昭和43年(1968)の少年犯罪



昭和43年(1968).1.6〔小6が銀行爆破脅迫〕
 山形県鶴岡市で、小学6年生(12)が山形銀行鶴岡支店に「1千万円出さないと銀行を爆破する」という脅迫状を出し、1.8に捕まった。母親が飲食店をはじめるための資金に困っており、以前に融資の世話になった支店長代理宛に鉛筆書きのハガキを出したもの。鶴岡市では東北電力変電所爆破未遂事件が起こったばかりで、大騒動となった。


昭和43年(1968).1.16〔小3がバッティングセンターで友人に重傷負わせる〕
 福島県いわき市で、小学3年生(8)が休業中のバッティングセンターに忍び込んで遊んでいて、ピッチングマシンのスィッチを入れたため動いて前にいた同級生(8)の頭に当たって頭蓋骨骨折の重体とした。


昭和43年(1968).1.16〔17歳が幼女2人をレイプ殺人〕
 千葉県船橋市の路上で、工員(17)が下校中の小学4年生の女の子(10)に駅への道を訊いて一緒に歩いているうちに物陰に連れ込もうとして抵抗されたので首を絞めて失神させてからレイプ、殺害した。東京都墨田区に住んでいたが中学生の時から船橋ヘルスセンターでひとりでゲームをしていて土地勘があり、工場をさぼってレイプ目的で幼女を物色していたもの。
 迷宮入りとなり、警備員に転職、昭和48年2.17に船橋市の空き家で、小学5年生の女の子(11)をレイプして絞殺した。11.15に松戸市で幼稚園の女の子(6)の首を絞めてレイプした事件で、11.28に23歳になった男が逮捕された。11.24に仕事を辞めて、人目が少なく幼女レイプをやりやすい千葉県鎌ケ谷市で独り暮らしをはじめたところだった。それまでは両親と2人の妹と実家に住んでいた。
 内気な性格で小学生しか友達がおらず、「大人の女性は自由にならないので子供を狙った」と50人以上の女の子や男の子に乱暴を繰り返していたことを自供。死刑が求刑されたが、涙を流して人間らしさを取り戻したとして、無期懲役となった。


昭和43年(1968).1.31〔中2ら2人組が強盗殺人〕
 千葉県佐原市の路上で、中学2年生(14)2人が農家の主婦(32)を刺殺、逃走したが2.4に逮捕された。アルバイトで集金した700円を紛失したため女性を狙った強盗を計画、友人を誘い、匕首で金を出すよう脅迫したが騒がれたため背中を4回刺したもの。主犯は盗みや猥褻行為などの前科がある。


昭和43年(1968).2.1〔高2がシンナー中毒死〕
 福島県田村郡の自宅で、高校2年生(17)がシンナー中毒で死亡した。両親もかなり以前からシンナーを吸っていることを知っており、病院に行かせたりしていた。成績もよく、おとなしい性格。


昭和43年(1968).2.1〔大学生ら18人が福引き不正で1千万円詐欺〕
 北海道札幌市で、北海道学園大学生ら18人が商店連合会の年末年始大売り出し福引きでアルバイトをして、不正な抽選操作で1千万円近い商品を騙し取って窃盗や詐欺で逮捕された。


昭和43年(1968).2.9〔19歳日大生が恋人を絞殺後、自殺未遂〕
 神奈川県小田原市の日本大学2年生(19)が、恋人のOL(21)を絞殺した。裕福な家の息子で遊び歩いており、父親所有の外国車で被害者とドライブ中、他の女と別れるように言われ逆上し、最初は手で、次にバンドを使って絞殺。心中を決意し、遺体を乗せたまま静岡県伊東市の崖から車ごとダイブ。しかし50メートル下にあった木に救われ、掠り傷程度で助かった。その後死ぬのが怖くなり自首したもの。


昭和43年(1968).2.20〔中3が叔母をレイプしようとして従兄弟の幼児殺害〕
 福島県須賀川市で、中学3年生(15)が隣家に押し入り、叔母(26)をレイプしようとして抵抗されたため包丁で顔や手に切りつけ10日間の傷害を負わせたが、叔母は逃げて助かった。その前に叔母の長男(2)を外に連れ出そうとしたが戻ってくるので殺害して2百メートル離れた池に死体を捨てていた。盗んだ自転車で宇都宮駅まで逃走、大宮行きの切符を持っていたが、夜に逮捕された。父親が3年前に死亡している貧困家庭の3人兄妹の2男。学校は休むことが多く、成績も悪く、内気で友達もいなかった。自宅にテレビが無いので隣家で見せてもらっていたが、先月から叔母が見せてくれなくなったため、母親と叔父が上京して留守だった機会に仕返しとしてやったと自供。医療少年院に入った。
 昭和51年(1976).6.15、24歳になった男は、千葉県銚子市の民宿で主人の妻(24)をレイプしてコードで絞殺、長女(生後1ヶ月)が泣いたために絞殺、逮捕された。土木作業員をやっており、近所の工事のため仲間4人で泊まっていて、この女性が中学の時の初恋の相手に似ていたため深夜に1人で抜け出して襲ったもの。昭和55年3.11、最高裁で死刑確定。


昭和43年(1968).2.22〔19歳浪人生が弟を殺害〕
 千葉県佐倉市の自宅で、浪人生(19)が寝ていた三男の中学3年生(14)の喉を小刀で刺して殺害、交番に手を血だらけにしながら「おまわりさん、おまわりさん、いま人を刺してきました」と自首した。
 父親は高校教師、母親は歯科医だったが最初から千葉と長野に別れて住み、学校の休みに父親が長野に来るという変則家族だった。浪人生は母方の祖母(おなじく歯科医)に甘やかされて育ち、父親にはなつかなかった。7年前に千葉の父親の元で家族が暮らすようになったが、すぐに母親と祖母が亡くなり、勉強だけに打ち込んで一流高校に入ったが成績は下がり東工大の受験にも失敗、「俺はこの家の子じゃない。本当の母親は生きている。どこにいるんだ、教えてくれ」などとわめき、精神分裂症として病院に入れられた。退院してからは家でごろごろしていた。三男とは仲が良く、「人間は宇宙に帰らなければいけないんだ。弟は宇宙に送られるのだから幸せだよ」と言って罪の意識はない。父親が勉強の邪魔になるとテレビは家に置いていなかった。


