622.550.500.70
2000平12年0.612.440.580.76
2001平13年0.582.310.610.77
2002平14年0.572.600.450.66
2003平15年0.553.110.530.77
2004平16年0.512.340.500.68
2005平17年0.471.980.460.60
2006平18年0.451.650.580.68
2007平19年0.401.280.350.44
2008平20年0.432.570.440.64
2009平21年0.371.030.360.42
西暦年次総数0歳1〜9歳0-9歳

厚生労働省『人口動態統計』の死因統計と、総務省統計局サイトの各年の10月1日現在年齡別推計人口確定値を元に独自に算出したもの。
ただし、0歳児人口は各年の出生数で代用(1〜9歳は0〜9歳の人口から出生数を引いたもので代用)している。





『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、幼女レイプ殺人事件が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース

管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。