女子高生コンクリート詰め殺人事件




 昭和63年から平成元年初めにかけて、東京都足立区綾瀬を中心に高校退学者を中心とする非行グループ(暴走族、暴力団)による連続強姦、ひったくり事件が発生した。
 特にこのグループ内4人の少年達が中心となって起こした女子高生コンクリート詰め殺人事件は、今回の神戸児童殺人事件と遜色のない残虐さで、当時大きな問題となり、少年法改正論議や少年の実名報道等が活発に論議された。
 この事件の原因を追及していくと、
  • 少年犯罪に家庭環境が及ぼす影響
  • 劇画等を参考にした強姦や死体遺棄の行為
  • 家庭内暴力、校内暴力、いじめ
  • 暴走族や暴力団による犯罪行為
  • シンナー等薬物吸引の問題
  • マスコミ等による女性のモノ化

等の問題が浮かび上がり、これらの要素は、最近の少年犯罪の原因と共通するもので、その意味では現代の少年犯罪の代表的なものであると思われる。


コンクリート詰め殺人事件の経過

少年の環境等



          




異常犯罪



少年犯罪データベースの表紙にもどる




     





『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。