昭和43年(1968).2.23〔中1が線路に置石〕
 福島県伊達郡の国鉄川俣線で、中学1年生(12)が直径13センチの石を置いて捕まった。2.19に福島県で新幹線爆破未遂事件の犯人が逮捕されて、高校生も凄いことをやると影響を受け、石を置いたらどうなるか見ていたが、電車が速度を落とす地点だったためはねとばして無事だった。川俣線では以前から子供の置き石事件が頻発していた。


昭和43年(1968).2.〔少年12人が窃盗〕
 大阪府下のK少年(16才)ら12人の少年(16才8人、17才4人)は、喫茶店、ボーリング場に出入りしているうち顔見知りとなり、非行グループを結成し、学費の穴埋めと遊興費かせぎのため、昭和42年5月頃から43年2月頃までの間に大阪、兵庫両県にわたり、105件約53万円の窃盗をしていた。(大阪) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).2.〔中学生9名、小学生4名が賭博〕
 品川区に居住する中学生9名、小学生4名が、昭和42年の夏休み中に、トランプによる追丁カブ賭博を覚え、43年2月までの間数10回にわたりアパートの屋上や庭で賭博を行ない、その間賭金もエスカレートして50円から100円に達したことから負けた少年か賭銭に窮し、そのため勝つた少年の好みによって楽器、文房具、電機器具等を万引して賭金または支払いに引きあて、遂には全員で窃盗グループをつくり、見張り役などを定めて計画的な万引きを敢行するに至り、前後102回にわたつて電機製品、楽器、文房具など205点39万2,165円相当を窃取した。(警視庁) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).2.〔高校生13名が賭博〕
 高校生13名がマージャン賭博のグループを結成し、△毎月20日締切りの月末勘定とする。△これに反した岩は交際から除外する。△徴収する金額かある楊合は、これに相当する物品とする。などの規定をつくり、昭和42年12月から43年2月までの間、留守となる家庭を輪番に持ち回り、36回にわたって1,000点10円ないし20円の賭博を行った。(岡山) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。





昭和43年(1968).3.5〔高3ら10数人が教師殴る〕
 福岡県福岡市の福岡電波高校で、3年生10数人が教師(46)に殴る蹴るの暴行を加えて2週間の傷害を負わせた。卒業式直後に「よくいじめたな。これがお礼だ」と仕返ししたもの。2.28にはこの高校の生徒会副会長2年生(17)が教師(26)に殴られて1週間の傷害を負わせられたと告訴している。


昭和43年(1968).3.7〔18歳新人女性歌手が一旗上げられず自殺〕
 東京都世田谷区の自宅で新人女生歌手(18)がガス自殺した。3年前に名古屋から上京しデビューするも売れずに悩んでいた。


昭和43年(1968).3.7〔19歳が配達遅いと怒られ放火〕
 福岡県福岡市の燃料店で、この店の店員(19)が放火して逮捕された。昨年の7.23から民家などで石油を撒いてから放火する事件を7件起こしていたことを自供。配達が遅いと怒られた家を狙ったもの。


昭和43年(1968).3.16〔15歳が幼女絞殺〕
 中学生時代に強盗未遂によって不処分にされたことのある少年(15歳)が、隣家に町内会費を集めに行つた際"○○が来ているよ〃と名前を呼び捨てにするのを聞いたことから、自分を白眼視していると恨みを抱き、昭和43年3月保育所から帰宅途中の隣家の長女(5歳)を自宅に誘い入れて絞殺し、死体をダンボール箱に詰め、5.5キロ離れた山中の山芋穴に埋めて遺棄した。(福岡) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).3.22〔19歳大学生がカインとアベルをまねて小学生の弟を殺害〕
 北海道滝川市の自宅で深夜1時、長男の大学1年生(19)が三男の小学校3年生(9)を殺害した。二男の中学生が物音で眼を覚ましたので「お前はあっちに行け」と隣の部屋に追い立ててからの犯行。
 大学生は両親に可愛がられている三男を日頃から妬んでおり、旧約聖書のカインとアベルの話を読んでから弟を殺さないと兄の権利が奪われると思い5,6年前から機会を狙っていた。春休みのため東京の大学から帰省中で、両親が留守の隙に針金で首を絞めて殺害したもの。


昭和43年(1968).3.22〔非行グループがマージャン賭博と窃盗〕
 新潟県下のS少年(15才)等5人の少年(全員15才)は、来客の行なうマージヤン等を見て覚え、共稼ぎのため保護者不在の家を根城に賭マージヤン(1000点10円)をするようになり、その遊興費等に窮して公衆電話の料金箱を荒すなど、昭和43年3月3日から22日までの間に前後10回にわたり、15万円相当の窃盗を犯していた。(新潟) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).3.25〔高2番長グループが留年処分に暴力抗議〕
 栃木県足尾町の県立高校で、高2の番長グループ20人余りが留年処分に抗議し暴れまくった。終業式のあとに校長ら20数人の教師を棒などで袋叩きにして、窓ガラス140枚を割り、電話線を切ったり、車をひっくり返すなどやりたい放題。警官隊がやって来ると逃げ去った。同校では集団乱闘事件や教師への反抗が後を絶たず、新任の校長が厳罰主義を断行、番長グループ8人を赤点と授業妨害を理由に留年処分にしていた。


