コンクリート詰め殺人事件の経過





昭和63年9月頃
 家庭内暴力で両親が立ち入れない聖域となったの部屋は、9月頃から、中学時代の先輩や後輩が集まる格好のたまり場となった。


10月中旬
 Aが運転する車にとC、それにCの中学時代の同級生の4人が乗り、自転車に乗った制服姿の女子高校生に対して「道を教えて」と声をかけた後、ナイフで脅し、ホテルで輪姦。


10月20日頃
 Aが運転する車にBとCが乗り、の顔見知りの女子高生をホテルに連れ込んで、強姦


10月25日
 AとBでひったくりで12万円を稼ぐ


11月8日
 Aが運転する車にBとCが乗り、足立区内で自転車で帰宅中の19才の女子会社員を車に連れ込み、ホテルで輪姦。


11月25日
 Aが「ひったくりに行くぞ」とCを誘い、バイクで出発。午後8時すぎ、自転車に乗っている被害者を見ると、Aは、Cに「あの女、蹴れ。あとはうまくやるから」と命令した。 Cは、バイクで女子高生に近づき、左足で女子高生の右腰を思いっきり蹴って、角を曲がり様子を見ていた。
 バランスを失った女子高生は自転車に乗ったまま転倒。溝に落ちた。そこへAが近づき「大丈夫ですか」と声をかけ、助け起こすと「あいつは気違いだ。おれも脅された。危ないから送っていってやる」と声をかけた。
 Aは、女子高生を近くにある倉庫の暗がりで「おれはヤクザの幹部だ。おまえはヤクザから狙われている。セックスさせれば許してやる」と脅しホテルに連れて行って強姦


11月26日午前1時過ぎ
 「ヤクザが来るぞ」と被害者を騙しながらCの部屋に連れ込む。

11月28日
 Cの部屋で、Cの中学時代の友達2人が被害者を輪姦。Cは緊張して出来なかった。

11月30日 Aは、被害者の家から捜索願いが出されないように、被害者を連れ出すと、近くの公衆電話から母親と親友に電話をさせている。このとき被害者は「友達の家にいるから、捜索願いは出さないで」と、Aに言わされている。


11月末
 午後9時頃、Cの母親が被害者と自宅で会う。Cの母親が被害者に「遅いから帰りなさい」と言ったが、そのまま二階にあがる

12月初め
 Cの母親が二階にあがり、Dと一緒にいた被害者に対して「どうしてここにいるか」を尋ねるが、被害者は答えず。翌日 午後7時過ぎ 母親がCの部屋のぞくと被害者とBがいたので、もう一度、すぐ帰りなさい。お父さん、お母さんが心配しているから」と言ったのだが、被害者は動かなかった。(脅されていて動けなかった)


12月初め午後4時頃
 少年達が夜遊びに疲れて、Cの家で昼寝をしていたすきに被害者は、二階から階下の居間に降りて110番したが、そのことをAに発見され、暴行を受ける。警察からの逆探知はAが出て「何でもない。まちがいです」と返事をした。
 被害者の行為を裏切られたと感じた少年達は、以後被害者に対して顔面を殴ったり、足首にライターのオイルをかけて燃やすというリンチを繰り返して行うようになった。これらによって出来た怪我等により、少年たちは、ますます被害者を解放できなくなるとともに、火傷が化膿して、放つ異臭により、被害者を疎んじるようになり、その処分にこまるようになった。

12月初旬 
 AがB、C、Dを連れて、Aの所属する暴力団の上部団体の忘年会に出席、Aは組員達に「会長が自分で、Bが組織本部長、Cは事務局長」と紹介。
 この頃からシンナーを売り出す。


12月中旬
 被害者を輪姦したCの中学時代の友人に対して、些細なことからA、B、Cでリンチを加え、3週間以上入院する大怪我をさせた。


昭和64年1月4日午前6時30分
 A、B、C、Dで被害者に対してリンチを始めた。顔面にろうそくを垂らしたり、次々と顔面を殴り、被害者は血だらけの状態となった。更に1.7キロもある鉄製のアレイをAが持ち出し、Dが被害者の腹に落とした。
 リンチが終わったのが午前10時ころで、その後、被害者が逃げないように足をガムテープでぐるぐる巻きにすると4人でサウナに行った。Aは、後に「ひょっとしたらあぶないんじゃないか、死んでしまうんじゃないかという気持ちが出てきたと思うんですが、鉄の棒で殴っても動かないんで」と述べている。


1月5日昼過ぎ
 Cの兄からBに「被害者の様子がおかしい」と電話がかかり、A、B、Cで駆けつけて見ると被害者は敷きっぱなしの布団で冷たくなっていた。
 Aは、後に「”じゃあ、どうする”、”捨てよう”ということになって、自分が劇画を読んでいて、ドラム缶のなかに、コンクリートを流しこんで、海に捨てちゃうという場面を思い出して、そのことがとっさに浮かんで、自分、まえにセメントとか、そういう会社に勤めていたんで、作り方もわかるので、ドラム缶の中に捨てようということになりました」と述べている。
 バックに詰め込んだ遺体は、Aの家の前で、3人でドラム缶にいれ、コンクリートど流しこんだ。近くの川に捨てようとしたが、Bが「家が近いので怖い。化けて出るかもしれない」と反対して、東京湾に捨てることにした。
 Aが借りてきたワゴン車を運転して、東京湾の埋め立て地まで行ったが、適当な場所がなく、道路脇の草むらに捨てた。


平成元年1月23日
 11月8日に犯した強姦によりA等が逮捕される。逮捕後の調べでコンクリート殺人を自供。



参考 「かげろうの家 女子高生監禁殺人事件 」 横川和夫 保坂渉 共同通信社



もどる




           








『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。






このページのトップへ▲





異常犯罪

少年犯罪データベースの表紙に戻る