幼女レイプ被害者統計


幼女レイプ被害者グラフ 幼女レイプ比率グラフ 全レイプ被害者グラフ レイプ被害者統計 強制猥褻被害者数グラフ 強制猥褻被害者統計





警察庁「犯罪統計書」による。事件発生の認知数のため検挙率の変動とは関係ない。
昭和47年5.14以前の沖縄の数値を含まない。
加害者は成年も少年も、未逮捕者もすべて含む。
少子化の影響は、次の比率グラフを参照のこと。
※ 幼児殺人被害者統計グラフ
※ 幼女レイプ殺人事件の具体事例


    



警察庁「犯罪統計書」と文部科学省「学校基本調査」を基に独自に算出したもの。
被害者数、小学生数ともに、昭和47年5.14以前の沖縄の数値を含まない。
昔の沖縄は犯罪全般が多かったので、沖縄のデータを含めると、昭和47年以前の比率はもっと上がるのではないかと推測する。


    




警察庁「犯罪統計書」による。事件発生の認知数のため検挙率の変動とは関係ない。
昭和47年5.14以前の沖縄の数値を含まない。
加害者は成年も少年も、未逮捕者もすべて含む。
1960年の出生数は160万人、2000年の出生数は119万人。
高校の進学率は時代によって違うので、「高校生」の数値は出さず「中卒以上の未成年」にまとめた。






強姦被害者統計

  総数未成年総数幼児(小学校就学前)小学生中学生中卒以上
の未成年
成年小学生10万人当り
の強姦被害比率
1958昭和33年 2277703344911382 2.48
1959昭和34年 2532554585261493 3.42
1960昭和35年 2533544284791572 3.40
1961昭和36年 2862764326321722 3.66
1962昭和37年 2759874027471523 3.64
1963昭和38年 2891924586761665 4.37
1964昭和39年 3239964257162002 4.24
1965昭和40年 3135764146262019 4.24
1966昭和41年 3207644175472179 4.35
1967昭和42年 3028683644342162 3.85
1968昭和43年 2902643833852070 4.08
1969昭和44年 2315542712891701 2.88
1970昭和45年 1996291692741524 1.78
1971昭和46年 1885322212821350 2.30
1972昭和47年4677204535223296149126322.30
1973昭和48年4179191731279325128222622.84
1974昭和49年3956174831230284120322082.28
1975昭和50年3704171829225308115619862.17
1976昭和51年3239148520213236101617542.01
1977昭和52年294512781516823685916671.55
1978昭和53年289712901415723288716071.41
1979昭和54年281012491319820683215611.70
1980昭和55年261011171914321074514931.21
1981昭和56年26381217716223281614211.36
1982昭和57年239911611517526770412381.47
1983昭和58年19709151512122655310551.03
1984昭和59年1926912711921557110141.04
1985昭和60年180285541262245019471.14
1986昭和61年175081401091915149361.02
1987昭和62年182381738315557610060.81
1988昭和63年174180841061595399331.07
1989平成1年15566972701424838590.73
1990平成2年1548702255915548460.59
1991平成3年16037111601235278920.66
1992平成4年1504619244914828850.49
1993平成5年16116852551384909260.63
1994平成6年1616618341974779980.48
1995平成7年1500606145714898940.54
1996平成8年1483575046704599080.57
1997平成9年1657774368916128830.87
1998平成10年187383904311468210340.56
1999平成11年18578732541286899840.72
2000平成12年2260100646014679612540.81
2001平成13年2228104905014585411790.69
2002平成14年2357111846215889412390.86
2003平成15年2472114327019887313290.97
2004平成16年217698615316776511900.74
2005平成17年207687534116566612010.57
2006平成18年194880834615160811400.64
2007平成19年17667701561465679960.79
2008平成20年15826960471315188860.66
2009平成21年14026051361014677970.51
2010平成22年1289550036994157390.51
2011平成23年11855261411153696590.60
2012平成24年12405653451223956750.67
  総数未成年総数幼女(小学校就学前)小学生中学生中卒以上
の未成年
成年小学生10万人当り
の強姦被害比率

警察庁「犯罪統計書」による。事件発生の認知数のため検挙率の変動とは関係ない。
昭和47年5.14以前の沖縄の数値を含まない。
加害者は成年も少年も、未逮捕者もすべて含む。
昭和34〜40年は2種以上の犯罪の被害者となった場合の主たる犯罪と従たる犯罪の数値を足している。
他の年はひとつしか数値がないがこれと同様の処理をしていると思われる。もしこの処理が間違っているのならご教示ください。
小学校就学前と小学生はこの処理をしてもしなくても合わせて2,3人しか変わらないのであまり影響はない。
高校の進学率は時代によって違うので、「高校生」の数値は出さず「中卒以上の未成年」にまとめた。