昭和43年(1968).3.26〔19歳が車ではねてレイプ殺人〕
 神奈川県川崎市の路上で、工員(19)が会社員女性(21)を小型トラックではねて連れ去った。3.28に狛江市の資材置き場で死体が発見され、逮捕された。これまでも会社の車で5人の女性に当ててケガをさせており、「驚くのが見たくて当てた。倒れたので見に行った。通行人がいたので連れ去った。病院に連れて行くつもりが気が変わってレイプした。顔を見られたので絞殺した」と自供。ほかにも空き巣に入って放火していた。公判では「死刑になることを覚悟しています」と話す。
 一審で死刑判決が出たが、二審では「犯した罪は許せないが、まだ人間的に未熟な19歳の時の犯行で将来の可能性までも奪うことは忍びない」として無期懲役となった。


昭和43年(1968).3.28〔15歳ら2人が少年院脱走して盗難車で事故死〕
 熊本県鹿本郡の路上で深夜2時過ぎ、少年(16)が運転していた車が中央ラインを超えて対向のトラックに追突、頭蓋骨骨折の重傷を負い、助手席の少年(15)が死亡した。3.21に2人とも長崎県佐世保市の少年院を脱走、雑貨店に押し入って主人(64)にナイフで傷害を負わせて現金2万円を強奪、車も盗んで無免許で逃走していたもの。


昭和43年(1968).3.28〔少年5人(いずれも16歳)窃盗グループが刺殺〕
 赤城少年院に収容中顔見知りとなった少年5人(いずれも16歳)が、入所中の申し合せにより、窃盗グループをつくるべく相互に連絡の上埼玉県加須市内のアパートに集まり、さらに教護院に収容されていた不良少女(14歳)を誘い入れ、昭和45年2月から3月までの間、埼玉、千葉など4県下にわたり押込み強盗、窃盗など118件総額613万7,326円にのぼる犯行をなし、さらにバーホステスとして稼動させていた少女が3人連れの男に情交を迫られたうえ足蹴にされたことに報復すべく3月28日それぞれ刃渡り13センチメートルのくり小刀を携帯してバーに赴き、3人に対し殴る蹴るの暴行を加えたうえ、A男(23歳)を刺殺し、B男(19歳)に全治3ケ月の刺傷を与えた。(埼玉) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).3.31〔18歳女店員が警察の世話になろうとバス客刺す〕
 福岡県福岡市の走行中のバスの中で、女店員(18)がたまたま乗り合わせた女子会社員(19)の顔や背中を庖丁で何回も刺して1ヶ月の重傷を負わせた。父と二人暮し。パン屋で働くもすぐに辞め、今月クリーニング店で勤め始めたが働かずに遊び歩いていた為、給料が出ていなかった。給料を父親に渡さないと怒られるので、警察の世話になろうとしたもの。


昭和43年(1968).3.〔非行グループがあき巣〕
 大阪府下の中学2年生S少年(14才)は、喫茶店で知りあつた非行グループ(14才1、16才1、17才2、18才2)に入り、競輪、競艇で遊ぶことを覚え、その遊興費等ほしさのために、昭和42年11月から43年3月までの間にグループで前後53回にわたり約600万円のあき巣を犯していた。犯行はトランシーバーで屋外の見張り役と連絡をとりながら行なうといつた計画的なものであつた。(大阪) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).3.〔非行グループがマージャン賭博〕
 長野県下のK少年(17才)等62人の高校生非行グループ(17才16、18才45、19才1)は、マージヤン賭博(10,00点50円)トランプ賭博(1回10〜50円)等をしていたほか、日曜祭日や、下校後などにはパチンコにふけり、なかのひとりはバイクを利用して高崎、大宮の競馬場へ行つて数千円をかけていたが、これらの遊興費ほしさのため、同校内の生徒からカンパと称してひとり10円〜100円を強制的にとりあげるなどの犯行を重ねていた。(長野) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).3.〔中学生(14歳)が強盗殺人〕
 父が病弱、母が情夫と家出している不健全な貧困家庭に育った中学生(14歳)がヤクルトの集金代金を使い込んだことから強盗を企て、犯行に使用すべく「くり小刀」1丁を購入したうえ、同級生1名に加担を求め、昭和43年3月、佐倉市内の山道において勤め帰りの主婦(31歳)を襲い、背部など4ケ所を突き刺して殺害した。 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).4.19〔小5がプラモデル欲しさに脅迫状〕
 神奈川県横浜市で、小学5年生(10)が雑貨店に「5万円持って来い。サングラスをかけた子供がまっている。警察に知らしたら殺すぞ。全部千円札か5千円札。中田八ろう」という脅迫状を直接手渡し、警察が指定場所に行くとサングラスの小5生いたので補導した。テレビや漫画を元に作成、見知らぬおじさんに届けろと言われたと嘘をついており、同様の脅迫状を公務員宅にも投函していた。プラモデル欲しさの犯行。成績は中くらい。中流家庭だったが物を欲しがると母親は体罰を加えていた。


昭和43年(1968).4.26〔37歳主婦が知り合いの幼児を誘拐殺人〕※参考
 東京都三鷹市の麦畑で、主婦(37)が幼稚園児(5)を殺害、4.27に逮捕された。大工の夫(39)が3年前に建材業者(34)と共同出資で会社を作ったが給料が安いので半年でやめさせた。また、この会社の女子従業員と夫が浮気したのも建材業者のせいだと恨んでいた。経営が苦しいと聞いて大田区田園調布の自宅からわざわざ世田谷区の会社を見に行くと景気がよさそうでカッとして、長女(9)に仕返ししようと小学校に向かっているときに顔見知りの長男である幼稚園児を見つけて連れ去ったもの。三鷹市の農家で殴って首を絞めているところを見つかり、「子供がひきつけを起こした」と言い訳して畑まで連れてゆき、コードで絞殺した。長女(16)、次女(12)、長男(9)の3人の子供がいて、生活に困っているわけではないが、2回の窃盗歴がある。


昭和43年(1968).4.26〔19歳の中核派リーダー捕まえてみれば偽学生の窃盗犯〕
 東京都渋谷区で違法なデモを行ない逮捕された中核派のリーダーは、じつは4件、11万円相当の盗みを働いていた韓国人(19)で、埼玉大自治会員と仲間も騙していた。「大学生が華々しく活躍し、自分もやりたくなった」といくつかのデモに参加、中核派百名以上を引き連れて王子駅前交番を襲撃して逮捕歴まであった。
 韓国ソウル市出身。2歳の時に来日。両親は10歳の時に埼玉県の知人宅に少年を預け帰国。商業高校を中退、不法滞在のまま数個の偽名を使い働いていた。


昭和43年(1968).4.〔18歳が銀行強盗〕
 暴行、窃盗などにより、保護観察、不処分の2回の前歴を持つ少年(18歳)が、暴力団(仮称新生会)の結成を企て、その資金を得るため、昭和43年4月福山市内の銀行に表門閉鎖直後を狙って通用門から侵入し、出納係員に対し刺身包丁を突きつけて脅迫し、現金47万6,800円を奪い、行員を人質にして逃走しようとしたが、駆けつけた警察官に逮捕された。(広島) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。





昭和43年(1968).5.6〔高1が授業中に上級生を刺殺〕
 長崎県長崎市の私立高校で、高1(15)が高2(16)を刺殺した。授業が始まる前に被害者を含む3人から因縁を付けられ殴る蹴るの暴行を受けた。仕返しのため友人に金を借り、授業を抜け出し刺身包丁を購入。授業中に被害者を廊下に呼び出し、有無を言わさず一突き。刺殺後、凶器を手に、タクシーで警察へ向かい自首した。


昭和43年(1968).5.20〔19歳少年が自宅を療養仲間に強盗させる〕
 福岡県余像郡の病院に療養中の少年(19)が療養仲間2人(20と23)に同県北九州市の八幡製鉄社宅の自分の家を強盗させた。仲間2人が押入った後、少年が現金を強奪する手筈だったが、交通費の持ち合わせが無かったことから同行を断念。短刀2本を持たせ、向かわせた。犯行の日は父の給料日だったことから決まったもの。父は入院中。母は継母。少年は6回の補導歴があった。2人は現金14万円を盗み、姪を縛って服を切り裂いたが、戻ってきた母に見つかり捕まった。


昭和43年(1968).5.22〔21歳2人が〕※参考
 千葉県市川市で、無職(21)2人が盜難車で交通取締中の警官(20)を跳ね、ボンネットに乗った警官を振り落とそうとジグザグ運転の末にタクシーと衝突して警官を死亡させた。


昭和43年(1968).5.24〔高1女8人がザ・タイガース観たさに偽造入場券売る〕
 福岡県福岡市の私立女子高1(15)の8人がザ・タイガース観たさに偽造入場券を売り、捕まった。売上代金で他の公演を観る計画だった。自分たちだけの入場券を偽造するつもりだったが、印刷屋が200枚からでないと無理と言われ、9,000円で依頼。駅前で中高生相手に一枚4、500円で約50枚を売った。4人が退学、4人が無期停学となった。なお、グループサウンズは不良のものと禁止されており、普通に観に行った女子高生も停学処分となっている。


昭和43年(1968).5.〔中学生12名が賭博〕
 中学生12名がお好み焼屋の一室を溜り場として昭和43年3月から5月にかけて数10回にわたり、トランプを使用した追丁カブ"チンチン電車""新聞遊び"等の方法により1回10円〜50円多いときには500円を賭けて賭博を行ないさらに賭銭に窮したことから前後93回にわたり煙草、自転車、小鳥など12万3,800円相当を窃取した。(高知) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).6.13〔高3らが修学旅行中に船や列車内の表示板を盗む〕
 東京都私立和光学園高等学部3年生らが、船内における救命胴衣の所在、列車内の非常口の位置を示す表示板の計37枚を盗んでいた。修学旅行で北海道へ向かう途中の出来事で、青函連絡船で函館に到着したときに発覚。旅行は即時中止になった。


昭和43年(1968).6.26〔小5女が赤ちゃん連れ去り〕
 東京都足立区の主婦がちょっと留守にした隙に2階に寝かせていた赤ちゃん(生後5ヶ月)が連れ去られ、1時間後に2百メートル離れたマンホールから泣き声がするのを聞きつけた通行人が救出し、かすり傷だけですんだ。小学校5年生の女の子(10)が2ヶ月前にこの赤ちゃんの兄(2)の眉毛を切って叱られたのを恨んで、主婦が出かけるのを見て土足で上がり込んで連れ去り、深さ60センチのマンホールに放り込んでフタをしたもの。7人兄妹で放任されており、近所の盆栽をこわしたり、部屋の中に水をまいたり、金魚を捨てたりしていた。


昭和43年(1968).6.〔高校生など少年3人が祖父母が哀願する目前で少女を輪姦〕
 少年3人(大工1名、高校生2名)が、昭和43年6月深夜、強姦の目的で、祖父母と3人暮しの少女(18歳)の寝室に侵入したが、同女が大声を出して祖父母の部屋に逃げたため一旦屋外に逃走し、そこで家族を脅かして目的を遂げるべく相談したうえ再び屋内に侵入し、病床の祖父の枕元にあった果物ナイフを突きつけて脅迫し、少女を物置小屋に運んで姦淫し、その際首を絞めたため失神したのを死亡したものと感違いし、驚いて祖父母の部屋に運び入れて逃走しようとしたが、祖母が少女の脈をみて「脈があるから医者を呼ぶ」と言うのを聞くや"それなら生きているんだ"と逆戻りし、祖父母が哀願する目前で少女を輪姦し、処女膜裂傷の傷害を与えた。(島根) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。