警察庁「犯罪統計書」による。事件発生の認知数のため検挙率の変動とは関係ない。
昭和47年5.14以前の沖縄の数値を含まない。
男子の被害者を含む。
加害者は成年も少年も、未逮捕者もすべて含む。
1960年の出生数は160万人、2000年の出生数は119万人。
高校の進学率は時代によって違うので、「高校生」の数値は出さず「中卒以上の未成年」にまとめた。
小学生より低かった中卒以上や成年が、近年は小学生を大幅に上回るようになったことに注意。
痴漢やセクハラの厳罰化が、幼児よりも対象になりやすい年長者被害の急増に影響しているものと思われる。






強制猥褻被害者統計

  総数未成年総数幼女(小学校就学前)小学生中学生中卒以上の未成年成年
1958昭和33年 1012144482152234 
1959昭和34年 1105148501181275 
1960昭和35年 1244183581215265 
1961昭和36年 1464209668253334 
1962昭和37年 1489225682304278 
1963昭和38年 1963310982345326 
1964昭和39年 1956279764435478 
1965昭和40年 2036356805356519 
1966昭和41年 2131341951291548 
1967昭和42年 24073571142336572 
1968昭和43年 23183831071289575 
1969昭和44年 21534031020255475 
1970昭和45年 1780252784275469 
1971昭和46年 1908298866308436 
1972昭和47年313919722619362445311167
1973昭和48年3233203528710262165061198
1974昭和49年295419132699612294541041
1975昭和50年28411864278836294456977
1976昭和51年26941816280916213407878
1977昭和52年299220392961042272429953
1978昭和53年299420392811034284440955
1979昭和54年28291901286980237398928
1980昭和55年28251902238974238452923
1981昭和56年27351819196918239466916
1982昭和57年26451802216901275410843
1983昭和58年24641693164809272448771
1984昭和59年23691618140777254447751
1985昭和60年264519341661065279424711
1986昭和61年22911642134801294413649
1987昭和62年24041693143801313436711
1988昭和63年28671953142892332587914
1989平成1年27591824140810292582935
1990平成2年27301738101656288693992
1991平成3年317620991469033407101077
1992平成4年350522231419323448061282
1993平成5年358122321459013188681349
1994平成6年358022601418883608711320
1995平成7年3644242414210503219111220
1996平成8年4025255510590839611461470
1997平成9年43982907111103249312711491
1998平成10年42512798114101343212391453
1999平成11年53483494112119056416281854
2000平成12年74124602135144275722682810
2001平成13年93265849171173691830243477
2002平成14年94765785134155491031873691
2003平成15年100296233170179088933843796
2004平成16年91845505163140082831143679
2005平成17年87514970126116469829823781
2006平成18年8326453411281065129613792
2007平成19年766440218874755926273643
2008平成20年711136919676249423393420
2009平成21年668835087379448221593180
2010平成22年702737609889153922323267
2011平成23年687035988385154221223272
2012平成24年726337917689255322703472
  総数未成年総数幼女(小学校就学前)小学生中学生中卒以上の未成年成年

警察庁「犯罪統計書」による。事件発生の認知数のため検挙率の変動とは関係ない。
昭和47年5.14以前の沖縄の数値を含まない。
男子の被害者を含む。
加害者は成年も少年も、未逮捕者もすべて含む。
昭和34〜40年は2種以上の犯罪の被害者となった場合の主たる犯罪と従たる犯罪の数値を足している。
他の年はひとつしか数値がないがこれと同様の処理をしていると思われる。もしこの処理が間違っているのならご教示ください。
1960年の出生数は160万人、2000年の出生数は119万人。




少年犯罪統計データ



幼女レイプ殺人事件の具体事例




『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』

アマゾンで購入

少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。
すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。
彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
執筆八年!『戦前の少年犯罪』著者が挑む、21世紀の道徳感情論!
戦時に起こった史上最悪の少年犯罪<浜松九人連続殺人事件>。
解決した名刑事が戦後に犯す<二俣事件>など冤罪の数々。
事件に挑戦する日本初のプロファイラー。
内務省と司法省の暗躍がいま初めて暴かれる!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!




『戦前の少年犯罪』

アマゾンで購入
少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、幼女レイプ殺人事件が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!


『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



少年犯罪データベース
13歳以下の犯罪
異常犯罪
戦前の少年犯罪

少年犯罪統計データ
少年の殺人統計グラフ
少年のレイプ統計グラフ
親殺し統計グラフ

子どもの犯罪被害データーベース

管理人メールアドレス
間違いなどありましたらご教示ください。








このサイトのリンク経由でアマゾン内の商品をなんでも買うと、当方に数%の手数料が入ります。
データ作成には、国会図書館への交通費やコピー代などの経費が掛かっていますので、その資金に使わせていただきます。