昭和43年(1968).7.7〔16歳ガンマニアによる警官殺人事件〕
 静岡県静岡市で早朝にパトロール帰りの巡査(50)が軽四トラックに引き逃げされ死亡し、実弾5発入のコルト45口径ピストルを奪われた。友人に犯行をもらしたことから、16日に自動車修理工(16)を強盗殺人容疑で逮捕した。ガンマニアでピストル欲しさに警察官を狙い、6.30に盗んだ軽トラックを乗り回し、同巡査が早朝パトロールの同僚と別れ、自転車で帰るのを尾行、はね飛ばした。
 静岡県浜松市では同じ頃、街頭警備中の警官からピストルを奪い隠し持っていた中学生が捕まっている。


昭和43年(1968).7.9〔高3がいらいら解消のため交番に火炎瓶を投げつける〕
 神奈川県横浜市で、高校3年生(18)が、近所の派出所に火炎瓶を投げつけ自分で通報して逆探知で逮捕された。期末試験の点数が悪く、大学入試のいらいらの気分転換のため、過激派のニュースを見て思いついたもの。応援団長で後輩の面倒見もよく、性格も良かったが、入学当初トップの成績は最下位にまで落ち込んでいた。


昭和43年(1968).7.16〔大学助教授夫人が近所の幼児殺害〕
 鹿児島県鹿児島市の自宅で、鹿児島大学助教授の妻(29)が同じ県営住宅3階の男の子(2)を殺害、台所のポリバケツに隠したが、7.19に捜索していた警察に発見されて逮捕された。次男と遊んでいた男の子が叱っても騒ぐのでカッとしてフトンをかぶせて締め付けたもの。半年前から他の幼児を階段から突き落としたり首を絞めたりする傷害事件を3回も犯しており、2月に住民は精神異常だから追い出してほしいと県住宅課や保健所に訴えていたが放置されていた。取り調べに対して「精神錯乱状態の行動が犯罪になるのですか」などと話す。


昭和43年(1968).7.30〔中3が成績の改竄を死で償う〕
 大阪府大阪市東淀川区の中3(15)が、工事中のビルで首吊り自殺した。高校進学も危ういほど成績が悪かった少年は、女手ひとつで育ててくれる母を悲しませまいとテストの点数や通信簿をナイフで削って工作。しかし教師との懇談会で発覚。内気な性格もあってか、死んで償うことを選んだと見られている。


昭和43年(1968).7.〔愚連隊97人が強姦、窃盗、恐喝、暴行、傷害、詐欺など685件〕
 有楽町周辺のダンスホール、喫茶店を根城としてゴーゴーダンスに熱中する家出少年や暴力団と関連を有する少年など97人が、ジェリコー派、コクリコー派など4グループに分れて集団を結成し、相互に連携し、また影響しあいなから、用心棒気取りで銀座界隈をバツコし、昭和40年8月から43年7月までの間にイギリス大使館から乗用車を盗み出し、また米軍基地に侵入して金庫破りをするなど1都6県下にわたり強姦、窃盗、恐喝、暴行、傷害、詐欺など685件、総額3,142万7,600円にのぼる犯罪を敢行した。


昭和43年(1968).8.21〔18歳シンナー乱用〕
 昭和43年6月頃からシンナー乱用の常習者となっていた少年(18才)は、8月21日シンナーを乱用し、出刀包丁をもってあばれる状況だったので精神病院に入院させ(急性非定型精神病)、治療を続けた結果快方に向ったので10月15日退院したが、再びシンナー乱用を始めたため挙動に異常な点が認められたので家族か再入院させた。(三重) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).8.31〔中3ら4人がハイ・クラスの楽器で演奏したくて空巣〕
 東京都世田谷区の将来はプロのグループ・サウンズをと夢見た私立高1(16)と中3の3人の4人が、成城大学から80万円相当の楽器を盗んで補導された。買ってもらった楽器に満足できず、上位の楽器で演奏したかったため。全員、中流家庭。





昭和43年(1968).9.1〔中学生を中心とする9人シンナー乱用〕
 中学生を中心とする9人の非行グループは、昭和43年2月頃から48件にわたる窃盗を犯していたが、学校でシンナー乱用のことを聞き、好奇心にかられて8月初旬頃から9月1日までの間に10数回にわたり、家人不在のグループ員居宅や空地等でシンナー乱用をくり返していた。(栃木) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).9.2〔全学連高校生50人が校長室占拠〕
 大阪府大阪市港区の府立高校にヘルメットとタオルの覆面の全学連高校生50人がやって来て「公務分業任命制反対」を訴えて校長室を半日占拠した。


昭和43年(1968).9.5〔高2ら3人が家出〕
 北海道に居住する高校2年M少年等3人は夏休みの遊びぐせから学校に行くのがいやになり、家出して就職しようと相談、9月5日、それぞれ置手紙のうえアルバイトで貯めた金を持って家出し、千歳空港から全日空機で羽田につき東京駅周辺をはいかい中保護された。(警視庁) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).9.8〔高2少女が家出〕
 広島市に居住する高校2年E少女は、父親から叱られたことから9月8日家出、所持金がないことから肉体を代償にヒッチハイクで大阪にたどりつき、その後も盛り場や、ゴーゴー喫茶などで知り合つた男とホテルに宿泊、不純な交遊を続けていたが梅田地下街をはいかい中保護された。(大阪) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).9.9〔中学3年生の少女が家出してフーテン〕
 群馬県下に居住する中学3年生の少女は夏休み中の夜遊び等遊びぐせからぬけきれず9月に入っても登校するのが嫌になって9月9日家出して上京、新宿のグリーンハウスでフーテンの仲間に入り、以後グリーンハウスや深夜飲食店等を転々としていた。(警視庁) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).9.〔高校1年生の少女が家出してフーテン〕
 神奈川県下に居住する高校1年生の少女(15才)は、6月頃から新宿にたむろするフーテンと交際するようになり、8月中旬、無断家出して深夜スナックでゴ一ゴ一にあけくれる生活を送っていたが9月中旬補導されて一たん家庭へ帰ったが、再び家出し、新宿のキャバレー等にホステスとして勤めるかたわらフーテンと行動を共にし、深夜飲食店等を転々としていた。(警視庁) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).10.7〔高2らサッカー部員8人が下級生をリンチ殺人〕
 富山県富山市の商業高校サッカー部で、2年生8人が1年生11人にリンチ、高1(16)が腹部内出血で死亡した。練習中、雨により部員らが部室に入る際、上級生に遠慮しなかったことで、コンクリートの床に正座、黙祷させられた後、一人ずつ殴る蹴るの制裁を受けたもの。


昭和43年(1968).10.9〔母親が赤ちゃん殴り殺す〕  埼玉県鳩ヶ谷市の自宅で、母親(21)が長女(生後3か月)を殺害、翌日逮捕された。ミルクを飲ませようとしたが泣いたため10回以上殴って頭蓋骨骨折させたもの。ぐったりしたのに放置し、仕事から帰った夫が病院に連れて行ったが死んでいた。これまでもたびたび殴っていた。


昭和43年(1968).10.11〔19歳の永山則夫4人連続射殺事件〕
 東京都港区のプリンスホテルで警備員(27)が2発撃たれて射殺。14日に京都府八坂神社で警備員(69)が顔を4発撃たれて射殺。26日に北海道亀田郡でタクシー運転手(31)が射殺され8千7百円を奪われる。11.15に愛知県名古屋市でタクシー運転手(22)が射殺され7千円を奪われる。「連続射殺魔108号事件」として指名手配され、昭和44年4.7に中野区の元喫茶店員永山則夫(19)を逮捕。ピストルは横須賀米軍基地で盗んだものだった。
 北海道網走市の極貧の家に育ち、中卒後上京して職を転々としていた。死刑判決を受け、平成9年8.1に執行された。


昭和43年(1968).10.30〔19歳含む3人が銀行支店長を誘拐〕
 神奈川県横浜市の群馬銀行横浜支店に、無職(23)と少年2人(共に19)の内、少年の一人が女性の声色を使い、電話で三井銀行と称して「御宅の銀行と取引したいという客を紹介したい」と言って誘き出し、支店長(47)を誘拐。登山ナイフと拳銃(実は指)を押し付け、差し向けた人間に750万円を渡すよう電話をさせた。疑問に思った行員が通報、やって来た男は刑事に捕まったが行員を殴って逃走、しかしすぐ逮捕され支店長も無事戻った。少年の1人は元暴力団員。主犯の23歳は銀行の勤務経験があり、元暴力団員。


昭和43年(1968).10.31〔20歳が隣家の幼女を猥褻誘拐殺人 智子ちゃん事件〕※参考
 東京都北多摩郡の自宅で、会社員(20)が「ママが呼んでるよ」と隣家の幼稚園の女の子(6)を騙して自室に連れ込み首を絞めて下着を口に押し込んで窒息死させてからいたずら、死体を天井裏に隠した。別府市まで逃走したが11.2に東京に戻って新宿のレストランに住み込み、11.5に逮捕された。
 精神分裂症で半年入院して拓殖大学を中退、退院後はトヨタ新東京パブリカの経理部に勤めていたが10.27から無断欠勤していた。新宿のゴーゴー喫茶に入り浸り、シンナーも吸っている。両親と姉と暮らしていた。
 「神のお告げで殺した」と自供したが精神鑑定で正常と判断され、反省がないとして、猥褻誘拐、殺人、死体遺棄で東京地裁は死刑判決を出した。





昭和43年(1968).11.9〔17歳シンナー乱用しレイプ未遂〕
 昭和43年7月頃からシンナー乱用の味をおぼえ常習者となった少年(17歳)は、10月に高校も中退し、以後自動車整備工見習として働いていたが、11月9日ボンド2本(1本45円)を買い、墓地でこれを乱用してふらふらになって帰宅する途中、通行中の女性を見て姦淫しようと企て、顔面を殴打する等暴行を加え首をしめたうえあおむけに押倒したが通行人があったため目的を果さなかった。(福島) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).12.6〔17歳らアベックが心中諦め復讐目的に強盗と誘拐〕
 宮城県名取市の無職少年(18)と無職少女(17)(共に睡眠薬の常用者)が、仙台市郡山のモーテルで会社社長(37)を割ったビール瓶で脅して2万5千円を奪い、不倫関係の人妻(36)を人質に社長の車で逃走。しかし無免許のため運転を誤り八百屋に激突、重傷を負って捕まった。
 結婚を反対され、このモーテルで睡眠薬心中を図るも失敗。「死ねないのなら金と車を手に入れ、結婚を反対した奴らを殺すつもりだった」と話す。少年は補導歴5回。


昭和43年(1968).12.15〔19歳が三億円事件犯人と疑われ自殺〕
 東京都国分寺市の自宅で、少年(19)が青酸カリを飲み自殺した。12.10に三億円事件が発生、警察が取り調べに来たが家族はいないと嘘を付いて追い返した翌日だった。父親は現職白バイ警官。9ヶ月前には現金輸送車を襲う相談を友達にもちかけ、別の友人は今回使われた物と同じ発煙筒を使いスーパーで強盗をしていた。暴走族「立川グループ」の一員。


昭和43年(1968).12.25〔19歳浪人生が本当の気持ちを伝えるために母親を刺殺〕
 山口県下関市の自宅で、浪人生(19)が母親(40)を出刃包丁で刺し殺し、留めようとした水産大学校助教授の父親(46)にも2週間の傷を負わせた。
 「お母さんとはよく話していたが、自分の本当の気持ちが理解してもらえなかった。台所で言い争いになったが本当の気持ちを訴えるつもりで刺した」と自供。一人息子でこの春に神戸大学の受験に失敗、夜遅くまで熱心に勉強していた。高校時代の成績は中程度で、柔道部に属する陽気で人に好かれる性格だった。


昭和43年(1968).12.28〔19歳工員が買物の行き違いから一家3人刺殺〕
 栃木県那須郡の呉服店で夜10時前、鉄工所工員(19)が3歳の幼女含む一家3人を刺殺、1.9に逮捕された。靴下を注文したが足袋を出したため文句を言うと、店主の妻(33)が「たかが靴下で夜遅くに買いに来るなんて」と言ったため激怒。傍にあった裁ち鋏で妻を数回突き刺し、靴下を取りに2階に居た店主(39)も刺殺。そして泣き出した妻のいとこの長女(3)を刺殺した。2年前に空巣で捕まっている。


昭和43年(1968).12.28〔14歳が家出しホステス〕
 家出した児童(14歳)を礼金を払って雇用した酒場経営者が児童の年令を知るや自分の店で使っていてはあぶないと考え、年齢を偽り、ホステスとして引渡し、引渡しを受けた業者は短期間働させたうえ、さらに他のバーに18歳だと偽り手数料を得てタライ回しにしていた。(京都) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968).12.30〔19歳が幼女轢き殺す〕
 神奈川県小田原市の路上で、木工業(19)が乗用車で主婦(32)、長男(4)、長女(3)の3人を轢いて、長女は即死、他の2人は1ヶ月の重傷を負わせて、業務上過失致死で逮捕された。前方不注意と速度の出し過ぎ。





昭和43年(1968)..〔高校生を含む7人(17、18歳)の少年が自動車を利用して強姦〕
 高校生を含む7人(17、18歳)の少年が自動車を利用して強姦することを企て、3人ないし4人組により、顔見知りの少女をドライブに誘い、または通行中の婦女に道を尋ねたうえ同乗を求めて案内を乞うなどの方法により、前後5回にわたり車内または山林等において輪姦した。(秋田) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔有職少年7人が乗用車を利用して輪姦〕
 有職少年7人がグループを結成し、乗用車を利用して京都、大阪、和歌山、滋賀の4県下にまたかり、通行中の女性をドライブに誘って輪姦するなど強姦、強制わいせつ、窃盗、強喝など16件を敢行した。(京都) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔有職少年5人がゴーゴー喫茶に来ていた少女輪姦〕
 ゴーゴー喫茶に出入する有職少年5人が、婦女暴行を共謀し、ゴーゴー喫茶に来ていた少女2名(18歳)に対し「帰る方向が同じだから送ってやる」と申し、乗用車に誘い入れたうえ、山中に連れ込み輪姦したのをはじめ、同様方法により4件の強姦を敢行した。(神奈川) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔高校生10人(17歳〜18歳)がアベック襲って輪姦〕
 高校生10人(17歳〜18歳)がアベックを襲って強姦することを共謀し、深夜道路上に遮弊物を並べて通行人を待ち構え、自動車か停車するや、いきなり飛び出し、運転席にいたA男に対し殴る蹴るの暴行を加えて10日間の傷害を与え、同人が逃走したあと、車内にいたB女を堤防下に連れ出して輪姦した。(千葉) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔無職少年等5人がアベック襲って輪姦監禁〕
 自動車でドライブをしていた無職少年等5人(21歳の成人1名を含む)グループが、堤防下に車を止めているアベックを認めるや、これを襲うべく共謀し、車内で雑談中のA男(18歳)を引きずり降ろして殴る蹴るの暴行を加え全治1週間の傷害を負わせたうえ現金、腕時計を強奪し、さらにB女をその場において輪姦したうえ自動車に乗せてら致し、旅館、モーテルなどを転々として3日間にわたって不法監禁した。(埼玉) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔18歳が強制わいせつ〕
 北九州市のN少年(18才)は低俗週刊を読みふけっているうち女性の裸体に興味をもち、夜間入浴中の女性をのぞき見などしていたが直接膚にふれたいとの衝動にかられ通行中の婦女等12人を襲い強制わいせつ等を犯していた。(福岡) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔15歳が強制わいせつ〕
 北海道の高校生T(15才)は、本屋で立読みした週刊誌のヌード写真をみて異性に対する異常な興味をもち、女性の陰部にふれてみたいとの欲求から、自宅附近の球場を舞台に小学生4人を対象にわいせつ行為をしていた。(北海道) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔16歳がレイプ未遂〕
 仙台市のK少年(16才)は窃盗の目的で看護婦(22才)の居室に入り現金等を窃取したが外出から帰ってきた同女に対しやにわにとびかかつて押倒し、バンド等で両手両足をしばり、金を出せとおどしたのち姦淫の目的で上衣スカートを脱がせスリップをナイフで切りとっていたとき訪問客に発見され未遂に終つた。
 少年は低俗雑誌をみて性に対する関心が異常に強くなり、また洋服ブラシを携行していたが、これは女性の陰部をブラシで刺激すると興奮すると書いてあつたので自分でもしてみたかったといっていた。(宮城) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔15歳がレイプ〕
 新潟県のK.T少年(いずれも15才)は、エロ雑誌等に刺戟され、たまたまひとりで帰宅しまうとしていた女店員(19才)を発見するや見えかくれに追尾したのち、山林内につれ込んで全裸にしてこれを姦淫した。(新潟) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔17歳少女等2人がモーテルで不純異性交遊〕
 福井県のモーテルEでは、17才の少女等2人をみだらな性行為をするおそれのあることを知りながら宿泊者名薄にも記載せず宿泊させていた。(福井) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔不良生徒548名が番長制度〕
 庄内地区所在の17高校の不良生徒548名が、各学校で組織されている番長組織の上部機関として庄内番長制度を結成し、"番長会議"と称して飲食店等において飲酒、喫煙をなし、その費用を捻出するため一般生徒833人から組織の威力を背景に現金33万4,840円喝取した。(山形) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔高校2年生が職員室放火〕
 高校2年生の少年が模擬テストに自信を失い、テスト用紙を盗み出そうとして、実施当日の午前零時ころ職員室に侵入したが、目的のテスト用紙が見当らなかつたことから学校を焼失させればテストを受けずにすむと考え、生物準備室からベンヂンを持ち出し、職員室にふりまいたうえ、マッチて火をつけ、職員室など100平方メートルを焼失させた。 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔有職、無職、中学生など18人の少年で結成された暴力グループ〕
 稲川組横須賀一家(暴力団)の若衆をしている少年を首領として、有職、無職、中学生など18人の少年で結成された暴力グループが、横浜、横須賀、平塚市内などにおいて、高校生など一般少年から前後20回にわたり現金、腕時計など5万5,920円を喝取し、そのほか窃盗、暴行などを行なつていた。(神奈川) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔16歳ら3人が無免許で盗難車ドライブ〕
 佐賀県下のU少年(16才)ら3人の少年は、家出して福岡市の深夜喫茶店、ダンスホールを転々としては不純異性交遊等を重ねていたが、仲間の自動車を無免許で乗りまわしているうちに車についての知識を覚え、駐車場においてあつた自動車等3台(うち1台は二輪車)を盗み、県外ドライブ等をしていた。(佐賀) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔少年グループ(男7人、女5人)が乱行〕
 香川県下の少年グループ(男7人、女5人)は、盛り場、ダンスホール等で知りあつて不良交友グループを形成し、仲間のアパートや深夜喫茶店をたまり場にして家出、外泊をくり返していたが、エレキダンスに興じ、シンナー、ボンド、セデス等を乱用し、男女ざこ寝するという乱行をくり返していた。(香川) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔中学生の少女が家出してフーテン窃取〕
 東京都下の中学生のA少女は、近所に住んでいる中学1年生の米国少女を誘って家出し、新宿にきてフーテンの仲間入りをして新宿駅東口の地下道でシンナー乱用をしているところを保護された。(警視庁) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔高校生が家出してフーテン窃取〕
 千葉県下の高校生K少年(17才)は、勉強嫌いから高校を中退し、深夜喫茶店等に出入りしているうちにフーテン仲間と知りあい、家出してフーテンの仲間に入つたが、カンパも少く、生活費に困って、新宿駅構内のウィンドウガラス戸をこじあけ、男物セーター他5,200円相当を窃取し、通行人に売ろうとしていたところを検挙された。(警視庁) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔女子高校生3人が洋服代のため売春〕
 女子高校生3人が隠れてつくった洋服の月賦支払と、使い込んだ月謝の穴埋めに困っていたところ、これを聞いた飲食店を経営するぐれん隊の首領が「男の人とドライブしたり、食事をするだけで金になる」といつて女子高校生に知恵をつけ、売春客を周旋していた。(群馬) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔女子高校生が売春〕
 ゴーゴー喫茶店に出入していた女子高校生や家出少女等4人が「30分から1時間位男とつき合えば金もうけになる」ともちかけられ、バーホステス、バンドマン等が周旋する客を相手に売春していた。(富山) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔少女2名が家出してグループサウンズ追っかけ〕
 滋賀県彦根市に居住するグループサウンズファンの少女2名(16才17才)は市内の音楽喫茶に出演していたグループサウンズのメンバーが名古屋市に移動することになったので後を追うため無断家出し、同メンバーと一緒に来名、昼間は音楽喫茶て出演のメンバーに声援し、夜はメンバーの宿舎で同宿していたもので発見時も音楽喫茶に入場すべくはいかい中を発見保護した。(愛知) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔11人集団家出して窃盗〕
 神奈川県下に居住する無職S少年ほか11人は、深夜飲食店等に出入するうち知り合いとなつてグループを作り、物見遊山を兼ねて7月京都へ集団で家出、アパートの一室を借り受けて合宿生活をし左から資金かせぎに、あき巣、自動車盗など40件(被害総額229万2,900円相当)の窃盗を働いていた。(京都) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔少女(16歳)が売春〕
 「京都のバーで働けば4万円になる」とそそのかされて家出した少女(16歳)等を前借金を払って雇用したバー経営者か「16歳では働けない、姉の名前で働け」と姉(19歳)の戸籍抄本を取り寄せて表面を糊塗し「おさわり」の要領を教え売春まですすめていた。(京都) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和43年(1968)..〔タレントブームに便乗した事例〕※参考
 タレント養成所経営者が「月謝無料仕事とレッスンを兼ねあわせて芸能の勉強が出来る。収入も最低4、5万、多くは10万円以上になり映画テレビにも出演出来る」と週刊紙、新聞広.告等で青少年を募集し、試験費用として3,474人から1,650円を、入所決定者184人から入学金、テキスト代等として27,500円を集め、その実日曜を利用して2〜3時間程度名目だけのレッスンをするだけであり、さらに実習名目で土工、ウエイトレス、バー女給、行商等として働かせ、労賃約73万円中から約15万円余を搾取していた。(大阪) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。



※タイトルと本文が同じ短いデータはすべて「〔年表〕子どもの事件 1945-1989」山本健治 柘植書房より引用したもの。※


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!



『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!





『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代




少年犯罪データベース

13歳以下の犯罪

異常犯罪

戦前の少年犯罪


少年犯罪統計データ

少年の殺人統計グラフ

少年のレイプ統計グラフ

親殺し統計グラフ


子どもの犯罪被害データーベース



管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。





主要参考文献

〔年表〕子どもの事件 1945-1989

戦前の少年犯罪

戦後死刑囚列伝

新聞集成昭和史の証言

新聞集成昭和編年史

日本の精神鑑定

日本長期統計総覧

年表 昭和の事件・事故史

昭和史全記録 1926〜1989

値段史年表 明治・大正・昭和

事件・犯罪大事典 明治・大正・昭和

20世紀にっぽん殺人事典

青少年非行・犯罪史資料1-3

教育事件・論争史資料

朝日新聞縮刷版

読売新聞縮刷版

毎日新聞縮刷版

警察白書

犯罪白書






このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。








少年犯罪データベースが参考文献として掲載されています。



少年犯罪データベースのデータが引用されています。